足が痛い!本当に辛いですよね。
ふくらはぎや太ももの痛みの原因と病気について調べました。

歩きすぎたり立ち仕事で足がだるかったり、
筋肉痛を起こすことが多いのがふくらはぎです。

足の中でも太ももは体を支える為に太い筋肉が集まって構成されます。
ここでは、足が痛い、ふくらはぎや太ももが痛い場合の、
原因と病気についてご紹介します。

目次

足のふくらはぎが痛い!寝れない!原因には何がある?

足のふくらはぎが痛くて寝れない日が続くと、
寝不足でつらいですよね?

足のだるさや痛いのが理由、夜に寝れない、
途中で起きてしまうことがあります。

そこで、足のふくらはぎが痛くて寝れない原因を、
ご紹介いたします。

足が痛くて寝れない場合は、たくさん歩いたり、
ブーツなどを長時間履いたりすると、
ふくらはぎが痛くなることがあります。

後は、冷えで血液の循環が悪くなってむくんでいたり、
血行不良、下肢から血液がスムーズに心臓に戻らない、
下肢静脈瘤が原因の場合もあります。

下肢静脈瘤は、足の血管が瘤のようにふくらむ、
足がつる、むくみ、疲れやすい、
皮膚の変色といった症状があります。

この時の場合、ふくらはぎに老廃物が溜まっているということであり、
この老廃物によってだるさや痛い他に、
むくみも発生しているケースがほとんどです。

どちらも血液の流れがよくなれば改善できます。
女性の場合で多いのは、
冷えが原因で、ふくらはぎが痛い場合があります。

痛い時は、下半身を冷やさないようにするのが大切です。

寝起きに足のふくらはぎが痛い。。原因や予防法は?

寝起きに足のふくらはぎが痛いと辛いですね。
そんな時の原因や予防法は?

寝起きに、ふくらはぎが痛いと感じることはありませんか?
これらは「こむら返り」という症状で、
就寝中に起きることもあります。

時間が経てば痛いのは徐々に治っていきますが、
ひどい時は寝起きからずっと痛いのを引きずってしまう
場合があります。

なぜ、寝起きに足のふくらはぎが痛くなるか
原因と予防法をご紹介します。

寝起きにふくらはぎがピーンとつるような痛みは、
ミネラル不足、前日の筋肉痛、脱水症状などの原因で起こります。

実感がないかもしれませんが、人は就寝時、
大量の汗をかくものです。

よって、朝は水分不足気味で、
体の血液循環が悪くなっていきます。

おまけに筋肉も固くなっていきますから、
ふくらはぎはちょっとした刺激で痛いと感じやすくなります。

こうした足が痛い症状が頻繁に起こる場合、
その予防法を知っておくことが大切です。

痛いのを起こさないための予防法としては、
サプリや食事でミネラル不足を解消する。

お風呂で身体を良く温めて、ふくらはぎの筋肉を伸ばす
ストレッチをするようにしましょう。

寝る前に筋肉を和らげておき、
夜の脱水に備えて水分補給するのも大事です。
是非、お試しください。

立ち仕事で足が痛い!ふくらはぎに効く対策とは?

立ち仕事で足が痛い場合、
ふくらはぎが痛いのに効く対策には、
どんなものがあるでしょうか?

日々忙しい毎日を送っていると、
どうしても体に負担がかかるものですよね。

特に同じ姿勢の仕事は特有の症状が現れます。
立ち仕事だと、ふくらはぎが痛い症状もその一つです。

その痛さで、日常生活にも支障が出るほどです。
立ち仕事で足が痛い時のふくらはぎに効く対策を、
今回ご紹介します。

仕事の合間や休憩時間に、
ふくらはぎのストレッチをしましょう。

立ちっぱなしで足がむくむとうい人は、
足のこり固まった筋肉を意識的に動かして、
血管やリンパ管の循環を促してください。

数回だけでもいいので、屈伸運動を行うと良いです。
次に、同じ場所から動かない立ち仕事の人は、
台座に片足を上げます。

カウンター業務などで、
同じ位置に立ち続ける人が取り入れたいのが、
台座に片足を乗せて、筋肉の緊張を和らげる方法です。

10センチほどの高さの箱を用意して、
数分ごとに乗せて足を変えてください。

職場だけでなく、
キッチンで洗い物をする時などもおすすめします。

冷えは、血行が悪くなりむくみを招きやすく、
ふくらはぎが痛い症状がでやすいので下半身の冷えを防ぎましょう。

食べ物も出来るだけ、
温かい食べ物を摂取するように心掛けましょう。

タバコやアルコールは、
血管を収縮させる働きがあるので、
喫煙習慣がある人は禁煙しましょう。

入浴には、血管を拡張して血行をよくしてくれるので、
立ち仕事で緊張した筋肉をほぐすとともに
疲労物質を流し去ります。
湯船につかる習慣を身に付けましょう。

生理中に足が痛い。ふくらはぎがつるのは病気なの?

生理中に足が痛い…ふくらはぎが痛いのに効く対策とは?
また病気の可能性もあるのでしょうか?

人によっては生理痛のだるさが、
足や腰に現れることがあります。

足や腰がだるい痛いのも血行不良や生理が始まって、
低温期に入り、血行不良や冷えを起こしている、
体内の水分の循環が悪くなりむくんで体が重くなっている、
ホルモンバランスが急激に変化していることが原因です。

今回は、ふくらはぎが痛いのに効く対策をご紹介します。
まずは、食事で解消していきます。

食事で整理中に足が痛いのを解消するには、
■むくみ解消効果的な栄養素
■貧血予防に役立つ鉄分
の摂取がポイントです。

プレーン、牛肉、ココア、アーモンドなどが、
鉄分に富む食材になります。

運動で生理の足のだるさを解消します。
運動不足による筋力不足から、
普段から足先が冷えたりむくんだりしやすい傾向があります。

ふくらはぎの筋肉を集中的に伸ばすことで、
血行促進効果とそれによるむくみ解消効果が得られます。

無理は禁物なので、出来る範囲内で行い、
回数を重ねていく中で徐々に回数を増やしてください。

足の太ももが痛い!付け根や内側の痛みは何が原因?対策はできる?

足の太ももが痛い場合、付け根や内側が痛いのは何が原因?
足の中でも太ももは体を支える為に、
太い筋肉が集まって構成されています。

太ももの表側には大腿四頭筋、
太ももの裏側にはハムストリングス
(大腿二頭筋・半腱様筋・半模様筋)
といった大きな筋肉があります。

これらが体を支えるだけでなく、
自由に歩いたり走ったりといった動きを可能にしています。

さて、足の太ももが痛い、
付け根や内側が痛い場合の原因をご紹介します。

足の付け根が痛い原因は、
足の付け根は正しくは鼠径部と呼びます。

鼠径部が痛い場合に考えられる原因は病気には、
変形性股関節症や鼠径ヘルニア(脱腸)などが挙げられます。

股関節の炎症やその周辺の骨の異常や、
骨折や神経系の症状やリンパの炎症があります。

痛い症状が続く場合は注意が必要です。
下記の病気の可能性が見られるからです。

太ももの内側が痛い原因は、
股関節内転筋群炎症や閉鎖神経痛などが挙げられます。

肉離れや筋肉痛や妊娠や身体の歪みの可能性もあります。

生理中に足の太ももが痛い。これは病気なの?

生理中に足の太ももが痛い場合、
病気の可能性もあるのでしょうか?

生理痛は、女性にとって繰り返し経験する嫌な物ですよね。
そんな痛い生理痛の時に、
太ももが痛いなと感じたことってありませんか?

生理中の時は、腹痛・腰痛に加えて、
太もものだるさから始まり、徐々に痛い場所が変わってきて、
辛い時は歩くのが嫌になってしまいますよね。

この太ももが痛いのは、生理に関係があるのです。
生理中に太ももが痛い原因は、むくみです。

むくみとは、血管の中にあるはずの水分が、
血管やリンパ管の外に出てしまい、
皮膚の下に溜まっている状態です。

当然、むくみは体にとって良くない信号の初段階です。
そのため放置するのは良くありません。

生理中で太ももが痛いと感じる原因は、
下半身のむくみでした。

女性も男性も1日働いたり生活した後、
足がむくんでいます。

ですが、男性の場合は、女性よりも、
太ももやふくらはぎの筋肉量が多いため、
むくみの症状が少ないのです。

女性の場合は、筋肉量が少ない上に、
生理などで下半身の血流が悪くなることで、
むくみやすい状態になってしまうのです。

結果、生理中に足の太ももが痛い場合は、
病気ではない可能性が高いです。

痛風で足が痛い場合の対処法とは?

痛風で足が痛い場合の対処法にはどんなものがあるのでしょうか?
突然足が痛くなる痛風発作の症状に襲われた時の、
対処法はどうしていけばいいのか…

激痛で何をしたらいいのか、
分からなくなってしまう場合がほとんどなので、
どのような手順で対処していくかご紹介していきます。

痛風で足が痛くなった場合は、痛い場所を冷やします。

1、痛い患部を高くして動かさない。
2、水を飲む。
3、病院に行く。

これが正しい手順と対処法です。

まず、痛風になってしまった場所、
痛いと感じている場所をとにかくすぐに冷やしてください。

腫れて痛くなってしまうのは、
その場所が炎症を起こしてしまっているので、
とにかく冷やしてください。

氷水などにビニールに入れて冷やしたり、
冷感湿布などを貼って冷やしてください。

次に身体を動かさないことです。
とにかく楽な態勢になって休んでほしいのですが、
必ず患部を心臓よりも高い位置におけるようにしてください。

そうすることによって、
血液が患部に周りににくくなるので、
痛いのを和らげることができます。

少し動けるようになった場合は、
水を沢山飲むようにしてください。

最後は、病院に行くことです。
少し痛いのが和らいだら必ず病院で診てもらってください。

足が痛い時、痛風ではないか、どう判断すれば良い?

足が痛い時、痛風ではないか、
どう判断すれば良いのでしょうか?

風が吹いても痛いというほどに、
激烈な痛みがすると言われる痛風。

出来たら一生にわたって、
痛い痛風とは縁のない日々に過ごしたいものですね。

血中における尿酸値の高さを放置したままにしておくと、
痛風の恐怖はあなたが気づかないうちに、
すぐそこまで来ていることがあるのです。

今回は、「痛風になった時、どう判断すればいいか?」ご紹介します。

結果、足が痛いと感じた時でも、
自己判断で痛風と判断することは危険です。
やはり最終判断は専門知識を持った医師による必要があります。

確実な痛風の判断は、
痛風の発作中の関節の中に、
尿酸の結晶があることを証明することです。

これで診断は確定します。

痛風の症状は特徴的なので、
専門知識を持った医師であれば、
症状や通常の血液検査で十分に診断が可能です。

■症状が出てから1日以内にピークを達する
■以前に同じような症状があった
■関節だけに症状がある
■関節の部位が赤くなる
■関節が腫れている
■付け根の関節に激痛、腫れがある、炎症がある
■血液検査で尿酸値が高い

これらが、医師が使う痛風の判断基準なので、
もしこれらの症状があったら、
一度病院に行ってみると良いですね。

靴が合わないのが原因で足が痛い。靴選びのポイントは?

靴が合わないのが原因で足が痛い場合の、
靴選びのポイントは?

お気に入りの靴を履いた時、
お店でかわいい靴を見つけた時、
新しいシューズでスポーツした時、
突然足に痛いのを感じたことはありませんか?

靴やシューズが合わない時なんて、
もう最悪ですよね。

靴はデザイン重視で選ぶと失敗しがちです。
ハーフサイズ大きいものや小さいもの、
足の形に合っていけないのもを購入してはいけません。

なぜなら、合わない靴は足が痛い原因になるからです。
靴の選びのポイントを今回ご紹介します。

自分に合う靴を履くことは、
カジュアルシーンにおいても、
スポーツシーンにおいても重要な事です。

靴が合う合わないをチェックするには、
靴を試着する際は、紐を緩めてから足を入れて、
カカトをしっかり合わせます。

そして、紐をしっかり結びましょう。
必ず立ち上がってサイズ感をチェックするのがポイントです。

立つと体重が足に乗るので足は少し大きくなります。
座った状態でちょうどよくても、
立つときついということはよくあります。

つま先は適度に指の自由が利き、
あまりきつ過ぎず、緩すぎないのがポイントです。

以上のことを最低限頭の片隅に置いて、
靴を選ぶポイントとしてください。

足が痛い時の靴底の選び方!

足が痛い時の靴底の選び方は?!
「歩くと足が痛くなる」
「足のラインもコンプレックス。生足なんて出せない!」
そんな悩みを抱えていませんか?

実はその足が痛いなどの悩みは、あなたの靴が、
原因になっているかもしれません。

間違った靴選びをしていると、
足に負担が掛かり筋肉を固くし、歪みを生じます。

日常生活で少しずつ歪みが蓄積された結果、
O 脚や足が痛いのを引き起こしている人もいます。

一般的に、靴底が薄い靴は上級者向きで、
厚いと初心者向きと言われています。

靴底が薄いとクッション性がないということになりますので、
その分足への負担が大きくなります。

よって筋力や脚力がない初心者からすると、
足への負担が大きいシューズは、
扱いづらいということになります。

厚底が厚いとその逆で、
クッション性はあるので足への負担が軽減され、
脚力がない初心者でも長く愛用できます。

靴底が厚い靴は、重いですが逆に、
靴底が薄い靴はクッション性がないのですが軽いです。

なので、良く歩く日は靴底が薄い靴を履くようにしましょう。

足が痛いし、だるい…原因や病気の可能性は?

足が痛いし、だるい…原因には何がある?
また、病気の可能性はあるのでしょうか?

足がだるい・痛い症状に悩んでいる人はいませんか?
疲れている?運動不足?
それとも何か悪い病気なの?

足が痛い、だるさの症状は主に女性に多く見られます。
今回は、足が痛い、だるい…
原因や病気についてご紹介します。

足が痛い、だるい場合は、疲労がたまっている…
長い距離を歩いたり、運動した後は、
足が痛い・だるいといった症状が表れることがあります。

筋肉が疲労していると、
足の血液中に老廃物が溜まってしまうので、
痛いとなったり、だるさを引き起こすのです。

疲労がたまって痛い・だるい場合は、
入浴やマッサージ、ストレッチをしてあげると良いでしょう。

血行不良…足の血流が悪くなると、
老廃物が溜まり足が痛い・だるさの症状が引き起こされます。

血行不良の原因としては、
長い時間立ったまま・座ったままの、
同じ姿勢でいることなどが考えられます。

肥満や運動不足も血行不良の原因となります。
血行不良が原因で、足が痛い・だるい場合は、
運動不足や不摂生などの生活習慣を、
改善することが対処法として最も効果的です。

下半身の冷え…下半身が冷えていると、
血行が悪くなり足にだるさや痛いのを感じることがあります。

冷えが原因で足が痛い・だるい場合は、
靴下を履く、半身浴をする、マッサージをする
といった方法が対処法としてあげられます。

妊娠…妊娠中だとお腹の赤ちゃんが成長するにつれて、
子宮が大きくなり、足の付け根にある血管を圧迫し、
下半身の血行が悪くなります。

また、お腹が大きくなると、体を動かすのも
一苦労ですので必然的に運動不足になります。

特に、妊娠中も仕事している人は注意が必要です。
デスクワークで座りっぱなしになったり、
あるいは立ちっぱなしと、同じ姿勢のまま、
何時間も動かないこともあると思います。

そうすると、足に血液が溜まってしまい、
だるさを引き起こす原因となります。

そして注意したいのが、病気の可能性もあります。
下肢静脈瘤…足の静脈弁が壊れてしまう事で血が逆流し、
瘤のようなものができます。

足が痛い・だるさ・むくみ・かゆみ・湿疹・黒ずみ
といった症状が引き起こされます。

慢性的に足のだるさ・痛い・むくみを抱えている人は
下肢静脈瘤の可能性があります。

肝臓病…肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、
異常が発生しても自覚症状にはなかなか現れません。

脚気…インスタント食品や偏った食生活の影響などで
発症する人が増えています。
次第に、しびれ・むくみ・息切れ・感覚の麻痺など、
さまざまな症状が出てきます。

糖尿病…糖尿病になると体を動かすエネルギーが、
不足してしまい、疲れやすく、
足や体がだるいといった症状があります。

軽度の場合は、なかなか自覚症状がなく
自分で判断するのが困難だと言われています。

このような症状が、続くようでしたら早めに病院へ受診しましょう。

冷え性で足が痛いのはなぜ?原因や対策法は?

冷え性で足が痛いのはなぜでしょうか?
原因や対策法は?

毎年冷え性対策をやっているのに、
なかなか改善されませんよね。

いったい何が原因なのか対策法は何か知りたいですよね。

今回は、冷え性で足が痛い原因や対処法をご紹介します。

冷え性の原因は、
「筋肉量」と「自律神経」の低下が関係しています。

簡単に説明しますと、
欧米人は日本人と比べて筋肉量が多いです。

筋肉を生み出す役割をしているので、
基礎代謝が高くなり身体の隅々まで暖めることができます。

そして、人の身体の体温調節は、
自律神経の指令により「血液」の量を増やし、
体温をキープするのです。

冬になると寒くなるから、
体を暖めるために血液を循環させるため、
血液の量が増えていきます。

血液のめぐりが悪くなったら、
毛細血管にスムーズに血液が流れませんよね?

そのため、足先などの心臓から遠いところから、
まず先に冷え始めてしまいます。

原因は、不規則な生活、過剰なストレス、
寒さしのぎに服の着重ね、貧血、低血、
動脈硬化、運動不足です。

症状は、自律神経が乱れ血液を送る指示が不十分になる
皮膚を締め付け皮膚感覚を失い血液のめぐりが悪くなる、
血液循環の乱れによる血流の低下が起こる、
筋肉が衰えることです。

1つでも、当てはまる物があれば、
それを改善していきましょう。

次に、対策法として有効とされているのは
①ブラブラ運動…手足の力を抜いて、手首・足首をブラブラさせます。
足首をブラブラする時は、椅子などに座って行いましょう。

②グーパー運動…手足の指を閉じたり開いたりしてみてください。

③ぐるぐる運動…足の指が動きにくい場合は、
足の指を手でつかんで、グルグル回します。

簡単で、どこでも出来る体操をご紹介しました。

冷えとり靴下で足が痛いのを解消!他にはどんな方法が?

冷えとり靴下で足が痛いのを解消しましょう!
まら他にはどんな方法があるのでしょうか?

足先の冷えとりに効果があると話題の
「冷えとり靴下」です。

足は、体の毒素を多く排出する部位のひとつです。

足裏は、汗腺が発達しているため、
1日当たりコップ1杯分の汗をかいています。

足の裏には内蔵と密接につながるツボがあり、
そこを刺激することで、
内蔵の毒素の排出を促す働きもあります。

どんな靴下でも、
とにかくたくさん重ねれば良いわけではありません。

絹や綿などの天然素材であることが必要です。
絹は、吸水性・保湿性に優れるだけでなく、
湿気・毒素・老廃物も吸い取る特性があります。

綿は、1枚目に絹、2枚目に綿を重ねることで、
湿気を吸い取る効果が期待できます。

ウールよりも軽めの履き心地です。
他にはどんな方法があるかは、
マッサージやヨガ、軽い運動で血行促進です。

血流を改善すれば足先の冷えは改善できます。
5~10分丁寧に揉みほぐす感じでマッサージします。

また、ヨガやウォーキング、ストレッチなどの運動をすることでも
血行が促進され足先の冷えを改善できます。

食事で身体を内側から温めます。
「陽性の食品」を積極的に摂取することで、
体の内側からあたため、冷えを改善することができます。

手軽に冷えとり効果が期待できる「冷えとり靴下」を、
毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

熱があると足が痛い…原因は何?これって病気?

熱があると足が痛い…原因は何でしょうか?
病気の可能性もあるのでしょうか?

熱が出ると、足が痛くなりやすい人がいます。
どこかにぶつけたわけでもないのに、
なぜかどこかしらの関節が痛くなりやすいですよね。

熱と足が痛い関係性を調べてみました。

その原因は、体から発せられている
「サイン」ということです。

それがどういうことなのか気になりますよね。
そこで今回は、熱で関節痛を伴う原因について
お伝えしていきます。

熱が出ると足が痛い(関節痛)が出るのは、
免疫細胞の働きが原因となっています。

ウイルスが体に侵入すると、
ウイルスから体を守るための
サイトカインという物質が分泌されます。

この物質の過剰な分泌は、
臓器の機能不全につながる恐れがあります。

過剰な分泌を抑えるため、
同時にPGE2(プロスタグランジンE2)という
サイトカインの生成を抑制する物質も分泌されます。

つまり、熱が出て足が痛い(関節痛)を感じたら、
体がウイルスと闘っているサインということです。

多くの場合は、熱が下がりだすのと同じ時期に、
足が痛い・関節が痛いのも治まります。

風邪の足の痛い(関節痛)は、あまり強くないため、
さほど心配する必要はありません。

しかし、風邪とは少し異なり、
注意したい種類の関節痛もあります。

それは、インフルエンザによる関節痛です。

インフルエンザの特徴は、
痛みの強い関節痛が全身に現れるのが大きな特徴です。

インフルエンザによる足が痛い(関節痛)は、
解熱鎮痛剤を服用した方が良いです。

というのは、痛いのが酷いため、
我慢するのが大変になる可能性が高いからです。

関節痛の他にも悪寒・頭痛・筋肉痛などの
全身症状が激しく見られる場合には、
早めに病院にいくようにしましょう。

ただし、風邪の他の症状が良くなった後も、
関節痛だけがいつまでも残る場合には、
自己免疫性疾患である膠原病や関節リウマチ
といった病気の可能性があります。

その場合には、早めに病院で相談することをおすすめします。

足が痛いし熱い…そんな時の原因や治療法は?

足が痛いし熱い…そんな時の原因や治療法は?

夜、足がほてって寝れないとうい経験は、
誰にでもあるはずです。

その原因は、酷使された足が、
冷却機能を失って、オーバーヒート状態になっているのです。

ほてりが長く続く・燃えるように熱い、
痛いのや不快感を伴うなどと日常生活に支障がきたします。

そんな時の原因や治療法などをご紹介します。

まずは、冷え性などの血行障害の可能性があります。
足のほてりと冷え性は真逆な考えだと思いますが、
冷え性の原因である血行障害がおきると、
冷えだけでなくほてりを感じることがあるのです。

足は、心臓から離れているため重力の影響を受けやすく、
血行障害で血流が悪くなった場合に影響を受けてしまいます。

次に、自律神経失調症です。
気温や環境が変化しても、体内の状態が一定に保たれる、
ホメオスタシスという性質があります。

心臓の動作や、体温維持、ホルモン分泌などは、
自分の意志とは関係なく、体が自動的に働いてくれるのは、
自律神経のおかげなのです。

ところが、疲労やストレス、ホルモンバランスの乱れによって、
交感神経と副感交感神経が上手く切り替わらなくなると、
ほてり・のぼせや、立ちくらみ、過呼吸など現れます。

他には、更年期障害やレストレスレッグ症候群や
坐骨神経痛の原因があります。

これらの治療法で、冷え性や血行障害は、
寝る前に、入浴やマッサージなどの、
足の代謝を促すことで改善できます。

自律神経失調症の場合は、心療内科や神経科などの、
専門医への相談が必要です。

更年期障害の場合は、女性は婦人科、
男性は心療内科や神経科などに受診してください。

レストレスレッグ症候群は、
皮膚や筋肉の病気と勘違いされる場合がありますが、
治療については睡眠障害の専門医に相談するのが良いです。

坐骨神経痛の場合は、
坐骨神経や脊椎神経根の圧迫や椎間板ヘルニア、
脊柱管狭窄症が考えられるため、まずは整形外科の受診をおすすめします。

足が痛い!妊娠中の足の痛みの原因と対策法を時期別にご紹介!

足が痛い!妊娠中の足の痛みの原因と、
対策法を時期別にご紹介していきます。

妊娠中、足に感じる異変についてはよく起こることです。
では、どうして足が痛くなったり、
だるくなったりするのでしょうか?

そこで今回は、妊娠中の足が痛い原因と、
対策法を時期別にご紹介します。

妊娠超初期の原因や対策!

妊娠超初期に足が痛い場合の原因や対策について。
妊娠超初期の症状として、
足の付け根あたりや足に痛いのが発生することがあります。

この原因は、妊娠超初期から足の付け根や、
腰が痛む原因の1つに黄体ホルモンがあります。

またHCGホルモンというホルモンも、
分泌されるようになって、
ホルモンバランスが急激に変化します。

出産に向けて骨盤などの関節を緩める作用があります。
この影響で足の付け根や骨盤が痛い、
張っているのを感じるようになります。

対策は、妊娠初期の症状や感じ方は人それぞれです。

妊娠超初期の方は「安静にしておこう」
くらいの気持ちでいた方が良いと思います。

あとは、入浴など身体を温めることで
血流をよくすると楽になりやすいです。

妊娠初期の原因や対策!

妊娠初期に足が痛い場合の原因や対策とは?!

妊娠初期症状の状態や症状が出る場所が
人によって異なるように様々な痛い原因が考えられます。

一番多い痛い原因としては、
妊娠すると赤ちゃんの成長をする守るために、
子宮や骨盤内部に血流が多くなるのですが、
それが原因となって足の血行不良で冷え性が生じます。

そのほとんどが筋肉が硬くなっている状態の時であります。

痛い時の対策は、妊娠初期に限ったことではありませんが、
体を冷やさないことが大切です。

血行を良くしようとマッサージをすると思いますが、
硬直した状態でむやみにマッサージを行うことはおすすめしません。

筋肉を細かく振動させるストレッチなどを行うと良いです。

妊娠中期の原因や対策!

妊娠中期に足が痛い原因や対策についてご紹介します。
妊娠中期に入るとお腹が大きくなってくると、
足が痛い・だるいと感じる妊婦さんは多いと思います。

妊娠中期に足が痛い原因は、
自律神経が乱れているために起こったり、
鉄分の不足により起こるだるさ、ビタミンB1の不足による痛み
同じ姿勢を続けていることで起こるむくみ、静脈瘤が原因です。

足が痛い場合の対策法は、睡眠を多くとることと、
栄養バランスを整えて、同じ姿勢によるだるさであれば、
ストレッチをしたりウォーキングといった体を動かすことをおすすめします。

妊娠後期の原因や対策!

妊娠後期に足が痛い原因や対策とは?

出産に備えて体に様々な変化が起こりますが、
その1つとして靭帯のゆるみがあります。

出産時は赤ちゃんが産道を通り抜けやすいように、
体を柔らかくする必要がありますが、

妊娠後期になると「リラキシン」
と呼ばれるホルモン分泌が増えて、
靭帯をゆるめます。

特に骨盤の中央にある恥骨結合部や
股関節への負担が大きくなるので、
足付け根が痛い症状となって現れます。

2つめは、子宮の重みで圧迫されているからです。
ホルモンの影響で緩んだ恥骨結合部や、
股関節がさらに圧迫あれるため、
足の付け根や痛いのがはげしくなるのです。

足が痛い時の対策法は、骨盤をサポートしたり、
普段の姿勢や歩き方を変えましょう。

妊婦体操やストレッチもおすすめです。

夜中に足が痛い!子供の場合はどんな原因と対処法がある?

夜中に足が痛いのが、
子供の場合はどんな原因と対処法がある?

夜中に足が痛くて起きてしまう場合がありますよね。
この原因と対処法についてご紹介します。

成長痛の可能性も高いですが、
子供が足を痛がる理由は他にもあります。

ストレスによる子供の精神状態の不安定さも1つの原因です。
この時の対処法は、心のケアをしてあげてください。

「どうしたの?」などと悩みを聞いてあげたり、
抱きしめたりして安心させてあげてください。

2~12歳の子供も当然成長は伸びますが
「反張ヒザ」によって痛いのが発症していることもあります。

「反張ヒザ」は、浮指になることによってカカト体重になり、
立つバランスが後ろ側に崩れることで、
ヒザが反り返り、逆に曲がるような状態になります。

他は、子供が走り回ったり、
歩いたり1日中動き回ることで足に溜まった過度な疲労が、
夜中などに痛い症状となって現れるためです。

こまめに水分を摂ったり充分に休むことが大切になります。

子供の足が痛いというのは病気?病院へ行った方が良い?

子供の足が痛いというのは病気?
病院へ行った方が良いのでしょうか?

子どもが足が痛いと訴えてきたら、
まずは成長痛と疑うことがあると思います。

しかし、子供が足を痛がった場合に、
成長痛以外にも足の病気も疑ってみてください。

子供(主に幼児~中学生くらいまでの子供)の、
足が痛い原因としてあげられる、
5つの代表的な足の病気があります。

オスグット・骨肉腫・ペルテス病・
むずむず症候群・第一ケーラー病・第二ケーラー病
という5つの病気となります。

オスグットで、足が痛い症状が激しい場合は、
すぐに病院へ行ってください。

骨肉腫で、筋肉痛のような症状が1週間以上続くようであれば、
すぐに病院へ行ってください。

ペルテス病は、強く痛いのが1週間以上続くようであれば
病院へ行ってください。

むずむず症候群は、大人に多い病気ですが、
子供も発症する可能性が十分にあります。

むずむずとした違和感が毎日のように続いて、
我慢できない場合は、すぐに病院へ行ってください。

第一ケーラー病・第二ケーラー病は、
痛いのが激しい場合はすぐに病院へ行ってください。

子供が発熱すると、足の痛みも…原因や予防法はある?

子供が発熱すると、足が痛いのも一緒に。。
原因や予防法はある?

子どもが発熱すると、
足が痛い場合がありますが原因と予防法をご紹介します。

子供の足が痛い原因として、
多くは肉体の疲れが関係しています。

カカトやふくらはぎ、足の裏が痛くなる時は、
昼間の遊びで疲れてしまったことが主な原因です。

子供は痛くなるのが早いです。
次の日の朝にはケロッと忘れているものです。

子供は大人のように上手に表現ができません。
機嫌が悪いのは見れば分かりますが、
肝心な痛い理由が伝えられません。

小さい子は、ぐずったり泣いたりするばかりです。
何を訴えているのかを受け止めてあげるのは、
親の責任になります。

成長を見守っていられるという楽しみもかけがえないものです。
はやめに、症状に気付いて病院へ行きましょう。

予防法は、熱を下げて子供との時間を大切にして
傍にいてあげてください。

子供も安心してくれるはずです。

【足が痛い】の英語や英訳について

【足が痛い】の英語や英訳についてご紹介します。
My foot hurts.か、I have sore feet.があります。

【靴で足が痛い】のならば、My shoes pinch me.になります。
【足が痛いです】となると、My feet hurt.になります。