膝の痛みの原因や治療法・対処法についてご紹介しています。
違和感があれば、早めに治療をした方が良いです。

階段の上り下りや歩く時に、膝が痛み出したらそれは危険信号です。
早めの治療を行うことが必要になります。

目次

原因不明の膝の痛み…膝の痛みの原因や症状について

原因不明の膝の痛み。。
膝の痛みの原因や症状についてご紹介しています。

骨と骨が当たらないように、
クッションのような役割をしている関節軟骨があります。

関節軟骨がすり減るなど関節に痛みがある時は、
関節を包んでいる関節包が引っ張られるときなどに
関節の周囲の神経が痛み始めます。

原因不明の膝の痛みは怖いですよね。

大きく分けて、
膝の病気・肥満・筋トレをしていない・準備運動をしていない・歩き方や走り方のフォーム・X,O脚、シューズが合っていないなどです。

これらの原因不明の膝の痛み…
原因や症状について詳しく紹介していきます。

10代の原因や症状は?

10代の膝の痛みの原因や症状はどんな感じでしょう?

膝の痛みは加齢とともに現れたりしますが、
10代でも膝の痛みが現れます。

成長痛以外で考えられる10代の膝の痛みの
原因と症状をご紹介していきます。

膝蓋骨が割れたように2個以上に分裂し
痛みも生じている病状…有痛性分裂膝蓋骨です。

主な症状は、膝を動かした時や
膝の皿を押した時に痛みがあります。

こちらは、10代前半(小学校高学年~中学生)の男の子に多く見られます。

痛みの原因は、ほとんど生れつき(先天性)のものです。

膝の使い過ぎで膝蓋骨の強打で
皿が割れるケースもあります。

次に、オスグッド病です。
過度な膝の曲げ伸ばしなどで炎症をおこしています。

次に、膝蓋靭帯炎(別名「ジャンパー膝」)です。
バスケットボールなど繰り返しジャンプしている人がなりやすいです。

次に、半月板損傷です。
ジャンプの着地の衝撃・ターンやタックルなどの
衝撃が加わり半月板が潰れたり断裂する傷害です。

4つの病状を挙げましたがほとんどの方が
スポーツに打ち込んでいる学生さんに目立ちます。

20代の原因や症状は?

20代の膝の痛みの原因や症状は?

20代で考えられる主な5つの原因は、

■運動不足
■半月板損傷
■軟骨損傷
■肥満
■足の使い過ぎ(オーバーユース)

この原因で膝の痛みを引き起こすことがあるのです。

運動不足は、筋肉の緊張・筋力の低下…
この2つを引き起こすので膝が痛みます。

筋肉が硬くなり柔軟性が低下しクッション性が低下し
膝に掛かる負担が大きくなり
膝に痛みを起こしやすくなります。

軟骨損傷は、ハイヒールをよく履く女性に多く発症します。
ハイヒールはつま先で不安定になりますので
膝に悪影響を与えます。

肥満は、20代で多くの方が仕事を始めると思いますが
働き始めると、身体を動かす時間が減り
どうしても肥満体型になりやすいです。

そして睡眠不足・食事の乱れ・お酒を飲む量が多いと
太りやすい傾向になります。

太っていると膝に掛かる負担が大きいです。

先程も言いましたが「運動不足」の傾向にもあるので
二重の原因によって痛みを生じる可能性が高くあります。

30代の原因や症状は?

30代の膝の痛みの原因や症状はどうでしょうか?

膝の痛みは、シニア世代だけの悩みではありません。

早い人なら30代から膝の痛みや
違和感を感じることが多くなってきているのです。

今回は、30代の膝の痛みの原因や症状を紹介します。

30代の女性に増加している膝の痛みの原因は、
変形性膝関節症の危険性があります。

変形性膝関節症とは、長年膝の使用や繰り返させる負担、
怪我などによって関節の軟骨がすり減ったり
骨の変形が生じたりする病気となります。

原因は、骨折、十字靭帯損傷、半月板損傷などの外傷、
痛風などの炎症、関節の変形などによって生じるものがあります。

肥満の人に多くあります。

このような時は、正しい姿勢を心がけて
急激な運動を避けて
肥満を解消していくことが良いです。

症状としては、膝の痛みでは、
椅子などから立ち上がる時歩き始めなど、
動き始めに痛みを感じます。

外見上の変化では、膝周りが腫れて太くなり
足がO脚になります。

膝の動きでは膝に水が溜まって腫れぼったい、
重たい、曲げにくいなどの症状が出ます。

これらの症状がさらに進むと
歩行困難や日常生活に支障がでてきます。

40代の原因や症状は?

40代の膝の痛みの原因や症状はどんな感じでしょうか?

40代の膝の痛みは、肥満や老化などが考えられます。

普段の生活の中で常に
体重の3倍もの荷重を膝にかけて歩いているので、
大きな衝撃が加わっています。

肥満だと膝への負担も大きくなります。
また老化によって膝に痛みが出ます。

老化により膝の内側の大腿骨と脛骨を支える軟骨の
クッションが弾力性を失い
膝の関節にかかる負担が多くなることが原因なのです。

そのため40歳超えたあたりから
この膝の痛みを訴える方が増加するようです。

他にも、外傷によって膝の痛みがでる場合もあります。
外傷は、スポーツや運動などに大きく関係しており、
準備運動不足の上に長時間同じ作動を繰り返し行うと、
膝に掛かる負担がかかりすぎてしまいます。

筋肉損傷や靭帯を損傷を受け炎症が起こることで
膝が痛み出すことがあります。

その他の外傷としては、膝の捻挫や膝に負荷がかかることで
起こる腱炎、スポーツ中や交通事故で起こる骨折など
外傷も膝の痛みの原因となります。

50代の原因や症状は?

50代の膝の痛みの原因や症状には
どんなものがあるでしょうか?

50代の膝の痛みは、「変形性膝関節症」です。
こちらは、年齢に深く関係があります。

歳を取ると膝が変形が始まることが大きな原因です。
しかし、これは老化現象だから仕方ないね」
と済ませないでください。

実際に、症状を改善することで緩和されて
楽になる方がいるのです。

この変形性膝関節症の詳しい原因は、
男女比は1:4で女性に多く見られ、
高齢者になるほど比率は高くなります。

はじめは、立ち上がり・歩きはじめなどの
動作の開始時のみに痛みが現れ、
休むと痛みは感じません。

ただ、正座や階段の上り下りが困難となり
末期になると安静時にも痛みが取れずに
膝に変形が目立ち膝が伸びずに歩行困難になり
生活に支障がでることもあるのです。

老化や肥満の素因も関与しています。
また、骨折や半月板損傷などの外傷などの
関節の後遺症として発症することがあります。

高齢者の膝の痛みの原因や症状は?

高齢者の膝の痛みの原因や症状は
どんなものがあるのでしょうか?

歳を重ねるごとに免疫力が低下しますよね。
この免疫力が低下すると身体のあちこちと不具合が起き
ほとんどの方が悩む「膝の痛み」です。

若いころは健康的だった方でも、
高齢者になると膝が痛くなることはあります。

この「膝の痛み」の原因や症状をご紹介していきます。

まず、原因は滑液分泌能力の低下
滑液は関節をスムーズに動かすためのローションのような存在であり、
この滑液の量が減ってしまうと関節を思い通りに動かすことが出来なくなります。

滑液分泌が減ることで、膝の痛みとなって現れるのです。

次に、軟骨のすり減り…
高齢者になるにつれ骨と骨の間の
クッション的な役割を持っているのが軟骨が
すり減っていくことで膝に痛みを引き起こしてしまうのです。

この症状がひどい場合だと歩けなくなることがあります。

次に、筋肉の衰え・筋肉量の減少…
高齢者になると筋肉量も減ってしまいます。

支える筋肉が少なくなると関節の負担が大きくなり、
それが痛みとなって現れるのです。

「膝の痛み」の症状は、痛みだけでなく突然動かなくなる、
発熱や寒気がある、膝に力が入らない、
動かすたびに音が鳴る、硬い瘤ができる…

このような症状が起きた場合、
膝の痛みからくる病名も変わっていきます。

膝の痛みの治療にはどんな方法がある?

膝の痛みの治療にはどんな方法があるのでしょうか?

膝の痛みをなくすには、大きく3つの方法があります。

➀自分で治療する
➁通院して治療する
➂手術して治療する…

です。

自分で治療する方法は、
まずは安静にする(普通に歩いたり・階段の上り降りをするのは
構いませんが重いものは持たず、長時間の歩行は避けてください

・冷やす
・温めるです。

今回は、この「膝の痛み」の治療には
どんな方法があるか詳しくご紹介します。

病院で膝の痛みを治療する時のポイントは?注射は有効?

病院で膝の痛みを治療する時のポイントはなんでしょうか?
また注射は有効なのでしょうか?

膝の痛みが発生した場合、
すぐに病院に受診すべきなのか
治療する時ポイントをご紹介します。

膝を痛みながら長時間の移動は堪えますので、
通いやすい距離にある整形外科です。

次に、信頼の出来るかかりつけ医者を見つけることです。

条件としては、診てもらってよかった、
自分が信頼できると思う人、
親身になってアドバイスしてくれる医者などです。

病院探しには、口コミや知人からの情報など
患者側の視点で集めた情報が役に立つと思います。

他には、病院に頼りすぎずに
自分自身の身体の痛みを生じるまでの過去、
過程などを把握しておくことです。

お医者さんに伝えたいこと質問したい事を
正確に伝えられると思います。

注射では、ヒアルロン酸の注入があります。
関節液のヒアルロン酸が分解されることにより、
濃度が減り、粘り気や弾力性が低下していきます。

その結果、膝の痛みが改善されるのですが
効果は短期的であり、決して長時間は続きません。

病院で治療する時、東京で評判が良い病院は?

膝の痛みを病院で治療する時、
東京で評判が良い病院はどこでしょうか?

東京の中で、膝の痛みを治療する際、
評判の良い病院をご紹介します。

日本医科大学付属病院
膝の研究・国内屈指におけるスペシャリストである高井信朗先生です。

虎の門病院
膝と股関節の診断と治療を特に重心的に行ってくれます。

東京医科歯科大学医学部付属病院
手術はできるだけ避けて薬物療法、運動療法に力を入れています。

病院で治療する時、千葉で評判が良い病院は?

膝の痛みを病院で治療する時、
千葉で評判が良い病院は?

千葉の中で、膝の痛みを治療する際、
評判の良い病院をご紹介します。

千葉のスマイル整体
「膝」だけでなく身体全体のバランスを調整してくれます。
「ゴムバンド巻き療法」「股関節矯正」「膝関節矯正」

尾崎整形外科
親切に一人ひとりを大切にした対応をしてくれるということで
評判が高いです。

稲毛整形外科
変形性膝関節症・膝靭帯損傷・膝半月板損傷・骨軟骨損傷に詳しい病院です。

病院で治療する時、名古屋で評判が良い病院は?

膝の痛みを病院で治療する時、
名古屋で評判が良い病院はどこでしょうか?

名古屋の中で、膝の痛みを治療する際、
評判の良い病院をご紹介します。

健康回復院
「月板損傷」「たな障害」「オスグット」などといった
膝の痛みについて詳しい病院です。

ヘヒザリハ
名古屋で唯一の膝痛専門院です。
東海ウォーカーでもご紹介された病院です。

植田整骨院
どこに行っても膝の痛みが治らない場合は
植田整骨院で診てもらうと良いでしょう。

病院で治療する時、西宮で評判が良い病院は?

膝の痛みを病院で治療する時、
西宮で評判が良い病院はどこにあるのでしょうか?

西宮の中で、膝の痛みを治療する際、
評判の良い病院をご紹介します。

たかひろクリニック
膝の内側の圧痛の有無、関節の動きの範囲、
レントゲン検査で診断します。

必要に応じてMRI検査依頼などもします。

いきゅう鍼灸整骨院
スポーツなどで怪我をした場合、
超音波や鍼灸で痛みを取り除いたあと、
指圧やマッサージでほぐしていきます。

症状が落ち着いたら骨盤調節で骨格を整えます。
使わなくなった筋肉が上手に使えるようになり
代謝もよくなります。

病院で治療する時、埼玉で評判が良い病院は?

膝の痛みを病院で治療する時、
埼玉で評判が良い病院は?

埼玉の中で、膝の痛みを治療する際、
評判の良い病院をご紹介します。

川口しば整骨院
名前から院内もリニューアルした「川口しば整骨院」です。

問診をしっかり行い患者さんの症状一つひとつに
丁寧に対応してくれます。

かとう接骨院
症状や原因に合わせた治療を行っていきます。
患者さんに合わせた最適な施術をご提供します。

膝の痛みを病院で治療する時、福岡で評判が良い病院は?

病院で治療する時、福岡で評判が良い病院は
どこを選べばよいのでしょうか?

福岡の中で、膝の痛みを治療する際、
評判の良い病院をご紹介します。

福岡らくらく整体院
病院以外での改善方法を探している方は、
福岡らくらく整体がおすすめです。

気持ちいと痛みを忘れてしまうそうです。

ブルームカイロプラクティック
全体の骨格や筋肉のバランスを整えることで
負担や症状を改善していきます。

膝の痛みを病院で治療する時、大阪で評判が良い病院は?

病院で治療する時、大阪で評判が良い病院は?
大阪の中で、膝の痛みを治療する際、
評判の良い病院をご紹介します。

千林カイロプラクティック院
大手人気口コミサイトで
整体・カイロ・マッサージ部門で1位継続中です。

堺自然整体院
痛くない整体で、根本を治療していただけます。

井上整形外科
運動療法・理学療法・薬物療法・装具療法ヒアルロン酸の注射などで
治療していきます。

膝の痛みに効く薬はどれ?効果が高く、価格が適正なのは?

膝の痛みに効く薬はどれでしょうか?
また効果が高く、価格が適正なのはどれでしょうか?

歳を取ってくると、膝の痛みに悩んでいる方は多いと思います。

今回は、サプリではなく「医療品」で
確実に効果を得る薬をご紹介していきます。

まず、サプリメントと医療品との違いは、
「健康食品」であって不足しがちな
栄養素の補給には適していると言えます。

「医療品」は、病気や症状の
治療を目的として作られています。

コンドロイチン/ゼリア新薬
湿布や塗り薬、痛め止めは
一時的な症状の緩和に用いられます。

コンドロイチンを摂取することで
痛みの緩和が期待されることから効果と期待できます。

関節痛や神経痛や腰痛によく効きます。

アリナミンEXプラス/武田薬品
ビタミンB1、ビタミンB12を配合しているので
辛い症状に優れた効果を現します。

さらに、身体のすみずみの血液循環を改善する
ビタミンEを配合しています。

グルコンEX錠プラス/日本薬師堂
効果・効能が認められた第3類医薬品です。
有効性や安全性などを審査し承認されたものを指します。

すり減った軟骨の痛みを感じる
神経に直接作用してくれます。

ほとんどの薬がCMなどで見たことある
聞いたことのある商品名であります。

なかなか痛みが改善しない…
その時はご紹介した薬を試してみてはいかがでしょうか。

テニスボールを使った膝の痛みの治療とは?

テニスボールを使った膝の痛みの治療には
どんなものがあるのでしょうか?

膝の痛みには、病気によるもの年によるものもあるでしょう。
原因は、運動不足や運動のしすぎです。

筋肉が硬くなれば柔軟性が失われて
膝を使い動かすたびに痛みが生じやすくなるのです。

病院に行っても今ひとつ良くならないと、
膝の痛みに悩んでいる方はたくさんいると思います。

そこで今回は、テニスボールを使った
膝の痛みの治療をご紹介します。

テニスボールは、硬くなった筋肉を動かすと
筋肉をほぐせば柔らかくなるのです。

テニスボールを使った膝の痛みの治療方法は、
両手を後ろについて足を伸ばして座ります。

テニスボールをアキレス腱から膝の裏まで
ごろごろと体重で転がしながらマッサージします。

また、仰向けに寝て膝を両手で抱え込みます。
膝の裏にテニスボールを挟み込み
テニスボールを潰すように膝を抱え込みます。

この動作を1日3回(朝昼晩)30秒行ってみてください。

硬くなった膝の筋肉をテニスボールでほぐして、
膝の痛みが緩和して改善してくれます。

ただ、注意してほしい点は自分自身の膝の痛みの原因を
よく知ってからテニスボールを使って行いましょう。

自己流で進めると膝を余計に痛める場合があります。

テニスボールで膝の痛みを改善する方法は
確かにあるのですが必ずしも全員が効果があるとは限らないので、
個人差があることを頭に入れておいてくださいね。

膝の痛みの治療に効果の高い運動は?

膝の痛みの治療に効果の高い運動はどれでしょうか?

特別な器具を使わずに
自宅で出来る運動法をご紹介していきます。

この運動をすることで、効果が得られることは

「膝を支える力を強くする」
「筋肉量が増えて血行の流れが良くなる」
「代謝が上がり太りにくい体質になる」

ことが出来るのです。

まず始めに、椅子を使った足上げ体操です。

両手で椅子の縁をつかみ、腰深くかけます。
膝を曲げて床につけてもう一方の足首を
90度に曲げて前に伸ばします。

伸ばした方の足をゆっくり上げて
床から10㎝のところで止めて5秒ほど保ちます。

ゆっくり足を下して5~10秒間休みます。
これを10回程度繰り返し反対も行います。

次に、スクワットです。
肩幅ぐらいに足を広げて立ちます。
ゆっくりと腰を落とします。

注意点としては、座る感じに腰を下に下げます。
膝が辛い時は、壁につけて手をつけて行うとよいでしょう。

次に、両足を伸ばして座ります。
片足を膝を折りたたむように曲げて
太ももの前面が伸びてつっぱるような感じるのであれば
筋肉がよく伸びている証です。

その状態でも余裕があれば
上体をゆっくりと後ろに倒します。

筋肉が伸びて気持ちの良いところで止めて10秒保ちます。

これを5~10回繰り返し行い反対側の足も行います。

手でできる!膝の痛みに効くツボは?

手でできる!膝の痛みに効くツボはどこ?

今回は、自宅で簡単に出来る膝の痛みを和らげる
ツボをご紹介します。

ただ、注意点としては痛いところを刺激する時には
「気持ちの良い圧」で刺激をしてください。

決して、強く行わないでくださいね。

押してみると「気持ちいい」「痛い」などの反応があります。
時には、「しこり」「冷え」などを感じる場合があります。

「三陰交(さんいんこう)」
足の内側でくるぶしに小指を置いて手を上の方向に当てた時
人差し指が当たる高さで骨の少し後ろに位置します。

親指で強く押し込みます。

「足三里(あしさんり)」
足の表側で向こうずねの縁の少し外側、
親指をすねに当てた時に小指が当てるところに位置します。

親指で強く押して込みます。

次に、椅子を座った状態で太ももを見下ろしたとき
膝のお皿の外側の縁を母指球でマッサージします。

ツボ周辺を押し付けるように
「の」の字を書くようにこねていきます。

次に、膝のお皿の上の縁の真ん中です。
膝を伸ばして座り押していきます。

膝の痛みにはツボを押していくことで効果が出やすくなります。
膝の痛みが少しでも改善すればいいと思います。

膝の痛みをお灸で改善!どのツボが良い?

膝の痛みをお灸で改善する場合、
どのツボが良いのでしょうか?

お灸を活用すれば悪化を防げて硬くなっていた筋肉をほぐせて、
痛みも和らげられます。

自分でできる膝の痛みを緩和する方法をご紹介します。

まず用意するには、お灸とライターとペン…この3つです。

まずはツボを探します。
そしてペンでしるしをします。
押してみて痛気持ちいいところが見つかったら、ペンで印をつけます

次に、お灸のシールを剥し
先程の印の場所にお灸をつけてライターで火をつけます。

お灸の上の辺りに5秒ぐらい火を近づけます。
するとゆっくりお灸に火が燃え移り燃焼していきます。

ツボの効果を高めたいならば、毎日行ってくださいね。

膝の痛みを和らげるツボの場所は、
「外膝眼(そとしつがん)」です。

膝の皿の直下、外側にあるくぼみに位置します。
「内膝眼(うちしつがん)」です。

膝の皿の直下、内側にあるくぼみに位置します。

ただ、ご自身の膝の痛みがお灸に適応するかどうかは
整形外科・鍼灸師と相談しないと分からないので、
ご相談してみてください。

膝の痛みにサポーターは効果あり?

膝の痛みにサポーターは効果ありなのでしょうか?

膝の痛みを改善させるとなると
整形外科や整骨院などに通って治療がメインになりますが、
痛みがすぐに治るとは限りません。

そして、日常生活の中で歩くという動作は
なくてはならないものです。

ですので、膝の痛みを抱えながら病院に
通うことになると大変ですよね。

そんな時に効果があるのは、「サポーター」です。

膝の痛みにサポーターで改善!保温できるのはどれ?

膝の痛みにサポーターで改善したい場合、
保温できるのはどれでしょうか?

膝の痛みでは、
「冷えると痛くなる」
「温めると膝の痛みが楽になる」
方は多いと思います。

こういった状態ならば、
伸縮性の生地で動きやすく保温効果のあるサポーターです。
「支柱付き装具サポーター」です。

こちらは、強度が強いため
膝の痛みや不安定感がある時に使用すると良いです。

歩く時でも運動する時に痛むという時は、
支柱付き装具サポーターを着用します。

保温・支柱付き装具サポーターは、
「腫れ」「熱感」がなく冷えると
痛みや違和感があるという場合に使用します。

温効果で痛みの緩和しサポーターは付け外しが簡単、
汗をかいても洗濯できるものが多いことがメリットです。

この支柱付き装具サポーターは、
「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」があります。

激しいスポーツや怪我のリハビリでは
「ハードタイプ」を使用しましょう。

「ソフトタイプ」は、膝全体をしっかりサポートしながら
曲げ伸ばしがスムーズの場合に使用しましょう。

保温できるサポーターは、
「激安品」には手を出さず
評価が高く実績のあるメーカーを選ぶようにしてください。

選ぶ時、医療用品に携わるメーカーですと安心です。

膝の痛みでサポーターを使う時、口コミで評価の高いのは?

膝の痛みでサポーターを使う時、
口コミで評価の高いのはどれでしょうか?

膝の痛みがある時には、膝サポーターを使用しましょう。

膝のサポーターは主な効果は、

・膝の痛みを軽減できる
・怪我の予防
・膝の保温です。

膝の痛みをサポーターで使用する際、
選び方は「巻くタイプ」「履くタイプ」の二つがあります。

履くタイプに比べて動きやすいのがメリットです。
「巻くタイプ」でおすすめなサポーターは、
「ザムスト ひざサポーターEK-3」です。

こちらの商品は、サポーター専門ブランドのなかで、
人気を誇るサポーターです。

動きやすさとサポート力に優れた万能タイプです、
Amazonの口コミでも評価が非常に高くて人気です。

「履くタイプ」でおすすめなサポーターは、
「ザムスト 薄型サポーターBODYMATEひざ」です。

こちらの商品も、ザムストですので
サポーターの中で人気ブランドです。

こちらは、膝の痛みを軽減しとても動きやすいのが魅力です。

薄手のサポーターですので、
サポーターを上にズボンを履いていても邪魔にはなりません。

長時間サポーターを着用しても装着感が気にならなく、
日常生活やマラソンで使用するにも効果的です。

履くタイプのサポーターを使用する際は、こちらがおすすめです。

膝の痛みはバンテリンサポーターで改善する?

膝の痛みはバンテリンサポーターで改善するのでしょうか?

膝の痛みにおすすめなサポーターは、
「バンテリンコーワサポーター」です。

こちらの商品は、CMでもお馴染ですよね。

U字のテーピング編みによりしっかりと
膝のサポートをしっかりしてくれます。

不快なムレやズレを軽減して、
快適なつけ心地を実現しています。

冬場や梅雨の時期に膝の痛みを感じ始めて
「軽度」「初期」なら通常なサポーターで大丈夫です。

通常のサポーターの効果は、「膝の保温」が主です。
温まると痛みが治まるサポーターは、
「バンテリンサポーター」です。

こちらの商品は、数ある履くタイプで
膝のサポーターの中で特に人気が高いサポーターです。

こちらは、スポーツよりも日常生活での使用がおすすめです。

価格もリーズナブルで1000円ほどで購入できます。

膝が曲げ伸ばしやすいのもメリットです。
膝の痛みには、膝の軽減・怪我の予防には
膝サポーターが効果的だと思います。

自分のあった膝サポーターを選ぶようにしましょう。

実際に使っている人たちが本当に効果があるかどうか調べた結果、

■今まで使ったサポーターの中で
一番よくて安心感があるサポーターだった。

■バンテリンサポーターを付けることで
日常生活がしやすい

という声がありました。

ランニングする時に、膝の痛みにおすすめのサポーター

ランニングする時に、膝の痛みにおすすめのサポーターはこちら!

「長時間走ったりするときに膝が痛い」
なんて方は多いと思います。

ランニングする時に、
膝の痛みにおすすめなサポーターをご紹介します。

膝の痛みを軽減するとともにけが予防にも効果的です。
選ぶ際は、自分の足に合ったサイズを選びましょう。

サイズが合わずに膝にフィットしなければ
サポーターの意味がありません。

メーカーによってサイズが違うので
しっかり確認するように、
自分の足に合ったサイズを選びましょう。

また、サイズで迷った場合は
大きいサイズを選ぶのがオススメです。

ランニングやスポーツ、
普段使いなど使い勝手も抜群なのが
「ザムスト ひざサポーターEK-3」です。

次におすすめなのが、
「ザムスト 薄型サポーターBODYMATEひざ」です。

薄手でつけ心地がよくズボンを履いても邪魔になりません。

長時間履いてもマラソンしても
装着感が気にならないので最適です。

次に、「FC膝用サポーター」です。
テーピング技術を応用して膝のブレを抑制するのが特徴です。

ランニングや普段使いなどに、
使い勝手も抜群なサポーターです。

サポーターには、「履くタイプ」と「巻くタイプ」の2種類あります。
用途と自分に合ったサポーターを選び
膝の痛みを緩和できると良いと思います。

スポーツする時に、膝の痛みにおすすめのサポーター

スポーツする時に、膝の痛みにおすすめのサポーターはどれでしょうか?

ランニングする時に、
膝の痛みにおすすめのサポーターをご紹介しましたが、
次はスポーツする時におすすめなサポーターをご紹介します。

膝の痛みを軽減するとともにけが予防にも効果的です。

選ぶ際は、自分の足に合ったサイズを選びましょう。
サイズが合わずに膝にフィットしなければ
サポーターの意味がありません。

メーカーによってサイズが違うのでしっかり確認するように、
自分の足に合ったサイズを選びましょう。

また、サイズで迷った場合は
大きいサイズを選ぶのがオススメです。

スポーツ、普段使いなど使い勝手も抜群なのが
「ザムスト ひざサポーターEK-3」です。

次におすすめなのが、「ザムスト 薄型サポーターBODYMATEひざ」です。
薄手でつけ心地がよくズボンを履いても邪魔になりません。

長時間履いてもマラソンしても
装着感が気にならないので最適です。

次に、「FC膝用サポーター」です。
テーピング技術を応用捨て膝のブレを抑制するのが特徴です。

スポーツや普段使いなどに、
使い勝手も抜群なサポーターです。

「履くタイプ」と「巻くタイプ」の2種類あります。
用途と自分に合ったサポーターを選び
膝の痛みを緩和できると良いと思います。

膝の痛みを和らげるテーピングの巻き方は?

膝の痛みを和らげるテーピングの巻き方はどんな感じでしょうか?

膝の関節の炎症など膝の痛みがある場合は、
テーピングで改善していきましょう。

テーピングを巻くと効果的です。

テーピングすると膝の痛みで動かしにくかった
膝の痛みを動きやすくなったり
運動に支障がなくなるほどの効果が期待できます。

テーピングには、膝の痛みを軽減してくれる効果があり、
それとけが予防にも繋がります。

今回は、膝の痛みがある場合に
痛みを和らげるテーピングの巻き方をご紹介します。

➀膝を軽く曲げた状態で1本目のテープを貼っていきます。

テープを膝下のスネの外側からはじめ、
膝の内側を通し、太ももの外側の方へ少し引っ張りながら貼っていきます。

太ももの外側でテープを止めます。

➁2本目を使います。
膝の下の内側から、膝の外側を通り
太ももの外側の方へ少し引っ張って貼っていきます。

➂3本目を使います。
1本目のテープより少し上に重ねて外側から膝の内側を通り、
そのまま太ももの内側の方へ少し引っ張りながら貼ります。

膝の痛み!曲げると痛い場合の原因は?

膝の痛み!曲げると痛い場合の原因はなんでしょうか?

日常生活において膝は重要な役割を果たしています。
立ったり、座ったり膝を伸ばしたり曲げたりと
たくさん膝を使いますよね。

その時に痛みが生じると生活が一変します。

そこで、今回は膝を曲げた時に痛い場合の
原因をご紹介します。

膝の痛みについては、
加齢・スポーツ損傷・生活習慣によるものがあります。

ランニングや屈伸で膝の痛みを感じることが多い症状である、
「鷲足炎」です。

疲労がたまり膝周辺の筋肉や靭帯に炎症がおこります。
「スポーツ損傷」は、スポーツで傷ついたものを
スポーツ外傷といいます。

靭帯を損傷するケースがほとんどで
着地を誤ることで起こります。

膝が腫れて動きが制限されて慢性化したら
膝に水が溜まることもあります。

「変形性関節症」です。

加齢によって軟骨がすり減る病気です。
屈伸や歩く時に痛みが増してきます。

日常生活にも影響が出やすく膝が鳴ることもあります。
特に女性の方に多いです。

膝を曲げるときに痛みが出た時の対処法は、
膝は、歩く・座る・立つといった動作のすべてに関わっています。

異常があるだけで影響が出てしまうので
膝に痛みが出たら、すぐに整形外科で受診しましょう。

ランニングの初心者で膝の痛みがでた時の対処法は?

ランニングの初心者で膝の痛みがでた時の対処法は
どうすればよいのでしょうか?

ランニングを始めたばかりの人は、
ヒザが痛む傾向が多いようです。

膝の痛みとは、オーバーユース(筋肉の使いすぎ)で起こりやすく
走り始めたばかりの初心者が陥る膝の痛みの対処法をご紹介します。

走る動作には着地時に
自分の体重が3倍もの衝撃が加わります。

初心者の方は、筋力が備わっていないうちに
走り始めてしまい膝を痛めてしまうのです。

特に膝のお皿周辺が痛めやすくなります。

初心者は、まずいきなりランニングを始めるのではなく
ウォーキングから始めましょう。

最初は走ることをせずに
ウォーキングを数十分行って続けることをおすすめします。

最初のうちはランニングはあまり無理せず
短めの時間、短い距離で行い少しずつ
走る時間と距離を伸ばしやすいようにします。

ウォーミングアップ・クールダウンをしっかり行うことです。

ウォーミングアップは、
筋肉の柔軟性を高めて怪我防止の効果があります。

クールダウンでは、
筋肉の疲労を残さないことで効果があります。

さらには、ランニングシューズを見直しと
ランニングフォームの見直しです。

ケアの際は、アイシング・マッサージ・安静することが大切だと言えます。

ランニングをして膝の外側の痛みが…原因や治療法は?

ランニングをして膝の外側の痛みが…
原因や治療法はどんな感じでしょうか?

ランニングをして膝の外側に痛みが生じることがあります。

膝の外側の痛みは、靭帯と骨との間に摩擦が起きて
痛みと発症してしまうのです。

腸脛靭帯は骨盤の大殿筋、大腿筋膜張膜という筋肉から始まって
膝の外側につく靭帯です。

この原因は、外側の筋肉が非常に硬くなる傾向にあります。

強度を上げて走りっぱなしの状態にしておくと
痛みが出てしまうのです。

この外側の筋肉が硬くなる傾向が膝の痛みに繋がります。

筋肉が痛んでいる場合は、
どこかの筋肉が非常に弱くなってしまっているケースが多いのです。

筋肉が硬いと腸脛靭帯にかかるとアンバランスとなり、
同様に痛みがでるリスクは高くなるという事です。

この膝の外側の治療法は、
アイシングしたり鍼治療やマッサージをしても
大腿筋膜張筋や殿筋に問題がある場合は、
一時的に痛みが引きますがまた痛みが出てしまうケースがあります。

その際は、ストレッチをすると良いです。

ストレッチをすることで、怪我予防にもつながります。

膝を痛めた直後には伸ばさずに、
患部が痛みが治まってから負担のかからない範囲から
ストレッチを進めていくと良いでしょう。

ランニングをして膝の内側の痛みが…原因や治療法は?

ランニングをして膝の内側の痛みが。
そんな時の原因や治療法は?

ランニングをして膝の内側が痛む場合は、
鷲足炎の可能性があります。

この鷲足炎は、膝の内側から膝下にかけての痛みがあるのです。

この鷲足炎は、膝を屈伸する際に
脛骨と擦れたり引き延ばされて
骨から剥がれそうになることにより炎症を起こします。

鷲足とはガチョウの足に似ていることから
その名が付けられました。

この原因は、オーバートレーニングであることが多いようです。

オーバートレーニングとは、筋肉の使い過ぎです。

治療法は、痛みが治まるまで必ず休んでください。
また、休むと同時にセルフケアもすることで
回復は一段と早くなります。

セルフケアとは、ストレッチを行いましょう。
筋肉が緊張しているので、適切にストレッチしていくことで
予防にも改善にもつながります。

走る前と後にストレッチで筋肉を伸ばして
痛みを緩和することができます。

ランニングをしたい場合、走りたい気持ちを抑えて
軽いランニングやウォーキングで
足に負担をかけない練習をしましょう。

痛みがなくなった場合、
様子を見ながら少しずつ負荷をかけていきましょう。

階段の上り下りが膝の痛みで辛い。負担を軽くする方法は?

階段の上り下りが膝の痛みで辛いですよね。
負担を軽くする方法はあるのでしょうか?

膝に痛みがでると階段の上り下りがひどくて
階段を使えない…そんなお悩みの方は少なくもありませんよね。

この膝の痛みを放置してしまうと、
症状が苦痛となり「うつ病」にかかりやすくなるという報告もされています。

なので絶対に放置してはいけません。

そこで今回は、階段の上り下りで膝の痛みが辛い時に
負担を軽くする方法をご紹介します。

実は少しコツを知っておくと
比較的に楽に階段を上り下りすることがあります。

前傾姿勢がポイントでお尻に手を当てると
楽に坂道や階段を上ることができます。

他には、階段を上る際に手を前に差し出すことです。

こちらも前傾姿勢になるため、
前へ倒れる力が働くため、
その分の力をかけずに進むことが出来ます。

前傾姿勢を担って上がれば問題はありません。
あくまでも重心を前に傾けるためのものです。

この前傾姿勢を頭に入れて階段を上ってみてくださいね。
ただ、膝の痛みを放置せずに病院などに行って治療しましょう。