足の裏の痛みの原因や対処法について。
また病気の可能性はあるのかどうかもご紹介しています。

原因不明の足の裏の痛み!どんな原因が考えられる?

原因不明の足の裏の痛み!どんな原因が考えられるのでしょうか?

足の裏が痛くなったけど、
どこに行っても思い出してみても原因不明…!

足の裏が痛いのに、原因不明の痛みについて
徹底的に解説していきたいと思います。

この原因不明の足の裏の痛みは、
「隠れ偏平足」の可能性があります。

ただ、この「隠れ偏平足」と「偏平足」との違いは
偏平足は足の裏の土踏まずが無い足です。

足の裏に痛みがなければ治す必要はないですが
神経痛などを伴う場合は診てもらう必要があります。

隠れ偏平足は、見かけは土踏まずがあるように見えるのですが
歩き始めると着地と同時に地面にべったり着きます。

見た目では分からないので
「隠れ偏平足」という名が付いたようです。

この「隠れ偏平足」の原因は…

足の筋肉低下で加齢と運動不足だったり
重心バランスの偏った歩き方を続けていると
足の裏の骨格や筋肉が歪んでしまって隠れ偏平足となります。

長時間歩いたり立っていると足が疲れたり、
うちくるぶしが腫れる時がある、歩くと脛の筋肉が痛む…

こんな方は「かくれ偏平足」になりやすいので注意が必要です。

ただ、何故「隠れ扁平足」で痛みがでるのか、
それは足には28個の骨や腱、靭帯があります。

歩くと足の裏に体重が全てかかります。

それを和らげてくれるのが、
裏にある土踏まずのアーチ状にしている「後脛骨筋」と呼ばれるものです。

この筋肉が低下してアーチを下げてしまって偏平足になります。

これに、「隠れ」が付くと自分で見つけにくいのです。
ただ、他の病気も考えられますので病院で診てもらってくださいね。

足の裏の痛みの原因となる病気とは?

足の裏の痛みの原因となる病気にはどんな病気があるのでしょうか?

足の裏に起きる痛みと言っても、その原因はさまざまです。

今回は、代表的な足の裏に起きている原因と
病気についてご紹介していきます。

ハイヒールをよく履く人は注意が必要です。

女性が足の裏が痛むとき、
「外反母趾」であるのは意外なくらい多いものです。

「外反母趾」は、足の親指が外側に反ったり
内側に回り込んだり変形します。

原因は、大元には悪い歩き方があります。

足の指をしっかり使わないで歩くと、
筋肉が刺激不足となり「外反母趾」となります。

ハイヒールなど、指の部分が狭くなっている靴だと
足の指を使わない歩き方になってしまうのです。

次に「痛風」は、足の親指の付け根部分が
赤く熱をもって腫れあがり痛みが走ります。

痛風が起きる前に血液の尿酸値が高い状態が長く続きます。

これを高尿酸血症と言い、放置し続けると、
突然足の指の付け根や関節が赤く腫れて痛み出します。

次に、「魚の目」は、足の裏にできる魚の目ですが
歩いている時に、足の裏に痛みがあります。

足底筋膜炎とは異なり、見た目で確認できるので
魚の目が裏に出来た場合は簡単に見分けがつきます。

サイズの合わない靴を履いたり
ハイヒールのように先の細い靴を履くと
足先が窮屈となり指同士が摩擦して足の裏に魚の目が出来てしまうのです。

他には、糖尿病の合併症で足の感覚が鈍くなり
足に合わない靴を履いていても痛みが感じにくく
出来やすくなるのです。

足の裏の痛みは病院の何科に受診すれば良い?

足の裏の痛みは病院の何科に受診すれば良いのでしょうか?

足に合わないサイズの靴を履いたり
カカトの高いヒールを履いて足先が窮屈となり
足の指を使わないと足の裏の痛みが生じます。

この場合、病院の何かに受診すればいいのかご紹介します。

朝起きて床に足を下して体重が掛かった時に痛みを生じて、
しばらく歩いていると裏に痛みが減ってくると
「足底筋膜炎」か「踵骨棘」という症状です。

こういった足の裏の痛みには、
整形外科に受診してください。

足の裏に痛みが続いたり悪化するようでしたら
早めに病院で診てもらうのがおすすめします。

東京の病院でオススメなのはどこ?

東京の病院で、足の裏の痛みにオススメなのはどこでしょうか?

足の裏の痛みにおすすめな病院をご紹介します。

 

「目黒さこだ整形外科」
「痛風」「外反母趾」といった専門的な治療を得意とする病院です。

「岡野整形外科」
患者さんの話を親身になって聞いてくれて
病状をはっきりした上で治療についてよく説明してくれます。

「小山整形外科」
こちらの口コミには先生が優しくて丁寧な診察してくれて
病院内も明るく開放的で清潔感があったようです。

大阪の病院でオススメなのはどこ?

大阪の病院で、足の裏の痛みにオススメなのはどこでしょうか?

足の裏の痛みにおすすめな病院をご紹介します。

「医療法人 榎本整形外科」
「手の外科」ついて多く学んできた先生ですが
大学の救急部では手や足の外科についても携わってきた方です。
丁寧な診察・診断を心がけている病院です。

「片岡整形外科リウマチ科」
分かりやすく丁寧な整形外科を目指し、
心と言葉を大切にする医療を心がけている病院です。
専門的な治療は、足の外科です。

「やまもと整形外科」
先生やスタッフの方もとても親切に接してくださり、
とてもいい感じのクリニックでした。
という口コミがありました。受診された方は、安心感があるようです。

ランニングで足の裏の痛み!原因や対処法・予防法は?

ランニングで足の裏の痛みがあるときの
原因や対処法・予防法は?

「ランニングを始めたら急に足の裏に痛みが出た」
「ランニングを長く続けてきたけど足の裏に痛みがでた」

そんなランニング初心者や長年行っている方にも
ランニングによって引き起こされる足の裏の痛みがあります。

この原因や対処法についてご紹介します。
原因によっても対策が違うので
ランニングによる足の裏の痛みを知っていきましょう。

ランニングで土踏まずに痛みが。原因や対処法は?

ランニングで足の裏の土踏まずに痛みがある場合の原因や対処法は?

ランニングで足裏の土踏まずが痛い!
足の裏の土踏まずが痛いのが治らない…
この名前は「足底筋膜炎」です。

この「足底筋膜炎」の原因は、
足の裏への過度な負荷が主な原因となります。

足の裏が負荷に耐えられなくなり炎症してしまいます。

年齢が高い人だと筋肉を普段使っていないため
ランニングをした時に足の裏の土踏まずに痛みが生じます。

ランニングをする際、自分に合っていないシューズを
選んで足の裏に負荷をかけてしまっていたのです。

このときの対処法は、基本的には
裏に痛みが出たら運動を避けるか運動量を減らします。

また、足の裏や全体にマッサージを行うのも有効です。
マッサージする際に注意しなければいけないことがあります。

間違った方法で和らげようとすると
かえって筋肉が固まってしまうので正しい方法で行ってください。

そして、足の裏を冷やさないでください。
マッサージする時は、お風呂で身体が温まった時
マッサージすると効果的です。

ランニングで外側に痛みが。対処法や予防法

ランニングで足の裏の外側に痛みがでている時の対処法や予防法は?

一口にランニングで足の裏が痛みを生じたと言っても
痛みが起こった部分が足の内側なのか外側なのかで
対処法や予防法が違ってきます。

今回は足の裏の外側に痛みがある場合の
対処法・予防法をご紹介します。

ランニングを初めて間もない方は、
走り方やフォームが悪いため足の裏が痛くなります。

理想は、踵から着地し足の裏の中心を伝わって
つま先に行くのです。

これが足や裏に負担をかけないのが
一番良いフォームとなります。

つまり、着地してから蹴りだすので
わずかな時間の間に足裏全体、身体全体重がかかり、
その負荷は足の裏の外側に特に多いのです。

裏の外側だけが痛いようでしたら、
裏の外側に大きな負荷が掛かっている走り方をしています。

はじめのうちは、フォームを気にして
足に負担がかからないように
ゆっくりと練習してみてくださいね。

また、ランニングシューズの裏を見てみると
踵の部分の外側がすり減っているなども
偏った走り方をしているサインです。

ランニングで内側に痛みが。対処法や予防法とは

ランニングで足の裏の内側に痛みが。
対処法や予防法についてご紹介します。

一口にランニングで足の裏が痛みを生じたと言っても
裏に痛みが起こった部分が足の裏の内側なのか外側なのかで
対処法や予防法が違ってくきます。

今回は足の裏の内側に痛みがある場合の
対処法・予防法をご紹介します。

ランニングを行っている方に多く見られるのが
「足底腱膜炎」です。

ランニングをした際に足に掛かる衝撃を
吸収する役割があります。

しかし、足首が固くなると足の裏に掛かってしまい
足底腱膜炎になってしまうのです。

対処法・予防法…まずは、足の裏の休息です。

炎症や痛みがある間は、アイシングを十分に行います。

その後、ストレッチをしていきます。
脛、ふくらはぎ、足の裏をしっかりとストレッチを行い、
疲労している部分を念入りに行うようにしましょう。

ゴルフボールがあれば
ゴルフボールを利用した裏のマッサージも効果的です。
ころころと、足底で踏み足を前後左右に動かしていきます。

ストレッチやマッサージする際は、
お風呂上りや朝起きた時、帰宅後、スポーツ前後に行うと
予防法にも繋がりますのでぜひ行ってみてください。

ランニングで親指に痛みが。原因や対処法は?

ランニングで足の裏の親指に痛みがある時の原因や対処法は?

ランニングで痛くなる部位で
膝に相次いで多いのは足の裏だと思います。

今回は、ランニングで足の裏の親指に痛みが出た時の
原因と対処法をご紹介します。

足の裏には、カカトから
5本指の指先にある骨に向かって伸びています。

ランニングを繰り返すと、
炎症を起こして痛みが発生すると考えられます。

体重が重い…
体重が軽い方と重い方で比較すると
おなじように走っていても体重の重い方の方が
身体にかかる負担が多く着地衝撃は強いと言えます。

足首の柔軟性が弱い…
ランニングをしている時に足の裏が痛くなるという方は、
まず足首の可動域を確認してみてください。

この可動域の動きが悪いと裏への衝撃緩和が得られず
「足底腱膜炎」になりやすくなります。

この対処法は、足の裏の親指が痛くなってしまった場合は、
安静するのとストレッチやマッサージをして
過ごすのが良いと思います。

まずは焦らずに安静しましょう。
軟性や筋力がない状態でランニングを行うと
足底腱膜炎を引き起こしやすいので注意が必要と言えます。

ランニングで付け根に痛みが。原因や対処法は?

ランニングで足の裏の付け根に痛みが。
原因や対処法にはどんなものがある?

今回は、ランニングで足の裏の付け根に痛みが出た時の
原因と対処法をご紹介します。

足の指の付け根と言っても、その症状は様々です。

親指の付け根は、外反母趾です。
指の骨同士の関節が噛み合わなくなるのが原因の関節の痛み。
筋腱の痛みなどと痛みは様々です。

ランニングに多いのは、種子骨炎です。
カカト周りの骨格が崩れ、体重が掛かると
歩いたりランニングするたびに親指の付け根の骨が
過剰に横に広がってしまいます。

人差し指・中指の付け根の痛みは、中足骨頭痛です。
蹴りだしたとき、何度も床に打ち付けられると
痛みがおきます。

中指・薬指の付け根の痛みは、モートン神経腫です。

指の付け根の骨の間にある神経に
ストレスが掛かっているのが原因です。

小指の付け根は、内反小趾です。
外反母趾と同じような症状です。

その他の原因は、病気や加齢による痛みになります。
加齢や糖尿病などで脂肪自体が薄くなって
骨が皮膚に圧迫を加えることで痛みがでます。

対処法は、やはりこちらも安静して
裏のマッサージとストレッチをすると良いでしょう。

足の裏の痛み!場所別で原因を解説

足の裏の痛み!場所別で原因を解説していきます。

足の裏には、カカトから5本指の指先にある骨に向かって伸びています。
痛みがひどくなると日常生活において
支障をきたしてしまうことがあります。

足の裏の症状を放置すると歩行困難になったり
立ち続けることが難しくなります。

ただ、足の裏の痛みと言っても、
その症状は様々です。

今回は、

・足の裏の内側の痛み
・裏の土踏まずの内側の痛み
・カカトの内側の痛み

この3つの内側の痛みを場所別で原因を解説していきます。

内側が痛い時の原因は?どうすれば治る?

足の裏の痛み!内側が痛い時の原因は?
どうすれば治るのでしょうか?

足の裏の痛みには、「足底筋膜」という
足の裏を走る筋肉が大きく関わってきます。

カカトから5本足の指それぞれについており
裏のアーチに沿うように弓状になっています。

足底筋膜のダメージを受ければ受けるほど
足のアーチが落ち偏平足の状態になってしまうこともあります。

スポーツを行っている方や
健康のためにランニングやウォーキングを行っている方に
多く見られる症状です。

その際に、足に掛かる衝撃を吸収する役割がありますが、
足首が固くなると負担になってしまいます。

また、加齢や肥満な方にも見られます。

他には、自分が履いている靴が足にフィットしていないと
足に負担がかかって足の裏の内側が痛くなってしまうことがあります。

足の裏に掛かる衝撃を吸収する役割があるのですが、
足首が固くなると足の裏に負担がかかってしまい結果、
足底筋膜になってしまうのです。

典型的な症状は足の裏の内側の痛みです。

この時「足底筋膜」になった場合の治し方は、
まず第一に休養し痛みが少し治まったら
マッサージやストレッチをすることです。

もし、それでも治らないようであれば整形外科で受診しましょう。

土踏まずの内側の場合の原因や対処法は?

足の裏の痛みがひどい。
土踏まずの内側の場合の原因や対処法はどうすればよいのでしょうか?

足の裏の内側が痛む原因の1つに「足底繊維腫」です。

土踏まずの内側に、
しこりのような瘤(が1~2㎝程度)出来ることが多いです。

この足底繊維腫を発症すると
歩いたり立ったりした際に足裏に違和感を感じ
不快な思いをすることもあります。

初期のころは、見た目も目立ちませんが放置し進行していくと
皮膚の盛り上がりが大きくなり目立つようになります。

進行すると痛みもひどくなり歩行困難にもなります。

ただ、足の指の曲げ伸ばしが難しくなることはありません。
足の裏の痛みで有名な「足底筋膜炎」ですが、
治療しても効果が見られない場合は
「足底繊維腫」ということも多いです。

しこり自体は良性の腫瘍なので心配はありません。

この時の対処法は、生活習慣を変えることです。
間食や飲酒を避けてバランスの良い食事を摂ることを
心がけるようにしてください。

次に、足の裏のマッサージすることです。
マッサージすることで血行促進になり、
凝りや筋肉もほぐれていきます。

ただ、裏の痛みが軽い場合は足の裏をマッサージで
裏の痛みを解消法で良いでしょう。

症状がそれでも続く場合は、
整形外科で診てもらいましょう。

軽い症状のものは自分で治すことが出来ますが、
ひどい場合は整形外科で診てもらうことになります。

かかとの内側の原因と治し方

足の裏の痛みがとれない。かかとの内側の原因と治し方はどんな感じ?

立ったり歩いたり走る時に、
足の裏には全体重や衝撃がかかります。

裏の中でも。割合としてカカトに70%もかかります。
カカトへの負担は体重のみではありません。

運動機能としても重要な役割を担っています。
わずかな炎症でも不快な痛みと感じられ、
日常生活の妨げとなるのです。

かかとの内側の痛みの原因は、踵骨棘です。
この踵骨棘が起こりやすい人は足をつくときに
裏の内側に捻じれてしまう人が多いです。

この時のカカトの内側の治し方は、
足のバランスを取るためのインソールやシューズで
痛みを緩和できるのです。

痛みを緩和するクッションなどの使用で
歩きながら改善できるのです。

他に、ほとんどのカカトの痛みの対処法はほぼ同様です。

アイシング・痛め止めの服用・湿布の使用・安静
インソールやカカトのジェルパッドを使用
固定が必要な場合テーピングやサポーター

を使用することです。

ランニングや運動などといったことに心当たりがないのに、
足の裏に痛みが出たり急激な痛みに変わるような時は
一般的な痛みではありません。

この場合は、痛風・感染症の可能性もありますので
治そうとしても治らない場合は、内科の受診も検討してください。

足の裏にイボが!痛みをなくして、予防するには?

足の裏にイボができてしまった時、
痛みをなくして、予防するにはどうすればよい?

魚の目・タコとどちらも足の裏にできるイボだと
一般的に知られていると思いますが、
本当にそれは魚の目?タコ?でしょうか。

危険なイボかもしれません。
放ってはいけません。

足の裏に気になるイボを見つけた場合は、
イボだと疑ってみてください。

イボとは、ウイルスに感染することで出来る腫瘍です。

イボが大きくなっていたり、数が多い場合には、
ウイルスが他にも広がりイボが増えてしまいます。

なので、早めな治療が必要です。

ただ、注意しなければならないのは
イボを削ってはいけません。

足の裏のイボを削ると大きくなったり
数が増えてしまう原因になります。

イボに効くサリチル酸が主成分として配合されている
「イボコロリ」が有名です。

主成分のサリチル酸は、
皮膚の角質を柔らかくする角質軟化作用があります。

イボに塗ると柔らかくなり皮膚の下では
新しい皮膚を再生しようと細胞分裂が促進されます。

これによって、イボが除去できます。

この予防方法は、感染者と接触しないことです。

他には、肌の保湿を心がけてください。
肌が乾燥すると機能が低下したり肌が傷つきやすく
侵入しやすくなりますので、お風呂上りには
クリームを塗るなど肌の保湿を心がけるようにしましょう。

タコが原因で足の裏の痛み!治療法や予防法は?

タコが原因で足の裏の痛みが…治療法や予防法はどうすればよい?

ある日突然、気が付くと足の裏に
黄色く固くなったタコが出来ていることはありませんか?

冬場などは乾燥してひび割れが出来ていたり
歩くと痛みがでて、意外と厄介者ですよね。

このタコは、立ち仕事や良く動き回る方、
女性の方はかかとの高いハイヒールを履いて
体重のかかるような靴を履いているとタコが出来やすくなります。

この時の治療法や予防法を調べてみました。

まず治療法は、硬くなっている角質を
薬品を使って柔らかくして削り取り角質を
直接取り除くことができるので期待はできます。

他には、病院でのタコの処置は
・冷凍凝固
・レーザー治療
をします。

ただ、取れたタコがまたしばらくしたらタコができてしまう。

深い場合はうまく切れずにすぐに元通りになってしまう場合の
予防法は、靴に気を付けることです。

先程も言いましたようにハイヒールを履くと
つま先に体重が乗りやすくなるので
つま先に圧迫や摩擦が生じやすくなります。

タコが出来やすくなりますので、
仕事等で履かなくてはならない方は
ヒールが低いものにしましょう。

そして極力ハイヒールを履かずに
自分に合ったサイズの靴を選びましょう。

次に、タコになりそうな部分に保護をしましょう。
この保護とはインソールやパッドを使用すると
一点に集まる圧迫・摩擦を回避することができます。

足の裏の痛み!むくみが原因の時の治療法や予防法

足の裏の痛みがでてしまった。
むくみが原因の時の治療法や予防法とは?

足の裏まで痛くなるほどの辛いむくみに悩んでいませんか?

足首やふくらはぎにむくみが出る方は、
多いのですが足の裏にもむくみが出てしまう方もいます。

腫れてしまうと歩くことさえ辛くなってしまいます。

腫れてしまうと履いていた自分の靴さえも
きつくなってしまいます。

今回は、むくみが原因の時の治療法や予防法をご紹介します。

足裏全体にむくみが出ている方は、
マッサージするだけでもかなり辛いですがお灸を使いましょう。

足の裏のむくみには、
「太白・湧泉・太谿」
の3つにお灸すると良いでしょう。

足を上げても治らない浮腫みには、
リンパケアを行いましょう。

リンパの流れが悪い場合は自分でできる範囲で
ケアを行いましょう。

治り始めたら出来れば足の裏のむくみには
もう悩みたくありませんよね。

足のうらのむくみの予防法は、
むくまない靴を選びましょう。

自分に合った靴を探しましょう。
つま先の間に1~2㎝の余裕があり、
圧迫されない靴を基準として必ず試し履きをしましょう。

むくみを解消する食品を食べましょう。
バランスの良い食生活を心がけることで
身体の内側からむくみを改善することができます。

むくみに効果的な栄養素は、

・ビタミンB1
・ビタミンB6
・ポリフェノール
・タンパク質
・カリウム

しっかりと体を温めます。
むくみの原因には冷えが出て血流が悪くなるので
しっかりと体を温めることをお勧めします。

そして、しっかり休息することで
体内の水分循環がよくなり、
むくみの予防にもつながります。