ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の原因・症状や治療法は?
運動後、膝が痛い!それはジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)かも!対処法教えちゃいます

目次

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の原因は?痛みはなぜでる?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の原因は?
また痛みはなぜでるのでしょうか?

運動をしている方にとって
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)という症状を
耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は割とメジャーな症状であるので
実際に悩まれている方もいるかもしれません。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は名前の通り、
ジャンプすることの多い競技をしている方などに
起こりやすい症状です。

ジャンプ以外にも走ったりすることで
発症してしまう方もいます。

近年ではマラソンブームに伴い、
ランニングやマラソンで
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を発症してしまう方もいます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の原因は
主に膝の使い過ぎによるものです。

膝を使いすぎることで骨が
ジャンプや走る衝撃に耐えられなくなり
少しずつ損傷をうけます。

そして、その骨が靭帯などにダメージを与えてしまい、
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を
引き起こしてしまう原因となります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は誰にでも起きうる症状ですので、
スポーツをする人は注意をしておく必要があるでしょう。

発症すると初期のうちは膝を使ったときに
痛みを感じるようになります。

そのうち、痛みと同時に
炎症を起こし腫れや熱を感じるようになります。

重症化すると膝を使っていない時や
日常生活でも痛みを感じるようになります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の症状とは?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の症状とはどんなものでしょうか?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は
スポーツをしている方にとっては身近な症状かもしれません。

特に若い方の発症率が高いので
学生時代スポーツをしていた方や
若いときからスポーツをしていた方は
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を経験したことがある方もいるかもしれません。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は名前に膝とついている通り、
膝の痛みが症状としてあらわれます。

しかし、その症状はいくつかの段階に分かれています。

軽い段階から順番に見ていきましょう。

まずは運動後に皿部分の上や下側が痛む症状です。

これはジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)で
一番症状が軽い状態です。

運動後に痛むので運動はできてしまいます。

そして、次は運動を始め始めた時に
痛みを感じるようになります。

運動後に痛む状態よりも症状は悪化しています。

しかし、ウォーミングアップをしていく中で
痛みが軽くなっていくので運動自体は可能です。

そして、症状がさらに悪化すると
運動中ずっと膝が痛むようになります。

運動ができないくらい痛んでしまいます。

そして、一番ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の症状が
悪化してしまった時は歩行するだけで
痛みがあらわれてしまうようになります。

こうなると日常生活にも支障が生じます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のサポーターでおすすめは?効果が高いのは?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のサポーターでおすすめは?
また効果が高いサポーターはどれでしょうか?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は膝の使い過ぎが原因で
骨や靭帯が損傷をしてしまっている状態です。

治していくときにはまず、
痛みを抑えるために膝を使ってしまわないように
サポーターなどで固定することが必要になります。

サポーターできちんと固定をすると
膝の使い過ぎを防止することができますし、
下半身のゆがみや筋肉の状態を整えることができます。

特にジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は
痛み自体は膝にあらわれます。

ただ実際は太ももの筋肉や
下半身全体の筋肉などのバランスが
治療やスポーツ再開では重要になってきます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)で
手術をしない場合の基本的な治療の流れは、
まずサポーターなどで膝をできるだけ動かさないようにして
痛みや炎症を抑えます。

そして痛みがなくなった後は
膝の筋肉や太ももの筋肉、各関節などの動きを確認しスムーズにしていきます。

場合によっては太ももを柔らかくするために
マッサージをしたり、筋肉量を増やすために
リハビリトレーニングを行うことがあります。

サポーターは炎症を抑える時の固定としても、
筋肉トレーニングを行う時の固定用としておもおすすめです。

サポーターは様々な種類があるので
おすすめのものや固定方法を病院などで聞いてみるのもおすすめです。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のサポーターでおすすめは?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のサポーターでおすすめなのはどれでしょうか?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の症状は膝に痛みがあらわれます。

ただ実際には太ももの筋肉量が少なくて
運動時の衝撃を吸収できなかったり、
運動姿勢などが問題となっていることも多いです。

そのため、本来ならば病院などで
適切な治療を受けることが、
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の回復への近道
となります。

しかし、中には病院に行く余裕がなかったり、
病院でよいサポーターを紹介してもらえないということもあるかもしれません。

バレーボールやバスケットボールなどジャンプを良くし、
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を起こしやすい競技の場合は
チームなどでサポーターをいくつか所有しておくのもいいかもしれません。

そういった方のために
今回はジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)に
おすすめのサポーターをいくつか紹介していきます。

まずは一つ目です。ザムストひざサポーターです。

バレーボールやバスケットボールなどをしている方は
見たことがある方も多いサポーターなのではないでしょうか。

膝の皿の位置を適切な場所に固定するのでおすすめです。

続いて二つ目です。お医者さんのがっちり膝ベルトです。

こちらは高齢者などで日常生活に膝を痛みを感じる方に作られたサポーターのようです。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の方でも使うことができます。
より固定度が高いので日常生活でも
痛みを感じるときに使うのがおすすめです。

そして、最後です。ザムストJKバンド膝用サポーターです。

ベルト式できつさを変えられるので
成長痛やジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)など
膝にトラブルが起きやすい中高生の部活動や
チームなどに常備しておくのもよさそうです。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)にサポーターはどんな効果がある?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)にサポーターは
どんな効果があるのでしょうか?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は大人よりも
成長期である若い男性によく起こるのが特徴です。

これは成長期の男性は成長スピードが著しく、
筋肉と骨の成長バランスが
一時的に合わなくなってしまうことが原因です。

筋肉が骨に対して成長が足りていないと
骨の運動時の衝撃を吸収しきれず
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を引き起こしてしまいます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は痛みを感じたら
まず運動を控え、痛みや炎症を抑えることが大切です。

しかし、部活動やチームなどは休みにくいと感じて
無理をしてしまう方も中にはいます。

そんな時はサポーターで固定しながら様子を見て
ストレッチなどできる範囲で
部活動に参加するのがおすすめです。

サポーターは膝の皿部分を固定するものがほとんどです。

余計に動いてジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の症状を悪化させたり
痛みを発生させるのを抑える効果があります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の原因は
膝の使い過ぎがほとんどです。

サポーターで固定して
これ以上症状が悪化したりしないようにするのが大切です。

サポーターには固定する効果もあるので、
病院に連れて行く前の応急処置としても有効です。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の時、サポーターの付け方は?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の時、
サポーターの付け方はどのようにすればよいでしょうか?

バレーボールやバスケットボール、サッカーなど
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を起こしやすいスポーツの部活や
クラブチームなどではサポーターを常備しておくと良いです。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の選手に
すぐ対応できるようになります。

その際は指導者やマネージャーなどが
サポーターの正しい付け方を知っておくのも大切です。

まずジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の場合でも
サポーターの付け方で大切なのは
サポーターの説明通りに正しく付けるということです。

サポーターのメーカーや種類によっては
微妙に付け方が異なることがあるので
事前にきちんと確認をしておくようにしましょう。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)に有効なサポーターは
いくつか種類がありますが、
一番手軽なのがバンドタイプのものです。

これは膝の皿の下に固定して、
皿が動かないように固定します。

バンドで太さを調節できるものがほとんどですので、
確実に固定できるきつさで
サポーターを付けることが大切です。

他にはジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のサポーターで多いのは
膝の皿部分に穴が開いていて、
上下から膝の皿部分を固定するものも多いですよね。

このタイプは確実に膝の皿と穴をあわせて
固定するように付けるのが大切です。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)にサポーターのザムストは良い?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)にサポーターのザムストは良いのでしょうか?

ザムストは医療メーカーとしてスタートし、
現在ではスポーツ時のケガ用のグッズを
多く開発しているメーカーです。

中でもサポーターは有名ですよね。
ザムストのサポーターを持っているという方も
多いのではないでしょうか。

既に持っているザムストの膝用のサポーターを
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)に活用することができたら便利ですし、
新しくサポーターを買う必要もないですよね。

ザムストは医療メーカーとしてスタートしているので、
医療的な観点からみたサポーターを
多く開発、販売しています。

そのため、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)にも
良いサポーターが多くあります。

まず、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)で
手軽でおすすめなのがザムストJKバンドです。

膝の下に固定するだけで
膝の皿部分を固定することが可能です。

サポーターには様々な種類があり、
様々な会社から販売されていますよね。

どれを選んだら良いか悩んでしまうこともあると思われます。
そんな時はもう一度目的を考えてみると良いでしょう。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)では痛みを抑えたり炎症を抑えて、
その後の治療をスムーズにするのが目的です。

医学的なノウハウがあるザムストが
開発したサポーターを利用するのがおすすめです。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の時、テーピングの巻き方は?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の時、
テーピングの巻き方はどうすればよいのでしょうか?

サポーター同様に患部を固定したり、
筋肉を固定して正常な動きをさせる効果があります。

そのため、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)に
なってしまった時にもテーピングは有効です。

サポーターはベルトやマジックテープで固定をするだけで
誰でも簡単につけることができます。

しかしテーピングの場合は少し知識がいりますよね。

今回はジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の時の
テーピングの巻き方を紹介していきます。

まず膝は日常生活でもよく動くので
テーピングは伸縮性のあるキネシオテープを使うのがおすすめです。

テーピングで伸縮性のないテープを使用すると
日常生活の中で膝を動かしにくくなってしまったり、
動かした時にテーピングが崩れてしまうことがあります。

そして、まずは太ももから膝の皿までの長さの
テーピングを用意して3cmほど残して二股に切ります。

3cmほど残した部分が膝の皿の下部分になるようにはり、
膝の皿から太ももの筋肉に沿わすようにはります。

この時は膝を曲げた状態でピンとなるようにはります。

続いてテーピングで膝の皿部分も固定します。

膝の皿上部分から太ももにかけての長さのテーピングを用意して、
今度は膝に当たる部分を二股にします。

そして、皿の横部分から皿にそってはり、
太ももの真ん中を通るようにはります。

これもテーピング時は、ピンとした状態ではるようにしましょう。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の巻き方は
ぐるぐる巻くというよりもこのように膝の皿を固定して、
太ももの筋肉に沿ってはるのが大切です。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のテーピングで簡単にできるのは?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のテーピングで
簡単にできるのはどれでしょうか?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は
成長期の若い方に起こりやすい症状です。

部活動などでスポーツをしている方も多く、
試合前などでどうしても練習に参加したかったり、
部活動を休みにくいと考えて
すぐに運動をしたがる子も中にはいます。

また、メンタル面でも成長過程の時期なので、
リハビリ後医者に回復を言われたとしても
復帰時は運動することに抵抗を感じてしまうこともあります。

そんな時、自分でもできるくらい簡単なテーピング方法を
知っておくとスポーツすることに対する敷居を下げることができます。

自分で応急処置やジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の予防をすることができます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のために
簡単にテーピングをする方法は…

膝の皿部分を起点にして
太ももにかけてV字でテーピングをする方法です。

筋肉の流れなどをそれほど意識する必要もなく、
一人でもはりやすいのでおすすめです。

座った状態でも立った状態でもはることができますが、
その後に運動することを考えると立った状態ではる方が
運動時の違和感が少ないと思われます。

ただし、テーピングはジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を
完全に治してくれるわけではなく、
あくまでも痛みを抑える応急処置であることを認識しておきましょう。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)にテーピングのキネシオはよい?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)に
テーピングのキネシオはよいのでしょうか?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のテーピング方法について調べていた時に
キネシオタイプが良いと目にしたこともいるかもしれません。

今回は本当にキネシオタイプが良いのか、
どうしてキネシオが良いのかについて紹介していきます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のテーピングには
キネシオテープを使うのがおすすめです。

キネシオテープは他のテーピングと比較して
伸縮性に優れています。

そのため、固定する力が弱いと考えられがちですが、
実際は運動時などに膝の衝撃を筋肉と一緒に
テーピングも吸収して分散してくれるので効果的です。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の
テーピングにはキネシオと覚えておくと
痛みを感じた時の応急処置もスムーズにいくでしょう。

また、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)以外の膝の痛みでも
キネシオテープによるテーピングは有効なので
スポーツをする方はケガに備えて持っておくのもいいですね。

テーピングはシワになってしまうと
効果がなくなってしまうので、
ピンとのばしてテンションをかけた状態ではるようにしましょう。

テーピングを買った時に貼り方も練習してくと
よりスムーズに対応できるのではないでしょうか。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のストレッチ方法!予防や治療にも使える?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のストレッチ方法はこれ!
予防や治療にも使えるのでしょうか?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は主に
膝を使いすぎてしまうことで起きてしまいます。

膝を使いすぎると膝の骨や靭帯が
衝撃を吸収しきれずダメージを受けてしまい炎症を起こしてしまいます。

これを防ぐためには筋肉量を増やしたり
筋肉を柔らかくしたりすることで
膝の骨や靭帯などにかかる負担も
筋肉で吸収してしまうことが必要になります。

そして、筋肉量を増やすには筋トレなどが有効ですが、
筋肉を固い状態から柔らかくするのはストレッチが有効です。

ストレッチは運動前にジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の予防として取り入れたり、
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療の一環として取り入れるのがおすすめです。

今回は効果的なストレッチのやり方をご紹介します。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は
膝に症状があらわれるので誤解しがちです。

実際に膝の動きを助けているのは
股関節や太ももの筋肉の働きが大きいです。

この2つを意識して柔らかくしておきましょう。

まずは仰向けになって膝を曲げ、
膝の皿部分を持ち股関節をぐるぐると回します。

大体20回ほどやるとほぐれます。

次は太ももと自分のおなかをくっつけるようにして、
太ももの筋肉に刺激を与えます。

股関節を開き足を床にくっつけるようにする
ストレッチも股関節の動きをよくするのでおすすめです。

この方法なら既にジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)で
膝に痛みがある状態でも比較的ストレッチを行いやすいです。

立って行うものや片膝ずつ行うものは
膝が痛い時はできない時があります。

痛みをかばいながらやると他の身体の部分に負担がかかってしまい、
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)が悪化したり
他の症状があらわれてしまうことがあります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療方法!

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療方法はどんな感じ?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療は
痛みの段階によっていくつか種類があります。

当然、痛みが軽く症状が軽いうちのほうが治療は簡単になります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は
比較的スポーツや痛みに関する知識が薄い
10代から20代の若い方に起きやすいです。

また選手は最初のうちは運動後に
膝の痛みを感じる程度なので
痛みを隠しがちであることなどから重症化してしまいやすい特徴があります。

まずは軽い段階での発見や治療を目指しましょう。

まず運動後に痛みが起こるだけの軽い段階の場合、
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は運動後のアイシング、
運動前のストレッチ、サポーターをして
膝をできるだけ固定することを徹底することが大切です。

初期のうちはこれで改善することが多いです。

運動の後だけでなく運動の前後に
痛みがあらわれるようになった時は
さらにジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)が悪化している状態です。

一番膝に負担のかかるジャンプの動きを禁止しましょう。

アイシングも行います。

運動姿勢に問題があることも多いので
股関節や足全体をみて運動療法も痛みが引いたら行います。

運動中だけでなく、日常生活中にも痛みを感じるほど
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)が悪化した時の治療は運動自体の中止です。

痛みがひき症状が改善したら
下半身全体の筋肉バランスの改善や
股関節の改善などを治療で行います。

そして、最もジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)が
重症化し靭帯が断裂してしまった時は
手術が必要なこともあります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療期間ってどれくらい

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療期間ってどれくらいなのでしょうか?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の
治療方法と同様に治療期間も
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の症状の重さで変わってきます。

当然症状が重症化してしまった時の方が
治療期間は長くなってしまいます。

症状が軽く運動後や運動の前後に痛みを感じるだけの時は
運動の中止はせずに運動の前後の治療だけで済みます。

治療期間も短くて済むし運動に影響は少ないといえるでしょう。

しかし、運動中だけでなく日常生活中も
痛みも感じるようになると
運動を何か月も中止して痛みをまず抑える治療をすることになります。

こうすると治療期間も何か月にもわたりますし、
運動を再開後もリハビリや筋トレなどの治療がさらに必要になります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療でリハビリはどんな感じ?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療で
リハビリはどんな感じなのでしょうか?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療は
主に2つに分かれていると考えられます。

まず最初に行うのはジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の炎症を抑えて
痛みや腫れなどをひかせる治療です。

そして、次に行うのが筋肉量の改善や
股関節の改善、膝の使い方の改善など
様々なことを行うリハビリ治療です。

リハビリ治療は原因となったスポーツや
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の症状の重さでも変わってきます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の場合は
股関節の動きが悪かったり太ももの筋肉量が少なかったり
太ももの筋肉が固いことが原因で起こりやすいです。

まずそれらを改善するストレッチや筋トレなどを
リハビリとして行うことが多いです。

運動中の動きや姿勢に問題があり
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を引き起こしていることもあります。

リハビリ先や病院では運動姿勢をみて
改善をしていくといったリハビリを行うこともあります。

身体はそれぞれの部分が相互に働き運動を行っています。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)として膝に症状があらわれても
実際は膝ではなく別の部分が
原因になっていたということがあるからです。

リハビリではこのようにして
改善と再発防止を目指していきます。

治療を大阪の病院でうけるなら

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療を大阪の病院でうけるならどこがよい?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は運動をしている方にとって
割とメジャーな症状かもしれません。

そのため、場合によっては痛みを抑えるだけで
リハビリが不十分な病院も中にはあります。

今回は大阪にあるジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療に
おすすめの病院を紹介します。

一つ目は悠楽堂です。

整体ですのでリハビリや整形外科に通った後に
痛みが長引くようでしたら行くようにしましょう。

整体では診察や薬の処方などはないので
まずは整形外科にかかりましょう。

整形外科ですとISクリニック
リハビリテーション科もあるのでおすすめです。

他には愛幸診療所もISクリニック同様
リハビリテーション科がついているのでおすすめです。

治療を東京の病院でうけるなら

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療を
東京の病院でうけるならどこがよいのでしょうか?

東京都は病院の数も多いので
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療を行う時は
アクセスの良くて評判の良い病院にするのもいいですね。

まずは多摩地区ならば青梅線沿線にある
あいざわ整形クリニックがおすすめです。

夜6時30分までと土曜日の午前の診察行っています。

23区ならアイレッグクリニックがおすすめです。
こちらには整形外科、リハビリテーション科とあわせて小児科もあります。

例えば、小学生などでスポーツをしていて
膝が気になるなどであれば
アイレッグクリニックが良いかもしれません。

青山整形外科クリニックは土曜日の診察はしていませんが
平日5日間夜19時までやっているので
夕方以降病院に行きたい方にもおすすめです。

治療を札幌の病院でうけるなら

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療を
札幌の病院でうけるならどの病院がよいのでしょうか?

札幌といっても広いので
ご自身のアクセスしやすい地域にある病院を選ぶことが大切です。

その後のリハビリまで考えると
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療は
長期間にわたることが多いからです。

石部基実クリニックは札幌市中央区にあるクリニックです。

リハビリテーションの専門医もいるので、
リハビリ治療の段階でも継続して治療を受けることができます。

医療法人社団あんざい整形外科クリニック
札幌市の東区にあります。
麻酔科医も常駐しているので外科的治療を行うことも可能です。

札幌市西区でおすすめなのは医療法人社団さくらだクリニックです。
ペインクリニック専門医がいるので
痛みを取り除く治療を受けたい方におすすめです。

治療を北九州の病院でうけるなら

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療を
北九州の病院でうけるならどこがよいのでしょうか?

北九州エリアでジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療を受けるなら
まずは福岡にあるあおぞら整形外科医院がおすすめです。

リハビリテーション科もあるので
整形外科とリハビリテーション科が
同じ病院内で連携して治療を行ってくれます。

他には石西整形外科医院
リハビリテーション科が病院内にあります。

土曜日も午前中なら診察をやっているので
社会人でスポーツをしていて
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)になってしまった方でも通いやすいでしょう。

また、医療法人桜クリニック
平日月曜と木曜のみですが19時まで診察を行っています。

19時まで診察をやっているなら
仕事帰りでも通えるかもしれませんね。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は手術で治る?費用はどれくらい?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は手術で治るのでしょうか?
また費用はどれくらいかかるのでしょうか?

重症化してしまったジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は
手術で治すこともあります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は膝の使いすぎて
骨がダメージを受けてしまい、
それにより傷ついた骨が
膝の靭帯を傷つけてしまうことが原因で起こります。

初期のうちは靭帯に細かい傷がつく程度ですが
重症化してしまうと膝の人体が断裂してしまうことがあります。

こうなった場合は靭帯を手術することがあります。

靭帯自体は手術により断裂や損傷を治すことができます。

ただしリハビリに長期間かかり
運動ができるような状態になるまで時間がかかることなどから
手術に踏み切る方は少ないようです。

また、費用ですが、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は
保険適用されるので手術費用は3割負担で済みます。

入院費用や手術費用は
高額療養費制度を利用することも可能です。

しかし、民間の医療保険やスポーツ障害保険などの場合は
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は慢性的な疾患とみられてしまい
保険金がおりないこともあるようです。

加入している保険の約款などをみたり
コールセンターに相談するなどして
あらかじめ保険金がおりるかどうか確認しておくと良いでしょう。

手術前に高額療養費の申請や
保険金が下りる場合は
保険金の申請書類を用意しておくとスムーズです。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の予防方法は?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の予防方法はどんな感じ?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は
一度なってしまうと長引きやすく慢性的に起きやすい症状です。

そのため、ならないような予防をすることが大切です。

まず、予防で大切なことは
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を起こしやすい
スポーツや動きを認識しておくことです。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)はジャンプを良くする
バレーボールやバスケットボール、
長距離を走るサッカーなどのスポーツで起きやすいです。

最近ではマラソンブームに伴い
ランニングで起きてしまう方もいるようです。

そして、比較的若い年齢の方に起きやすいです。
これは成長期であり骨と筋肉の成長バランスがあっていないことが原因です。

そのため、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)が起きやすいスポーツをしている方、
スポーツの指導者はジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のリスクを
理解しておくことが予防で大切になります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のことを知っておけば
運動後に痛みを感じる一番初期の段階で
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)に気づくことができて
治療を開始することができるからです。

症状が重症化することを予防できます。

そして、運動前にはストレッチをすることを徹底しましょう。

筋肉を柔らかくし、股関節の動きをよくすることで
膝にかかる衝撃を吸収することができます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の予防は膝だけでなく、
下半身全体で行うと考えた方が良いでしょう。

それでも万が一痛みが起きてしまったら
運動後はアイシングを徹底して
炎症を抑えるようにしましょう。

運動中の動きや姿勢なども意識して
身体の特定の部分に負荷がかかる動きや
無理な動きは改善するのも
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の予防に効果的です。

バスケのジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は予防できる?

バスケのジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は予防できるのでしょうか?
バスケはジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を起こしやすいスポーツです。

というのもバスケは競技の性質上
どうしてもジャンプをする機会が多くなるので、
膝に負担がかかりやすいからです。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を起こしやすくなってしまいます。

ジャンプをして地面に着地するときには
膝には体重の何倍もの衝撃がかかっているともいわれています。

バスケをしていたら、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)になるのは
仕方ないと思っている人もいるかもしれません。

バスケをしている方で
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を予防するには
股関節の動きを良くすることと
太ももの筋肉の量を増やし柔らかくすることが大切です。

ジャンプの時の衝撃を太ももの筋肉で吸収するようにすれば
膝への負担を軽くすることができるからです。

具体的な方法としては太ももの筋トレや
運動前のストレッチを欠かさないようにしましょう。

膝の様子に気を配り運動後に痛みを感じた時などには
サポーターをつけアイシングをするなどの
応急処置をするのも大切です。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)でランニングする時の注意点

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)でランニングする時の注意点はどんな感じ?

最近、マラソンがブームですよね。
通勤途中にランニングをする方も増えています。

特別な道具も必要なく、どこでもできるので
ランニングが人気なのかもしれません。

しかし、ランニングも膝に負担がかかりやすいので注意が必要です。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は名前の通り、
ジャンプの時に膝に負担がかかることが原因で
起きることが多いです。

しかし、ジャンプ以外でも繰り返し膝に負担をかけてしまうと
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)になる恐れがあります。

特にランニングの場合、地面を飛ぶように走ることで
膝へのダメージも大きくなります。

普通の道路などの
コンディションが良くないところで走ることもあるので
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)のリスクが比較的高いといえます。

また、若いときスポーツをしていて
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)だったけど
ランニングを再開する方もいるでしょう。

部活のトレーニングでもランニングは多いですよね。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の方が
ランニングをするときは運動前後のストレッチを
入念に行うようにしましょう。

ストレッチの際は膝だけではなく、
下半身全体や全身のストレッチを行うことが大切です。

ストレッチをすることで身体をほぐし
身体の動きをよくすることができますし、
筋肉を柔らかくすることで
膝にかかる分の衝撃を吸収することができます。

整形外科やトレーナーに
一度自分の走るフォームを見てもらって
膝に負担のかからないフォームで走るのもおすすめです。

ランニングの時ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)に良いサポーターは?

ランニングの時ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)に良いサポーターはどれでしょうか?

ランニングをしたけど、膝が痛くなってしまった、
それはジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)かもしれません。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は
慢性的な症状になりやすいので
初期の段階で確実に治しその後予防するのが大切です。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)で有効なのはサポーターです。
サポーターで膝の皿部分を固定することで
骨や靭帯へのダメージを抑えることができます。

また、炎症が起きてしまっている場合には炎症を抑えやすくもなります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)になってしまった時は
ランニングを休むのがおすすめですが、
それでもランニングをしなければいけないときは
サポーターをしてランニングしましょう。

おすすめのサポーターは膝を完全におおってしまうものです。

ベルトタイプのもので膝の下にのみ装着するタイプですと
どうしても走っている時にずれが気になってしまいます。

具体的にはザムストRK-1などがおすすめです。

こちらは医療メーカーであるザムストが
ランナー用に開発した膝のサポーターです。

また、通勤後などの夜にランニングする方もいますよね。

膝を冷やさないようにするためにも
保温用パット付きサポーターなどもおすすめです。

ランニングの時ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)に良いテーピングは?

ランニングの時ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)に
良いテーピングはどれでしょうか?

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)で
膝に違和感や痛みを感じるけど
それでもランニングをしなければいけないという時があるかもしれません。

そういう時はサポーター以外にも
テーピングもおすすめです。

テーピングをすることで膝の動きを
サポートしたり固定することができますし、
筋肉の正しい動きを助けることも可能です。

ランニングの時ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の方に
良いテーピングはキネシオテープです。

走っている時もテーピングがずれたりしないように
伸縮性のあるキネシオテープを使うようにしましょう。

動きと合わせて伸び縮することで
筋肉のように膝の衝撃を吸収しやすくしてくれます。

テーピングを貼るときはできるだけ
テーピングを伸ばした状態で貼るようにしましょう。

よれてしまったりシワができないようにしましょう。
最初のうちは少し貼るのが難しいかもしれませんね。

メーカーのテーピング講習に参加したり、
整形外科やリハビリ施設などで
テーピングの方法を教えてもらうのも良いですね。

サポーターと違い、一度貼り方を覚えてしまえば
応用がきくのもテーピングの良いところです。

サイズなどもないので誰にでも
ちょうどよく対応できるのも良いですね。