ふくらはぎがつる原因にはどんなものがあるのでしょうか?
また対処法はどうすれば良いのでしょうか?

ふくらはぎがつると本当に激痛で、大変です。

特に就寝中のこむら返りで悩む人も多く、
最悪睡眠障害にも繋がります。。

ふくらはぎがつる原因や対策法を知っておくと、
いざという時に役立ちますね。

ふくらはぎがつる原因と対処法について

ふくらはぎがつる原因と対処法について詳しく書いていきます。

ふくらはぎの筋肉が突然ピーンと張る、
痛みを伴いながら収縮して硬くなるというこむら返り。
ふくらはぎがつる原因はどこにあるのでしょうか。

寝ている時にふくらはぎの筋肉が突然収縮し、
とても強い痛みと共にしばらく筋肉が硬くなって、
動かせなくなったという経験したことはありませんか?

時には、痙攣することもあると思います。

この、ふくらはぎがつる原因はどこにあるのでしょうか?
原因と対処法をご紹介します。

ふくらはぎをはじめ寝ている時に足がつる場合、
主に筋肉の疲労が原因だと言われています。

激しい運動をしていなくても日常生活の小さな疲れが積み重なったり、
普段よりも激しく身体を動かすシーンがあったりすれば、
ふくらはぎがつる可能性は十分にあります。

筋肉の疲労の他にも、筋肉の動きに影響のある冷えによる血行不足や、
ミネラルのバランスが崩れることが原因である可能性もあります。

大量に汗をかいた後や下痢や嘔吐後などに脱水状態になると
ミネラルバランスが崩れ、筋肉が興奮状態になるため
痙攣を引き起こすと言われています。

この、ミネラルバランスの乱れのことを「電解質異常」と呼びます。

電解質とはマグネシウムやカルシウム、カリウム、
ナトリウムなどの血液中にあるミネラルイオンのことを指します。

筋肉や神経の働きを調整する重要な役割を担っているので、
ミネラルバランスが崩れると、
筋肉の働きに悪影響が及ぼされてしまうのです。

この、ふくらはぎがつる対処法は、
「足を伸ばす」のが一般的ですが正しい対処法をご紹介します。

収縮した筋肉・腓腹筋を伸ばすことが
正しい対処法になります。

腓腹筋を伸ばすには、
つま先をすねの方に引き上げるように上げ、
ふくらはぎとアキレス腱をストレッチします。

ただし、一週間に1回以上など
頻繁にふくらはぎがつる場合は、
一度病院で検査が必要とも言えます。

ランニングや運動中にふくらはぎがつる!原因や対処法は?

ランニングや運動中にふくらはぎがつる!
原因と対処法にはどんなものがある?

運動を始めようとしたときに悩まされるのが、
ランニングや運動中にふくらはぎがつることですよね。

マラソンン大会などでも、ふくらはぎをつっている方がいて
走るのを中断する姿や足を引きずりながら
歩いているランナーを何度か見たことがあります。

さて、何故ランニングや運動中に
ふくらはぎがつるのか原因や対処法についてご紹介します。

ランニングや運動中にふくらはぎがつる原因は
■筋力不足や筋肉の使い過ぎによる筋肉疲労
■練習での走り込み不足やレースでのオーバーペース等
■負担に耐えられるだけの筋力がなく、身体的な限界
■筋肉が疲労し乳酸が筋肉に貯まり、
筋肉が上手くコントロールできなった場合
■体幹を使わず足だけで走っている

などがあげられます。

また、ランニングで失った水分を補給しなければ
脱水症状も心配ですが筋肉にも異常が現れます。

水分やミネラルが足りなくなると、
筋肉や神経が興奮しやすくなり、
筋肉をうまく収縮できなくなります。

そして、寒い季節は足がつることがありますが、
筋肉が冷えて血の巡りが悪くなり、
ふくらはぎがつりやすくなります。

ふくらはぎがつってしまった時の、
対処法は足やふくらはぎがぴくぴくしはじめたら、
スピードを落としゆっくり走ります。
(痙攣が治まることがあります)

治まらない場合は、他の方の邪魔にならない場所へ
移動しふくらはぎがつっている場所を
ゆっくりストレッチで伸ばします。

冷やすことは、逆効果なので温めてください。
ランニングや運動の前後につりそうな部位を
念入りにストレッチして筋肉を充分にほぐしてください。

あとは、水分やミネラルをしっかり摂ることです。
運動中やランニング中にも
水分やミネラルをこまめに摂ってください。

病気が原因?頻繁にふくらはぎがつる理由とは?

病気が原因なの?
頻繁にふくらはぎがつる理由とはなんでしょうか。

ふくらはぎがつる経験は
ほとんどの方にあると思います。

睡眠中、運動中などの
突然の痛みはとても怖いですよね。

起こる場所は、ふくらはぎが多く、
こむら返りとも呼ばれています。

ほとんどのふくらはぎのつりは、
発汗や運動などが原因で起こっている為、
症状が治まれば問題はありません。

ただ、中には重大な病気があって、
頻繁にふくらはぎがつると病気の可能性もあります。

糖尿病、閉塞性動脈硬化症、脊柱管狭窄症、
椎間板ヘルニア、脳こうそく…

特に、閉塞性動脈硬化症と脳こうそくは
放っておけない病気です。

頻繁にふくらはぎがつる理由は、
夏場や運動中の大量の発汗で脱水症状になり
汗と一緒に電解質も失われます。

普段運動をしない人が久しぶりに運動すると
筋肉が緊張しふくらはぎの筋肉が痙攣し
つることがあります。

中高年になると、加齢や高血圧、糖尿病などの
動脈硬化が進み血流量が低下して
ふくらはぎがつりやすくなります。

極度の発汗などで電解質バランスを崩すと、
何らかの病気がなくてもふくらはぎがつることもありますが、
理由なく頻繁にふくらはぎがつる場合は注意が必要です。

ふくらはぎがつる症状以外にも、
足がしびれる、麻痺がある、むくみがある、
喉の渇き多飲の症状があれば、
何か病気が潜んでいるかもしれません。

その場合は、病院を受診して
症状について相談するとよいでしょう。

ふくらはぎがつるのを予防したい!繰り返すこむら返りを予防する!

ふくらはぎがつるのを予防したい!
繰り返すこむら返りを予防するオススメな方法は?
ふくらはぎが突然つってしまうこむら返り…
寝ている時など急に足がつってしまって、
目が覚めて起きてしまうと本当に嫌ですよね。

そんな足のふくらはぎがつる、こむら返りを予防するには、
食べ物や飲み物・ストレッチについて調べてみました。

ふくらはぎがつる〈こむら返り〉になってしまう原因は、
筋肉の疲れ・脱水症状・血行不良が
大きな原因になっています。

しかし、原因や治し方が分かっても、
またふくらはぎがつってしまっては
とても痛くて睡眠を邪魔されると
睡眠不足にもなってしまいますよね。

あの急なふくらはぎのつりの痛みは最悪ですよね。
そこで、ふくらはぎがつる〈こむら返り〉を
出来るだけ防いでいく予防をしていくのに大事になってくるのが、
サプリや、食べ物や飲み物・ストレッチです。

ふくらはぎがつる!予防のためのストレッチとは?

ふくらはぎが頻繁につる!
予防のための良いストレッチはある?
それでは、ふくらはぎがつる(こむら返り)が
クセにならないように、
普段からできる予防ストレッチをご紹介します。

まず、段差のところで片足のカカトだけが出るように立ちます。
ふくらはぎが伸びます。

ただ、筋肉を傷つけてしまうので
勢いよく伸ばすといけないのでゆっくり行いましょう。

ゆっくり、ゆっくりと負担をかけて、
ふくらはぎを伸ばしていきます。

その状態で、10秒間キープします。
ポイントはじっくりと時間をかけて、
ふくらはぎを伸ばしてあげることです。

次に、座っている状態から前屈をして、
つま先を持つというストレッチも効果的です。

手がつま先に届かないという方もいらっしゃいますから、
そんな時に、オススメがタオルなどで
足裏をひっかけて手前に引っ張ります。

ふくらはぎも伸びて足裏も気持ちいいです。

また、温浴も効果があるので
しっかりお風呂に入ってポカポカと温めてくださいね。

これで、睡眠中に目が覚めることもなく、
運動中に急にふくらはぎがつらなくなると思います。

ふくらはぎがつる(こむら返り)を予防する食べ物は!

ふくらはぎがつる(こむら返り)を予防する食べ物は何?

規則正しい食生活をしていくのは大前提なのですが、
それプラス意識して取ってほしい食べ物があります。

食べ物なのでが、
ミネラルを少し意識して摂取していくと良いです。

ミネラルといってもカルシウムとマグネシウムです。
カルシウムとマグネシウムは
筋肉を収縮させる働きをしてくれます。

カルシウムは、乳製品・牛乳・チーズなど
小魚・いわし・ししゃもなどです。

そして、大根や小松菜にも多く含まれています。
マグネシウムは、豆類・落花生・アーモンドなど
海藻類・わかめ・ひじきなどです。

大豆やごまにも多く含まれているのでおすすめです。

次に飲み物ですが脱水症状を防ぐのに
水分補給はとても大事で冷たくない水道水などもいいですが、
より効果的な飲み物として塩分を含んだ飲み物がおすすめです。

そこで、簡単に摂取出来ておすすめなのが
スポーツドリンクです。

ビールやアルコールは
水分補給にはならないので注意してください。

1回だけならまだいいのですが
何回も続いてしまう時はしっかりとした予防が必要です。

その予防対策の1つとして
おすすめの食べ物と飲み物です。参考にしてみてください。

ふくらはぎがつる人必見!予防できたサプリはコレ!

ふくらはぎがつる人必見!私が予防できたサプリはコレでした!

あなたは突然ふくらはぎがつるといった経験はありませんか?

寝ていて、伸びようとするとふくらはぎがつりそうになり
急いで体制を変えてつらないようにしています。

運動中には、マラソンしている時など
急にふくらはぎがつって走れなくなる時があると思います。

この「つる」という症状は「こむら返り」言われ、
主に筋肉が収縮してつることを指しています。

特にふくらはぎや足の先は、
激しい痛みを伴に辛いですよね。
また、腰や背中にも起こると言われています。
毎日適度な運動して、バランスの良い食事を摂り、
ミネラルや代謝アップなどを心がければ
改善されるのでしょうか。

もちろん生活習慣の見直し改善で、
ふくらはぎのつり(こむら返り)の症状も
改善されれば良いのですが、なかなか難しいものです。

そのような方には「こむらくだ」をおすすめします。


こむらくだは、天然由来の優しい成分が豊富に配合されており、
ミネラルを補給して体の巡りを整えてくれる効果が期待できます。

そのため、冷え性の改善や疲労回復効果も期待でき、
さらに美肌効果もあったと口コミで絶賛されています。

ふくらはぎがつる(こむら返り)改善効果以外にも
高い効果を発揮してくれるメリットがあります。

ふくらはぎがつる|予防のためのテーピングの巻き方

ふくらはぎがつる!
予防のためのテーピングの巻き方とは?

ふくらはぎがつるのを予防するためには
様々な方法がありますが、テーピングもあります。

テーピングといっても、スポーツなどにも用いられる
ギブスのように関節をガチガチに固めるのではありません。

無理な力が加わっても
ひどい障害になるようなことはしないように
関節の働きを制限することで怪我や予防し、
再発を防ぐ目的で行われます。

そんな、ふくらはぎがつるのを予防するための
テーピングの巻き方をご紹介します。

■1本目、テープの両端に、
はさみで1センチほど切り目を入れたものを
用意しておきます。

まず、カカトのアキレス腱の付着部あたりにテープを貼り、
カカトの横にテープの端に止めます。

テープの上端を少し引っ張りながら、
ふくらはぎの下でいったん止め、
テープの両端を裂いて(はさみで切って)、
ヒザの横(外側と内側)まで引っ張ります。

テープを貼ったら、アキレス腱の部分に
テープが密着するように押さえます。

■2本目、テープを足の底の内側から、
足の甲の上部を通して、ふくらはぎの方へ巻き付けます。

■3本目、テープを2本目のテープと足の甲の上部でクロスするように、
足の底の外側から、足の甲の上部を通して、
ふくらはぎの方へ巻き付けて、引っ張って貼り、完成です。

サッカーの時ふくらはぎがつる人の予防法

サッカーの時ふくらはぎがつる人の予防法には、
どんなものがあるのでしょうか?

サッカーというスポーツは大変なスポーツですよね。
テレビなどでサッカーの試合を見ていても、
走ったり、ジャンプしたり蹴ったり転んだり…

激しいスポーツとも言えます。

しかも、90分間で休憩は1回のみ。
これを最後まで元気でいることは不可能だと思います。

サッカーをするにあたって
ふくらはぎがつる方が多いと思います。

プロのサッカー選手であっても、
ふくらはぎがつる人もいるのをよく見かけますよね。

サッカーの時に、ふくらはぎがつる方は予防法を教えます。

補給

補給は、足がつる・ふくらはぎがつることの要因として
まず挙げられるのが、水分不足と栄養不足です。

ストレッチ

ストレッチは、運動前後にしっかりストレッチを行うことです。
スネの外側やふくらはぎをマッサージすると
筋肉に刺激が伝わります。

トレーニング

トレーニングは、ふくらはぎをつらないように
最後まで走りきるには相当の体力をつけなければなりません。
日頃から筋肉トレーニングが必要とされます。

スポーツをする際ふくらはぎがつる場合の予防法

スポーツをする際にふくらはぎがつる場合の予防法は?

スポーツを行っている時だけでなく寝ている時にも
「ふくらはぎがつってしまう」ことって多くありますよね。

そして、あのふくらはぎがつっている時は
非常に痛くて大人でも悶絶してしまいますよね。

今回は、スポーツの際、ふくらはぎがつる場合の
予防をご紹介します。

私は、学生の頃、マネージャーを行っていたので
部活中にふくらはぎがつる部員が多くいたのを思い出します。

スポーツを行っている時に足がつってしまうのは
体中の水分やミネラル分が不足している時
起こりやすいです。

こまめに水分補給を心がけることで
ある程度は予防することが可能となります。

スポーツドリンクは水に比べると、
体に必要な水分とミネラルなどが豊富に入っており
体の中の浸透しやすいようになっています。

水を飲むよりも効果的です。

スポーツ後は、疲労がピークに達していることが多いので
疲労を少しでも取り除くためにも
足やふくらはぎのマッサージなどを行い
血行を良くしてあげることが大事になってきます。

ふくらはぎがつるのを予防するサポーターについて

ふくらはぎがつるのを予防するサポーターについてご紹介します。

様々あるふくらはぎがつるのを防ぐための方法の一つに、
サポーターがあります。

サポーターとは、
名前の通り筋肉や関節をサポートするものであり、
マジックテープでの着脱が可能のものや、
ただ着るだけのものなどがあります。

サポーターもテーピング同様に
効能は筋肉の負担を減らしてくれることで、
ふくらはぎがつるのを防いでくれます。

テーピングとは違ってサポーターは
ベルト状で着けるだけなので、
いちいち筋肉の流れに沿って貼らなくていいという
手軽さがあります。

テーピングは貼り方に専門的な知識が必要ですが、
サポーターは誰でも簡単に着脱が可能なのです。

また、サポーターは何度でも使えるので
長期的にみるとコストも安いですよ。

テーピングとは異なり、
サポーターはベルト状のため全体を覆うことができ、
冷えにも効果的です。

常に、ふくらはぎがつることに困っている人には
こういった機能がついているようなサポーターが
より効果的ともいえるでしょう。

ふくらはぎがつるのを治す方法で一番効果があるのは?

ふくらはぎがつるのを治す方法で、
一番効果があるのはなんでしょうか?

様々な原因で、ふくらはぎがつるのを治す方法を
お伝えしてきましたが、
中でも救われる方法で一番効果のあるものをご紹介します。

それは、サプリです。

多くのサプリがある中で
一番の効果のあるサプリは「こむらくだ」です。

ふくらはぎがつる原因として、
■筋肉疲労
■水分不足
■血行不良
■ホルモンバランスの乱れ…

この4つがあります。

4つの原因に共通するものは、電解質です。
「ミネラル」と呼ばれるものです。

マグネシウム・カルシウム・ナトリウム・カリウムが
足りていない時に、異常を起こしています。

選ぶ基準としては、
バランスよくミネラルが補給できる商品であることが
大前提となります。

身体のめぐりが悪くなりがちなので、
余計に足つり・ふくらはぎがつることを起こします。

夜中は、体温を下げるためふくらはぎがつりやすくなるのです。

「こむらくだ」には、
バランスよくミネラル配合されているだけでなく
ヒハツ(胡椒の一種)・生姜などが入っているので、
身体をポカポカとしてくれる成分が厳選して配合されています。

口コミなども見てみると
飲みやすく一番効果があったという口コミが多く見かけます。

「こむらくだ」は、ふくらはぎがつるのに悩んでいた方は
是非飲んでいただきたいサプリメントです。

ふくらはぎがつる!痛みが続く場合の対処法

ふくらはぎがつる!痛みが続く場合の対処法とは?

ふくらはぎがつると同時に激痛が…
その激痛は何とか治まっても完全に取れるわけでもなく、
いつまでも痛みが続く。

歩くのも嫌になるくらい痛みを引きずってしまいますよね。

「なぜ痛みが長引くのか?」

今回は、ふくらはぎがつる対処法についてご紹介します。

「ふくらはぎのつり」は、
筋肉が自分の意志とは関係なく
一気に収縮したり痙攣した時に起こる現象です。

①筋肉を伸ばす
②温める…

痛みがあるとついつい冷やしたくなりますが
冷やすのは厳禁です。

ふくらはぎのつりは血行不良で起こるので、
冷やすと逆効果になります。

また、筋肉を強くマッサジーすると
筋肉を痛めてしまうことがあるのでほぐすようにしましょう。

長引く痛みは、もしかしたら対処法が
間違っている可能性や何もせず放置してしまったからだと思います。

このような場合は痛みが長引くことがあります。

温めて、軽く揉みほぐすことが効果的です。
温めることで、血流を増やして痛めた筋肉の
回復を促すことが大事です。

また、温めた後は軽く揉みほぐして
筋肉の緊張を癒してください。

お風呂に入った時や、その後でも軽くマッサージするのも効果的です。

ふくらはぎがつる場合、湿布は痛みに有効?

ふくらはぎがつる場合、湿布は痛みに有効でしょうか?

ふくらはぎがつる場合に湿布を使用する場合がありますが、
つっている状態は筋肉が痙攣している状態であり、
湿布薬の抗炎症作用はあまり関係ないと言われています。

また、足がつるのは筋肉の冷えが原因とも考えられており、
その点から考えると冷たい湿布や冷感スプレーは逆効果です。

血行不良で、さらに冷やすことで血の流れが悪くなります。

ただ、ふくらはぎがつる前の予防としては、
筋肉疲労回復としての湿布の場合は、
冷たいほうでも暖かいほうでも、
使って気持ちいいほうを利用しても問題ないでしょう。

やはり、ふくらはぎがつる場合は、
冷えの部分から考えると温める湿布、
つまり温湿布のほうを使用したほうが安心です。

湿布の場合は、皮膚に直接貼るため
かぶれなどの皮膚の症状が一般的です。

特に温湿布の場合は、温めて血行をよくするために
唐辛子エキスなどが入っており、
それが逆にかぶれの原因となる場合もあります。

強い痛み止めの成分が入っている物だと
胃腸に負担がかかったり、
喘息の人が症状がひどくなる場合もあるため、注意が必要です。

安易な、使用や長期使用は避けてください。

朝起きる(寝起き)とふくらはぎがつる!原因や対処法は?

朝起きる(寝起き)とふくらはぎがつると辛いですね。
原因や対処法にはどんなものが?

朝起きる(寝起き)とふくらはぎがつることがありますが、
その主な理由は夏などに夜に汗を多くかき、
水分不足やミネラル不足になるためと言われています。

また、朝は血流が一番下がる状態です。

血流が悪いということは、
体の血の巡りが悪く酸素や栄養を運ぶ役割のある血液が
回ってないことで筋肉にも栄養が行き届かず、
硬くなりやすい状態といえるでしょう。

その状態で伸ばしたりすると
筋肉に負担をかけることで急激な収縮が起こり、
ふくらはぎがつる、

いわゆるこむら返りの状態となるのです。

そのため、朝にふくらはぎがつらないためには、
しっかり水分補給をすることや、
ミネラル不足にならないように
マグネシウム・カルシウムなどを含む食事の摂取を心がけましょう。

まずは、規則正しく朝は同じ時間に起きて、
太陽の光を浴び、支度を整えて、
朝食をしっかり食べるなど…

日常生活をきちんと正すだけでも
自律神経のバランスを正すには効果ではありますが、
余裕があればストレッチを朝に行ってみるのも良いでしょう。

妊娠中・妊婦が朝起きたら、ふくらはぎがつる。起こりやすい理由とは?

妊娠中・妊婦が朝起きたら、
ふくらはぎがつる。起こりやすい理由はなんでしょうか?

妊娠中・妊婦になってから、
ふくらはぎがつる頻度が高くなり、
または、妊婦になって初めて
ふくらはぎがつる経験をする人が多いです。

お腹が大きくなると寝づらくなり、
朝起きるときふくらはぎがつる…

という何とも嫌な連鎖ですよね。

では何故、妊娠中・妊婦が朝起きたら、
ふくらはぎがつりやすく、起こりやすくなるのか、
その理由をご紹介します。

妊娠中は母体よりも赤ちゃんの方に
栄養が優先的に送られるためミネラル不足になるのです。

つまり、お腹の赤ちゃんに栄養をたくさんあげているからこそ、
お母さんが栄養不足になり、ふくらはぎがつるのです。

次に、妊娠中・妊婦は病院の先生からも言われると思いますが
運動量を制限する必要があります。

動きを制限することで筋肉が硬くなり
血行も悪くなり、身体が冷えて収縮を起こすのです。

最後に、妊娠後期になると胎児が大きく重たくなるので
妊婦さんはお腹を支えるため、
歩き方や筋肉の動かし方も変わっていきます。

その影響で、骨盤が歪み、足の筋肉にも
悪影響を与えるのでふくらはぎがつる原因になります。

夜中にふくらはぎがつる原因は?防ぐためのポイントは?

夜中にふくらはぎがつる原因は?
防ぐためのポイントで重要なのは?

睡眠中・夜中に突然として、
ふくらはぎがつってしまった。

誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

今回は、何故夜中にふくらはぎがつるのか原因と、
その防ぐためのポイントをご紹介します。

筋肉の収縮する痛みで、
寝ている間に目を覚ましたという経験はありませんか?

自分の意志とは関係なく
勝手にふくらはぎの筋肉が収縮したり
痙攣を起こしたりすることがあります。

睡眠中にふくらはぎがつるのは、
普段運動している人もしていない人も
関係なく起こることです。

つまり、睡眠中に足がつるのは、
急激な運動をした時の筋肉の過度な酷使によって
足がつる時は異なる原因があると考えられます。

その原因は、発汗や冷えによる
血流の低下だと言われています。

特に、睡眠中は血行不良になりやすいため、
ふくらはぎがつるリスクが高まると言われています。

夏場になると冷房をつけっぱなしで寝たりすると
筋肉が冷えて血行不良になり、
筋肉が収縮しやすくなって足やふくらはぎがつるのです。

全身の筋肉量は加齢によって減っていきます。

すると運動能力が下がるだけでなく
下半身の血流も低下することから
ビタミン・ミネラルなどの栄養分の補給が
上手くいかなくなってきます。

運動していない生活でも筋肉が生じ、
睡眠中に足がつるリスクはより一層高まります。

睡眠中に頻繁に足やふくらはぎがつる場合、
そこに病気が潜んでいるケースも考えられます。

ふくらはぎがつるのを筋トレで防げる?

ふくらはぎがつるのを筋トレで防げるのでしょうか?


足のふくらはぎがつるといった経験は
多くの人が経験があると思います。

大抵の方は、特にふくらはぎがつり、
若い世代の場合はサッカーやテニスなど…

多くのスポーツで、トレーニングを重ねると
ふくらはぎがつる人や、
健康のためにマラソンしたりする方は多
いのではないのでしょうか?

そんな方に必見!
ふくらはぎがつらないようにするには、
筋トレで防ぐことができるのです。

ふくらはぎがつらないようにするケアと
筋トレをご紹介します。

まず、ヒザしたから真ん中あたりまで
ふくらはぎが膨らんでいる部分、
アキレス腱から足首までといったように三分割します。

そして、ふくらはぎを両手で圧迫します。
圧迫したまま足首を上下に動かします。

この時に、足首の柔軟とふくらはぎに刺激を加えたうえで
動かしてあげることで負担がかかります。

筋肉が動いている時に刺激が加わると
その筋肉が反応しやすくなります。

この要領でこの筋トレを行います。
ふくらはぎがつらなくなると思います。