閉塞性動脈硬化症は下肢部分に動脈硬化ができてしまい、
血栓となってしまい下肢に血が十分に回らなくなる病気です。

初期症状は下肢の冷えやだるさなどですが、
最悪の場合下肢の切断につながる可能性もあります。

目次

閉塞性動脈硬化症の治療法は?

閉塞性動脈硬化症の治療法はいくつかあり、
症状などによってさまざまな方法がとられることがあります。

一番一般的と言えるのが運動療法です。
閉塞性動脈硬化症は血管がつまり、
足先に十分に血液が届かなくなっている状態です。

しかし、太い動脈自体は詰まっている状態ですが、
足にはたくさんの毛細血管もあります。

運動療法はこの毛細血管の発達を促し、
太い血管が詰まってしまった分をカバーする方法です。

運動療法のメリットは外科的手術などが必要なく、
高齢で体力が落ちている患者にも対応しやすいこと、
効果が出やすく足のしびれなどが軽減されて、
歩行量が伸びやすいことなどがあります。

病院で運動療法を行う場合と自宅で医師の指示に従いながら、
散歩を行う場合があります。

自宅で行う場合は普段の生活リズムを崩すことなくできるので、
治療のしやすさもメリットかと思われます。

運動療法の場合には決められた時間歩くことを
他には薬物を用いて治療を進める方法や、
カテーテルを使用して血管を広げる治療などがあります。

そして、個人の状況にもよりますが、
場合によっては外科手術をすることもあります。

外科手術の場合は詰まっている部分の血栓を取り除く手術や、
血管を移植するバイパス手術などが行われます。

閉塞性動脈硬化症は薬物治療が良い?また治療薬一覧は?

閉塞性動脈硬化症は薬物治療が良いのでしょうか?
血管の中に血栓ができていて詰まっているなんて、
聞かされると不安ですよね。

閉塞性動脈硬化症は運動療法で散歩を行うだけでいいのかと、
不安になってしまう方もいるでしょう。

閉塞性動脈硬化症では薬物治療が行われることもあります。

薬物治療の目的はしびれなどの症状の改善、
運動療法の補助に使われることが多いです。

また、外科手術を行った後に行われることもあります。

このように閉塞性動脈硬化症では薬物治療はメインの治療法ではなく、
あくまでメインの治療法をサポートする役割に使われることが多いです。

閉塞性動脈硬化症の薬物治療に使われる治療薬にはいくつか。

例えば、足先に血液がめぐらずに冷たくなってしまう症状を
和らげるためのプロサイリン、プレタール、アンブラーグなどが
処方されることがあります。

閉塞性動脈硬化症の手術後は、
バナルジンなどの薬が処方されることもあります。

閉塞性動脈硬化症は長年の生活習慣や
高血圧が原因で起こることが多いです。

動脈硬化ができた部位によっては
他の臓器の働きに影響が出る場合もあります。

そのため、薬物治療で閉塞性動脈硬化症の治療を行うというよりも
動脈硬化とうまく付き合いながら、
患者自身の力でこれ以上動脈硬化を
増やさないようにするということが必要になります。

閉塞性動脈硬化症の治療を病院でやるとどんな感じ?治療期間は?

閉塞性動脈硬化症を病院で治療するケースもあります。

閉塞性動脈硬化症の治療の内容を分けると
運動療法を病院で行う場合と
外科的治療を行う場合に分かれます。

まずは運動療法についてです。
自宅などで決められた時間散歩を行うことを
指示される場合も多いですが、
病院内で管理された状態で運動療法を行う場合もあります。

病院内で運動療法を行うと自宅での療法と比較して
歩行距離が伸びやすいのがメリットといえるでしょう。

閉塞性動脈硬化症の他に持病などがあり、
管理が必要であると判断された場合には
こちらの方法がとられます。

もう一つの病院での治療は外科的治療です。
心臓の近くで動脈硬化が出来てしまった場合は
カテーテル手術が一般的ですが閉塞性動脈硬化症でも
カテーテル手術が行われることがあります。

こちらの場合は経過にもよりますが
数日間の治療期間で済むこともあります。

しかし、閉塞性動脈硬化症でカテーテル手術を行った場合は
合併症を避けるためにおよそ半年から1年間
薬を飲み続けなければいけないこともあります。

その他、外科的治療は血栓の除去手術や
バイパス手術などが行われることがあります。

手術の内容が大規模なものになるほど
治療期間も延びる傾向にあります。

閉塞性動脈硬化症は何科で受診する?

閉塞性動脈硬化症は何科で受診するのが良いのでしょうか?

閉塞性動脈硬化症は症状が重くなると、
足先が壊死してしまう可能性もある病気です。

閉塞性動脈硬化症を早期発見するためにも、
病院には早くいきましょう。

何科にいけばいいかわからないこともあるかもしれません。
閉塞性動脈硬化症が疑われる場合には、
外科と内科の両方がある病院にかかるのがおすすめです。

外科の中でも循環器外来などがある病院が、
その先の治療のことも考えるとおすすめです。

治療の内容によっては大きな病院を紹介されることもあるので、
まずはお近くの病院にて受診をしてみるといいでしょう。

閉塞性動脈硬化症の手術はどんな感じ?リスクや費用は?

閉塞性動脈硬化症の手術はバイパス手術が多いです。
バイパス手術では詰まってしまった血管の代わりに、
新しい血流を確保する手術です。

自分の血管を使用する場合と、
人工血管でバイパス手術を行う場合があります。

手術により血流が確保できるので、
その後運動療法を行う場合にも効果が出やすいのですが、
リスクもあります。

例えば、動脈硬化ができている位置が、
お腹に近いと開腹手術を行うことになり、
高齢者などには合併症などのリスクも高まります。

手術に耐えられる体力がない場合もあります。

また、閉塞性動脈硬化症の手術では費用も気になるかと思われます。
閉塞性動脈硬化症は高齢者に多い病気ですので、
治療費に不安を感じてしまう方も多いようです。

しかし、閉塞性動脈硬化症の手術や治療に保険が適用されれば、
高額療養費制度により
毎月の支払限度額を超えた費用負担はなくなります。

限度額は年齢や年収によっても異なるので確認してみましょう。

閉塞性動脈硬化症の手術適応や手術後の注意点とは?

閉塞性動脈硬化症の場合は手術適応についてまず考えられます。
閉塞性動脈硬化症の患者は高齢者が多いので、
手術をしたくても体力がなく手術に耐えられないことがあります。

また、他に持病がある場合には、
そちらの治療を優先した後手術をすることもあります。

個人の状況によってベストな治療法が変わってくるので、
医師とよく相談するようにしましょう。

手術後はリハビリや運動療法を行うのが一般的ですが
今後動脈硬化を作らないようにするためにも、
生活習慣の改善を行うことも必要です。

閉塞性動脈硬化症の術後のリハビリ治療について。また禁忌は?

閉塞性動脈硬化症の術後はリハビリ治療を行っていきます。
バイパス手術をした場合には新しい血管の血流を増やすために
運動療法やリハビリを行っていきます。

リハビリの内容は歩くことが中心になります。
新しい血管に血液をめぐらせるのにも効果がありますし、
動脈以外の毛細血管が発達する効果もあります。

最初は少しずつしか歩くことができず、
歩いてもすぐに疲れてしまうかもしれませんが、
根気強く続けていると歩行距離をのばすことができます。

また閉塞性動脈硬化症は下肢に動脈硬化ができたことにより
足先の血流が悪くなる病気ですが、
動脈硬化自体は全身の血管のあらゆる部分にできる可能性があります。

そのため、今後閉塞性動脈硬化症を繰り返さないように、
食事などの生活習慣を改善する必要もあります。

閉塞性動脈硬化症の禁忌事項についても確認しましょう。
禁忌事項はまずは喫煙です。
血管を狭くする働きがあるので喫煙者は禁煙するようにしましょう。
その他、血流が悪くなっている足は、
ケガをしても治りが悪く化膿しやすいです。

そのため、足元を清潔に保っておくことや
ケガを避けることも大切です。
血流が悪くなる正座はしないようにしましょう。

下肢の閉塞性動脈硬化症のリハビリ治療は?

閉塞性動脈硬化症のリハビリでは、
下肢全体をトレーニングすることが大切になってきます。

閉塞性動脈硬化症の手術を行った場合は
手術部分のリハビリになりますし、
その他の毛細血管の血流量を増やすことで、
下肢全体の血流を良くすることにつながります。

リハビリ内容としては1日2回30分程度歩くことから始めます。
最初はすごく疲れてしまい、
なかなか歩くことが難しいかもしれませんが、
徐々に歩行距離や歩行時間をのばしていきます。

閉塞性動脈硬化症で病院に行ってリハビリを行う場合には、
週3回程度行うことが多いです。

自宅でリハビリを行う場合には、
週3回だけでなくできるだけやった方がいいですね。

また、寒い日は無理をせず室内で歩くようにしましょう。

閉塞性動脈硬化症のリハビリの診療報酬について

閉塞性動脈硬化症の手術だけでなく、
リハビリ中の診療報酬も費用の面では心配かと思われます。

入院しながら閉塞性動脈硬化症のリハビリを行っている場合は
保険が適用されるケースがほとんどですので
診療報酬は高額療養費の限度額までしか実費負担はありません。

食事代は別途請求されるので注意しておきましょう。

閉塞性動脈硬化症でも外来リハビリの場合は
近年は国で決められた外来リハビリ日数の上限を超えると
リハビリが認められず保険の適用外になってしまう恐れもあります。

医師は当然、患者の治療や再び歩行できる状態にすることを目指していますが
診療報酬などに不安がある状態でリハビリをするのもつらいですよね。

不安なことは医師に確認をしたり会計時に確認するといいでしょう。

閉塞性動脈硬化症のリハビリテーション科の算定について

閉塞性動脈硬化症のリハビリテーション科の算定は
どうなっているのでしょうか?

社会保険に掛かる費用を抑えるために
国では治る見込みの少ないリハビリを減らし、
リハビリに上限を求めるようになっています。

そのため、閉塞性動脈硬化症の場合でも
リハビリ開始後150日までが
保険点数の算定をすることができると決められています。

その後はリハビリの必要性や回復見込みを証明できない限り
保険点数に算定することができなくなってしまいますので、
まずは150日間のリハビリの計画をたてることが大切です。

また、きちんと閉塞性動脈硬化症のリハビリを、
保険点数に算定してもらうために、
病院で指定された施設でリハビリを行うようにしましょう。

算定するためにはリハビリは基準を満たしたリ、
ハビリテーション施設やリハビリテーション科で行うことが求められるので
医師の指示に従わないことや自己判断は避けましょう。

閉塞性動脈硬化症の各ガイドラインは?

閉塞性動脈硬化症の各ガイドラインは、
どうなっているのでしょうか?

医療従事者や閉塞性動脈硬化症について、
知りたい方向けに閉塞性動脈硬化症のガイドラインが発表されています。

閉塞性動脈硬化症のガイドラインができたことにより、
医療機関や医療従事者の中で共通認識ができたことになります。

治療の際、わからないことはかかりつけの医師に、
相談することも大切ですがガイドラインを確認することで
より医師の説明の理解が深まるかもしれません。

ガイドラインは治療や治療薬、リハビリなど
様々なことがまとめられています。
いくつか確認してみましょう。

治療におけるガイドライン

閉塞性動脈硬化症の治療のガイドラインはどんな感じでしょうか?
治療においてわからないことがあれば、
主治医などに確認することをおすすめしますが、
既に発表されているガイドラインを確認するのもいいですね。

閉塞性動脈硬化症の治療におけるガイドラインとしては
症状の軽い方はまず動脈硬化を引き起こす原因を
排除することや薬物療法からスタートさせます。

生活習慣の改善をはかりこれ以上閉塞性動脈硬化症を悪化させないようにして、
薬物療法によって血流を改善させることができれば
手術などを行わなくても症状が改善されることが多いです。

また、炭酸泉療法や運動療法も
初期治療としてガイドラインに掲載されています。

これらは比較的患者への負担が少ないので、
おすすめしやすい治療法です。

閉塞性動脈硬化症で、これらの治療をしても
改善が見込めない場合や症状が重い場合には
カテーテル手術やバイパス手術をすることとガイドラインには書かれています。

これらのガイドラインは患者個人の状況にもよりますので
医師とよく治療については相談をしましょう。
ガイドラインのURLはhttp://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/blood/pamph89.htmlです。
ご参考ください。

治療薬におけるガイドライン

閉塞性動脈硬化症の治療薬はいくつかあり、
ガイドラインでまとめられています。

閉塞性動脈硬化症の薬物療法では足への血流を増やし
症状自体を改善する役割と心臓や脳など血管が詰まってしまうと
生命に危険がおよぶ部分の血流を良くする目的があります。

閉塞性動脈硬化症の治療薬には

■アスピリン
■シロスタゾール
■チクロピジン
■ベラプロスト
■サルボグラレート
■リマプロスト
■エイコサペンタエン酸

などがあります。

閉塞性動脈硬化症の薬については
持病や他に飲んでいる薬などでも
処方されるものが変わるので
飲む薬の説明や効果などは医師や薬剤師の方に
直接確認することをおすすめします。

そして、薬物治療だけに頼らず生活習慣を改善することも大切です。
閉塞性動脈硬化症の治療薬に関するガイドラインは
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/blood/pamph89.htmlに掲載されています。

リハビリにおけるガイドライン

閉塞性動脈硬化症のリハビリのガイドラインによると
運動療法が中心になります。

ガイドラインでは運動の内容や頻度、
続け方などについて解説されています。

運動は週3回、1日2回程度とガイドラインには書かれています。
時間は1回あたり30分から1時間弱程度です。

リハビリの初期段階では中々続けて歩くことが難しいのですが
その場合でもある程度痛みがひどくなる状態まで頑張って歩くことが
リハビリでは求められています。

足が痛むくらい負荷をかけることで
徐々に足の筋力や血管が回復してくるからです。
痛みが減った来たら歩く時間を徐々にのばしていきます。

閉塞性動脈硬化症のガイドラインでは
リハビリは医療機関で行う監視下運動療法が
特に効果があるとされています。

可能であれば自宅でご自身で閉塞性動脈硬化症のリハビリを行うよりも
医療機関に通ったり入院して監視下運動療法を行う方がよさそうですね。

ガイドラインのURLはhttp://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_shigematsu_h.pdfです。

tascにおけるガイドライン

動脈硬化や血栓に関する治療法は長年ガイドラインが作成されず
医師や医療機関ごとに治療方針が違うという問題点がありました。

それを統一するためにできたガイドラインがtasc分類というものです。
2017年時点ではtasc Ⅱが最新のものとなります。

tasc分類では動脈硬化が起きた際、
カテーテル手術とバイパス手術のどちらを行うべきかの目安が書かれています。

このtasc分類に基づき閉塞性動脈硬化症のガイドラインも作成されています。
参考URLはhttp://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_shigematsu_h.pdfです。

しかし、tascは欧米で設定されたガイドラインであり、
日本の治療方針とは少し異なります。

日本では患者の治療後のQOLも意識して下肢の切断はできるだけ避けますが
欧米では患者の命を優先するため、
手術の負担を少なくするために下肢切断が行われる傾向にあります。

そのため、閉塞性動脈硬化症のガイドラインは、
tascを意識しつつ日本独自の内容となっています。

閉塞性動脈硬化症を病院で治療する時の注意点は?

閉塞性動脈硬化の主な治療は運動による治療です。
病院などで管理された状態で運動を行う治療方法と
治療方法を指示され、自宅で治療を行う方法がありますが、
どちらの方法も注意することがいくつかあります。

閉塞性動脈硬化症は動脈硬化が起きてしまっていることがそもそもの原因なので
これ以上動脈硬化を作らないようにするのが大切になります。

そのため、喫煙している方は禁煙を指示されることがあります。
また、高血圧の方も血栓ができやすくなるので、
生活習慣の指導を受けることもあるでしょう。

具体的な治療以外の生活習慣に関わることでも指導を受けた場合には
指導内容に従うようにしましょう。

治療のみを続けていても効果が得られにくかったり、
他の病気を引き起こすことがあるので
病院の指示はすべて受け入れることが大切です。

病院を東京で探す時、評判が良いところは?

閉塞性動脈硬化症の病院を東京で探す時、
どの病院がよいのでしょうか?

閉塞性動脈硬化症は合併症を引き起こす可能性もありますし、
他の臓器の近くに動脈硬化ができれば、
他の病気を引き起こす可能性があります。

そのことを考えると大きい病院の方がいいかもしれませんね。

具体的には東京大学医学部附属病院や
杏林大学医学部付属病院などがいいでしょう。
心臓血管研究所付属病院もいいですね。

これらの大きい病院は紹介状のない方は
受診を断られてしまうこともあるので
まずはかかりつけ医に相談するのもいいでしょう。

病院を埼玉で探す時、評判が良いところは?

閉塞性動脈硬化症の病院を埼玉で探す時、
人気の高いところはどこでしょうか?

下肢にできている動脈硬化が心臓付近にできると、
心筋梗塞の可能性がありますし、脳にできれば、
脳梗塞などの可能性があります。

このことからも循環器系の病院に掛かることをおすすめします。

埼玉では埼玉医科大学国際医療センターや
所沢ハートセンターや春日部中央総合病院がおすすめです。

通院を繰り返すことを考えると
ご自身の通いやすいエリアの病院に行くのがいいかもしれませんね。

病院を大阪で探す時、評判が良いところは?

閉塞性動脈硬化症で病院に行くとき、
大阪で評判が良いのはどこでしょうか?

閉塞性動脈硬化症は下肢の冷えやだるさなどの
自覚症状がみられますが、
血液の病気ですので循環器科のある病院を受診するようにしましょう。

大阪で閉塞性動脈硬化症の治療におすすめの病院は、
大阪市立総合医療センターや大阪大学医学部附属病院や
岸和田徳洲会病院や国立循環器研究センターなどがおすすめです。

循環器系に強みを持っている病院で治療を受けることができれば
安心して治療にのぞめますね。

病院を千葉で探す時、評判が良いところは?

閉塞性動脈硬化症の病院を千葉で探す時、
評判が良い病院はどこでしょうか?

閉塞性動脈硬化症は血管の中に動脈硬化が出来てしまい、
血栓となってしまう病気です。
循環器科に行きましょう。

また、その後のリハビリのことを考えると
リハビリ施設が充実している病院もおすすめです。

千葉県で閉塞性動脈硬化症を治療するのにおすすめの病院は
千葉大学医学部附属病院や東京歯科大学市川総合病院や
東京慈恵会医科大学附属柏病院や千葉西総合病院などがあります。

病院を横浜で探す時、評判が良いところは?

閉塞性動脈硬化症で病院を受信する場合、
どこがよいのでしょうか?

閉塞性動脈硬化症は循環器科にかかることになります。
また、手術をする場合はリハビリ科も充実している病院がいいですね。

横浜エリアで閉塞性動脈硬化症の方におすすめの病院は
横浜市立大学医学部附属病院や神奈川県立循環器呼吸病院センターや
昭和大学藤が丘病院や済生会横浜市東部病院などがおすすめです。

横浜といっても広いので
ご自身の通いやすいエリアの病院を選ばれるといいでしょう。

病院を兵庫で探す時、評判が良いところは?

閉塞性動脈硬化症の病院を兵庫で見つける時に、
人気の高いのはどこでしょうか?

カテーテル手術やバイパス手術を検討する場合には
かかりつけ医ではなく大きな病院に転院する必要があるかもしれません。

その場合はかかりつけ医に紹介状を書いてもらうとスムーズです。

兵庫県で閉塞性動脈硬化症を治療してくれるおすすめの病院は
兵庫医科大学病院や兵庫県立姫路循環器病センターや
東宝塚さとう病院や県立尼崎病院がおすすめです。

大きな病院は待ち時間がかかることもあるので
時間に余裕をもって受診しましょう。

病院を広島で探す時、評判が良いところは?

閉塞性動脈硬化症の病院を広島で探しているばあい、
評判の良い病院はどこでしょうか?

閉塞性動脈硬化症は症状の軽い方は
運動療法や生活習慣の改善で良くなりますが
症状の重い方は薬物療法や手術による治療が必要になります。

広島県で閉塞性動脈硬化症の治療におすすめの病院は
広島市立広島市民病院や土谷総合病院や
広島市立安佐市民病院や福山市民病院などがあります。

循環器に特化した病院か総合病院にかかるのがおすすめですね。
混み合うことや紹介状のない患者は断られる可能性もあるので
かかりつけ医に紹介状をもらうようにしましょう。

病院を群馬県で探す時、評判が良いところは?

閉塞性動脈硬化症で病院に行く場合、
群馬県で良い病院はどこでしょうか?

群馬県の方はお住まいのエリアによっては
近隣の県の病院に掛かることを考える方もいるかもしれませんね。

通いやすいエリアで安心して治療を受けられる病院を
見つけられるといいですね。

群馬県で閉塞性動脈硬化症の治療におすすめの病院は
群馬県立心臓血管センター高瀬クリニックや
群馬大学医学部附属病院や前橋赤十字病院などがあります。

循環器科やリハビリ施設や病院のエリアなどから選ばれるといいでしょう。

閉塞性動脈硬化症の予後はどんな感じ?

閉塞性動脈硬化症の予後はどうなっているのでしょうか?
閉塞性動脈硬化症は下肢だけの症状に限定してみると
血の巡りが悪くなることが原因で
冷えやだるさなどの自覚症状があらわれます。

更に症状が進むと歩行障害や下肢の壊死につながります。
下肢が壊死し生命に危険があるとされた場合には
切断手術が行われることもあります。

血栓ができて血が巡りにくい部分については
傷が治りにくく化膿しやすく壊死につながりやすいので
清潔を保ち傷やケガに注意する必要があります。

また、閉塞性動脈硬化症以外にも
動脈硬化などの血管の病気に注意する必要があります。

下肢以外の全身に動脈硬化が出来ている可能性があり、
心臓や脳付近にできていて血栓になってしまっていると
心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気を引き起こす可能性があります。

閉塞性動脈硬化症の看護計画や看護目標はどんな感じ?

閉塞性動脈硬化症の看護計画や看護目標はどうなっているのでしょうか?

もちろん患者の個人の状況や年齢などによっても
看護計画や看護目標が変わってくることが想定されます。

しかし、どの患者でもおおむね共通している看護目標は
患者のQOLを維持したまま治療や看護計画の実施を行い
症状を和らげることかと思われます。

閉塞性動脈硬化症では下肢に症状が現れます。
歩行の状態は患者のQOLに大きく関わりますし、
症状が悪化してしまい患部が壊死してしまうと最悪の場合、
患部を切断という判断になることもあります。

こうなると患者のQOLは大きく下がるでしょう。
そのような事態を避けるために看護計画や看護目標を
それぞれ設定していく必要があります。

看護計画のメインとなるのは患部のケアと患者への生活支援です。
閉塞性動脈硬化症の患者は患部の傷が治りにくく
少しの傷でも壊死につながる可能性があります。

そのため、看護計画の中に爪切りや患部を
清潔に保つことなどが含まれます。

また、自宅での治療を見越して
患者自らのセルフケアの支援や指導も看護計画として行います。

その他には動脈硬化をこれ以上起こさないようにするために
生活習慣の指導なども医師と協力して行っていきます。

閉塞性動脈硬化症の看護過程や研究はどうなっている?

閉塞性動脈硬化症の看護過程や研究についてご紹介します。

閉塞性動脈硬化症は循環器系の病気として研究が進められています。
また、今までは循環器系の病気はガイドラインの設定などがなく、
医師や病院それぞれで治療方針が異なっていて
混乱を招いていました。

しかし、近年はガイドラインや治療方針が統一されつつあり、
医師や病院間での情報共有が進んでいるといえるでしょう。

看護計画についても同様で循環器に関する病気の研究所や
循環器センターに情報が集められ
そこの情報をもとに最新の看護計画がたてられるようになっています。

また、閉塞性動脈硬化症の新しい研究や治療法としては
血管再生治療が行われています。

こちらは先進医療であり、できる病院も限られていますが、
手術の必要なく閉塞性動脈硬化症の治療ができるので、
これから研究が進めば主流となる治療法かもしれません。

有効率が高く多くの方に効果が出るのも特徴の一つです。
閉塞性動脈硬化症は他の臓器の付近にも
動脈硬化ができていて血栓のリスクを持っていたり、
閉塞性動脈硬化症が進み下肢の切断となってしまうと大変危険な病気です。

患者の多くは高齢者であり、今後も高齢化社会が進むにつれて
患者数は増えるものと思われます。
それに応じて研究や介護計画の改善も行われていくでしょう。

閉塞性動脈硬化症の術後や治療における看護の注意点は?

閉塞性動脈硬化症の術後もまだ、
血流の流れが回復していないことが多いです。

そのため、術後はリハビリなどを行う必要があります。
リハビリを行うことで既存の血管や
手術をした新しい血管の血流を回復させる働きがあります。

術後の治療の注意点としては
患部の清潔を保つことと生活習慣の改善があげられます。

閉塞性動脈硬化症の場合は
下肢部分の血のめぐりが悪く傷などができてしまうと治りにくく
最悪の場合、壊死につながる恐れもあります。

足の場合は深爪にも注意が必要です。
深爪により傷が出来てしまうとそこから化膿してしまう可能性があります。

そこで、自分自身で足の爪を切ることが難しい患者は
看護師さんが爪を切ることもあります。

爪が伸びている状態もケガをひきおこすので
危険なのでちょうどいい長さの爪の指導も看護師さんが行う必要があります。

また、他にも禁煙や高血圧の改善などの生活習慣の改善に対しても
指導をすることが治療の一環といえるでしょう。

閉塞性動脈硬化症の英語や英訳は?

閉塞性動脈硬化症は英語では
Arteriosclerosis obliteransといいます。
旅行などをしたときに過去の病歴を尋ねられることがあるかもしれませんので、
覚えておくといいかもしれませんね。