アキレス腱の痛みが治らない!
原因や対処法・予防法はにはどんなものがあるのでしょうか?

原因不明のアキレス腱の痛み!どんな原因の可能性が?

原因不明のアキレス腱の痛みの場合、
どんな原因の可能性があるのでしょうか?

アキレス腱は脚を動かす上で重要な部分の一つです。
そんなアキレス腱が痛んでしまうと心配になりますよね。

激しい運動をした後など
アキレス腱が痛みを感じる原因がわかっているなら安心ですが、
原因不明の時は不安になりますよね。

アキレス腱が原因不明で痛みを感じるなら、
いくつかの原因が考えられます。

まずはアキレス腱自体に
何らかの異常が発生してしまっている状態です。

これは整形外科などでレントゲンを撮ると、
原因が明らかになるのが多いです。

しかし、レントゲンを撮っても異常が見られず
原因不明が続くなら不安ですよね。

脚の運動に使う腱や関節や筋肉は様々な種類があり、
それらが複雑に絡み合うことで運動は行われています。

そのため、関節や脚の筋肉が異常な時でも
結果としてアキレス腱に痛みが
生じているというのも考えられます。

この場合は膝や足首、股関節などの
関節を一つずつ確認する必要があります。

この他にもアキレス腱が痛む原因には
様々なものが考えられます。

また、アキレス腱との痛みと一緒に腫れも出た、
ランニング中にアキレス腱が痛んだ、
剣道をしていて痛みがあったなど…

アキレス腱が痛みだした状況によっても
原因は当然変わってきます。

また、痛みを感じた方の年齢が子どもか大人かなどでも
原因が変わってくるので注意が必要です。

不安がある時には医療機関などで
相談するのをおすすめします。

アキレス腱の痛みと腫れが同時にある時の原因は?

アキレス腱の痛みと腫れが
同時にある時の原因には何があるのでしょうか?

アキレス腱の痛みと一緒に
腫れを起こしているなら
アキレス腱炎やアキレス腱周囲炎である可能性が高いです。

ひどいときにはふくらはぎから足首にかけて
細い部分がなくなり
全体が腫れあがってしまう状態もあります。

アキレス腱炎をおこしている時は
アキレス腱に細かい傷や断裂が発生している状態です。

このまま痛みや腫れを放置して運動を続けていると
アキレス腱断裂になってしまう可能性もあります。

アキレス腱が温まっていない固い状態で
激しい運動をするが原因でアキレス腱に傷がついてしまい
このように痛みと腫れを引き起こしてしまうパターンがあります。

アキレス腱炎が疑われるなら
MRIなどでアキレス腱の断面を撮影して
細かい傷や断裂の有無を確認すると発見できます。

アキレス腱周囲炎はアキレス腱ではなく
アキレス腱の周囲にあるパラテノンという組織が
炎症を起こすので痛みと腫れが症状としてあらわれます。

どちらもアキレス腱が固い状態で
激しい運動をするのが原因で起きる時が多いです。

スポーツ障害としても頻度が高く、
中高年などアキレス腱が加齢により固くなりがちな方が
特になりやすいので注意が必要です。

アキレス腱の痛みと腫れ!治療や予防にはどんなものがある?

アキレス腱の痛みと腫れ!
治療や予防にはどんなものがあるのでしょうか?

アキレス腱に痛みと腫れが同時にあらわれた場合には
アキレス腱炎やアキレス腱周囲炎である可能性が高いです。

アキレス腱炎は放置したまま運動を続けると
アキレス腱断裂につながることもあるので
まず安静にして痛みが治まるのを待ちましょう。

通常、安静にしていると数週間で
アキレス腱は回復していきますので、
その間激しい運動は控えるようにしましょう。

予防としてはアキレス腱が固い状態で
運動を開始しないというのが大切になってきます。

具体的には運動前にはアキレス腱を温めて、
運動後はすぐにアキレス腱を冷やすのが大切です。

アキレス腱を温めるというと
よく運動前にやるアキレス腱のストレッチを想像します。

しかし、脚は様々な関節や筋肉が絡み合って運動を行うので
アキレス腱部分以外のストレッチも一緒に行うと効果的です。

運動後はきちんとアイシングなどで冷やすと、
アキレス腱の炎症を予防できます。

アキレス腱をよく使った後は
マッサージをするのも大切な予防の一つです。

その他には靴の形が合わなくて
アキレス腱に負担を掛けている時があるので
自分に合った靴の形を選ぶのも予防法としておすすめです。

アキレス腱に痛みがあって、腫れてない時はどんな病気?

アキレス腱に痛みがあって、腫れてない時は
どんな病気の可能性があるのでしょうか?

アキレス腱に痛みはあるけれど
腫れてない時もあるかと思われます。

そんな時はどんな病気なのかわからず
不安になってしまいますよね。

軽いアキレス腱炎やアキレス腱周囲炎なら
腫れがないパターンもあります。

放置しておくと腫れが出てくることや
痛みが増す時もあるので
腫れがないからと言って放置をしてしまうのはやめましょう。

また、脚には様々な腱や筋肉があります。

そして、運動の際には複雑にそれらの筋肉や腱が
連動して働くことで運動を行っています。

そのため、アキレス腱に痛みを感じた場合でも
他の筋肉や腱が炎症を起こしている時もあります。

他の筋肉や腱をかばった結果、
アキレス腱が痛みを起こしていることもあります。

歩いたり立ったりというのは全身を使う運動です。

首や背中などの筋肉に問題があり、
痛みや炎症をかばってしまい、
アキレス腱の痛みが生じている時もあります。

腫れがない時でもアキレス腱に痛みを感じた時は
自己判断をせずに病院などに行くようにしましょう。

アキレス腱の痛みの原因が痛風の場合もある?

アキレス腱の痛みの原因が痛風の可能性もあるのでしょうか?

激しい運動をしていないのに
急にアキレス腱が痛み出したなら
痛風の可能性も考える必要があります。

痛風とは身体の中の尿酸値が上がりすぎてしまい
溶け切らず結晶化してしまった尿酸が
体内に突き刺さるので痛みを感じます。

体内の中でも温度が低い部分や負荷がかかりやすい部分に
痛みを感じやすいという特徴があります。

そのため、動くときに負荷がかかりやすい
アキレス腱は身体の中でも
痛風の痛みを感じやすい部分です。

痛風は風がふくだけで痛いという理由から
痛風という名前がつけられています。

どこかにぶつけていないのに
急にアキレス腱が激しく痛み出した時には
痛風を疑った方がいいかもしれません。

医療機関などに掛かる場合、
アキレス腱炎などアキレス腱自体に問題が発生しているのか
痛風などの病気が原因なのかが重要です。

判断してもらいやすくするために
日ごろの生活習慣や運動の様子を整理して
医師に話せるといいですね。

アキレス腱の痛みが突然やってきた時の対処法は?

アキレス腱の痛みが突然やってきた時の対処法はどうすればよい?

激しい運動をしていたわけではないのに、
突然アキレス腱が痛み出したら
どのような可能性があるのでしょうか。

まずは、初期のアキレス腱炎である可能性が高いです。

激しい運動をしたのが原因で、
アキレス腱が傷ついてしまうと
アキレス腱炎をおこします。

しかし、痛みを起こす時は
激しい運動をしてからしばらくたってから
というのもあるようです。

激しい運動をしたときと痛みはじめるときに
タイムラグがあるので、
突然の痛みと感じる方が多いようです。

この時は安静を心掛け
医療機関で見てもらうのをおすすめします。

また、アキレス腱炎と似た症状である
アキレス腱周囲炎である可能性もあります。

自己判断をするのは難しいので
アキレス腱に突然の痛みを感じたなら
患部を動かさなようにして病院を受診しましょう。

そして、突然痛み出すアキレス腱の原因として
先ほど紹介した痛風の可能性もあります。

治療は尿酸の結晶を
作らないようにするための生活習慣の改善になります。

この他にはアキレス腱断裂の可能性もあります。

アキレス腱断裂の状態は
ぶちっと音が身体の中でなるように感じるのが特徴の一つです。

とても痛みが激しくて痛み出して
すぐは歩くのもできないほどなので
わかりやすいかと思われます。

その後、少しすると歩けるようになりますが、
無理をせず医療機関を受診するようにしましょう。

アキレス腱が突然痛み出す場合には
様々な理由が考えられますので
自己判断せずに医療機関を受診するのをおすすめします。

朝起きたらアキレス腱の痛みが!原因や予防法は?

朝起きたらアキレス腱の痛みがある時、
原因や予防法はどうすればよい?

朝起きた時にアキレス腱の痛みを
感じる方もいるかと思います。

アキレス腱は日常生活にも必要不可欠ですし、
脚を動かすときにはよく使いますよね。

痛みを感じると不安になってしまいますよね。

しかし、アキレス腱は固まってしまいやすいので
長時間横になっていて朝になって
急に動き出すとこわばっているような
違和感や痛みを感じることがあります。

これは特に心配せずに動いていれば
徐々に痛みは解消されていきます。

しかし、このアキレス腱が固まってしまっている状態で
急に激しい運動をするとアキレス腱が傷つくこともあります。

アキレス腱炎を起こしてしまったり、
もっとひどいとアキレス腱を断裂してしまう
可能性があるので注意をしましょう。

朝、アキレス腱の痛みを感じた日に運動をするときは
普段より入念に準備運動やウォームアップ
するようにするといいですね。

また、運動を特にする予定がない方でも
焦らずに落ち着いてゆっくり身体を動かし始めるといいでしょう。

また、朝アキレス腱が痛む原因としては
アキレス腱のこわばり以外にも
アキレス腱炎の初期症状である可能性もあるので注意が必要です。

アキレス腱炎は通常、激しい運動をした後痛みを感じますが、
朝に痛みを感じる方もいますので注意が必要です。

激しい運動を少し前にした方は
医療機関を受診しておくのも良さそうです。

念のため、痛みがあるうちは激しい運動は控えましょう。

アキレス腱が朝痛みだす理由には様々なものがあります。
あまり心配をしなくていいケースや
病院に受診する必要があるケースもあります。

痛みを放置してしまうと痛みが慢性化してしまうかもしれません。

症状がもっと重くなり
最終的にアキレス腱断裂を引き起こしてしまう可能性もあります。

「どうせ病院に行っても安静にしとけって言われる」
「病院は混んでる」と思わずに不安があれば受診をして、
専門家の指示を仰ぐようにするのをおすすめです。

アキレス腱の痛みは病院の何科に行けばいい?

アキレス腱の痛みは病院の何科に行けばいいのでしょうか?

アキレス腱に痛みを感じる場合はまず整形外科に行きましょう。

アキレス腱自体に問題があり
アキレス腱炎などを起こしているなら、治療をしてもらえます。

また、アキレス腱の周囲にある筋肉や関節に問題がある場合でも
適切な診察や治療をしてもらえます。

整形外科は普段あまり行かず
かかりつけ医がないという方もいるかもしれません。

スポーツをする方などはあらかじめ
整形外科を調べておくのをおすすめします。

アキレス腱の痛みにサポーターはどう選べばいい?

アキレス腱の痛みにサポーターはどう選べばいいのでしょうか?

アキレス腱が痛みを起こしている時には
アキレス腱の動きを補助するための
サポーターを付けるのもおすすめです。

どのようなサポーターが特にいいでしょうか。
アキレス腱のサポーターには
様々なタイプがあるので自分に合ったものを選ぶといいですね。

まず、気軽に使用できるのが
足首周辺のみのサポーターです。

ZAMSTのサポーターは日本発のブランドで
安心して使用できておすすめです。

足首のサポーターはねんざなどの時にも
使用できるので一つもっておくのもいいですね。

他にはかかとの部分からふくらはぎの部分まで
大きくカバーをしてくれるタイプのサポーターもあります。

こちらはアキレス腱を断裂してしまったり
ひどい炎症を起こしてしまったりした時の
リハビリ時やその後の運動時に付けるのがおすすめです。

アキレス腱ふくらはぎ保護サポーターは
アキレス腱断裂の予防や様々な運動の際に
アキレス腱の動きを補助するのでおすすめです。

ランニング中にアキレス腱の痛みが…原因や治療法は?

ランニング中にアキレス腱の痛みがでてしまった。。
原因や治療法は?

アキレス腱は脚の動きには欠かせない部分です。
そのため、ランニングなど足をメインで使う運動で
痛み出してしまうのが多いです。

ランニング中にアキレス腱が痛み出す原因は
どんなものがあるのでしょうか。

まず一番よくある原因としては
アキレス腱炎があります。

これはアキレス腱が繰り返し伸ばされると、
アキレス腱に細かい傷が出来てしまうので起きます。

アキレス腱炎は何度もアキレス腱を繰り返し伸ばすと、
起きてしまうので痛みを感じた時は
ストレッチなどを行わないようにしましょう。

その他にアキレス腱がダメージを受けてしまう原因としては
シューズやランニングフォームが
自分に合っていないというのが考えられます。

シューズがアキレス腱に走るたびにあたると
ダメージを受けてしまうので
必要に応じてシューズを変えてみるのもいいですね。

走り方は自分ひとりで治すのは難しいので
講習会などに参加をしてみるのもおすすめです。

アキレス腱の痛みは運動をしている方にはよく起きてしまう
トラブルの一つでもあります。

しかしだからといって軽く考えず、
痛みを感じたら休んで痛みを取り除くようにしましょう。

繰り返していると慢性化してしまうかもしれません。

ランニング中に、アキレス腱の内側の痛みが。対処法や予防法について。

ランニング中に、アキレス腱の内側の痛みがでた時の
対処法や予防法についてです。

ランニング中にアキレス腱の内側が痛む場合は
ランニングの姿勢や足首に問題があるのが多いです。

足首が内側に傾いている状態の回内足である場合は
アキレス腱の内側にばかり負担がかかってしまいます。

アキレス腱炎やアキレス腱周囲炎を引き起こしてしまい、
アキレス腱の痛みの原因となってしまうのが多いです。

安静にすると、アキレス腱炎は良くなりますが
根本的な原因である姿勢やフォームを治す必要があるでしょう。

痛みを取り除けたら
ランニングフォームを見てもらったり
足首の状態を見てもらいましょう。

アキレス腱や足首の内側にばかり
負担を掛けないようにしていく工夫が大切です。

ランニング中に、アキレス腱の外側の痛みが。対処法や予防法について。

ランニング中に、アキレス腱の外側の痛みを感じた場合の
対処法や予防法について。

ランニング中にアキレス腱の外側が痛んだ場合には
内側の痛みと同様に姿勢やランニングフォームに
問題があることが多いです。

足首が外側に傾いている回外足の場合は
アキレス腱や足首の外側にばかり負担がかかるため、
痛みやすいです。

この場合は内側が痛む場合と同様に
根本的な原因である姿勢や
ランニングのフォームを改善しないといけません。

痛みが慢性化したり悪化してしまうことがあります。

その他にアキレス腱の外側が痛む原因としては
シューズが走るたびに踝などにあたり
アキレス腱もダメージを受けてしまうことが考えられます。

シューズを選ぶときは走った時も
踝などにあたることがないかを確認するようにしましょう。

ランニング前に、アキレス腱の痛み予防のストレッチを!

ランニング前に、アキレス腱の痛み予防の
ストレッチをするのは大切です。

アキレス腱が固い状態で激しい運動をすると
アキレス腱が傷つく原因となります。

ランニング前にはストレッチをして痛みを予防しましょう。

代表的なストレッチとしては
脚を前後に開き前足に体重をかけて
後ろ足のふくらはぎを伸ばすストレッチがあります。

この時後ろ足のかかとは地面につけるようにしましょう。

また前足のひざはつま先より前に出ないように
意識するとより効果が出ます。

脚の動きはアキレス腱だけでなく
膝の関節や筋肉など様々な部位を使って動かしています。

そのため、アキレス腱ストレッチ以外にも
様々なストレッチをするといいでしょう。

例えば、ひざの屈伸運動、ひざを回す運動も
ランニング前には効果的なストレッチです。

太ももの筋肉を伸ばすために伸脚を行うのもいいですね。

ストレッチや準備運動自体には難しいものはなく
小学校の体育などでやってことがあるものばかりかもしれません。

しかし、どれも大切なものなので
ランニング前には欠かさず行うようにしましょう。

また、準備運動の段階で激しく身体を動かしてしまうと
身体を痛めてしまう可能性があります。

準備運動は身体に無理のない範囲で徐々に動かすようにすると
身体も温まってくるのでおすすめです。

アキレス腱の痛みがでにくいランニングシューズとは?

アキレス腱の痛みがでにくいランニングシューズとはどんなものでしょうか?

ランニングシューズの選び方で
アキレス腱の痛みを防ぐことができます。

まずは自分の身体に合った
ランニングシューズを選ぶことが大切です。

ランニングシューズには初心者用から上級者用まであるので
自分の実力にあったランニングシューズを選ぶようにしましょう。

クッション性の高いランニングシューズを使うことも
アキレス腱の痛み予防に効果があります。

しかし、長く使用しているとクッションの性能が
劣化してしまうことがあるので注意が必要です。

また、走っている時にシューズの中で足が動いてしまうと
アキレス腱に負担を掛けやすいです。

ランニングシューズを選ぶときには
走っている時に足が動いてしまわないタイプの
足首を固定してくれるタイプのランニングシューズがおすすめです。

試し履きをしたときは止まった状態だけでは
自分に合ったシューズなのかわかりにくいので、
軽く動いてみると自分に合ったシューズを見つけやすいです。

剣道でアキレス腱の痛みがでる原因は?

剣道でアキレス腱の痛みがでる原因は何があるのでしょうか?

剣道はアキレス腱炎やアキレス腱断裂などを
起こしやすいスポーツです。

剣道で相手に打ち込む時の脚の蹴る動作は
アキレス腱に負荷がかかりやすく痛みを起こす原因となりやすいです。

アキレス腱断裂などの重い症状とならなくても
アキレス腱炎などで痛みを常に感じている状態が続くとまずいです。

アキレス腱炎が慢性化しやすく痛みが激しくなったり
アキレス腱が損傷しやすい状態となってしまうので注意が必要です。

また痛みを放置したりアキレス腱炎を放置している状態が続くと
アキレス腱断裂などの重い症状になってしまう可能性もあります。

剣道の動きや姿勢などはどうしても
アキレス腱に負担がかかりやすく
痛みを感じてしまう場合も多いです。

そのため、アキレス腱の痛みを予防するために
剣道をする前にはよくストレッチなどをして
アキレス腱を伸ばして柔らかくしておきましょう。

痛みを感じた時は剣道をいったんやめて
冷やすようにするのも効果的です。

子供のアキレス腱の痛みは大丈夫?原因や予防・対処法は?

子供のアキレス腱の痛みは大丈夫なのでしょうか?
原因や予防・対処法は?

子供でアキレス腱の痛みがある場合は
親御さんとしては心配ですよね。

どんな原因が考えられるのでしょうか。
子供のアキレス腱は大人よりも柔らかいので
ダメージを受けにくいです。

それでも使いすぎてしまったり
激しい運動を繰り返していると
アキレス腱が傷ついてしまい
アキレス腱炎になってしまうことがあります。

子供はアキレス腱に痛みを感じにくいので
アキレス腱炎の初期症状は
かかとに痛みがあらわれることが多いので注意が必要です。

他にはアキレス腱に痛みを感じているけれど
太ももの筋肉などが固くなってしまい
原因となってしまっている場合があります。

子供の場合は痛みを感じている箇所に原因がなく
他の箇所をかばったことで痛みが発生しているということもあります。

子供自身の判断や親御さんのみで
判断するということは避けた方がいいでしょう。

病院などの専門機関に受診することをおすすめします。

子供のアキレス腱の痛みの予防法としては
まずはストレッチをすることです。

大人同様に運動前にアキレス腱を
よくやわらかくすることが大切です。

また、アキレス腱以外の膝やふとももなどの
筋肉や関節もストレッチを行い柔らかくしておくことが大切です。

子供の場合は痛みが発生しても我慢してしまったり、
過度な運動を続けてしまうことがあります。

痛みの初期段階で子供が訴えやすい状況や
大人が気づいてあげることも大切かと思われます。