膝の関節痛に【薬・サプリ】で効果が高いのはどれでしょうか?
膝の関節痛は放置しておくと危険!おすすめ対策方法を紹介します

膝の関節痛に薬で効果ありなのは?

膝の関節痛に薬で効果ありなのはどれでしょうか?

寒い時期になると膝の関節痛に
悩まされるという方も多いかもしれません。

膝が関節痛になると動くのもおっくうになり
お出かけや日常生活にも支障が出てしまいますよね。

しかし、運動をしなくなり、筋肉が衰えると
より一層関節痛が悪化してしまうという悪循環になります。

なので、膝の関節痛に悩まされている方は
薬を飲んで症状を緩和してから
生活習慣の改善や運動をする習慣を
つけるのがおすすめです。

まずは痛みを取り除き、
日常生活に支障が出ないようにするのが大切です。

膝の関節痛で効果が高く
おすすめのものはトンデケアです。

公式サイト:https://k-nihondo.jp/

トンデケアは膝の関節痛の他にも
腰痛や肩こりにも効果がある薬です。

膝の関節痛を緩和するための筋肉の再生に効果がある薬です。

また、神経の働きを正常に保つ成分や血行を良くし、
冷え性や肩こりを和らげる効果もあります。

身体全体の不調や痛みに効果がある薬といえるでしょう。

第三類医薬品で副作用のリスクはほとんどなく、
成分も健康に良いビタミンなどがほとんどなので、
毎日継続して飲んで身体の調子を整えるのもいいですね。

今なら公式サイトで25%オフのキャンペーン中です。
お得に試せるチャンスなので、
ぜひ一度試してみてください。

公式サイト↓↓
https://k-nihondo.jp/

 

関節痛におすすめの薬として
リョウシンJVもかなりよいです。

公式サイト:http://ryoushin-jv.com/

こちらもトンデケア同様に
膝の関節痛以外にも肩こりや腰痛にも効果があります。

リョウシンJVがおすすめな理由としては
痛みに対する有効成分が多いところです。

リョウシンJVは痛みに対する有効成分が
6種類も配合されています。

これだけ配合されていると
痛みに対しての即効性も高く
膝の関節痛がつらいときに飲むという使い方もできます。

継続的に飲んで症状全体を和らげるという
飲み方もできそうですよね。

公式サイトから購入すると、
リョウシンJVが今なら50%オフです。
お試しする絶好の機会ですね。

公式サイトはこちら↓↓
http://ryoushin-jv.com/

 

膝の関節痛をはじめとした身体の痛みは
痛みをかばいながら動き続けると、
さらに悪循環を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、まずは薬を飲んで痛みをとりのぞき、
悪循環の流れを断ち切るのが大切になってきます。

辛いときは自分に合った薬を飲んで痛みを取り除きましょう。

膝の関節痛の原因で多いのは?

膝の関節痛の原因で多いのはなに?

膝の関節痛の原因を治さないと
根本的に治すのは難しいですよね。

痛みを取り除くのも大切ですが、
原因を取り除き、膝の関節痛自体を
改善していけるのが理想的といえるでしょう。

膝の関節痛の原因は加齢による
軟骨のすり減りがほとんどです。

私たちの身体は骨と骨の間を軟骨が支えて
骨同士がぶつかるのを抑えています。

しかし、軟骨自体がすり減ってしまうと、
骨同士がぶつかりあってしまうので
痛みが発生してしまいます。

膝を動かすことで痛みが発生するので
その後はかばうようになります。

かばうといつもと違う動きや
いつもと違う場所に負荷をかけてしまいます。

結果として、骨自体に異常が発生したり、
靭帯が引き延ばされて
痛みが発生してしまう時があります。

また、膝の関節痛が起きてしまうと
動くのも大変になりますよね。

運動不足が進んだり日常生活にも
支障が出てしまうようになります。

そうするとより一層膝の筋肉が減ってしまい、
膝の関節痛の原因となってしまいます。

膝の筋肉量が減ると動かしたときに
かかる負荷を筋肉で吸収するのができなくなってしまい、
軟骨や骨に負担をかけてしまうようになります。

このように膝の関節痛の主な原因は
加齢による軟骨のすり減りがほとんどです。

一度関節痛が発生してしまうと
動きに支障がでてかばうようになったり、
運動不足などになってしまいます。

そうなることで靭帯や骨、筋肉などにも
悪影響が出てしまい、更に膝の関節痛が
悪化してしまう原因となります。

このように膝の関節痛は一度なってしまうと
悪循環が原因で症状の悪化に向かってしまうので
まずは痛みを取り除き動ける状態にするのが大切です。

膝の関節痛が痛い!治し方にはどんな方法がある?

膝の関節痛が痛い!
治し方にはどんな方法があるのでしょうか?

膝の関節痛が痛いと毎日の生活も
大変になってしまうかと思われます。

また、膝の関節痛が痛い状態ですと、
かばうことでより一層膝の関節痛が
悪化してしまうのにもつながります。

そのため、膝の関節痛は初期の段階で
治すのが大切です。

治し方にはいくつか種類があるので紹介していきます。

まずは薬による治し方です。
薬を飲む治し方は一番お手軽
時間が必要ない治し方といえるでしょう。

薬の用法や容量を守って継続して飲むだけで
痛みを和らげ、膝の関節痛を治していくのが可能です。

身体の内側から治療に働きかけるので
膝の関節痛以外にも肩こりや腰痛など
他の身体の痛みにも効果があるのもうれしいポイントですね。

薬が不安という方や他に薬を飲んでいて、
薬による治し方はできないという方は
栄養補助を目的としたサプリメントを摂取するのもいいですね。

サプリメントの場合は食品という位置づけで
副作用も心配がないですし、
身体の調子を整える成分を
効率良く摂取するのが可能です。

毎日の食事だけでは不足しがちな栄養素を摂取し
膝の関節痛を改善しましょう。

膝の関節痛の治し方としては
ストレッチもおすすめです。

毎日繰り返すと、動きが滑らかになりますし、
筋肉もついていきます。

膝に痛みがある方だけでなく、
うまく動かない、
曲げたり伸ばしたりするときに支障が出る方にもおすすめです。

可動域を大きくし、
滑らかに動かせるようにすることで
膝の関節痛の改善や予防に役立ちます。

どうしても自力で治らない場合は
病院に行って治療をするのもおすすめです。

病院に行く時間が取れる場合には
病院で本格的な治療をして改善をするのもいいですね。

膝の関節痛は病院の何科を受診すればよい?

膝の関節痛は病院の何科を受診すればよいのでしょうか?

膝の関節痛が悪化してしまい、
自分ではどうにもならないので
病院を受診したいという方もいるかもしれません。

しかし、いざ病院に行こうとしても
何科を受信したらいいかわからないということもあるかもしれません。

膝の関節痛は人によってさまざまな原因があるので
原因がきちんと特定できていない場合には
まずは整形外科か内科に行き
原因を特定するのがおすすめです。

例えば、事故の後膝の関節痛が気になるようになったなどという場合には、
整形外科だけでなくリハビリ科などに行くのも大切です。

一般的に膝の関節痛以外の症状がない場合は
整形外科に行きましょう。

他に通風やリウマチなどの痛みを伴う症状が出ている場合には
内科で様々な角度から見てもらうことが必要となります。

膝の関節痛は加齢とともに起きるのが多いですが、
中には思わぬ病気が潜んでいる可能性もあります。

そのため、まずは専門的な目から
原因を特定し治療をしていくことが大切です。

膝の関節痛にサプリでおすすめなのは?

膝の関節痛にサプリでおすすめなのはどれでしょうか?

膝の関節痛にお悩みの方に
サプリも有効な方法の一つです。

サプリは飲むだけで栄養を補ってくれますし、
手軽に膝の関節痛を治せますね。

膝の関節痛におすすめのサプリはMSM+グルコサミンです。

グルコサミンはCMなどでもやっているので、
膝の痛みに効果が高いのはご存知かもしれません。

グルコサミンで痛みを吸収するのも大切ですが、
それと同時にMSMを摂取して
軟骨の再生をしていくことが
膝の関節痛改善には大切になってきます。

いくら痛みを取り除いても
膝の軟骨がすり減ったままですとまた、
痛みが発生してしまいます。

そのため、根本的な原因である
軟骨のすり減りを改善することが必要になってきます。

以前からも海外ではMSMが
膝の関節痛に有効であるのは一般的な考えでしたが、
日本ではなかなか浸透していませんでした。

しかし、MSMとグルコサミンのサプリが
国内でも作られるようになり手軽に購入できるようになりました。

他におすすめのサプリは
ダイドードリンコ「ロコモプロ」です。

こちらも軟骨を再生させる成分が含まれています。

軟骨再生だけでなく、筋肉再生にも
効果のある成分が含まれていますので、
膝の痛みを改善してスムーズに動かせるようにするのが可能です。

もちろん痛みや炎症を抑える成分も配合されているので
痛みに悩んでいる肩にもおすすめのサプリです。

幅広く膝の関節痛に効くサプリがほしいという方には
ロコモプロはおすすめです。

膝の関節痛はストレッチで解消する?

膝の関節痛はストレッチで解消するのでしょうか?

膝の関節痛により上手に動かなくなった
という方もいるのではないでしょうか。

膝がうまく動かず可動域が小さくなってしまうと
筋肉がこわ張ったり筋肉が減り、
余計に膝の関節痛が悪化してしまうことがあります。

そういったときにはストレッチをして、
膝の可動域を増やし膝を滑らかに
動かせるようにするのが大切です。

今回は膝の関節痛に有効なストレッチを紹介します。

ただし、膝関節変形症など
膝の関節痛以外にも持病のある方は
医師の指示に従ってからストレッチを行うようにしましょう。

痛みを感じた場合は
すぐにストレッチを中止しましょう。

それではストレッチのやり方です。

まずは膝を伸ばした状態で座ります。

そして、この状態で太ももの前側の筋肉に力を入れます。

これを10秒ほど繰り返します。
10回で1セットです。

これを1日で2から3セットずつやると効果がでます。

ストレッチは短期間で効果が出るというよりも
継続すると、効果が高まるので
まずは1か月程度繰り返しやってみましょう。

膝を伸ばすのや力を入れるのが難しい時は
膝の下にタオルをいれると少しやりやすくなります。

他には温かいお風呂で膝を伸ばしたり
正座の状態と膝立ちの状態を繰り返すのも
ストレッチ効果が高いです。

浴槽の中は滑りやすく危険ですので
必ずつかまった状態でやるようにしましょう。

またのぼせないようにするのも大切です。
体力と相談しながらストレッチをしていきましょう。

膝の関節痛は筋トレで改善する?

膝の関節痛は筋トレで改善するのでしょうか?

膝の関節痛は筋トレをすることで
改善できます。

筋肉は曲げ伸ばしの際の衝撃を吸収し
骨や軟骨など他の部位にダメージを与えないようにしています。

加齢とともにどうしても筋肉量が減り、
衝撃を吸収するのが難しくなるので
関節痛が起きてしまう可能性もあります。

そのため、筋トレをして筋肉量を増やすのは
関節痛の予防や改善で大切なことのひとつです。

しかし、筋トレはなかなか難しかったり、
すでに膝の関節痛でお悩みの方は
筋トレ事態を行うのが難しい時もありますよね。

そこで、今回は膝の関節痛で辛い方にも
試しやすい筋トレを紹介していきます。

以下、筋トレの手順です。

■仰向けに横になる
■片方の足を三角に曲げる、そして、もう片方の足を伸ばしたまま上げる
■10センチから15センチのところまで足を上げて5秒キープ
■おろす、これで1セット。両方ともに10から15セットやると効果的。

膝の関節痛の方が膝の筋トレを
自己判断で行ってしまうと
膝の関節痛を悪化させてしまう時が多いです。

そのため、膝の筋肉と連動して動く
股関節の筋肉を一緒に鍛えるのがおすすめです。

股関節の筋肉を鍛える場合には、
膝の曲げ伸ばしを減らせるので
関節痛にお悩みの方にもおすすめです。

また、筋トレを行うときは痛いときは
無理をしないようにしましょう。

すでに病院に通われている方は自己判断でなく、
病院と相談しながら筋トレを行いましょう。

膝の関節痛が突然やってきた時の対処法

膝の関節痛が突然やってきたら困りますね。
そんな時の対処法とは?

今日はなんとなく、膝が痛くなりそうだな、
と予感がするときもあれば、
急に痛くなってしまう時もありますよね。

出先や動いているときなどに急に
膝の関節痛がやってくると日常生活に影響が出ますし、
「また急に痛くなるかも」と思うのは辛いですよね。

膝の関節痛が突然やってきた時は
膝の関節が炎症を起こしていると、考えられます。

また、膝の関節の動きをサポートする
関節液が過剰に分泌されて、
痛みとともに膝にぶよぶよした感覚を
感じる方もいるかもしれません。

膝に水が溜まっている状態で関節痛を感じる時は
病院で水を抜いてもらう処置
炎症を抑える処置の両方をしてもらうのが必要になります。

急な痛みは思わぬ病気の可能性も考えられるので、
時間に余裕がある場合はできるだけ
病院に行って処置を受けるのがおすすめです。

きちんと病院で対策をすると、
膝の関節痛を改善していけます。

自己判断を繰り返すと悪化してしまうこともあります。

どうしても出先などで病院にすぐに行くのができない場合には
膝の痛みが治まるまでは強く動かさないのが大切です。

靴などが膝に負担のかかる靴の場合は
一度脱いでとにかく負担を
取り除いてあげるのが大切です。

膝の関節痛が起きてしまったときは
冷やしたいと考える方もいるかと思われます。

炎症が起きている場合は冷やすことで
改善しますが冷やすとかえって悪化する病気もあるので注意しましょう。

突然の膝の関節痛は単なる関節痛ではなく、
半月板損傷、変形性膝関節症の初期症状など
様々な病気の症状であるのが考えられます。

自分では症状から病名までを判断できない時が多いので
専門機関で適切な治療を受けるのが大切になります。

膝の関節痛で内側の場合、病気の可能性もある?

膝の関節痛で内側の場合、
病気の可能性もあるのでしょうか?

膝の関節痛と一言でいっても膝のどこの部分が
痛むのかによっても違ってきます。

単なる膝の関節痛ではなく、
思わぬ病気が潜んでいることもあるので注意が必要です。

自己判断は難しく悪化してしまう危険性もあるので、
できるだけ早く病院などの
専門機関で診断や処置を受けるのが大切です。

まず、膝の関節痛で内側の場合、
考えられるのが内側側副靭帯損傷です。

これは一番軽い段階では捻挫ともいわれています。

放置していると半月板損傷を
引き起こしてしまう時があるので、
たかが捻挫と思わず治療するのが大切です。

また、ストレッチや階段の上り下りなど
膝を曲げたときに痛いという場合には
鵞足炎も考えられます。

これは膝の筋を痛めてしまっている状態です。

ランニングやスポーツなどでも
鵞足炎を起こしてしまうことがあるので、
痛みを感じたときはスポーツを中断して休むようにしましょう。

痛みが激しいときや膝を曲げるときに
違和感を感じるときには半月板が損傷していることがあります。

半月板損傷をそのままにしてしまうと
膝の曲げ伸ばしの際に激しい痛みを伴うようになります。

また、筋肉も衰え、骨や軟骨にも
ダメージを受けてしまいます。

症状が悪化すると
膝がまったく曲がらなくなってしまう可能性もあります。

半月板損傷の場合には自然治癒は難しく、
手術が必要になる場合がほとんどです。

早めに病院に行き、
手術や処置を受けるようにしましょう。

20代で膝の関節痛が…原因は何?

20代で膝の関節痛が…原因は何が考えられるのでしょうか?

膝の関節痛なんて年を取ってからの話、
と考えている方も多いかと思われます。

だけど若い方でも膝の関節痛に
悩まされてしまうことがあります。

膝の関節痛は生活習慣が
密接に関わってくる病気です。

自己判断をしていると悪化して
更に痛みが激しくなったり
膝の動きが悪くなってしまうのも考えられます。

今回は20代でも膝の関節痛が起きてしまうときの
原因を紹介しますので
あてはまっているものがないか確認してみるのもいいですね。

まず考えられる原因の一つに肥満があります。

日常生活で膝にかかる負担というのは大きく、
歩行時は体重の3倍、階段の上り下りでは
体重の7から8倍というデータもあります。

このことからもわかるように体重が太っているか
痩せているかで膝にかかる負担は大きく変わります。

膝は衝撃を吸収できるように
軟骨や筋肉がありますが。

肥満体型の方は軟骨や筋肉で衝撃を
吸収できないくらい膝に負担がかかってしまい
関節痛を引き起こしてしまいます。

また、運動不足により筋肉が減ってしまうと
膝の衝撃を吸収しにくくなるので
20代の膝の関節痛を引き起こしてしまう原因になります。

肥満体型の方は運動不足が多いので
両方の原因に当てはまってしまうのも
20代の膝の関節痛を引き起こしやすい理由となっています。

また、逆に運動のしすぎにより
筋肉や関節を痛めてしまい
膝の関節痛を引き起こしてしまうことがあります。

痛みを感じた場合は練習を休むのも大切です。
運動前後にはストレッチをするようにもしましょう。

ハイヒールをよく履く女性は膝の軟骨がすり減ってしまい、
膝の関節痛を起こしてしまうこともあります。

女性は男性と比べて筋肉量が少なく
関節痛を起こしやすいので注意しましょう。

膝の関節痛が生理中にきた時はどうすればよい?

膝の関節痛が生理中にきた時は、ど
のような対処をすればよい?

生理の時は生理痛や貧血、身体のだるさなど
様々な症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

生理の時の症状だけでも辛いのに
膝の関節痛が合わせて起きてしまうと大変ですよね。

生理の時だけ膝の関節痛が気になるという方は
生理中の症状の一つとしてとらえておくのもおすすめです。

本来の膝の関節痛とは異なり、
ホルモンバランスの変化によって
関節痛が起きていると考えられます。

そのため、従来の膝の関節痛の対策をしても
十分に効果が得られることが少ないです。

生理中だけ膝の関節痛が気になるという場合は
生理中によるホルモンバランスの変化が
原因と考えてよいでしょう。

我慢できる程度の痛みで生理中のみということであれば、
症状を受け入れて我慢してしまうのも対応策の一つです。

できるだけ改善したいというときは
生理中のストレスを減らしてリラックスする、
日ごろからホルモンバランスを整えるために
生活習慣を整えるなどの対策が効果的です。

辛い場合は膝を温めると痛みが和らぐ方が多いです。

生理中は冷えを感じてしまう女性も多いので
生理前から意識して身体を温めておくのもおすすめです。

女性にとって生理はどうしても起きてしまうので
上手に対応していけるといいですね。

膝の関節痛に、ためしてガッテンでやっていた方法は効く?

膝の関節痛に、ためしてガッテンでやっていた方法は効くのでしょうか?

ためしてガッテンは健康に良い様々な情報を
紹介していてよく参考にしているという方も
多いのではないでしょうか。

日常的にも取り入れやすい情報が多いので
気軽に試してみようと思えるのも
ポイントの一つかもしれません。

今回はためしてガッテンでも
取り上げられた膝の関節痛対策を紹介します。

膝にかかる衝撃を吸収するために
膝の皿部分を柔らかくするストレッチは
誰でも手軽にすることができるのでおすすめです。

ただし、既に膝の関節痛で病院にかかっている方や
神経痛やリウマチなど他にも症状がある方は
悪化する可能性もあるので
専門家に相談をしてから行うようにしましょう。

まずは膝を伸ばして座ります。
そして、膝の皿部分をさわり水平方向に動くことを確認します。

水平方向への動きに問題がない場合は
両方の親指で膝の皿部分を支えて上下左右、
斜めなどの8方向に順番に動かしていきます。

押す時間は1方向で5秒ほど、
1回のストレッチは3分以内にするようにしましょう。

1日2回が目安です。

1日2回やっても6分程度で済むので
これなら日常生活に取り入れることができそうですね。

痛みを感じる部分は固くなっている部分なので
徐々にほぐしていきましょう。