足の指がつると急に痛みが起きてとても辛いですよね。
そんな時、原因や治し方、予防法などを知っていると、焦りにくいです。

また、足の指がつる頻度が多い場合は、
病気が潜んでいる時もあります。

ここでは、足の指がつる原因や治し方、
予防法などを紹介しているので、参考にしてください。

急に足の指がつる原因は何?簡単な治し方はある?

急に足の指がつる原因は何でしょう?
簡単な治し方はあるのでしょうか?

足の指がつるととても痛いし大変ですよね。
足の指に限らず筋肉がつって痛みを感じたら、
つった箇所をよく伸ばすようにする治し方が効果的です。

また、足の指がつる原因には様々なものがあります。
例えば水分不足や冷え性により血行不良、
筋肉が疲れているなどが主に考えられます。

下人によって対処法や対策も違ってきます。
先ほど紹介した治し方で治した後は、
原因を考えて取り除いてあげるのも大切です。

冬に足の指がつる原因と治し方は?

冬に足の指がつる原因と治し方はどんな感じでしょうか?

冬の寒い時期につりやすいと
感じている方もいるかもしれません。
冬に足の指がつる主な原因は血行不良によるものです。
冬の間はどうしても手足の指先が、
冷たくなってしまうという方もいるでしょう。

特に女性の方は冷え性の方が多いですよね。

冷え性の方は血行不良で、
手足の指先まで十分に血液が循環していないことも多いです。

そうなると筋肉に必要な栄養や水分が、
十分に足の指にまで行き届かないという場合があります。

そうすると、足の指がつるといったことになってしまいます。

冬の寒い時期によくつると感じているなら、
まずは冷え性や脚の指先の冷えを治して、
血行不良を解消するのが大切です。

足の指まで十分に血を巡らせて、
筋肉に必要な栄養や水分を届けれれば、
足の指がつるというのは少なくなるでしょう。

具体的には足の指先の冷え性を治して、
血行不良を解消するために温めたり、
身体を温める食べ物や飲み物をとるのをおすすめします。

日ごろから運動をして代謝をあげておくのもいいですね。

また、夏場でも薄着をしていたり冷房にあたりすぎると、
足の指や手の指が冷たくなってしまうことがあるので注意をしましょう。

水泳中に足の指がつる原因と治し方

水泳中に足の指がつる原因と治し方はどうすれば良いでしょうか?

水泳中に足の指がつるという経験がある方も、
いるのではないでしょうか。

急になると驚きますし泳ぎの苦手な方は、
おぼれそうになり大変危険です。

水泳中に足がつる原因にはいくつか考えられますし、
原因が重複している時もあります。
一つ一つ確認していきましょう。

まずは水泳をしたことで足の筋肉を使い、
筋肉が疲れていると足の指がつる可能性が高くなります。

水泳中は日常生活ではあまり使わない筋肉を使うのもありますし、
注意が必要です。

疲れたら休憩をとるようにしたり、
水泳をする前にはよく準備運動をするようにしましょう。

また、水泳中にはあまり自覚がないかもしれませんが、
汗をかいています。

汗をかくと水分だけでなく、
ミネラルやナトリウムなども身体から出て行ってしまいます。

これらの成分の体内バランスが崩れると、
足のゆびがつる原因となってしまいます。

更に水泳中は水に身体がつかっているので、
身体が冷えてしまう可能性もあります。

そうすると身体の血行が悪くなり、
足の指先にまで血が十分に廻らなくなり、
つる可能性があります。

水泳中に足の指がつった時の治し方は、
つった箇所をよく伸ばす方法です。

また、根本的な原因を取り除くのも効果的な治し方といえるでしょう。

足の指がつる!中指がつる時の原因や治し方

足の指がつる!中指がつる時の原因や治し方について。

中指の足がつるなどといったように、
特定の指だけよくつるという時もあるかもしれません。

もしそうならば、中指に問題があるというよりも、
身体の他の場所に問題があり、
それが原因となっている可能性が高いです

足の指は普段意識していないかもしれませんが、
身体を支えてくれています。

また、歩くときや走る時にも足の指の筋肉は使われています。
例えばふくらはぎや太もも、腰などの筋肉に異常があったり、
姿勢が悪くて上手に使えていなかったりすると、
これらの筋肉をカバーする必要がでてきます。

そうなると普段よりも中指などの筋肉は、
余計に疲れてしまいます。

この筋肉の疲れが足の指がつるのを引き起こしてしまいます。

中指がつってしまった時はつってしまった中指を、
よく伸ばすようにしましょう。

また、水分などを十分にとるのも効果的な治し方の一つです。


しかし、これらの治し方では痛みは取り除けても、
根本的な解決にいたらず再発を引き起こす可能性もあります。

よく中指の足の指がつるというならば、
他の筋肉や身体の部分に異常がないか、
調べてみるのをおすすめします。

腰などをかばって中指を余計に使っている状態ですと、
すぐに中指の筋肉が疲労してまたつってしまいます。

靴を履くと足の指がつる場合の原因は?また治し方は?

靴を履くと足の指がつる場合の原因には何がある?
また治し方はどうすれば良い?

パンプスなどを履いていて、
つる人もいます。

ヒールなどがないぺったんこの靴でも、
つってしまう原因はなんでしょうか。

パンプスなどはデザイン性を重視していて、
長時間履くのにあまり向いていない靴も、
中にはあります。

そういった靴を繰り返し長時間履くと、
筋肉がつかれてしまい、
指がつってしまうのにつながります。

また、素足でパンプスを履いていたり
スカートなどとパンプスをよく合わせているなら、身体が冷えてしまい
血行不良を起こしているのも、原因となっているでしょう。

次に靴を履いていて足の指がつるときの治し方を紹介します。
靴を履いていてつってしまったら、
靴を脱いでつった部分の筋肉をよく伸ばすようにしましょう。

痛みが完全になくなるまで十分に伸ばすのが大切です。

また、痛みを取り除くだけでなく、足の指がつる原因を考えて、
その原因に合わせた対策をするのも大切です。

特定の靴を履いていると、
よく足の指がつるなら、残念ですが、
その靴は避けた方がいいかもしれませんね。

百貨店の靴売り場などで、自分の足の形を調べてもらい、
どんな靴が合うのかを調べるのも、
足の指がつる機会を減らすのにつながります。

ヒールの高い靴を履くと足の指がつる。原因と治し方

ヒールの高い靴を履くと足の指がつる。原因と治し方はどんな感じ?

ヒールの高い靴を履いた時に、
つる原因はなんでしょうか。

特定の指がよくつるという人は、
ヒールを履くことによって特定の指の筋肉を、
余計に使ってしまっているのが原因として考えられます。

治し方はヒールを履くのを少し控えたり、
よくマッサージをして疲れた指をほぐしてあげるのが効果的です。

また、特定の指というわけではなく、
ヒールを履くとよくつるという原因は、
ヒールを履くことにより血行不良をおこしてしまっているかもしれません。

ヒールを履くとどうしてもかかとが上がるので、
つま先が下がってしまいます。

そうすることでどうしても血行が悪くなってしまいます。。
また、ヒールの靴は足を締め付けるデザインも多いのも、
血行不良を引き起こす原因の一つです。

血行不良を起こすとどうしても、
足の指がつりやすくなるので注意が必要です。

血行不良が原因で足の指がつる時の治し方は、
できるだけ身体を冷やさないようにするのが大切です。

ヒールを履かなくていいときは足元を暖かくするようにしましょう。
自宅などでも靴下を履くようにすると、
血行不良が改善される人が多いのでおすすめです。

足の指がつるのを予防する!激痛が起こるその前に

足の指がつるのを予防する!激痛が起こるその前にできるのは?

足の指がつるのはとても痛くて大変ですよね。
できるだけ避けたいところです。

足の指がつり、痛みを感じた時は、
マッサージをするなどの対処をしていても、
日ごろから足の指がつるの自体の予防をするとなると、
何をやっていいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

足の指がつることを事前に防ぐための予防法を、
いくつかご紹介します。

ご自身の生活にも取り入れられそうなものから、
始めるのもいいかもしれませんね。

足の指がつるのをサプリで予防する方法

足の指がつるのをサプリで予防する方法とは?

簡単に誰でも取り入れやすい方法が、
サプリを飲んで足の指がつるのを予防する方法です。

足の指がつる原因は筋肉疲労だけでなく、
水分不足や血行不良なども原因になっています。

水分不足や血行不良などを効率よく解消してくれるのがサプリです。

サプリには足の指がつるのを予防するための成分が、
バランスよく配合されているので、
普段忙しくて食生活に気を配ることが難しいという方にも
サプリがおすすめ
です。

また、妊娠中などでつわりが苦しく、
栄養ある食事を毎回摂るのが難しい方にもサプリはぴったりですね。

足の指がつるのを予防するサプリにはいろいろなものがありますが、
中でも「こむらくだ」というサプリは特におすすめです。

「こむらくだ」の公式サイトはこちら
↓↓↓
http://www.rakudashop.jp/

こむらくだは足の指がつるだけでなく、
こむら返りの予防のサプリとしても使うことができます。

身体に必要なカルシウムやマグネシウムを、
こむらくだのサプリで効率よく摂取すると、
身体の中の水分バランスを整えれます。

サプリで身体の中の水分バランスを整えると、
こむら返りや足の指がつるのを予防することができます。

また、サプリのこむらくだには代謝をあげるはたらきのある、
ショウガなども豊富に含まれています。

サプリで代謝を上げれば、血行がよくなり、
足の指などの末端の筋肉にまで、
栄養を十分に送れるようになります。

このようにこむらくだは足の指がつるのだけでなく、
こむら返りや冷え性なども改善できるので、
とてもおすすめのサプリです。

足の指がつるのにお悩みの方は、
一度このサプリを試してみるのをおすすめします。

「こむらくだ」の公式サイトはこちら
↓↓↓
http://www.rakudashop.jp/

足の指がつるのを漢方で予防できる?

足の指がつるのを漢方で予防できるのでしょうか?

西洋の薬ではなく漢方薬により、
足の指がつるのを予防したい方もいるでしょう。

漢方薬の中では足の指がつるのだけでなく、
筋肉のつりに対しては芍薬甘草湯という漢方薬が有名です。

芍薬甘草湯は即効性があり、
痛みを感じた時に飲むと数分で効果があらわれます。

しかし、芍薬甘草湯は起きてしまった痛みには効果がありますが、
日常的に足の指がつるのに対しての予防にはつながりません。

足の指がつるのを漢方薬で治したいなら、
まずは自分の足の指がつる原因を探るのが大切です。

例えば水分不足で足の指がつってしまうのであれば、
体内の電解質バランスを整えるのを手助けしてくれる、
漢方薬が効果的といえるでしょう。

血行不良や冷えなどが足の指がつる原因であるのなら、
代謝をあげるはたらきのある漢方薬や、
冷え性の改善に効果がある漢方薬や、
血行不良を良くしてくれる漢方薬を飲むのをおすすめします。

これを飲んだら誰でも足の指がつるのを予防できる
漢方薬というのは残念ながら存在しないので、
ご自身の体調や足の指がつる原因に合わせた、
漢方薬を飲むのが大切です。

わからないことが多いならば、
かかりつけの医師や薬剤師に相談するのもいいですね。

マッサージで足の指がつる回数を減らす方法

マッサージで足の指がつる回数を減らす方法とは?

足の指がつってしまい、痛みを感じている時にも、
マッサージは効果的な方法の一つです。

更に痛みを感じていないときにも、
マッサージをすると、足の指がつるのを予防できます。

足の指がつるのを予防する方法として、
マッサージをする場合には、
気持ちがいい範囲で行うようにしましょう。

オイルなどを使用すると滑りがよくなり、
リラックス効果も高まるのでおすすめです。

足の指を1本ずつぐるぐると回したり、
様々な方向に伸ばすと、
筋肉の疲れをとれますし、血行も良くなります。

寝る前やお風呂上りなどにやるとより一層効果がでるでしょう。

毎日続けると、効果も高まりますが、難しい場合は
ヒールを履いて1日過ごし、
とても疲れた時や立ち仕事をたくさんした時や、
スポーツをした時など足の筋肉を普段よりよく使ったなという日から、
マッサージを始めてみるのもおすすめです。

ふくらはぎやふとももの筋肉は範囲も、
大きく疲れているのが分かりやすいですが、
足の指の筋肉も日常生活やスポーツでよく使われ、
疲れがたまってしまう場合もあります。

疲れた状態をそのままにしておくと、
足の指がつるのにつながるので、
疲れをためないようにマッサージをするようにしましょう。

足の指がつるのは糖尿病や脳梗塞のサイン?

足の指がつるのは糖尿病や脳梗塞のサインなのでしょうか?

足の指がつること自体は誰にでも起こりうるので、
さほど心配する必要はありません。

しかし、場合によっては、
重大な病気のサインとなっている時があるので注意が必要です。

例えば、頻繁に足の指がつったり、
こむら返りを起こしてしまう場合や、
足の指がつるのと合わせて、
何か別の症状がある場合には注意が必要です。

足の指がつるだけでなく、喉の渇きを以前より感じていたり、
手足のしびれを感じる場合は、
糖尿病の危険性があります。

糖尿病の患者は神経障害を起こしてしまう場合が多いです。

よく足の指がつるのは筋肉の疲れなどでなく、
神経障害によるものの可能性があります。

また、頻繁に足の指がつる場合には脳梗塞の注意も必要です。
脳梗塞は血管が狭くなったり詰まると、
脳へ必要な酸素やエネルギーが送られない状態になります。

血行が悪くなると脳だけでなく、
足の指などの筋肉にも必要な酸素やエネルギーが、
届けられない状態にもなります。

また、足の指の近くの血管などに、
動脈硬化ができている可能性があります。

動脈硬化は放置しておくと、
脳梗塞などの重大な病気を引き起こすので、
早期に発見するのが大切です。

たかが、足の指がつるだけと考えず、
頻繁に繰り返す場合や他に症状がある場合は、
病院に行くようにしましょう。