ふくらはぎの筋肉の痛みは、かなり辛いです。

長い間の時間の立ちっぱなしの仕事に就いたり、
慣れない運動をしたりすると、
ふくらはぎの筋肉に痛みが出ることがあります。

そのまま放置していると、生活に支障がでたり、
最悪病気になったりすることも。。

筋肉痛や張りなどの原因と解消法をご紹介します。

ふくらはぎの筋肉の痛み!原因は?病気の可能性はある?

ふくらはぎの筋肉の痛み!原因はなんでしょうか?
また病気の可能性はあるのでしょうか?

足の痛みの中でも、
ふくらはぎの筋肉の痛みについてご紹介します。

歩きすぎたり立ち仕事で足がだるかったり、
筋肉痛を起こすことが多いのがふくらはぎです。

また足のむくみと言えば、
ほとんどがふくらはぎの部分が、
むくみを起こすことを指して言います。

ふくらはぎも太もも同様体重を支えることに加え、
歩いたり走ったりなどの動きを可能にする、
重要な役割を担っています。

さて、この足の痛みの中でもふくらはぎの筋肉が痛い場合には、
どのような原因や病気が考えられるのでしょうか?

この、ふくらはぎの筋肉の痛みの原因は、
真っ先に思い浮かぶのは筋肉痛です。

ただ、この場合はとても歩けない…
といったひどい症状になることはまずありません。

立てない歩けないほどの激痛が走る場合と言えば、
こむら返りか肉離れを思い浮かべる方も多いでしょう。

よく、こむら返りと肉離れを混同されている方が多いですが、
実際は似て非なるものです。

ふくらはぎが痛い場合に考えられる原因や病気には、
こむら返り、肉離れ、シンスプリント、坐骨神経痛、
下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞などが挙げられます。

病気の可能性もあるので症状をよく知っておいたほうが良いでしょう。

ふくらはぎの筋肉がつる痛み。原因や予防法は?

ふくらはぎの筋肉がつる痛みどんな原因があるのでしょうか?
また、予防法はどうすればいいのでしょうか?

ふくらはぎの筋肉がつると本当に激痛で大変です。

特に、就寝中のこむら返りで悩む人も多く、
最悪睡眠障害にも繋がります。

ふくらはぎの筋肉がつる痛みの原因や予防法を知っておくと、
いざというときに役に立ちます。

ふくらはぎの筋肉が突然ピーンと張る、
痛みを伴いながら収縮して硬くなるというこむら返り。

ふくらはぎをはじめ、寝ている時に足がつる場合、
主に筋肉の疲労が原因だと言われています。

激しい運動をしていなくても、
日常生活の小さな疲れが積み重なったり、
普段よりも激しく身体を動かすシーンがあったりすれば、
ふくらはぎの筋肉がつる可能性は十分にあります。

筋肉疲労の他にも、
筋肉の働きに影響のある冷えによる血行不良や、
ミネラルのバランスが崩れることが、
原因である可能性があります。

大量に汗をかいた後や下痢や嘔吐後などに脱水状態になると
ミネラルバランスが崩れ、筋肉が興奮状態になるため、
痙攣を引き起こすと言われています。

このミネラルバランスの乱れのことを
「電解質異常」と呼びます。

電解質とは、
マグネシウム・カルシウム・カリウム・ナトリウムなどの
血液中にあるミネラルイオンのことを指します。

筋肉や神経の働きを調整する重要な役割を担っているので
ミネラルバランスが崩れると、
筋肉の働きに悪影響が及ぼされてしまうのです。

他には、ランニングや運動中にふくらはぎの筋肉がつる原因は、
筋力不足や筋肉の使い過ぎによる筋肉疲労や
負担に耐えられるだけの筋力がなく身体的限界や
筋肉疲労、体幹を使わずに足だけで走っている…
などが挙げられます。

また、ランニングで失った水分を補給しなければ、
脱水症状も心配ですが筋肉にも異常が表れます。

この、ふくらはぎの筋肉がつる痛みの原因には、
もちろん生活習慣の見直し改善で、
ふくらはぎのつり(こむら返り)の症状も
改善されればいいのですが、なかなか難しいものです。

そのような方は、「こむらくだ」をお勧めします。

こむらくだは、天然由来の優しい成分が豊富に配合されており、
ミネラルを補給して体の巡りを整えてくれる効果が期待できます。

そのため、冷え性改善や疲労回復効果も期待でき、
さらに美肌効果もあったと絶賛されています。

ふくらはぎの筋肉がつる以外にも高い効果を発揮してくれるのが
「こむらくだ」というサプリメントです。

ふくらはぎの内側と外側の筋肉の痛みって原因や対処法は異なる?

ふくらはぎの内側と外側の筋肉の痛みって、
それぞれ原因や対処法は異なるのでしょうか?

ふくらはぎの筋肉の痛みは辛いですよね。

その痛みは、実はふくらはぎの内側か外側かの筋肉で
原因がそれぞれ違うのです。

今回は、そんなふくらはぎの内側と外側の筋肉の痛みの
原因や対処法をお伝えします。

ふくらはぎの痛みが内側に出る原因は、
シンスプリントや過労骨折です。

シンスプリントは、脛骨過労性骨膜炎ともいい、
脛骨に沿ってふくらはぎの下方に痛みが発生することが特徴です。

激しい運動やスポーツなどで発症することが多く、
特に筋力不足だったりコンクリートなどの、
硬い地面でのトレーニングで起こりやすいと言われています。

過労骨折は、ふくらはぎの内側に痛みを感じます。
シンスプリントと同様に、
足に負担をかけることにより骨折が起こります。

この時の内側の痛い時の対処法は、
安静にすること、テーピングやサポーターをつけることです。

ふくらはぎの痛みが外側に出る原因は、
ヘルニアによる坐骨神経痛や腓腹神経麻痺や
長短腓骨筋炎です。

ヘルニアによる坐骨神経痛は、
ピリピリとした痛みや突っ張ったような痛み、
または太ももやお尻も痛む場合に考えられます。
この痛みは、内側の痛みとは異なる激しい痛みが特徴です。

腓腹神経麻痺は、ふくらはぎの外側を走行する知覚神経のことです。
ふくらはぎや足の小指の周辺に痛みや痺れが生じます。

長短腓骨筋炎は、外側のふくらはぎ特に下方に痛みが発生し、
ひどい時は走行に支障をきたすまでになることもあります。

この時の外側の痛い時の対処法は、
筋肉トレーニングやマッサージやストレッチ、
足を圧迫しないことが対処法となります。

ふくらはぎの筋肉の痛みをテーピングで和らげる巻き方

ふくらはぎの筋肉の痛みを、
テーピングで和らげる巻き方はある?

ふくらはぎの筋肉痛の原因として考えられるのは、
ウォーキングやジョギングなどのスポーツを行った時に起きる、
激しい筋収縮です。

筋肉への酸素供給が十分に行われず
疲労物質である乳酸が残ったときに起こるものと、
スポーツを行って激しく筋収縮が起こって、
筋肉繊維が損害することが上げられます。

しかし、テーピングを行うことによって、
ふくらはぎの痛みをテーピングで和らげる巻き方を紹介します。

■ふくらはぎの筋肉の痛みを和らげるテーピングのやり方■

・幅5㎝、長さ40~50㎝ほどの
テープを5㎝残して切れ込みを入れていきY字にします。・カカトから膝裏が見えるように鏡の前に立ったら、
二股に分かれた所をアキレス腱がカカトに着くところに合わせて
残りの部分をカカトの後ろから足裏に付けていきます。・足首を曲げて足先を持ち上げた状態のまま膝は伸ばして、
Y字の内側がふくらはぎの内側を大きく包むように、
膝裏に向かってテープを貼っていきます。外側も同じようにして、膝裏に向かって貼ります。

もう片方の足も同様にしながらテーピングを行っていきます。
このテーピングは、肉離れにも予防効果があります。

ふくらはぎの筋肉が硬い!痛い!原因や治し方は?

ふくらはぎの筋肉が硬い!痛い!
そんな時の原因や治し方はどんな感じ?

ふくらはぎの筋肉は何もしないでいると、
硬くなりがちです。

よく、筋肉が固まったというようですが、
実は筋肉が固まったのではなく、
筋肉に柔軟性がなくなり、
そこへ脂肪が溜まっている状態なのです。

ですから、そのままにしておくとさらに硬くなります。

そして、柔軟性が失われるので、
歩く時にも不自然さが出てしまいます。

柔らかく揉みほぐさないと、
セルライトという脂肪の塊が出来て、
ふくらはぎでこぼこしてきます。

これは、後々綺麗にするには時間と労力を要しますので、
出来ないように普段からの心がけが必要になります。

この時の治し方は、
具体的にマッサージをすることによって、
柔らかくなることは間違いありません。

ただ単に揉んでいればいいという訳ではありません。
リンパマッサージというやり方をする方が効果的です。

これは、心臓に向かって揉み上げることです。

特にふくらはぎで硬くなっている所を探します。
瘤のような硬さがあれば集中的にその部分を揉みます。
揉むことによって脂肪を散らしてなくします。

次に、栄養補給です。
ただ、普通に食べていても、
充分な栄養素がまかないきれていないのが実情です。

その部分で補う意味で、
サプリメントなどの栄養補給が必要になるのです。

後は、食生活の見直すことにより改善だれます。
血中の老廃物も流れやすく排出しやすくなり、
むくみも起きず、セルライトの元になる脂肪も溜まりにくくなります。

ふくらはぎの筋肉の張り!痛みや原因は?外側と内側で違う?

ふくらはぎの筋肉の張り!
痛みや原因はどんな感じ?
また外側と内側で違うのでしょうか?

ふくらはぎの筋肉の外側が張り出して
気になっている方もいると思いますが、
この膨らみはなぜ起こるのでしょうか?

この原因は、股関節と足関節の捻じれが原因で、
これらの関節が捻じれることで、
ふくらはぎの筋肉が引っ張られ、
外側に張り出すようになってしまいます。

ですので、いくらマッサージしても、
筋肉をほぐしても根本的な解決にはなりません。

ふくらはぎの外側を引き締める為には、
まずは捻じれを改善することです。

次に、ふくらはぎの筋肉の内側の、
張り出している痛みの原因ですが…

普段足の骨と筋力によって支えられている力が、
姿勢のズレや長時間の負荷によって支えきれなくなり、
その異常が痛みとなって表れるのです。

扁平足の場合、土踏まずが潰れているため、
その分衝撃が吸収されず、足に負荷がかかってしまいます。

治療せずに放置すると、重症化して、
断裂骨折になることもあるので注意が必要です。

ふくらはぎの筋肉の張りを解消する方法は?

ふくらはぎの筋肉の張りを解消する方法はある?

ふくらはぎは、実はとても重要な役割を担っている筋肉であることはご存知でしょうか?
屈伸運動をしたり、爪先立などを行うと、
必ずふくらはぎの筋肉が大きく伸縮していることに気付きますよね。

このように常に大きく稼働する筋肉が「ふくらはぎの筋肉」です。

そのため、疲労による影響を受けやすく、
ちょっとした負荷がかかることで痛み(筋肉痛)や
張りやだるさを感じることがあります。

そして、その原因の多くは運動からくる「筋損傷」と
立ち仕事など運動不足からくる「むくみ」の2つです。

このふくらはぎの筋肉の張りを解消する方法をご紹介します。

■筋損傷の場合は、

・市販の湿布薬や炒め止めを利用して痛みのケアする。
・アイシング等で炎症を軽減させる。
・水分を多めに摂取してしばらく安静にしていること。
・軽いマッサージやストレッチでクールダウンを行います。

 

■むくみの場合は、入浴やマッサージなどで血流量を高める。

・ウォーキングやストレッチなどの軽めの足を使う運動を10分程度行う。
・腹式呼吸を行い下半身への血流量を増加させる。
・体を温める食材を利用して血流量を上げる。
・マッサージで血流を良くする。
・漢方薬やサプリメントで血流をよくする。

ただし、これらの解消法でもふくらはぎの筋肉の張りが改善しない場合は、
病気の可能性もあります。
明らかに痛みが強い場合は、病院へ行ってみてください。

何もしてないのに、ふくらはぎが筋肉痛!これって病気?

何もしてないのに、ふくらはぎが筋肉痛の場合、
これって病気なのでしょうか?

筋肉痛というと、激しい運動をした、次の日に起こるものなのですが、
時に運動も何もしていないのに筋肉痛になってしまうことがあります。

これはいったいなぜなのでしょうか?

今回は覚えのない筋肉痛について、その原因をご紹介します。
筋肉痛は、筋肉の繊維が壊れることで発生するので、
運動不足のため圧迫するだけで筋肉痛になることも。

何もしていないのに筋肉痛は膠原病。
普段私たちが筋肉痛になる時は、
運動をしたり身体を動かしたりした際筋肉の繊維が切れてしまうことによって、
引き起こされます。

しかし、時には激しい運動をしていないときにでも、
筋肉痛のような症状を感じる人がいます。

筋肉痛のような症状が起こる原因として、
主に病気が考えられます。

膠原病、病気によって体中の血管や皮膚等に、
炎症ができてしまう病気のことです。

原因はわからないことが多く、筋肉痛の他にも
発熱や発疹といった症状が起こることがあります。

■リウマチ、広義の意味では膠原病の一種と言われています。
膠原病の中でも、関節に集中した痛みを発生させます。

関節の痛みが発生するときに、
筋肉痛のような痛みを長時間にわたって発生させます。

リウマチの原因は、自己免疫の異常ではありますが、
近年治療が劇的に進歩しています。

■線維筋痛症は、主に中年以上の女性に多い病気で、
体にこわばりや、痛みを感じる病気です。

痛みの種類としてはリウマチに近い症状だと言えます。
検査で異常が出ないことが多く、
原因不明の病気とされてしまうことが多いです。

心当たりのない筋肉に陥ったときは、
まずは膠原病といった病気の疑いましょう。

ふくらはぎの筋肉痛が長い場合の治し方はある?

ふくらはぎの筋肉痛が長い場合の治し方はあるのでしょうか?
ふくらはぎが筋肉痛になって痛い、なんてことはありませんか?

筋肉痛は運動した後に起こるものだと思われがちですが、
まれにそうでない場合もあります。

ここでは、ふくらはぎの筋肉痛が長い場合の
治し方をご紹介します。

患部が熱い場合や腫れている場合には、
応急処置でRICE処置というものがあります。

アイシング・圧迫・挙上の頭文字をとったものです。
そしてそれは、怪我をした部分の状態を悪化させないように、
とどめる処置のことを指します。

他には、患部を温めます。
運動後、入浴後など患部が冷えている場合や、
硬くなっている場合では逆に患部を温めることが効果的です。

運動によって細かな傷がいくつもできた筋肉は、
それを修復しようと栄養を血流に運ばせます。

患部を温めることで血流をよくし、
どんどん栄養を運ばせることで、
より早く回復させることができます。

このとき軽くマッサージするなどして、
隅々まで血流がいきわたるようにすることも効果的です。

筋肉の修復にはたくさんの栄養が必要になります。
栄養補給と睡眠が大切になります。

これらの処置のあと、まったく痛みに変化がない場合は
肉離れや骨折、静脈血栓症である可能性があります。

ふくらはぎがつる!その後、筋肉痛に…予防法はある?

ふくらはぎがつる!その後、筋肉痛に…
予防法はあるのでしょうか?

たまに夜、寝ている時に足を伸ばすと電流が走ったかのように、
足がつることってありませんか?

足がつるという事は、足の筋肉が突然、
収縮して痙攣を起こすことを言います。

中でも、「こむら返り」とは、
ふくらはぎの部分がつることを言います。
涙がでるほどの痛みですよね。

ふくらはぎが何回もつると筋肉痛のように痛むことがあります。
痛みを長引かせないためには、
その場ですぐに対処した方が良いでしょう。

筋肉を伸ばす・血行を良くする・温める…
足がつった場合には、この3つが重要です。

もし、足がつってしまった時には、
足の爪先を手でつかんで体の方に引き付けるように、
ゆっくり反らします。

足がつった場合には、収縮した筋肉を伸ばしてあげることが大切です。
痛みがすぐに和らぎ、筋肉痛のような痛みが、
いつまでも残ることは少なくて済みます。

さらに、少し痛みがひいたら、
つった部分を軽く揉むようにマッサージすると良いでしょう。
こうすると血行が良くなります。

ただ、時間がなくて大変な方はたくさんいらっしゃると思います。
そんな方におすすめなのが「こむらくだ」です。

夜中に起きなくて済みますし、
運動したあともふくらはぎがつらなくなり、
怖くなくなるのです。

こちらの「こむらくだ」を飲むことによって、
毎日の生活が辛くてたまらない、
寝不足・ストレス…が解消してくれるのです。

今まで試した、解消法や対処法が嘘のように
「こむらくだ」を飲むだけで解消されてしまうのです。

天然由来で優しい成分なのです。
気になる方は、是非お試しください。

ふくらはぎが筋肉痛!効果あるマッサージは?

ふくらはぎが筋肉痛!効果あるマッサージはあるのでしょうか?

激しいスポーツの後、長時間立ち作業をした後、
ふくらはぎが筋肉痛になることがありますよね。
痛かったり、重かったり、怠く感じたりします。

出来るだけ早く解消するために何ができるでしょうか?
今回は、ふくらはぎの筋肉痛に効果あるマッサージで、
解消法についてお伝えしていきたいと思います。

そもそも筋肉痛とは、筋肉組織の損傷や炎症です。
激しい運動すると筋肉繊維が損傷します。

それで修復のため、ヒスタミンやカリウムなどの、
痛み物質により筋肉痛が発生します。

2つ目は、乳酸です。激しい運動をすると老廃物として、
乳酸菌が筋肉内に発生します。

それが痛みや怠さの原因になるのです。

血行・リンパの流れが良くなると筋肉痛が解消されます。
また、ストレッチを行うと乳酸が早く静脈から排出されます。

よく反動を付けてストレッチする人がいますが、
それは厳禁です。

反動をつけると余計に筋繊維を傷つけてしまう恐れがあるので、
注意しなければなりません。

ストレッチする際はゆっくりと息を吐きながら行いましょう。
痛みを感じたらその時点で、
伸ばすのをストップすることが大切です。

仰向けで寝た状態で膝を立て、
両方の親指側でふくらはぎ部分を、
両方の人差し指側で足のすねの部分を押すようにして揉みます。

ふくらはぎを揉むと楽になりますが、
特にすねの部分も同時に緩めてあげると、
身体全体の筋肉も緩んでいきます。

腿の裏側の真ん中を親指と中指で押すようにして揉みほぐします。
お尻の横側をもみほぐして中殿筋をゆるめます。

こうして足の筋肉をゆるめた後は、
アキレス腱・足首・ふくらはぎ・前太もものストレッチをして、
筋肉を伸ばしてあげると良いです。

ふくらはぎが筋肉痛で痛い!ストレッチで改善できる?

ふくらはぎが筋肉痛で痛いと辛いですよね。
ストレッチで改善できるのでしょうか?

運動後に軽いふくらはぎのストレッチをすると、
筋肉痛を和らいで改善することができます。

また、筋肉や脂肪でガチガチに固まった、
筋肉太りの足のストレッチでほぐせば、
徐々に筋肉太りが解消して、引き締まった足へと導いてくれるはずです。

固くなった筋肉は一気にほぐれてはくれませんので、
ある程度、継続してストレッチを行う必要があります。

健康促進やむくみ解消のつもりで、
毎日ストレッチするようにしてください。

効果を上げるためのポイントは、入浴後30分以内が、
ふくらはぎストレッチを行う時のおすすめです。

入浴後は、血行が良くなっているので、
ストレッチ効果がUPします。

特に、ストレッチを始めたばかりの人や、
体が固い人は入浴後に行うようにしてください。

ストレッチするときは、呼吸をしっかりして、
反動を付けずに行う、姿勢に気を付ける、
体が冷えている状態では行わない、リラックスをして行うことです。

ストレッチをした後の効果を一層高めるには、
マッサージをしましょう。

血行促進させて、むくみ改善で、
ふくらはぎが筋肉痛で痛みも改善しちゃいましょう。

ふくらはぎが筋肉痛の時、運動するのが良い?控えた方が良い?

ふくらはぎが筋肉痛の時、
運動するのが良いのでしょうか?
控えた方が良いのでしょうか?

筋トレや激しい運動を行うと避けて通れないのが筋肉痛ですよね。
運動を始めたばかりの方は特に筋肉痛になりやすく、
ひどい人だと日常生活を送るのも大変になってしまったりと、
何かと嫌なイメージしかないですよね。

さて、このふくらはぎが筋肉痛の時、運動をしてもいいのか?…
という時、筋肉痛がある時は運動をしてはいけないと耳にしますが、
これは間違えです。

筋肉痛は人それぞれで、トレーニングの強度や筋肉の部位などによって
痛み程度も治るのも期間もまちまちです。

中には、1週間くらい長引くものもありますので、
毎回トレーニングをするたびに筋肉痛が回復を待っていたら、
トレーニング効果もあったものではありませんよね。

筋肉痛の時におすすめな運動は、
有酸素運動です。

有酸素運動は、血行を促進させて筋肉にたまった乳酸を、
排出してくれる助けになります。

また、ストレッチなどで筋肉をしっかり伸ばしてあげるのも効果的です。
筋肉痛だからといって、何もしないで休んでいるよりも、
運動できる範囲で積極的にしていくべきです。

コンディションを整えることが重要ということです。

ふくらはぎが筋肉痛…痛くない歩き方は?

ふくらはぎが筋肉痛…痛くない歩き方はあるのでしょうか?

足の痛みを気にしながら歩いて、
歩き方が変になったり筋肉痛が痛くて歩けない!
となっていませんか?

痛くない歩き方というより、
正しいフォームの歩き方をご紹介します。

あなたには歩き方には、癖がありますか?

引きずり歩き・べた歩き・ガクガク歩き・内股歩き・外股歩き…
いかがでしょうか?思い当たる癖はありますか?

自分の歩き癖が分かりづらいという方でも、
歩く音がうるさい、泥はねがひどい、
少し歩いただけも疲れるなどの自覚症状があれば、
癖が身に付いている可能性があります。

骨盤周りの筋肉が、うまく使われていない歩き方になるために、
足の筋肉も大きく動かせなくなるのです。

まずは、立ち姿勢を整えます。
カカトを付けて、つま先を少し外へ開き、
意識的にお尻の穴をぐっとしめるようにして立ちます。

膝をしっかり伸ばして、
おへその少し下に力を入れるようにすることがポイントです。

下半身の力は抜いて視線は水平に遠くを見ます。
踏み出した前足が地面に着く時は、
まずはカカトが地面に着き前に出した足は、
膝を伸ばしてカカトから着地します。

カカトの重心が前に移動していくとき、
一気に足裏全体を地面にべたっと着けるのではなく、
重心がカカトの中心、やや外側から足の小指の付け根に、
足の裏を転がすように重心を移動するよう意識します。

ふくらはぎの筋肉の名前(名称)は?

ふくらはぎの筋肉の名前(名称)は?
下腿三頭筋がふくらはぎの正式名であり、
この筋肉は腓腹筋とヒラメ筋によって構成されています。

ふくらはぎの筋肉の名前は、ヒラメ筋というものです。
大切な筋肉がつまった大切な箇所ですので、
ふくらはぎは大切に使いましょう。