足がつると本当に痛いですね。
長く続いたり、頻度が多いと病気の可能性も…

足がつる原因や対処法、対策や予防法について
自分の経験と一緒に紹介しています。

目次

足がつる原因は?寝ている時や運動中、つる理由とは?

足がつる原因は?寝ている時や運動などに、
足がつる理由はなんでしょうか?

■急に近くの公園までジョギングをしたら、足がつる!
■夜中に足がつる激痛で目が覚めた!

という経験をしたことはありませんか?
このように足がつる原因をご紹介します。

足がつる(つった)時の一番簡単な対応としては、
つっている筋肉をゆっくりと伸ばすようにしてください。
たとえば、ふくらはぎがつってしまった場合は、
つった足の親指を手前にゆっくりと引き寄せれば、
ふくらはぎが伸びます。

さて、この足がつるのは、
ごくたまに起こるようなら心配いりませんが
頻繁に足がつる場合は注意が必要です。

なぜならば、頻繁に足がつると筋肉に傷がついてしまい
「肉離れ」という状態に陥るからです。

夜中に足がつるのが多い人の場合は、
睡眠障害にもつながります。

筋肉を動かすための指令を出す運動神経の一部である
「運動神経末端」に不具合が起き、
暴走してしまうことです。

運動神経末端が暴走してしまう理由は、
カルシウムやナトリウムなどの
ミネラルのバランスが崩れてしまうことが
原因のひとつだといわれています。

原因や対策、予防方法など詳しくご紹介していきます。

足がつる原因は食事にある?日常で注意できることは?

足がつる原因は食事にあるのでしょうか?
また日常で注意できることはあるのでしょうか?

非常に痛くて怖い足がつることですが
食事と深い関係があることを知っていましたか?

自分の食事に気を付けるだけで改善することができます。
そこで今回は足がよくつる人の食事とは何か、
また足がつることを予防できる食事もあり
日常で注意すべきことも紹介します。

足がつるのが多い人の食事のまず1つ目は
バランスの悪い食事です。

栄養が偏ってしまうとどうしても
ミネラルバランスが乱れたり水分不足に陥りやすくなります。

筋肉疲労を防いでくれる栄養が不足することで
筋肉が動かなくなってしまい足がつるのにつながります。

2つ目は、冷たいものを好む人、水分をあまり摂らない人です。
夏に暑くなってくるとどうしてもアイスやジュース、
素麺など冷たい食べ物ばかり食べたくなりがちです。

また、普段から水分を摂取しない人もいますよね。
こういった人は水分不足や冷えで
足がつる機会が多くなってしまいます。

夏でも1日1回は暖かい食べ物を食べるように意識しましょう。

3つ目は、お酒を飲む人です。
お酒を飲んで寝たら足がつるので困ったという人は
非常に多いです。

人の体はお酒を飲むとアルコールを外へ排出しようと働きます。
体内に必要なミネラルなども一緒に体外へ排出してしまうのです。

日常で注意すべき、
足がつるのを防ぐための5つの栄養素と食べ物は、

まず1つ目はミネラルです。
ミネラルは汗をかく時に体の外へ出てしまいやすいので
運動をしたり夏場などの汗をかきやすい時は注意が必要です。

ミネラルの中でも足がつるのに関係深いのは
カルシウム、カリウム、マグネシウムです。

カルシウムは骨を作るだけでなく
筋肉が過剰に働くことを抑えてくれます。

小魚、玄米、わかめ、牛乳などに多く含まれています。

カリウムは筋肉を調節してくれます。
カルシウムが不足すると筋肉疲労がおこりやすくなります。

アーモンド、バナナ、さつまいも、緑黄色野菜、
100%野菜ジュースです。

マグネシウムは筋肉の収縮を防いでくれます。
大豆、ごま、枝豆、カボチャ、しらすです。

2つ目は、ビタミンB1です。
神経に働いて疲労回復をしてくれます。
うなぎ、玄米、卵、レバー、大豆、まぐろ、かつおです。
3つ目は、ビタミンEです。
血行をよくしてくれます。
アーモンド、あゆ、すじこ、抹茶です。
4つ目は、タウリンです。
タウリンは運動することで消費されてしまい
不足すると筋肉疲労が起こって足がつるのが多くなります。
タコ、いか、牡蠣、しじみ、あさりなどの魚介類です。

5つ目は、水分です。
水分は血行をよくしてくれます。
なるべく普段から意識して飲むようにしましょう。

運動中に足がつる原因とは?筋肉疲労の可能性も

運動中に足がつる原因とはどんなことがある?
筋肉疲労の可能性もあります。

準備運動なしで、急に激しい運動を行うと
筋肉が突然収縮し、足がつる状態になります。

準備運動をしっかりしておくことは、
足がつることを防ぐ以外にも、
質の良い筋肉を作ったり効率よく脂肪燃焼する上でも重要です。

運動中に足がつる原因になりますので、
準備運動をしっかり行ってくださいね。

他に、運動中に足がつることのないようにするためには、
こまめに水分補給をすることが大切です。

水分不足は血行が悪くなり、
足がつる状況になりますので、
運動の途中途中で適宜に水分補給を行うのが大切です。

ただ、飲みすぎて動きにくくなるといけませんので
一口か二口にしておきましょう。

運動後に出来る足がつるのを防ぐための予防対策としては、
ストレッチを充分に行うこと。

次に、水分を摂っておくということです。
最後に、休養をしっかり取るということです。

運動後には、しっかりと筋肉を休めておくことが大切です。
筋肉疲労にもなりやすいので体を休めることが大切で、
休息を取ってリラックスしましょう。

妊娠中に足がつる!妊婦のこむら返りの原因とは?

妊娠中に足がつる…
妊婦のこむら返りの原因にはどんなことがあるでしょう?

妊娠中の妊婦さんの多くは
「足がつる(=こむら返り)」を経験します。

妊娠前は足がつることがなかった人でも、
妊娠をきっかけに起こりやすくまります。

なぜ妊娠中に足がつる場面が多くなりやすいのでしょうか?
「足がつる」とは、足の筋肉が異常に収縮した状態で
硬直してしまう現象です。

主にふくらはぎにある「腓腹筋」で起こることから
「こむら返り」とも呼ばれます。

妊娠中に足がつるのが増えやすくなる原因として、
3つが考えられます。(=こむら返り)

1つ目は、血行不良。
妊娠中は運動量が制限されるので運動不足になり
血行が悪くなりがち
血行が悪くなると体が冷えて、
足の筋肉も固くなり収縮を起こしやすくなります。

2つ目は、ミネラル不足。
血液中のカルシウムやマグネシウムといった
ミネラルが不足すると神経や筋肉が興奮しやすくなり、
異常収縮を起こすことがあります。

妊娠中はママの体よりも
赤ちゃんの方が優先的に栄養が送られるので
ミネラル不足になって足がつる状態になりやすくなります。

3つ目は、骨盤の歪み。
妊娠後期になるにつれてお腹の赤ちゃんが大きく、
重くなります。

大きくなったお腹を支えようと
歩き方や背筋の筋肉の伸ばし方も無意識に変わり
その影響で緩んだ骨盤が歪みやすくなります。

骨盤・背筋・腹筋などに負担がかかると、
間接的につながっている足の筋肉にも
悪影響を与えてつりやすくなります。

冬に足がつるのは体の冷えが原因?寒い時こそ注意!

冬に足がつるのは体の冷えが原因?
寒い時こそ注意が必要です!

足がつる(こむら返り)は、
寒い時こそ注意が必要なのです。

一般的に夏よりも冬に起こりやすくなります。
それは、寒さのために身体が緊張状態になり、
血行が悪くなります。

足は身体の末端で血液がなかなか循環しにくく、
冷えを招きやすい部位ですが、
冷えによる血行不良により、
足がつってしまう原因になってしまうことがあります。

日中と朝夜の気温差が大きいので
冷え込みによる足つり(こむら返り)が起きやすくなります。

もちろん、一日の筋肉疲労やミネラル不足などの
ほかの原因もありますが、
夜中や朝方は気温を下がることも影響しているようです。

また、寝ている時は体温も下がります。
このように体温も気温も下がり
足が冷えた状態になると足がつりやすくなります。

寒い時こそ注意なので、
身体を冷やさないように血行をよくするために
ひざ掛けをしたり蒸しタオルで温めたり
靴下を履くなど暖かくしましょう。

太ももがつるのが激痛!原因を紹介!対処法はあるの?

太ももがつるのが激痛ですね。
原因を紹介します!対処法はあるのでしょうか?

足がつるというのは、「ふくらはぎ」「土踏まず」など
代表して多くありますが、
「太もも」がつることもありこの太もものつりは、
とても激痛なのです。

太ももがつる原因は、大きく分けて2つあります。

疲労により筋肉が痙攣したことによるもの
骨盤のズレや歪みによるもの

この2つの理由により、
太ももがつるという症状が出てきます。

疲労によるものは、一般的なこむら返りで
就寝中や激しい運動後に筋肉が痙攣して起こります。

骨盤のズレや歪みから、大腿骨も外側へとズレを生じ、
大腿骨が外れないように筋肉がカバーしようとして、
通常以上の負担が掛かり、太ももがつりやすくなります。

太ももがつらないように、
対処法は普段から全身をまんべんなくケアすることに
心がけましょう。

毎日でなくても、お休み前の時間や入浴の時間等に
意識的にマッサージやストレッチを行うだけでも効果があります。

ストレッチをして筋肉をほぐし、
緊張や疲労を緩和しましょう。

足がつる原因は疲れがたまっているから?

足がつる原因は
疲れがたまっているからという可能性もあります。

足がつるのは、寝ているとき、疲れているとき
冷えているときなどになりやすいものです。

そんな、足がつる原因の一つである疲れについて
紹介したいと思います。

足がつるのは、足が疲れているサインなのです。
「筋繊維」という1本ずつの繊維が束になったものが
「筋束」と呼ばれます。

その筋束をさらに集めたものが筋肉です。

そして、足がつる状態の時には、
この筋肉の中にある筋繊維の一部だけが
強く縮んでいる状態になっています。

筋肉に場合、筋繊維同士が密着しているため、
縮んでしまった筋繊維と縮んでいない
筋繊維の間にズレが起こります。

そして、ズレが起きると、
筋繊維の周りにある「痛苦繊維」という
傷みを感じる繊維が刺激されます。

これは、私たちが足がつるときに感じる強い痛みなのです。
筋肉の疲労をためないように
寝る前に足のストレッチを行って筋肉をほぐしてあげましょう。

血行が良い状態で足の疲労回復ができます。

足がつるたびに激痛が!効果的な対策や予防法は?

足がつるたびに激痛が走る人がほとんどです。
効果的な対策や予防法にはどんなものがあるのでしょうか?

寝ている時に突然ふくらはぎが
つったような感覚になることはありませんか?

思わず飛び起きるほどの痛みに、
寝るのが怖くなってしまうことも…

一般的に「こむら返り」といわれる症状です。

激痛から回避できる効果的な対策や予防法を紹介します。
足がつる時の対処法は、
つっている筋肉をゆっくりと伸ばすようにしてください。

「ふくらはぎ」がつってしまった場合は、
つった足の親指を手前にゆっくりと引き寄せれば、
ふくらはぎが伸び、足がつるのが回避できます。

ただ、効果的な対策で足をつらないためには、
①偏食をしない(バランスよく食べる)
1日1リットル以上の水を摂取する
③ミネラルを充分に摂る
④ストレッチやリンパマッサージを行う(疲労物質をためない)
毎日質の良い睡眠を取る(6時間以上)
⑥寝る前にお風呂に浸かって体を温めることや、
ふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチ
毎日浴槽に20分は浸かる

これだけで、足がつる激痛がなくなるのです。

足がつる!こむら返りにサプリメントで対策!

足がつる(こむら返り)に
サプリメントで対策するのも有効です。

足がつると毎日の生活が辛くてたまりませんよね。
そのせいで、寝不足・ストレスで
小さな些細な事でも絶不調になりますよね。

でも、「こむらくだ」があればもう大丈夫です。

こむら返りに、サプリメントで対策しちゃいましょう。
こむらくだでは、海の天然素材を配合し、
ミネラル分もしっかりと補給することが出来ます。

身体に負担のない天然素材を配合しつつ、
その効果の高さで口コミで人気の高いサプリメントです。

こむらくだがおすすめの方は、
・夜中に足がつる!何度も起きてしまう
・思うように身体が動かせない
・運動中につってしまう
・運動した後寝るときの「ピキーン」が怖い
・肌がカサカサ&ボロボロが収まらない
・水分補給が苦手
・忙しくてウォーキングなどする時間がない
・食生活を整えるのが難しい
などといった方にお勧めです。

足がつるサプリメントで、
総合人気ランキングで1位ということもあり
安心して摂取できますね。

こむらくだは、150粒と一緒に
紹介冊子・定期お届けコースの案内・実感法が入っています。

送料無料で個数やお届け日の変更、
定期便の停止やお休みもできます。

しかも、今なら期間限定の86%割引で
初回はたったの980円です。

定期最低回数の約束がない商品なので、
試してみる価値はありますよ。

ミネラルは寝ている間に汗と共に出ていくので、
体内のマグネシウムが不足しているので起きてすぐに
「こむらくだ」を摂取するのが最も効果的だそうです。

また、冷たい水だと胃が驚いてしまいますので
常温の水といっしょに飲むのがおすすめです。

1日1回、朝起きた時に水といっしょに飲むだけなので
無理なく続けられそうですね。

足がつるのを予防できる食べ物はある?日常からできる対策法

足がつるのを予防できる食べ物はあるのでしょうか?
日常からできる対処法について調べてみました。

足がつるの多くは睡眠中に起きますが、
運動中になることもあるし、
日常生活でちょっと無理な姿勢になったときにも起きます。

今回は、足がつるのを予防できる食べ物をご紹介します。
食事にちょっと注意することで、
足がつるのが予防できるのです。

バナナ


バナナはマラソンなどで食べる人も多く、
足がつるのに有効とされます。
バナナにはカリウムという筋肉を調整し
疲労防止の効果のあるミネラル豊富に含まれています。

 

トマト

トマトもバナナと同じくカリウム豊富に含みます。
また、水分補給にもなります。

豆腐、納豆、アーモンド
筋肉をゆったりとリラックスさせる
マグネシウムといったミネラルを豊富に含みます。

イカ、タコ、レバー、卵、豆類
イカ、タコ、貝類はタウリンという筋肉疲労に関係する
アミノ酸を豊富に含みます。
レバーや卵はビタミンB1が神経にいい影響を与えてくれます。

スポーツドリンク、ミネラルウォーター
水分が不足すると血液の状態が悪くなり
足がつる大きな原因のひとつの原因になります。

最近少し足がつることが多くなる感じられる場合は、
ご自分の食事、栄養の偏りを
チェックしてみると良いとおもいます。

【足がつる】スポーツや運動中に足がつらないための対策

【足がつる】スポーツや運動中に
足がつるのを防ぐための対策にはどんなものが?

スポーツや運動前に出来る、
足がつるのを防ぐための予防対策としては
水分を摂っておくことと、準備運動をしっかりすることです。

運動中は、汗をかきますので
体の水分が日常生活以上に失われます。

始める前に、水分補給をしておくことは大切です。
ただ、飲みすぎて動きにくくなるといけませんから
一口か二口にしておきましょう。

準備運動なしで急に激しい運動を行うと
筋肉が当然収縮し、足がつる状態になりやすいです。

ストレッチや準備運動は、
スポーツや運動の前後で必ず行い
足がつるのや、怪我のないようにしましょう。

スポーツや運動中に足がつることがないようにするには、
こまめに水分補給をすることが必要です。

水分不足は血行が悪くなり足がつる状況に近くなりますので
途中途中で、水分補給を行うのが大切です。

運動後に出来る対策は、
ストレッチを充分行うということです。

ほぐして柔らかくすることで血行がよくなり結果、
足がつる状態になりやすくなります。

血行が良くなると基礎体温も上がりますので
免疫力もアップすると良い事ずくめです。

次に、水分を摂ることです。

最後に、休養をしっかり取るということです。

筋肉疲労は足がつる原因にもなりますので
運動後は、しっかりと筋肉を休めておくことが大切です。

睡眠中に足がつるのを予防|対策にオススメの飲み物は?

睡眠中に足がつるのを予防したい人も多いです。
対策にオススメの飲み物はあるのでしょうか?

気持ちよく寝ている睡眠中に突然足がつる…
痛くて起きてしまうこむら返り…

そんなこむら返りを予防していくのに必要な
水分補給でおすすめしたい
効果的な飲み物について調べてみました。

水分補給するために水を飲むのもいいですが、
それよりも効果的なのがスポーツドリンクです。

スポーツドリンクは
スムーズに電解質を補充していくことができます。

あとは、カルシウムやマグネシウムを含んでいる物として
牛乳や豆乳などがおすすめです。

注意してほしい飲み物
カフェインやアルコールを含んでる飲み物です。

緑茶やコーヒーやビールなどですが、
これらの飲み物は電解質を減らしてしまって
バランスが悪くなってしまうので
寝る前とかあまり飲まない方がいいです。

スポーツドリンクや牛乳や豆乳が良いと書きましたが夜中、
睡眠中にこむら返りになるのを予防するのに
おすすめの飲むタイミングですが、寝る前に飲むことです。

しかし、寝る直前にスポーツドリンクや
牛乳や豆乳を飲むのは少し抵抗があると思いますので
コップ1杯の水を飲むことです。

なるべく日中などにスポーツドリンクや
牛乳や豆乳などを飲むといいです。

足がつる時の対処法で効果があるのは?とっさにできる方法とは?

足がつる時の対処法で効果があるのは?
とっさにできる方法を知っておくと少し安心ですね。

あなたは夜中につって
激痛で目が覚めたことはありますか?

または、運動中に急に足がつる状態になり、
困ったことはありませんか?

あしがつった時の対処法としては、
つっている筋肉をゆっくりと伸ばすようにしてください。

たとえば、「ふくらはぎ」がつってしまった場合は、
つった足の親指を手前にゆっくりと引き寄せれば
ふくらはぎが伸びます。

足がつる時の対処法としては、
とにかく足の筋肉をリラックスさせ、
全身の力を抜く事がいいでしょう。

無理に動かしても、違う部分の筋などを痛めてしまっては、
どうしようもありませんから
無理せずダラダラとしておきましょう。

もし、立ったままの状態であれば、
片足ずつ上げてブラブラさせてみたりして、
体重をかけずに行いましょう。

痛みがなくなり、足が動かせるようになったら
ストレッチをして足の筋肉を充分にほぐしましょう。

足がつる時、直接筋肉をほぐそうとすると、
かえって筋肉を痛めてしまう可能性もありますので、
ほぐすことを優先的に行いましょう。

妊婦・妊娠中に足がつる!正しい対処の仕方は?

妊婦・妊娠中に足がつる!
正しい対処の仕方はあるのでしょうか?

妊娠してから、特に激しい運動もしていないし、
筋肉に負担をかけているわけでもないのに
よく足がつることがありますよね。

治るまでにも時間がかかる上、
癖になるため避けたいものですね。

そこで今回は、妊婦・妊娠中に足がつる場合の
対処法についてまとめてみました。

短時間で元の状態に戻せる方法、
同じ個所をまたつらずに済む対処を紹介します。

力を抜く
患部に気を取られていると、
思った以上に力みすぎてしまいます。

そこでまずは足の力を抜き、
その部分の緊張が解れるのを待ちます。

筋肉を伸ばす
まずは楽な姿勢になって、ふくらはぎを伸ばします。
無理なくゆっくりと、つま先を体の方に引きつけるようにします。

足首を回す
意外に知られていませんが、
足の緊張状態を解くには
足首を軽く回すこともいい方法です。

患部を温め血行を促進する
痛みが治まっても、また同じようにぶり返す場合もあります。
血行が悪くなることで足がつる可能性もあるので
収まってきたら足を温め、血行を促進しましょう。

体の不調のサインを見逃さない
赤ちゃんがお腹にいることが原因ではなく、
栄養不足や血行不足が重なったサインかもしれません。

肌の調子が悪い、貧血気味である、
ふらつきが増えたなど、何かしらのサインの表れていても
「妊娠しているから」
「妊婦だから」
ということで見逃している可能性があります。

運動中に「足がつる(つった)」対処する時のポイントは?

運動中に「足がつる(つった)」
対処する時のポイントは?

運動中に足がつる・つった時の
対処法のポイントを紹介したいと思います。

運動中に一番つる可能性がある足の部分は、
こむら返りとも呼ばれる、ふくらはぎです。

この時の対処法は、
足の先をヒザ方向に曲げてアキレス腱を伸ばし、
さらにヒザも伸ばすことで痛みはなくなります。

もし、足の指に手が届かない場合は、
壁を利用したりタオルを足の先にかけて、
ゆっくり引っ張るのも有効です。

足の指や甲、裏側がつったときの対処法は、
この場合は痛いのと逆側を伸ばすことで
痛みを和らげることができます。

足をつった時、足がつる時に、
気を付けることは決して冷やさないこと。
捻挫や炎症のイメージで冷やしてはいけません。

むしろ足の冷えがつることの原因のひとつなので、
痛い部分を温めてあげましょう。

足がつるのは、筋肉の過度な緊張が原因です。
この状態を放置すれば、筋肉自体が損傷しかねません。
痛いと思ったら放置せずにすぐに治しましょう。

足がつるのは栄養不足が原因?予防に効果ありの栄養素とは?

足がつるのは栄養不足が原因?
予防に効果ありの栄養素には何があるのでしょうか?

足がつるという症状は、色々な場面で起こりますよね。

たとえば、夜中に寝ている時に
ピキーンと痛く目が覚めたり、運動中につったり…

朝目が覚めた時などと多くの場合は
寝ている時や朝眼覚めるとき、運動中に見られています。

運動不足が原因と思っている方がいると思いますが、
実は運動不足だけではないのです。

足がつることには、栄養不足にも原因があるのです。
そんな予防に効果ありの栄養素をご紹介します。

日頃の栄養や水分不足は見逃せません。
食事にちょっと注意することで予防出来たらいいですね。

マグネシウム・ナトリウム・カルシウム・
カリウム・ビタミンB1・タウリンが、
足がつりやすくなることに効果的な栄養素なのです。

足がつる!栄養素のカリウムは関係あり?

足がつる!栄養素のカリウムは関係あり?
足がつるには、カリウム不足が原因なのか?
気になるので調べてみました。

体内には生きるうえで必要なビタミンとして
カリウムという電解質があります。

単体だけではなくタンパク質と結合したり
リン酸塩という名で細胞の内液や外液に存在しています。

そんなカリウムの体内での働きの1つとして、
体内の水分を一定に保つ作用があります。

そして、体の筋肉や神経のバランスを整えてくれる役割をします。
このカリウムが、不足すると疲労がたまり筋力が低下します。

お風呂に入ると汗をかき、寝ている間にも汗をかきます。

寝ている間は、思っている以上に汗が出ていて
水分が失われます。

そして、足の筋肉が痙攣をおこしてしまい
足がつるという結果になります。

水分不足でカリウムが足りなくなったと考えられます。
汗と一緒にカリウムを失っているかもしれません。

汗をかく時には、水分不足だけでなく
カリウム不足に注意してください。

カリウムが摂れる食べ物は、
小麦・アーモンド・ばなな・干しブドウ・
さつまいも・果実や野菜の100%ジュースです。

足がつるのは栄養不足?食べ物や食品、栄養ドリンクで効果があるのは?

足がつるのは栄養不足のせい?
食べ物や食品、栄養ドリンクで効果があるのは?

足がつる原因の1つは、栄養不足です。

食べ物や食品・栄養ドリンクで栄養が摂れるのです。
特に、カルシウム・カリウム・マグネシウムといった
ミネラルの不足で足がつることになります。

ミネラル分の不足は、体に不調が出てくる他にも
骨がスポンジ状になってしまう
骨粗しょう症といった病気を引き起こすことにもつながります。

カリウムは、筋肉の働きを良くするという効果があります。
筋肉の異常収縮である足がつる症状を抑えるには、
とても効果的な栄養素とも言えます。

果物や生野菜に豊富に含まれています。
実は、含有量の多さとしては、
パセリは上位に来る食品です。

ただ、一度に大量に摂取できませんので
お弁当や外食で見かけたら是非食べましょう。

カルシウムは、骨や歯の密度を上げて、
丈夫な歯や骨を作る上でとても大切です。

プロセスチーズや魚や牛乳などに多く含まれています。
バジルや大葉といった香りが強い葉にも含まれていますので
カルシウムは摂取しやすい栄養素と言えます。

タウリンは、主に肝臓の機能を高めてくれる効果があり、
お酒が好きな方は有名な栄養素です。

お酒を飲む前に服用すると効果的な栄養ドリンクやサプリには、
タウリンが多く含まれています。

血糖値が大きく上昇すると血行が悪くなりますので、
結果足がつりやすくなりますので、
タウリンの摂取は有効です。

足がつるのは栄養不足が原因でもあるので
バランスの良い食事や栄養ドリンクを摂取することを心がけましょう。

妊婦の足がつる!不足がちな栄養素は?

妊婦の足がつる!不足がちな栄養素は何でしょう?
妊婦さんは常に赤ちゃんに栄養分を送っています。

特に赤ちゃんの成長に欠かせない
カルシウムやマグネシウムなどは率先して失われていきますので、
栄養不足から足がつることになりやすくなるとも考えられます。

体内のミネラルバランスが崩れると
筋肉が動揺して異常のサインを送り、
そのサインを受けて足がつるのです。

ミネラル不足の場合同時に鉄分も少なくなるため、
貧血の症状が出てきやすくなります。

妊婦さんは、血液が増加するとともに
貧血傾向になりやすいです。

不足がちな栄養素は、
率先してミネラル類を補給しましょう。

牛乳や乳製品・魚・海藻類などには
ミネラルが多く含まれていますので、
積極的に食事を取り入れてみましょう。

ビタミンB1不足にも足がつる原因といわれています。
対策としては、豚肉の赤身や胚芽、玄米などから
積極的にビタミンB1を摂取することです。

また、妊娠中の甘いお菓子などは
ほどほどにするよう心がけましょう。

妊娠中なので無理せず
食事などの栄養素を摂り改善すると思います。

足がつるのはビタミン不足が原因?ビタミン剤を摂る時のポイントは?

足がつるのはビタミン不足が原因なのでしょうか?
ビタミン剤を摂る時のポイントは?

足がつる原因は、筋肉疲労や血行不良などがありますが、
中でもカルシウムやマグネシウム、ビタミンなどの
栄養不足による原因について、ご紹介します。

ビタミンB1やタウリンが不足していることも、
足がつる・こむら返りの原因になると言われています。

なぜ、ビタミン不足で足がつるかというと、
エネルギーが作られないとういうことです。

エネルギー代謝活動で発生した活性酸素を
除去する役目があるため、
筋肉疲労の軽減に役立ちます。

コラーゲンの合成を担う働きもあるため、
ビタミンを多くとることは大切です。

ビタミンは、取りすぎたとしても尿として排出されます。
ただ、ビタミンは単独ではほとんど効力をもたず、
ミネラルと協働することで機能性を発揮します。

ビタミンB1は卵や豚肉、豆類、牛乳などに
多く含まれています。

タウリンは、イカやタコをはじめとした
魚介類や貝類などに豊富です。

これらの食品に意識して摂取することも重要ですが、
ビタミン剤である「こむらくだ」がおすすめです。

バランスの良い食事を心がけるのもよいのですが、
現代のライフスタイルではなかなか難しいことも多いです…

そんな時は、こむらくだが効果を発揮します。

摂取目安量は、1日5粒で飲み方は
水やお湯などで噛まずにお飲みください。

飲み方に決まりのないサプリメントのため、
飲む間やタイミング、回数は自由です。

こむらくだは、副作用もなく
妊娠中の妊婦さんでも安心して飲むことが出来ます。

足がつるはビタミンB1、E、C不足になると起こりやすい?

足がつるはビタミンB1、E、C不足になると起こりやすいの?

足がつることが多い人は、ビタミンが足りていないからです。
まずはじめに、ビタミンB1は、疲労を回復させたり、
神経機能を正常に働かせるために必要です。

この栄養素が不足すると、
足がつる症状が起こりやすくなります。

特に運動をする人、疲れがたまりやすい人は
積極的に補給しましょう。

■運動中に足がつることが多い
■疲労が取れにくい
■手足にしびれがある…

これらの症状がある方は
ビタミンB1不足の可能性があります。

末梢神経に異常が起こり、
手足のしびれや足がつる状態が出てきます。

次に、抗酸作用のあるビタミンEは
血行を良くすることで知られています。

血行が悪くなると足の末梢神経を刺激しますから
足がつりやすくなります。

ビタミンCの含まれる食品は鉄分が多く含まれています。
野菜炒めやスムージーを作って食べると
鉄分が体内に吸収されやすくなります。

鉄分が不足すると血行が悪くなり
足がつることが多くなります。

ただし、鉄分が多く含まれている食品の中でも
レバーはビタミンが多く含まれています。

ただし、妊娠中の妊婦さんはレバーを食べすぎると
お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす影響があるので
食べすぎには注意してください。

ビタミンB1、E、Cは、簡単にいうと鉄分です。
鉄分=血液と覚えてください。

足がつることがないようにするのは、鉄分です。
身体が鉄分不足にならないように
ビタミンB1、E、Cを取り入れるようにしましょう。

足がつるのはカリウム、ナトリウム不足?効果的に摂るには?

足がつるのはカリウム、ナトリウム不足?
効果的に摂るにはどうすればいいの?

カリウム、ナトリウム…
これらは血液中にあるミネラルで
何らかの原因によって不足してしまいます。

ミネラルは、少量しか体にないのに対して、
重要な働きをするためとても重要となるのです。

これらのカリウム、ナトリウムなどの
血液中にあるミネラルは、
筋肉や神経の働きを調整しています。

なんらかの原因でミネラルバランスが乱れると、
筋肉の痙攣が起こり足がつりやすくなるのです。

もう、足がつるのはこりごりだ!
と思う方は多くいると思います。

効果的に、カリウム、ナトリウムが不足しないように摂るには
バランスの良い食事を心がけることが大切です。

とくに、筋肉の働きに関係が深いカルシウムは乳製品や小魚類に、
またマグネシウムは大豆食品(豆腐・納豆など)に
多く含まれています。

頻繁に足がつる方や、バランスのある食事が摂れない方は
サプリメントをお勧めします。

こむらくだは、妊娠中の妊婦さんでも
服用が可能なので安心してお飲みいただけます。

足がつるのを予防!カリウムやナトリウムを多く含む食品は?

足がつるのを予防するには?!
カリウムやナトリウムを多く含む食品は?

カリウム、ナトリウムは血液中にあるミネラルで
何らかの原因によって不足してしまいます。

ミネラルは、少量しか体にないのに対して、
重要な働きをするためとても重要となるのです。

これらのカリウム、ナトリウムなどの
血液中にあるミネラルは、
筋肉や神経の働きを調整しています。

なので、ミネラルバランスが乱れると、
筋肉の痙攣が起こり足がつるのが多くなるのです。

そんな、カリウム、ナトリウムが不足しないように摂るには
バランスの良い食事を心がけることが大切です。

どの食品が、カリウム、ナトリウムを多く含む食品なのか
調べてみました。

まず、カリウムが多く含む食品は
野菜なら唐辛子、ニンニク、ホウレンソウ、
果物ならドリアンやアボカド、
魚ならサワラやカンパチ、まあじ、
豆なら大豆、納豆、
芋ならさつまいも、さといもを上げることが出来ます。

ナトリウムは、
野菜ならきゅうりやカブ、大根、ザーサイ、漬物類、
魚介類ではあゆ、ふぐ、ひらめ、
種実類ならピスタチオ、銀杏、
藻類はあおさ、わかめ、豆類はきな粉あずきを上げることができます。

足がつるのを予防するのに、バナナで栄養がとれる?

足がつるのを予防するのに、
バナナで栄養がとれるのでしょうか?

足がつるのを予防するならばバナナが有効です。
バナナが豊富に含まれるカリウムは、
足がつる大きな要因。

また、筋収縮に関わるマグネシウムも
バナナは豊富です。

このような、バナナはダブルの効果で
足がつるのを予防します。

バナナに含まれる栄養について
詳しく見ていきましょう。

バナナには、カリウムたくさん含まれています。
カリウムはミネラルのひとつで
不足すると筋肉痙攣が起こり足がつる状態が増えます。

しかも、カリウムは汗とともに排出されるので、
常に補充しなければなりません。

マグネシウムも豊富に含んでいて酸素摂取、
エネルギーの産出には欠かせません。

すなわち、マグネシウム不足は筋肉痙攣に繋がるので、
足がつることが多い人、足がつるのが多い人は、
日常的にバナナを食べるとよいでしょう。

足がつるのを防止する以外にも、
スポーツに適した食材です。

バナナはすぐに消化されてエネルギーに変わる単糖類、
ゆっくり消化される小糖類、
さらにゆっくり消化されてエネルギーになる多糖類が
含まれています。

ぜひ、バナナを食べてみてください。

よく足がつる!これって病気?前兆なの?

よく足がつる!これって病気?前兆なのでしょうか?
夜中寝ているときに突然、足がつる主な原因は3つです。

「筋肉疲労」「冷え」「マグネシウム不足」です。

筋肉の疲労からくることが多く、
運動をして普段から使わない筋肉に
過度な負担がかかり筋肉がこわばってしまいます。

よく足がつる方は、病気の可能性もあります。

閉塞性動脈硬化症は、
下腹の奥にある下半身に繋がる
大きな血管の詰まりが原因で起こる病気です。

血管が細くなり、うまく血液が流れなくなり
下半身の血行が悪くなり症状が生まれるという仕組みです。

肝臓病は、肝硬変といった肝臓の病気になると、
足がつる症状が出てくる場合があります。

肝臓は、体内に有害なものが入ってきた時、
解毒する重要な内蔵です。

アルコールを分解する機能もあるので、
お酒が好きな人にとっては注意が必要です。

閉塞性動脈硬化症かどうかの前兆は
仰向けに寝て両足を斜め45度くらい上げて、
そのまま足首を曲げたり伸ばしたりを何度か繰り返します。

どちらかの足に蒼白になれば、
そちら側の動脈硬化が疑われるということになります。

肝臓病の前兆は、顔が淡黄色になる、
手のひらや足の裏が黄色、怒りっぽくなる、
右肩や首筋が凝ります。

少しでも、当てはまる場合は危険なので診察しましょう。

足がつるのって腎臓や肝臓の病気に関係してる?!

足がつるのって腎臓や肝臓の病気に関係しているのでしょうか?!

足がつる回数が多いと、
腎臓や肝臓の病気の可能性があります。

足がつる要因には、
ミネラル不足をはじめとする様々なものがありますが
健康な人でももちろん起こり得るものです。

足がひんぱんにつることで疑われる病気は、
腎臓病・肝臓病があります。

腎臓は、体の中の老廃物を体の外へ出すために
尿を作る役割を担っています。

老廃物をしっかりろ過することが出来なくなった状態
肝不全などの病気となります。

身体に老廃物が溜まり、
うまく体の外に出なくなるため
足がつることが多くなります。

足がつる症状が頻繁に出たり尿の出が悪くなったと
少しでも感じた場合は、肝臓の病気の可能性もあります。
早めに内科での検査を行いましょう。

肝臓病は、肝臓は、お酒の好きな人にとっては、
注意が必要な臓器の一つでもあります。

張り詰めた弦がぷちっと切れるように、
限度を超えた負担が掛かってしまうと、
肝臓は不調になります。

足がつるといった症状で肝臓に心当たりがある人は
病院に行くことが必要です。

足がつるのを薬で解決できる?副作用、即効性はある?

足がつるのを薬で解決できる?
副作用、即効性はあるのでしょうか?

こむら返りや足がつるのを治療するのに使われる
漢方薬や市販薬の副作用、即効性があるのか
調べてみました。

現在、こむら返りや足つりの薬が市販されており
手軽に入手することが出来ます。

主に、足がつる筋肉の痙攣や
こむら返りを治すための薬です。

代表的な薬として「芍薬甘草湯」という漢方薬があります。

筋肉の以上興奮を抑える作用が、
筋肉の痛みやこわばりをしずめてくれるというものです。

市販の漢方薬などを利用する場合、
注意すべきことはなるべく長期使用は避けることです。

漢方薬と言っても副作用があるからです。

長期使用によってむくみを生じたり、
血圧が上がったりするといわれています。

そして、即効性があるかどうかですが、
一般的に漢方薬は長く飲み続けることで
効果が出てくるものと言う印象があると思います。

しかし、芍薬甘草湯は即効性があり、
飲んで5分ほどで効くといわれています。

副作用があるので、基本的には長期使用しないで「
痛みが出た時だけ」飲むようにしましょう。

コムレケア

コムレケアの特徴は、足がつる、
こむら返りで困った時にさっと飲める
漢方処方のお薬です。

寝ている最中、運動中、車の運転中などに
足がつることはありませんか?

そんなお悩みのあなたにおすすめなのが、
「コムレケア」です。

コムレケアは、辛い足がつる状態(筋肉の痙攣)の
こむら返りを治すお薬です。

「芍薬甘草湯」が筋肉の収縮を抑えて、
痛み、こわばりをしずめていきます。

コムレケアは、生薬の「芍薬」と「甘草」は、
相互に強め合いながら、
筋肉の収縮を抑える作用を発揮するといわれています。

体力の有無に関わらず使用していただくことが可能です。
コムレケアは、5分で効くので即効性があるといえます。

そして、この薬は予防的にも使えるので
就寝前に飲むと明け方は足がつらなくなったと言われています。

ただ、基本的には「痛みが出た時だけ」ご使用ください。
長い間使用すると漢方薬ですが副作用が出るので
予防的に1回飲むようにしてくださいね。

漢方

足がつる時に有効な漢方をご紹介します。
それは、「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」です。

芍薬甘草湯は、こんな方にお勧めいたします。
■筋肉が痙攣し、急に強い痛みが出た方、
■運動中や寝ている時に足がつる方、
■たまにしか運動しない方

にお勧めします。

 

この漢方ですが、どのように効くのか…
寝ている時や運動中に足がつるといった
急激な筋肉の痛みは、「気」と「血」が
一時的に不足している状態です。

たくさん汗をかいたときに、起こりがちな足がつる場合には、
不足した動力と栄養分を補給することで対処します。

芍薬甘草湯は、不足してしまった
「気」と「血」を補い筋肉の急な痙攣を鎮める処方です。

ちなみに、突然起こった強い腰痛、
こむら返りなどの筋肉の痙攣といった
急性症状に適しています。

漢方薬のなかでも、
急激な筋肉痙攣に効果を発揮するのもポイントです。

なお、甘草配合のため長期連用を避ける必要があります。
5~6回服用しても足がつるのが繰り返すようなら、
医師、薬剤師に相談してください。

ツムラ漢方芍薬甘草湯エキス顆

ツムラ漢方芍薬甘草湯エキス顆は
①急な筋肉の痙攣の痛み
②足がつる
③腰痛
に効き目があると言われています。

効能・効果について、より詳しく紹介します。

体力に関わらず使用できて、
筋肉の急激な痙攣を伴う痛みのあるもの、
こむら返り・足がつる・筋肉の痙攣、腹痛、腰痛です。

胃痛や胆石・尿路結石の発作時の疝痛、
月経痛などにも応用されます。

最近では、肝硬変の人や腎不全で透析中の人などの
筋痙攣対策にも有用ともいわれています。

構成生薬は、芍薬・甘草です。

気を付けることは、甘草を含まれるため
他の漢方薬との併用による
甘草の過剰摂取に注意してください。

高血圧や利尿薬で治療中の方も服用に注意が必要です。
芍薬と甘草は筋肉の引きつりを緩める作用がある生薬で
実際に引きつってから服用しても効果があります。

こむら返り、足がつるに関わらず、
さまざまな筋肉の引きつりに対処します。

漢方薬は「体質改善」などの目的に
長期に渡って服用するイメージがあるかと思います。

しかし、芍薬甘草の場合は長期服用は避けてください。

「足がつる」は英語で何という?

「足がつる」は英語で何という?
体調不良を示す英語は、日常的によく使うものなのでご紹介します。

「足がつる」は、
「get a leg cramp」
「get a cramp in my leg」と表現します。

「cramp」は、
生理痛などの腹痛を現す時にも使われる便利な単語なので、
是非覚えておきたい単語ですね。

足がつるの「つる」を漢字でどう書く?

「足がつる」の「つる」を漢字でどう書く?
広辞苑で調べてみると、
「つる」は「痙攣」の「攣」を使って
「攣る」と書きます。

ちなみに「痙攣」の「痙」の「痙る」は「ひきつる」と読むのが一般的です。