ふくらはぎに痛みを感じて、なかなか痛みがひかなかったり、
どんどん激痛になってきたら、不安になりますよね。

そんな時、ふくらはぎの痛みの原因や症状、治療法を
知っておくと、すぐに対処できます。

ふくらはぎの痛みについてご紹介しているので、
参考にしてください。

ふくらはぎがつる痛みから解放してくれたのはこちら

スポーツ中にふくらはぎがつる人はこちらがオススメ

目次

ふくらはぎの痛みとは?

ふくらはぎの痛みとは?
どういった原因が考えられるのでしょうか?

時間立ちっぱなしの仕事などに就いていたり、
久しぶりに運動したり、妊娠したりと、
ふくらはぎに張りや痛みが急に出ることがあります。

筋肉疲労やむくみが影響していると思われますので、
お風呂上りにマッサージやストレッチをして、
疲労・むくみを溜めないようにしましょう。

また、ふくらはぎの痛みをそのままにしておくと、
血流やリンパの流れが悪くなり代謝が落ちて、
痛む癖がついたり、運動に支障がでたり、
最悪病気になってしまうことも…

また女性の場合は、ヒールの高い靴や下半身を締め付ける下着も
むくみを再発しますので、なるべく避けた方が無難です。

こういった、ふくらはぎの痛みはできるだけ早く
改善するのが大切です。

それでは、ふくらはぎの痛みの原因と症状、
予防法や治療法について詳しくご紹介していきます。

ふくらはぎの痛み(両足・片足)原因は?

ふくらはぎの痛みで、両足の場合と、
片足の場合で原因は違うのでしょうか?


片足(右足・左足)のふくらはぎが痛い症状の原因は、
下肢静脈瘤であるケースが考えられます。

正確な原因については、
医療機関で精密検査を受ける必要がありますが、
女性の場合は下肢静脈瘤である可能性が極めて高いです。

他には、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症や
閉塞性動脈硬化症や急性動脈閉塞、バージャー病などが挙げられます。

ふくらはぎの痛みが起きた時に、
片足だけの場合の原因が神経に関係していることがあるからです。

特に、片足のふくらはぎのみに集中している場合の足のつり(こむら返り)が
頻発している時は指を曲げて回復していく方法は
避ける必要があるのです。

足全体(両足)のふくらはぎが痛い原因は、
坐骨神経痛や糖尿病や関節リウマチなどが挙げられます。

両足共にふくらはぎのしびれなどがある症状の場合は、
慢性的な病気から痛みがきていることも多くなります。

神経内科では、このように神経の病気でも珍しい病気を
見つけることが出来ます。

この症状の原因は何か知ると気を付けながら
生活していくことが出来るのです。

これが、病気であった時に
どのようなことを注意しながら生活すべきなのか分かるはずです。

ふくらはぎの痛みの原因が何だったのか、
病気なのか…神経内科で受診してみると分かると思います。

ふくらはぎの痛みを予防する方法は?

ふくらはぎの痛みを予防するには、
どんな方法があるのでしょうか?

ふくらはぎの痛みの原因別に紹介します。

日々の生活や就寝中などの痛みの予防方法

日々の生活や就寝中などにふくらはぎの痛みを感じる場合は、
以下の3つの原因が考えられます。

・水分不足
・ミネラル不足(ミネラルバランスが悪い)
・病気

水分不足の場合は、就寝中や汗をかいた時に
ふくらはぎの痛み(ふくらはぎがつる)を感じる場合が多いです。

予防するには、日頃から水を飲む量を増やす必要があります。

また、ミネラル不足(ミネラルバランスが悪い)場合も、
同様に就寝中や日常生活において、
激しくふくらはぎの痛みを感じます。

また妊娠中や妊婦さんも、ホルモンバランスとミネラルバランスの関係で、
同様に激しいふくらはぎの痛みを感じる場合があります。

この場合の予防方法は、
食事でマグネシウムとカリウムを摂取すると良いのですが、
なかなか毎日気を付けるのは大変です。
(特に妊娠中は体調もすぐれない場合が多いので難しいです。)

そこで、おすすめなのがサプリでの予防です。

いろいろなサプリが販売されていますが、
特に「こむらくだ」という、
ふくらはぎの痛み(こむら返り)の予防専用のサプリがオススメです。

こむらくだの公式サイト

↓↓↓
http://www.rakudashop.jp/

 

私の場合も水分をたくさん摂っても、
ふくらはぎの痛みに悩まされ続けていました。

しかも、忙しかったので、
毎日の食事にそこまで気をつけれず。。

サプリも5種類以上試しましたが、
やっぱり、ふくらはぎの痛みの予防専用というだけあって、
「こむらくだ」が断トツで良かったです。

今なら特別割引キャンペーンもやっているので、
お試しもしやすいです。

こむらくだの公式サイト

↓↓↓
http://www.rakudashop.jp/

 

最後に、ふくらはぎの痛みの原因が病気の場合ですが、
やはりまずは病院に行くべきだと思います。

激しい痛みが毎日続き治らなかったり、
つる感覚とは別の痛みだったり、
見た目であきらかな異常がみてとれるなど。。

そのままにしておくと、ふくらはぎの痛みが
さらに酷くなっていく可能性が高いです。

予防する前にまず治療が必要になるので、
時間をつくって、なるべく早く病院へ行くようにしましょう。

ふくらはぎの痛み!子供の場合の原因は?

ふくらぎの痛みで子供のケースではどんな原因が考えられる?

子供がふくらはぎを痛がったとき、
考えられる原因は4つあります。

疲れ・ストレス・成長痛・骨端症です。

まず、疲れについてですが、
子どもの体は、筋肉・骨・関節などが成長中です。
まだまだ未発達な体を目一杯動かすことで、
筋肉・骨・関節が疲れ切ってしまい、
ふくらはぎが痛くなってしまうのです。

ストレスは、幼児期にふくらはぎが痛くなる原因はほとんどが、
ストレスによるものです。
幼児期の場合は、兄弟が出来たことや、
入園、引っ越しなどの不安や寂しさなどと言った
環境の変化によって起こることが多いようです。

この場合は、「大丈夫だよ」と声を掛けたり抱きしめたり
スキンシップを意識してあげましょう。

成長痛についてですが、骨が急成長したことで
成長に追いつけなかった腱や筋肉が
必要以上に伸ばされたことで起こる痛みです。

骨端症は、小学の高学年以上の子供に増えてくるのが、骨端症です。
別名、オスグット病とも呼びます。

骨端症は、特に激しいスポーツをする子に多く、
足を使いすぎたことによる軟骨の炎症が原因とされています。

主な症状は、膝の痛みですがふくらはぎやかかとまでも痛む子が多く、
スポーツの一時中断が求められてきます。

このように、年齢別でさまざまな症状が表れることがある、
ふくらはぎの痛みです。

ふくらはぎの筋肉の痛み防止用テーピングの巻き方

ふくらはぎの痛みを防止するための
テーピングの巻き方は?

ふくらはぎの痛みの原因として考えられるのは、
ウォーキングやジョギングなどのスポーツを行ったときに起こる
激しい筋収縮が原因の一つです。

筋肉への酸素供給が十分に行われず
ふくらはぎに疲労物質である乳酸が残ったときに起こります。

また、スポーツを行って激しく筋収縮が起こって
筋肉繊維が損害する場合が上げられます。

しかし、テーピングを行うことでふくらはぎの痛みを防止できます。

今回は、防止用の巻き方をご紹介します。

①幅5㎝、長さ40㎝~50㎝ほどのテープを
5㎝残して切れ込みを入れていきY字にします。

②カカトから膝裏が見えるように鏡の前に立ったら、
二股に分かれたところにアキレス腱がカカトにつくところに合わせて
残りの部分をカカトの後ろから足裏に付けていきます。

③足首を曲げて足先を持ち上げた状態のまま膝は伸ばして、
Y字の内側がふくらはぎの内側を
大きく包むように膝裏に向かってテープを貼っていきます。

④外側も同じようにして、膝裏に向かって貼ります。
もう片方の足も同様にしながらテーピングを行います。

外側の痛みを予防できるテーピングの巻き方

ふくらはぎの外側の痛みは、本当に辛いです。
テーピングで予防できるのでしょうか?

ふくらはぎの外側の痛みの原因がスポーツ後や
重労働による一過性の筋肉の痛みの場合や、
筋肉痛の場合、痛みを和らげるテーピングの巻き方をご紹介します。

1本目、足首を直角にして、
カカトの下から膝の裏に向かって真っすぐに貼ります。

2本目、カカトの下で1本目と重ねるように貼り、
膝に向かって貼ります。

3本目、カカトの下で1,2本目と重なるように貼り、
膝の外側に向かって貼ります。

内側の痛みを予防できるテーピングの巻き方

ふくらはぎの内側だけが張っていたりと悩んでいる人もいると思います。
予防できるテーピングの巻き方をご紹介します。

①足首を90度に保ちます。

②足の甲の中央少し親指側から、スネの内側を通り、
膝下までの長さのテープを用意します。

③紙を少し剥し、足の甲の中央少し親指側に貼り

④残りの紙を剥しながらスネの内側を通り、
膝下までテープを引っ張らずに貼ります。

⑤最後に、空気が入らないようにテープをゆっくり押さえながら貼ったら完成です。

筋の痛みを予防できるテーピングの巻き方

ふくらはぎの筋の痛みはとても痛いですよね。


今回は、予防できるテーピングの巻き方をご紹介します。

1本目、違和感のある場所を中心に貼ります。
その際、テープの両端に2㎝ほどの切れ目を入れます。

2本目、下の方から斜め上に貼ります。

3本目、2本目とクロスさせて、下から上へ貼ります。

4本目、先ほどと同様にふくらはぎの上部へ向かって貼ります。

5・6本目、ふくらはぎの上部へ向かって貼り、
テープが覆われるように貼ります。

これで完成です。

上部の痛みを予防できるテーピングの巻き方

ふくらはぎの上部の痛みもしんどいですね。
予防できるテーピングの巻き方についてご紹介します。

➀椅子に座り、貼る側の足を高めの段差に足を置きます。
足は90度に保ちます。

②約5㎝くらいのところで折り目を付けます。
折り目の部分をカカトに引っ掛けて、
膝裏下までの長さを用意します。

③折った部分の紙を剥し、カカトに引っ掛けて、
テープがしわにならないように引っ張って貼ります。

④アキレス腱からふくらはぎに掛けてはテープを引っ張らずに貼ります。
空気が入らないように、
膝の方からテープをゆっくりと押さえながら貼ります。

⑤特に剥がれやすいアキレス腱の部分はしっかりと貼ります。
テープの両サイドもしっかりと貼って完成です。

膝裏の痛みを予防できるテーピングの巻き方

今回はふくらはぎや膝裏の痛みの時に予防できる
テーピングの巻き方をご紹介します。

➀姿勢は、椅子に座り手前に高さのある段差に足を置き、
膝は軽く曲げておきます。

②約20㎝のテープを2枚用意します。
このテープ2枚で貼ります。

③1枚目のテープを膝下内側から、
膝裏の斜め上へテープを引っ張らずに貼ります。

④2枚目のテープを膝下内側から、
膝裏の斜め上へテープを引っ張らずに貼ります。

膝裏で2枚がクロスするように貼ります。これで完成です。

 

ふくらはぎの下の痛みを予防できるサプリやテーピングの巻き方

ふくらはぎの下の痛みは、
主に損傷による肉離れと診断されることが多いです。

原因としては、激痛を伴う、こむら返りを繰り返した場合や、
激しい運動を続けた場合などがあります。

こむら返りは水分補給や、バランスの良い食事などで予防できますが、
忙しい人や、運動中にふくらはぎがつる人はサプリでの予防もおすすめです。

こむら返りの予防で有名なサプリこちら

また激しい運動、スポーツをする人は、
しっかりとした準備運動はもちろんですが、テーピングなども有効な手段です。

きちんとテーピングを行うことによって、
ふくらはぎの下の痛みを短期間で痛みを鎮めて、
痙攣や損害からの早めの回復を期待することが出来ます。

今回はふくらはぎの下の痛みの時に
予防できるテーピングの巻き方をご紹介します。

1本目、違和感のある場所を中心に貼ります。
その際、テープの両端に2㎝ほどの切れ目を入れます。

2本目、下の方から斜め上に貼ります。

3本目、2本目とクロスさせて、下から上へ貼ります。

4本目、先ほどと同様にふくらはぎの上部へ向かって貼ります。

5・6本目先ほどと同様にふくらはぎの上部へ向かって貼り、
テープが覆われるように貼り完成です。

ふくらはぎ(内側・外側)の痛みが治まらない!病院は何科?

ふくらはぎ(内側・外側)の痛みを病院で診てもらう場合、
何科で診てもらう?

一般的に多くの人が整形外科を受診しているようです。

ふくらはぎの原因は様々です。
筋肉の痛みはあまり迷うことなく
整形外科や治療院に行くかと思います。

しかし、不安を覚えるようなふくらはぎの痛みの場合、
何週間も継続している痛みの場合や
明らかに筋肉痛ではないと自己判断できる鋭い痛みの場合は、
整形外科でいいのか迷ってしまいます。

ふくらはぎの痛みの原因が分からない場合、
持病のある方は総合診療科が適しています。

整形外科とは、内蔵以外の運動組織を診てくれる診療科です。
整形外科とは、内蔵以外の運動分野を司る、
からだの組織分野の治療を行う診療科です。

また、スポーツなどによるふくらはぎの怪我や
スポーツ障害などの治療を専門に行うスポーツ整形外科という、
より専門性の高い整形外科もあります。

血液検査やレントゲン写真、神経反射テスト、
触診、問診などの結果をドクターが総合的に判断して
ふくらはぎ(内側・外側)の痛みの原因を特定します。

ランニングでのふくらはぎの痛みの原因や治療法は

ランニングで、ふくらはぎの痛みがでた場合の、
原因や治療法には何があるのでしょうか?

ランニングをしていると、
比較的負担がかかりやすいのが、ふくらはぎです。

私も、ふくらはぎに張りがでてしまい、
ランニングを休むことがあります。

ふくらはぎの痛みを我慢してランニングしていると、
アキレス腱を痛めることもあります。

ランニングを終えた後にも、
ふくらはぎが痛むことがありますよね。

ランニングによってふくらはぎが過度に使われ、
ストレスを受け続け筋肉が耐えられなくなると痛みが出てきます。

痛みの原因は走り方に問題があり、
痛くなるように走っているのです。

ふくらはぎが痛くないように走れば痛みは改善されるはずです。
今回は、誰もが経験するふくらはぎの痛みについて、
その原因や対策、治療法などについてご紹介します。

ランニングでふくらはぎの痛みを感じた時の治療法

ランニング中にふくらはぎに痛みが出る人は少なくありません。


スポーツをしている人は一度は聞いたことのある
ふくらはぎの「肉離れ」の可能性もあります。

今回は、ふくらはぎの痛みを感じた時の治療法をご紹介します。

ランニングでふくらはぎの痛みを感じた時の治療法は、
①筋肉を揺らす…これは非常にシンプルですが、
硬くなっているふくらはぎの筋肉を揺らし筋肉を緩めていきます。

②足首の動きを使って緩める…足首を回して筋肉を緩める際、
逆手で踝(くるぶし)の上ぐらいを軽く抑えた状態で
足首を回していきます。反対回しも行います。

③ストレッチをする…筋肉を温めた状態でゆっくり自分の手で動かします。
ここで、過保護にしてしまうと筋繊維が凝固まりすぎ
後に筋肉がつったような痛みが継続したり、再断裂をしやすくなります。

痛みのない範囲で動かすことは、
筋肉の柔軟性と弾性を保つためには大切なので動かしていきましょう。

④お風呂の中でのバタ足…ふくらはぎの血流を改善するには、
温めることです。
簡単にできて、効果の高いものが「お風呂の中でバタ足」です。
温熱効果も加わって効果も高いのです。
ふくらはぎの疲労軽減効果にもつながりますので、
どんな時にやってもいいストレッチになります。

ランニング中|外側の痛みの対処法

ふくらはぎの外側に多少の張りや痛みがあると感じる場合は、
ストレッチを念入りに行い、軽いランニングを行うことで、
ふくらはぎが負担に耐えられることもあります。

しかし、痛みが長く続き歩くことに支障があるのであれば、
ランニングは控えた方が良いです。

まず、ふくらはぎの外側の痛みの対処法としては、
「マッサージ」「ストレッチ」「テーピング」です。

特に、お風呂上りのストレッチやマッサージは、
血行良くして固まった状態の筋肉を伸ばす効果があり、おすすめです。

ランニング中|下部の痛みの対処法

ランニング中のふくらはぎの下部の痛みは、
筋肉からアキレス腱へと移行する部分の損傷のため
肉離れと診断されることが多いです。

また、対処法としても安静を第一に
アイシング対処が大切になります。

ふくらはぎのアイシングのポイントとしては、
まず、しっかりと空気を抜いた状態を作ります
(布や薄手のタオルでくるみます)

30分ほど患部に当てた後、
冷たい痛みを感じなくなるまで冷やします。

ちなみに、疲労骨折ならレントゲンにも映らない場合があるため、
診断が難しいとされていますが早期に医療機関に受診し、
治療されることをおすすめします。

ランニング中|付け根の痛みの対処法

ランニング中に、ふくらはぎの付け根の痛くなった時の対処法を
お伝えしたいと思います。

それは、「体操」と「体のゆがみを直す」ことです。

ほとんどの場合、股関節の動きが悪くなっているので、
体操で股関節の動きを良くしていきましょう。

まず、あぐらをかくような態勢をとり、両方の足の裏を合わせます。
なるべく、左右の膝に位置を合わせるようにして下さい。

両方のカカトを体になるべく近づけるようにしましょう。
下半身を前にゆっくり倒していきましょう。

痛みがでない範囲まで倒します。
呼吸は吐きながら前へ倒していきます。

前に倒した状態で深呼吸1分くらいしましょう。
そして、ゆっくり戻します。

普段の生活の時、片方の足ばかりに重心に掛けないようにしましょう。
なるべく意識して、左右交互に体重をかけるように心掛けましょう。

ランニング中|足首の痛みの対処法

ランニングしている時に、
ふくらはぎや足首に痛みがでてしまった時の対処法は?

外出中は難しいかもしれませんが、
まずは動かさないように安静にしましょう。

可能であれば氷を入れたビニール袋などを
ふくらはぎなど痛みのある場所にあて、冷やします。

包帯やテーピング、サポーターなどで圧迫、固定します。

横になれる場合は、
足の下にタオルやクッションなどを置いて、
足首が心臓よりも高い位置になるようにしましょう。

軽症であれば、足を出来るだけ動かさないようにしていれば
自然治療していきますが、
ふくらはぎの痛みが強くなかなか引かない場合には
整形外科を受診してきちんと治療を受けましょう。

ランニング中|内側の痛みの対処法

ランニング中に、ふくらはぎの内側に痛みが…
そんな時の対処法はどうすれば良い?

発症して強い痛みであれば氷水で冷やすことが最優先です。
炎症を起こしているという事は、
筋肉の中で火事が起きている状態です。

この時に患部を温めたり、マッサージ、
ストレッチする人が多いです…

しかし、火に油を注ぐことになりますので、
その時は一時的に楽になるかもしれませんが
後から徐々に痛みが増してきます。

30分以内に氷水で冷やして炎症を抑えましょう。

氷水が用意できない場合は、
冷湿布を貼ったり患部を流水で冷やすだけでも効果があります。
すぐに冷やせば痛みが減少します。

ふくらはぎの痛みをランニング中に感じたら肉離れ?

ふくらはぎの痛みをランニング中に感じたら、
肉離れの可能性は高いのでしょうか?

1週間経っても筋肉痛が治らない場合は、
原因は別にある恐れがあります。

ふくらはぎの筋肉痛がなかなか治らない場合は、
まず別の原因を疑ってください。

筋肉痛に似た二つの痛みの正体は、
「肉離れ」と「神経痛」があります。

今回は、ふくらはぎの痛みをランニング中に感じたら
肉離れなのか調べてみました。

肉離れなのか見分けるためには、
①運動している途中に、いきなり痛みが出る
②筋肉を伸ばした時の方が痛い…大きな力が一部分にかかった時、
突然痛み出すことが多いのです。

ランニング中に発生した痛みは肉離れの恐れがあります。
小さい痛みから大きい痛みまで、
症状によって痛みの度合いは大きく変わっていきます。

最初は小さい痛みでもふくらはぎの筋肉を使っていると、
筋肉痛のように後日痛みが増していくことが誤解されやすい原因です。

「肉離れ」の場合、医師でも何もできないのが現状です。
とにかく「動かさないこと」を徹底されることです。

ランニングでのふくらはぎの痛みはテーピングで予防できる?

ランニングをする時に、ふくらはぎの痛みがでないように、
テーピングで予防することはできるのでしょうか?

ふくらはぎの痛みとして多いのが肉離れですよね。
ふくらはぎの痛みはテーピングで予防できます。

ふくらはぎに限らず、太ももの肉離れにも応用できるので、
是非参考にしてみてください。

ふくらはぎに痛みの予防的な観点から
「ランニングする前」や「痛みが出る前」に貼ることをお勧めします。

また、応急処置や再発防止としても使うことが出来ます。

1本目、痛んでいる部分にテーピングを貼ります。
両端2㎝ほど切れ目を入れておきましょう。

2本目、1本目の下部の辺りを通るように、
左下の方から右斜め上に貼ります。

3本目、2本目とクロスさせて右下から左上へ貼ります。

4本目、2本目と平行になるように、ふくらはぎの上部へ向かって貼ります。

5本目以降は、1本目を覆うまで、2・3本目の貼り方を繰り返しましょう。
ふくらはぎの上部へ向かって貼っていき、
1本目のテープを覆っていきます。

仕上げに、バンテージで下部から上部に向かって
グルグルと巻いていきます。

全てテープが隠れたら、ふくらはぎのテーピングは完了です。

 

ランニングのふくらはぎ痛み。フォームで改善できる?

ランニングをするとふくらはぎを痛めてしまう原因は
主にフォームに問題があると思います。
今回は、改善するために正しい走り方のフォームをご紹介します。

まず、ランニングによってふくらはぎにストレスを受け
筋肉が硬くなっているので筋肉を緩めていきます。

硬くなっている部分を緩めることで
ふくらはぎの痛みは軽減されることになります。

筋肉を緩めるためには、ストレッチがすべてではなく筋肉を揺らしたり、
筋膜や皮膚を使って緩めていきます。

次に、ランニングする(走る)時に、
地面を蹴るイメージが強い方や、
つま先から着地してしまう方の場合、変える必要があります。

フラット着地と言われる着地は、
脛骨の真下に体重支持ポイントをおき、
そこで体重を支えることで局部にストレスを受けなくなり、
衝撃も緩和されます。

身体を自然に動かすためには、
まず走るときに意識することは自分の重心を前に運ぶという事です。

重心に前に運んでいくと、足も自然と前に出てきますし、
腕も自然に触れていきます。

意識をすることは緊張であり、無意識になれば緊張しません。

なので、ふくらはぎの痛みを感じないようにするためは、
意識を向けないことも重要になります。

ふくらはぎの痛みが突然やってきた!病気の可能性も。。

ふくらはぎの痛みが突然やってきたら怖いですよね!
病気の可能性もあるのでしょうか?

なんとなく、ふくらはぎに違和感があったけど
日に日に増して酷くなって痛くなることはありませんか?

日頃の運動不足かな?久しぶりに運動したからかな?
冷え性だからかな?…

なんて、のんびり思っていたら
ふくらはぎが思わぬ重症の場合もありますよ!

今回はふくらはぎの痛みについて、
可能性のある病気について調べてみました。

運動中や運動後に激痛が起こった場合…
スポーツ最中に痛くなったのならば
「肉離れ」の可能性があります。

スポーツ後に現れる痛みがあった場合は、
「筋肉痛」や「軽い肉離れ」の可能性があります。

高脂肪血症や喫煙者や肥満や高血圧の方で
ふくらはぎが痛む場合は、「動脈硬化」です。
血管が詰まる病気です。

さらに、進行すると「脳梗塞」「筋梗塞」などと
命にかかわる病になることもあります。

長時間同じ姿勢でいた場合に、ふくらはぎの痛みが出た時は、
「静脈血栓症」の疑いがあります。

いわゆる、エコノミークラス症候群として有名かもしれません。
同じ姿勢で長時間いることで
足やふくらはぎに出来た血栓ができて悪さする状態です。

ふくらはぎの外側の痛みは、「坐骨神経痛」が考えられます。
お尻から太ももに掛けて鋭い痛みが出る症状です。

寝ている時にふくらはぎの痛みがある場合は、
「腓腹筋痙攣」です。
通称、こむら返りです。

ふくらはぎの痛みが突然やってきた時は
病気の可能性も考えられますので神経内科や整形外科や
詳しい総合診療科などで診てもらうとよいでしょう。

 

ふくらはぎが片足だけの痛みや腫れの原因は?

ふくらはぎが片足だけがむくんだり
痛みや腫れるということがあります。

ふくらはぎの片足だけに腫れを感じるというときに
考えられる原因としては、下肢静脈瘤があります。

下肢静脈瘤は、15歳以上の
日本人の約43%に見られるようになっています。

30歳以上になってくると
実に62%の人に見られるようになってきます。

非常に身近な病気になっていますが女性に多く見られます。

立ち仕事や加齢、このほかには妊娠や遺伝などが影響しています。
肥満や便秘に関しては、
さらに症状を悪化させると考えられています。

発生する原因としては、血液が逆流することになります。
下肢静脈瘤があっても症状がないという人もいますが、
片足のふくらはぎが腫れてむくむというような人もいます。

ふくらはぎなどの静脈の流れが悪くなると、
皮膚に湿疹や色素沈着が見られることもあります。

この他に考えられる原因としては、
深部静脈血栓症になります。

これは深部静脈血栓症という太い静脈が関係していますが、
これは足の血液の90%を心臓に送るという働きをしています。

この血液が流れている所が固まり、
血栓ができてしまうという病気になります。

この時、足やふくらはぎの静脈の血液がしっかりと心臓に戻ることが出来ません。
早めに気づくことが必要となります。

 

ふくらはぎの内側の痛み。原因や解消法は?

ふくらはぎの内側に痛みを感じた時の、
原因や解消法にはどのようなことがあるのでしょうか?

走ることが中心のスポーツをよく行う
10~30代によく頻発します。

原因の多くは、過度な使い過ぎ、
負担であることが言われています。

後脛骨筋の関係性も深く、
疼痛を誘発することが知られています。

飛び跳ねたり、走ったりすることはもちろんのこと、
自力での歩行も困難となるケースも起こり得ます。

誤ったシューズや器具選びをすると、
ふくらはぎの内側が痛くなります。

いきなりのハードワークによって
発作を起こすケースもあります。

このため解消法は、運動前後に行う
ふくらはぎの内側の痛みの対策をご紹介します。

アイシング(氷水で冷やすこと)・安静・疲労回復・
適度な治療が大切になります。

適切なシューズを選ぶ・ウォームアップ運動(運動前)・
クールダウン運動(運動後)・適切な食生活・生活習慣の
見直しなどが予防対策として必要です。

 

ふくらはぎの内側を押すと激しい痛みが…

ふくらはぎの内側を押した時に激しい痛みが走る時があります。
大丈夫なのでしょうか?

健康的なふくらはぎなら押しても痛みなどは起きません。
だけど、押すと痛い場合は、血行が悪くなったことによって
老廃物が固まっている可能性が高いのです。

ふくらはぎを押すと痛いだけでなく、
疲労があるならば改善することが必要になります。

ただし、ふくらはぎだけをマッサージしては治りません。

老廃物が溜まりむくみになっていることが多いので、
足の先から順番にマッサージをしていきふくらはぎを揉むとよいです。

ふくらはぎの内側だけでなく、
外側も行い全体的に血行を良くしていくとよいです。

下から上に向かって血行を改善していくことにより、
きちんと心臓まで血液を送ることが出来ます。

マッサージを行う際は、力を入れすぎないことが大切です。
必要以上に力が入りすぎると、
血管を圧迫してしまい血流が悪くなる恐れがあります。

毎日出来る限り続けることで、
徐々にふくらはぎの状態を良くすることが可能です。

押すと痛いふくらはぎの内側の痛みの改善する方法は、
医師などに診てもらい適切な処置を受けた方が早く治ることが多いです。

また、血行が悪くなっているのが原因なので、
冷やさないことが大切です。

温めることで血行が改善されますので、
厚着をするなど自宅でも比較的簡単に行うことができます。

筋肉痛などのケースで炎症が起きている場合は、
冷やすことが必要になります。

 

ふくらはぎ内側の筋肉や血管の痛み|ツボで解消できる?

ふくらはぎの内側の筋肉や血管の痛みに、
よいツボはあるのでしょうか?

ツボを押すと具合の悪い箇所を直接治療するわけでもなく、
ただツボを押すだけでなぜ体調が良くなるのか不思議ですよね。

ツボを押すとなぜ体調が良くなるのか?
ツボは神経が集まる場所なのです。
神経が集まり渋滞するとスムーズに道を通ることが出来ません。

もし身体に不調があったとしても、
その情報がうまく脳へ伝わらず不調はさらに悪化してしまいます。

ツボ押しによって神経の伝達はスムーズになるのです。
ふくらはぎ内側の筋肉や血管の痛みのツボで解消できるのでご紹介します。

①足の裏側、ふくらはぎの山を足首に向けて降りていくところにある
くぼみにあります。

②足の表側で向こうずねの縁の少し外側、
親指をすねに当たたときに小指が当たるところにあります。
親指の先で強くすり込むように押し込みます。

③足の内側のくるぶしとアキレス腱の間で
くぼんでいるところにあります。

④足の裏にある「人」の字状の筋の交点の
内側にできるくぼみを強く刺激します。
指を使っても良いですが、ゴルフボールなどを利用すると便利です。

 

ふくらはぎの痛み、腫れは肉離れ?どんな症状?

ふくらはぎの痛みや腫れって肉離れなのでしょうか?
またどのような症状なのでしょうか?

長時間の立ちっぱなしの仕事などに就いていると、
ふくらはぎに張りや痛みがでることがあります。

筋肉疲労やむくみが影響していると思われますので、
お風呂上りにマッサージやストッレチをして、
疲労・むくみを溜めないようにしましょう。

ふくらはぎの痛み、腫れは肉離れです。

肉離れの症状は、足の曲げ伸ばしに伴って、
筋肉は伸びたり縮んだりの運動を繰り返します。

この時、筋力に負けて筋肉が部分断裂してしまった状態を肉離れと呼びます。
肉離れはスポーツ中に起こりやすく、ふくらはぎに生じることが多いです。

ふくらはぎが痛む場合には下腿二頭筋の部分分裂が原因となっています。

RICE処置は病院に行くまでに自分で簡単に出来る方法です。
Rest〈休息〉、Icing〈冷やす〉、Compression〈圧迫〉、Elevation〈挙げる〉の
それぞれの頭文字をとっています。

■休息…怪我した部分の安静を保ち、急激な腫れや痛みの増強を予防します。

■冷やす…痛みのある部分を冷やします。
腫れや痛みを最小限に抑えることができます。

■圧迫…痛みがある部分の内出血や腫れを予防する目的があります。

■挙げる…痛みがある部分を心臓よりも高くなるように挙げます。
必要以上の腫れを防ぎ、また腫れを軽減する目的があります。

ふくらはぎの外側がつる!どんな痛みが肉離れ?

ふくらはぎの外側がつってしまった。
どんな痛みの時が肉離れなのでしょうか?

スポーツをしていたら、突然、
ふとももやふくらはぎが痛い!って、
なった経験のある人は結構いると思います。

ある程度、年を取ってくれば、
日常生活でも起こることが多いですよね…。

ふくらはぎの外側がつる時、
どんな痛みが肉離れなのか特徴についてご紹介します。

肉離れの程度によって、症状も様々です。
伸ばしたり、縮めたりする作動をしたときに
痛むものや押すと痛いもの。

また特に何もしていなくても痛くなるという症状があります。
ひどくなると歩くことが困難になる場合も出てきます。

気を付けてほしいのは特に何もしなくても痛い場合です。
肉離れは外から見てすぐに判断できるものではないので、
もし何もしなくても痛い場合は
筋肉疲労からくる骨折などの可能性も考えられます。

気になったら医療機関に受診したほうが良いでしょう。
肉離れが起きるときは2つのタイプがあります。

①突然発生します。筋肉に急激に伸縮する力が加わったときに
損傷したり断裂したりする。

②ゆっくり発生する。筋肉が伸縮する動作を
繰り返し行うことによって、少しずつ筋肉が損傷したり断裂したりします。

むくみでのふくらはぎの痛み!原因や解消法は?

むくみでのふくらはぎの痛みの原因は
どんなことが考えられるのでしょうか?

①長時間にわたって同じ姿勢でいること…
ずっと同じ姿勢でいると、ふくらはぎの筋肉の働きが少なくなります。
筋肉の収縮によって作用するポンプ機能が上手く働かずに、
血液やリンパの流れが滞ってしまいます。

②筋力の低下…運動不足によってふくらはぎの筋力が衰えると、
ポンプ機能が低下して余分な水分を心臓へ送り戻すことができません。

③冷え性…手先や足先だけが冷たく感じるのが、冷え性です。

④塩分過多…塩分には水分を抱え込む性質があり、
体内に過剰な量を取り込むと余分な水分をうまく排出できなくなります。

1週間以上むくみが消えないような場合は、
血管や内臓の病気が原因の可能性があります。

下肢静脈瘤・心臓障害・肝臓や腎臓の障害の可能性もあります。
肝臓や腎臓に何らかの障害が発生していると
アルブミンの量が減少し、水分がうまく血管に戻れなくなって、
むくみでのふくらはぎの痛みの原因になります。

解消法は、マッサージ・ストレッチです。
筋肉をほぐすことで血行を促進し、むくみを解消する効果ができます。

 

ふくらはぎの痛み!むくみは病気?病院だと何科?

ふくらはぎに痛みやむくみがある場合、
それは何かいろいろな原因が考えられます。

ふくらはぎがむくんでいる、
痛みがあるというのは軽く見るべきではありません。

どのような病気の可能性があるのかという点について
ご紹介したいと思います。

ふくらはぎに痛みやむくみを感じた場合は
なるべく病院へ行きましょう。

ふくらはぎに痛みやむくみの症状が表れる場合、
それはリンパや血管の流れが悪くなっている証拠です。

場合によっては、動脈硬化や静脈量の可能性がありますので、
なるべく早く病院で診察してもらいましょう。

ふくらはぎがむくんでいるわけではないがとても痛むという場合、
それは坐骨神経痛や肉離れの兆候かもしれません。

どちらも早めに治療することが大切なので、
速やかに病院へ行きましょう。

ふくらはぎがむくむので病気かもという場合には、
まず内科で一通り検査を受けることをお勧めします。

むくみを専門に診る診療科というのはないので、
まずは一般内科、そうでなければ腎臓内科、循環器内科、
消化器内科、内分泌内科などが受診するべき選択肢となります。

 

ふくらはぎの痛みが血栓症の場合はどんな症状がでる?

ふくらはぎの痛みが血栓症が理由となっている場合は、
どんな症状がでるのでしょうか?

足やふくらはぎの血栓で怖いのが
「エコノミークラス症候群」や「肺塞栓症」
という病気に繋がる可能性があるということです。

これらの病気で恐ろしいのが
命の危険に及ぶほどの事態になり得ることです。

ふくらはぎの血栓による1つめの症状は「むくみ」です。
静脈に血栓が形成されると、
血液の流れが滞ってむくみが生じます。

見た目で分かる状態としては、
静脈の血液が溜まるため皮膚の色が、
青紫色になることがあります。

ひどくなる場合は、
夜間や朝方に足がつりやすくなるのも特徴です。

むくみのせいで傷が治りにくかったり、
慢性的なむくみが続くことで
皮膚や皮下組織が硬化してしまうという弊害障害もあります。

むくみの自覚症状はわかりにくく
初期段階では足のだるさや疲れやすさを感じることです。

2つ目の症状は、「痛み」です。
血栓によって足やふくらはぎの静脈の血流が滞ると、
疼痛や圧痛といった痛みが生じることがあります。

どの部分に血栓が出来たかによって、
痛みの出る部分が異なります。

痛みの種類としては鼓動に合わせた
ズキンズキンとした痛みの場合が多いです。

ひどい時は、夜眠れないほどだったり、
触るだけで飛び上がるほどに痛いレベルになることもあります。
ふくらはぎの痛みには要注意です。