かかとの痛み!原因や症状・対処法にはどんなものがあるのでしょうか?
また、痛風など病気の可能性もあるのでしょうか?

外傷による痛みの原因は明らかですが、
身に覚えないかかとの痛みが出てきた場合の
原因や症状・対処法などもご紹介します。

かかとの痛みは痛風の可能性もあるのか?気になる病気の事もご紹介していきます。

目次

かかとの痛みの原因は?病気の可能性もある?

かかとの痛みの原因にはどんなものが?また病気の可能性もあるのでしょうか?

かかとが痛くなる原因は、スポーツなどの運動や長時間の立ち仕事などで
足に負担がかかり、使い過ぎでかかとに痛みが出るのです。

そして、身体の中で毎日使う場所なので特に負担がかかる場所です。

痛みが出やすい人は、かかと周りの骨格が崩れている状態で
負担がかかり痛みが起こりやすくなっています。

かかとが痛む主な病気は、
足底筋膜炎・踵骨棘・坐骨神経痛・後天性偏平足があります。

かかとの内側の痛み!どんな原因がある?

かかとの内側の痛みについて。どんな原因があるのでしょうか?

原因不明のかかとの内側の痛みは不安になってしまいますよね。
なぜ、内側の痛みは起こってしまうのでしょうか?

原因は、かかとに負担がかかることで痛みが起こります。

・歩き方が悪い
・体重が急に増えた
・激しい運動をした
・長時間立っている
・体が冷えている
・かかとの高いヒールやパンプスを履きすぎている。

などが原因となる可能性があります。

多くの場合がこれらの原因によって足に負担がかかり内側に痛みが起こっていると考えられます。

ただ、同じ環境でもすべての人が発症するわけではありません。

痛みが出やすい人は、かかと周りにある骨格が崩れているので、
足裏にある筋や腱を覆う膜などに強いストレスが掛かり続けります。

そのストレスで炎症が起こり痛みを発症するのです。

このような症状が続くと足底筋膜炎や踵骨棘やアキレス腱炎などが発症してしまいます。

もしくは、発症している可能性があります。

放置をせずに自分自身のかかとの痛みがある場合は疑ってみてくださいね。

かかとの外側の痛み!どんな原因がある?

かかとの外側の痛みの場合、どんな原因がある?

かかとは身体の中で毎日負担のかかる場所ですが、
かかとの外側が痛むことは、どんな原因なのか調べてみました。

かかとの外側の痛みは「腓骨筋腱炎」かもしれません。

考えられる原因としては、
足裏に刺激が大きい運動(ジョギングなど)を毎日行っていると
疲労が溜まって痛みが生じます。

次に、歩き方が問題です。
片寄っている歩き方や重心がかかとになっていると痛みを起こします。

次に、冷え性です。
足の部分は冷えやすく血行不良になり筋肉が硬くなり弾力性が失われます。

次に、急激な体重が増加した時です。
急激な体重増加をするとかかとへの負担が大きくなります。

「腓骨筋腱炎」は、腓骨筋という脛の上部から外くるぶしの後方を通って
土踏まずまで伸びる長い筋肉に炎症が起きた状態です。

くるぶしを周辺を通る腓骨筋の部分に炎症を起こしてしまうのが病気です。

外くるぶしの後方から下にかけての痛みや腫れが見られます。

かかとの痛みは、痛風が原因の時もある?

かかとの痛みがひどい時、痛風が原因の可能性もあるのでしょうか?

痛風から起きる痛みは色々な部位で現れてますが、
かかとの痛みは痛風との関連性はあるのか調べてみました。

痛風の症状が起こる場所で一番有名な部位と言ったら
足の親指の付け根です。

だいたい7割は足の親指の付け根に出ると言われています。

痛風予備軍の自覚をお持ちの方で、
かかとが痛い方は内科に行くのをおすすめします。

痛風では、かかと自体は痛みません。

痛風と間違えやすいのです。
痛風と間違えやすい病名は、「足底筋膜炎」「アキレス腱炎」が考えられます。

この両方とも運動のやりすぎからくるスポーツ障害です。

また、加齢による筋肉の変化も関係しています。
基本的には、痛風の症状は足の指の付け根に起こるのがほとんどです。

かかとやくるぶしに痛みが出るのは痛風以外のケースというのも結構多いです。

自分自身の今の症状を把握して足に負担をかけていなかったかどうか、
しっかり踏まえたうえで判断してみてください。

ランニングでかかとの痛みが!原因は?

ランニングの時に、かかとの痛みが!原因は?

ランニングしている時、地面に着けるだけでもかかとに激痛が走るケースがあります。

走ったりした時、足裏には全体重や衝撃がかかります。
かかとには70%の割合で分散しています。

このランニングでかかとの痛みの原因は何か調べてみました。

■速度や距離を短期間に急激に上げるような無理なトレーニングをした時。

■足の使い過ぎや、ランニングシューズが小さすぎる場合や足全体に負担がかかる場合。

■偏平足・老化による足底のアーチに低下の場合

■おうとつの激しい場所や段差のある道路を走って足底を痛める場合

があります。

多くの方は、ランニングフォームが原因と考えられます。

腰が落ちて後傾しすぎていると、
足が地面に着いている時間が長くなりかかと着地になります。

このような走り方で、走る時間が長くなると
負担が大きくなりかかとを痛めるのに繋がります。

痛めない走り方は、足裏全体で着地する走り方へ少しずつ変えていくことです。

剣道でかかとの痛み!原因は何?

剣道でかかとの痛みを感じた場合の、原因は何?

剣道をしている人は、かかとを痛めるケースは多いようです。

剣道の選手を見てみるとかかとにサポーターをしている人をよく見かけます。
サポーターが手放せない人が多いようです。

ただ、どうして剣道でかかとの痛みの原因は何か調べてみました。

この原因を知れば練習中も痛くなくなるかもしれません。

剣道をしている時のかかとの痛みの原因は、

・踏み込み方法が間違っている
・袴の裾をかかとで踏んでいる…

この2つが原因と言えます。

まず踏み込み方法ですが、この動作を行うと足裏に約1トンの力が加わるようです。

その力が1点に集中して加わる力は間違った踏み込み動作なのです。
足の裏全体で床を踏むイメージが良いと思います。

ただ、踏み込むときに癖になってしまっている方は治すのに大変です。

ポイントは、膝を高く上げない、
着地時は膝の真下を踏みつけるようにしましょう。

次に、袴を見直しましょう。
意外と多くの方がかかとで裾を踏んでいる方がいます。
踏んだ瞬間はかなり痛いので着装を見直してみてください。

かかとの痛みの治療方法!どんな治療法がある?

かかとの痛みの治療方法について!どんな治療法があるのでしょうか?

先ほど、かかとの痛みを部分別で原因をご紹介しました。

かかとが痛いと生活に支障が出たり通常行っている動作が難しくなりますよね。

このかかとの痛みを部分別(内側、ランニング等)に治療方法があるので、
どんな治療法があるのか調べてみましたので
良かったら参考にしてみてください。

足の裏のかかとの内側に痛み!治療法は?

足の裏のかかとの内側に痛みがある時の治療法は?

足の裏のかかとの痛みに悩まされている方は多いと思います。

かかとの痛い場所によって治療法が変わっていきますのでお伝えしていきます。

歩き方や使い過ぎの場合、足底筋膜炎の可能性は高いです。
そうではない場合は、足の裏のかかとの内側に痛みが出る場合があります。

腰痛などでバランスが偏っている時があります。
その場合、左右のバランスを意識して歩きましょう。

他には、痛みが出た時は安静にするのが一番大事です。

スポーツが原因で痛みを生じた場合は、休むようにしてください。

次に、痛みがある場所を避けてその周りをマッサージすると
筋肉の緊張をほぐすと、緩和できます。
(注意は、足底筋膜炎の場合は、悪化する時があるので気を付けてください)

鎮痛作用のある温湿布を患部に貼りましょう。

これは、温湿布が重要となります。
冷湿布で患部を冷やしてしまうと血行不良となり足の筋肉が硬くなってしまい、
ますます痛む場合があります。

かかとの内側の痛みの治療法についてご紹介しました。

かかとの内側の腫れやズキズキした痛み。治療法は?

かかとの内側の腫れやズキズキした痛みを感じる。
そんな時の治療法は?

かかとが腫れて痛くなる原因は、成長期があります。
こどものかかとの先端には、骨端成長版があり成長するにつれて骨は薄くなってきます。

足に負担のかかるスポーツやジャンプ着地などと
毎日のようにしていると炎症を起こしてしまいます。

そうすると、痛くなったり腫れたりします。

負担の掛けすぎですが、足に掛かる負担は、

例えばランニングやサッカーなどのスポーツのし過ぎや長時間立ちっぱなし、
自分の足に合っていない靴を履くのが原因でかかとが痛くなったり腫れたりします。

この場合の治療法は、
スポーツなどで足に負担を掛けすぎている動作が原因の場合は、
安静にするのが大切です。

この痛みや腫れをそのままにして繰り返し同じように使いすぎていると
症状は悪化してしまいます。

一旦、練習は休んで安静にしておくのが重要です。
そして、足を温めると血行がよくなり治りがはやくなります。

早期回復に繋げるには、ストレッチも同時に行うと、なお有効です。

かかとの内側の痛みにツボは効く?

かかとの内側の痛みにツボは効くのでしょうか?

歩きすぎや足の使い過ぎの場合は、
足底筋膜炎の可能性が高いです。

思い当たらない原因の場合は、
腰痛などで腰をかばって歩いていると
歩く時にバランスが偏ってしまっています。

その場合は、出来るだけ左右のバランスを意識して歩いていきましょう。

そして、足つぼは足裏だけだと思っていませんか?
足つぼというと確かに足裏の真ん中に目線が行ってしまうものです。
かかとのツボは効果があるのです。

ただ、かかとの痛みには効くわけではありません。

ただ、内側のかかとのツボを押すと、
鼻や膀胱といった臓器に対応しています。

風邪をひいている時や鼻水が出ている時は、
かかとの内側を刺激してあげると効果が期待できるかもしれません。

かかとは、分厚いので強い力で揉んでも大丈夫です。
効果はおおよそ1ヶ月の間で出ると言われています。

根気よく強く揉むのが重要です。
足つぼは続けないと効果が発揮できないので続けてください。

かかとの内側の痛み!テーピングの良い巻き方は?

かかとの内側の痛みがある時のテーピングの良い巻き方は?

運動のし過ぎや使い過ぎ、自分の足に合わない靴を履いていると
かかとの内側に痛みが出ます。

安静にしたり温めたりマッサージしたりするのも大事ですが、
実際にこの動作が出来るのは自宅だけですよね。

テーピングだと出かける時、
ズボンや靴を履いて目立たなくて痛みも抑えれます。

かかとの内側の痛みを和らげるテーピング方法をお伝えします。

①テープを外くるぶしと内くるぶしを結ぶ長さで切り半分に割きます。

②半分に割いたかかとの大きさに合わせて10~14本準備します。

③アキレス腱側は内側から外側に貼り、足裏側は外側から内側に向けてずらしながら交互に貼っていきます。

④親指と小指で結んだ長さでテープをカットします。

⑤真ん中で折り、紙を切ったらアキレス腱の部分に当てて土踏まず側から足裏を通り小指側まで貼っていきます。

⑥反対側も足裏にバッテンを作り母趾球を通るようにして完成です。

かかとの痛みを抑えたり予防するサポーターはどれが良い?

かかとの痛みを抑えたり予防するためのサポーターはどれが良いのでしょう?

かかとの痛みで一番多いのは「足底筋膜炎」です。

痛みを抑えるには、テーピングの方法がありますが、
自分ではうまく出来ない方が多いと思います。

そんな方にオススメなのは、サポーターです。

サポーターだと、順序に足につけたり履くだけで
カカトの痛みを抑えたり予防できる効果があります。

今回はたくさんあるサポーターの中で、
どの商品がオススメなのか調べてみました。

1、衝撃吸収かかろサポーターです。


歩行を楽にするサポーターです。歩くたびにかかとに衝撃が走りますが、
この商品はしっかり吸収して歩行を楽にするかかとクッションサポーターです。
長時間の歩行でも、膝や腰が痛くなりにくく快適に着用していただけます。

2、ソルボヒールサポーターです。
かかと部分に、衝撃吸収素材「ソルボ」を装着したサポーターで痛みを和らげます。
特徴は、衝撃を受けると変形してしまうクッションですが
ゆっくりと元の形に戻り人間の筋肉の特性を受け継ぐ衝撃吸収素材を使っています。

自分のに合いそうなサポーターを探してみると良いです。

剣道でかかとの痛み!治療法や予防法は?

剣道でかかとの痛みを感じた!そのときの治療法や予防法は?

剣道には、かかとに加わる力がとても強いです。

かかとに加わる力を減らすには、踏み込んだ時の角度が問題となります。
この踏み込んだ時、足裏全体が同時に着地するのが重要です。

かかとが足先より早く、
または遅く着地するような足使いをすると逆効果となります。

剣道でかかとの痛みの治療法・予防法について調べてみました。
治療法は、まず始めに痛みが起こった場合は、
冷却と安静が大切です。

痛みが取れるまでなるべく剣道は避けてください。

かかとに加わる力を和らげる目的では、
ヒールカップを用いるか
テーピングやサポーターを用いて痛みを緩和させてみてください。

やはり休んで、衝撃や負担をかけずに回復させるのが一番だと言えます。

剣道でのかかとの痛みを防ぐには、フォームの改善です。
遠すぎる間合いから打ちに行ったり、かかとから踏み込んでしまう癖があったりします。

固い床であっても、足裏全体で踏み込めれば
かかとを痛めません。

マラソンやランニングでかかとに痛みが!治療法や予防法

マラソンやランニングでかかとに痛みが!治療法や予防法についてご紹介します。

まず始めに、治療法はトレーニングを休むことです。
もし休めないのであれば練習量を減らしましょう。

痛みがひどい場合は、骨折も考えられるので病院で検査が必要です。
他には、マッサージが必要です。

痛めている患部をマッサージすると
悪化してしまうので患部周りをマッサージしてくださいね。

できるなら、疲れを溜めずにかかとに痛みが生じずに楽に走りたい方には、
マラソンやランニングする時に疲れない走り方や、着地法をお教えします。

まずどこに足を地面に着地するか?

これは、重心よりも前方に着地させると太ももの筋肉に
負担が掛かるので怪我のリスクが高くなってしまいます。

重心の真下に着地をすると、筋肉への負担が抑えれます。
足全体で着地すると、足裏全体で衝撃を吸収することができます。

なので、走り方を変えていくと、防法となります。
まずは自分の走り方を(かかとの着地点)見直しみてくださいね。

サッカーでかかとの内側の痛み!治療法や予防法とは

サッカーでかかとの内側の痛みがでる時もあります。
治療法や予防法にはどんなことがあるのでしょうか?

サッカーをしていると接触プレーが多く、
カカトの内側を痛めるかたが多いです。

サッカーをしている時は、痛みはなかったはずなのに
終わってから痛みが出てくることがあると思います。

この場合の治療法は、まずやはり大事なことは安静にすることです。
なるべく動かさないことです。

そして、浴槽などで十分に足をよく温めます。

足を冷やさないように、室内では靴下などを履くようにしましょう。

冷やしたくなると思いますが、冷やしてしまうと、
かえって血行不良となってしまい症状が悪化してしまいます。

生活習慣から予防できることは、正しい歩き方をする。
姿勢を正して腰から前へ出るイメージで、かかとで着地するように歩きます。

ストレッチを習慣にすることが大事です。
入浴後に足の裏やふくらはぎに軽いストレッチを行うようにしましょう。

足に疲れを溜めないようにすることで、
かかとの内側の痛みを予防する効果があります。

かかとの骨の痛み!原因や治療法は?

かかとの骨の痛み!原因や治療法はどうすればいいのでしょう?

かかとは、身体の中でも毎日使い、
特に負担がかかる場所ですよね。

忙しいからといってかかとの骨の痛みをずっと放っておくと、
痛みが増して重症化してきます。

最悪の場合、何ヶ月も思うように行動ができなくなることもあります。

そこで今回は、かかとが痛いとき病院へ行くべきなのか自宅で治療できるのかなど、
かかとの骨が痛い時に原因や治療法を調べましたのでご紹介していきます。

かかとの痛みが踵骨棘だった場合の、原因と治療法

かかとの痛みが踵骨棘だった場合の、原因と治療法についてご紹介します。

踵骨棘は、その名の通りかかとの骨が棘のように突き刺さるような病気です。
かかとを押すと激痛が走る場合もあります。

他にも、歩く時に痛みが出る、歩きはじめにかかとに痛みが出る…
というような悩みがあれば踵骨棘を疑ってみてください。

この踵骨棘の原因は、

踵骨の棘状のものの正体は
足底筋膜と踵骨のつなぎ目にあたる腱様組織が切れて修復される際に、
本来の組織ではなく違う組織で修復してしまったことが原因にあります。

この時の治療法は、基本的にはかかとにかかる体重による負担が原因なので
この負担を分散させることが重要です。

ただ、安静にしていれば痛みは治まるということです。
ですが、仕事などあり長い期間は安静にはできませんよね。

痛みを和らげるには足湯が効果的です。
日々の疲れがたまっているので毎日行うと良いでしょう。

足湯をすることで、血流もよくなり疲労物質など排出します。
こうすることで、回復するに間違いないでしょう。

かかとの痛みで骨変形が原因だった時の治療法は?

かかとの痛みで骨変形が原因だった時の治療法はどんな感じでしょう?

かかとの痛みで病院でみてもらった時
「かかとの痛みで骨が変形している」
と言われた方はいると思います。

歩けないほどの痛みだと手術が必要になってくることもあります。

この時の原因は、

・足の形が変わってしまった(偏平足)
・歩き方が正しくない
・靴のサイズが合っていない
・長時間立ちっぱなし

などが原因となっています。

この骨変形の治療法は、まずは足の負担を減らしていくことです。

自分で原因が分かれば靴のサイズを変えるなど、
歩き方を変えるなど負担を減らしてください。

痛みを伴う姿勢を続けないことや、靴を見直したり、
靴の中にインソールを敷くなどがありますが
場合によっては病院で注射を打つことがあります。

自分で見直すことが出来るのであれば、
この原因を見直して自分に合った治療法が必要になります。

かかとの痛みが出た時は、まずは安静にすることが大切です。

痛みがあった場合は、放らずに病気を疑ってみてくださいね。

かかとの骨にひびが入った痛み。症状は?病院にいくしかない?

かかとの骨にひびが入った痛み。症状はどんな感じでしょうか?
また病院にいくしか治療する方法はないのでしょうか?

かかとは、普段の生活の中で最も使う場所であり
負担がかかりやすい場所です。

むきだしになっているため、ぶつけた時の衝撃などによって
簡単にひびが入ってしまうケースもあります。

この、かかとの骨にひびが入った痛みの症状は、
踵骨骨折の場合があります。

原因の90%以上が高いところからの転落事故によるものです。
他には、交通事故などの原因もまれにあります。

高齢の方は、ちょっとした階段の踏み外しで
踵骨骨折が起こることがあります。

踵骨骨折は、骨折の度合いにもよりますが多くの場合、
かかとの痛みのため歩行や立つことが困難になります。

また、かかとに皮下出血や圧痛や腫れを伴うことがあります。

この時の場合、病院に行くべきなのかは、
関節面に骨折がおよんでいるかどうかで変わっていきます。

放置することで手術が必要になってしまう可能性があるので、
早期判断・治療が必要です。

かかとの骨にひびが入った痛みは、
骨折の可能性もあるので病院にいくことをおすすめします。

かかとの後ろ側の骨の痛み!原因と治療法は?

かかとの後ろ側の骨の痛みの場合、原因と治療法は?

かかとの後ろ側の骨の痛みは、踵骨後部滑液包炎の可能性があります。

この原因は、滑液包は通常
アキレス腱とかかとの骨の間に1つしかありません。

この滑液包が炎症を起こすと腫れて痛み
アキレス腱前滑液包炎を引き起こします。

アキレス腱に過度の負荷がかかるどんな状態でも、
アキレス腱前滑液包炎が起こることがあります。

かかとの外傷や関節リウマチのような病気も原因となることがあります。

この場合の治療法は、患部を温めるか冷やして圧迫したり、
炎症薬を使用することで一時的に痛みと炎症が改善されます。

炎症を起こしている滑液包に注射する方法もあります。
この場合は、医師が混合液が腱に入らないように慎重におこないます。

炎症を減少し、かかとの後部への圧迫や動きを減らすように
靴の中の足の位置を調整することです。

ヒールパッドやインソールを靴に敷くことで、かかとの圧迫が減少されます。

かかとの痛みって骨盤が原因の時もある?

かかとの痛みって骨盤が原因の時もあるのでしょうか?

歩くたびにかかとが痛む方は多いと思います。

かかとの痛みには、レントゲンを撮っても骨折でもなく異常がなく、
もしかしたら骨盤に原因があるかどうか調べてみました。

離れた部位からの二次的な影響の場合もあります。

腰部や骨盤に関わる筋肉が低下してしまい
結果的に姿勢に歪みを生じる場合があるのです。

体重の掛かり方には左右差が大きく片寄ったり、
歩く際もある一部分に過剰な負荷がかかることで起こることもあります。

骨盤のアンバランスを引き起こし、
それから足の痛みへ繋がることも考えられます。

骨盤の歪みは、かかとの痛みにとても関連が深いということになります。

この時の予防法と対策法は、
骨盤歪みやアンバランスが影響する足の症状は、
足への影響を少なくすることで普段から心がけます。

足のかかとの処置もしながら、
骨盤の歪みや姿勢のアンバランスを改善することで予防法と対策法となります。

かかとの痛みは病院の何科に診てもらえば良い?

かかとの痛みは病院の何科に診てもらえば良いのでしょうか?

かかとが痛いという症状はたくさんあり、
かかとの痛みが出た場合は、安静にすることが必要です。

さらに痛みが長引く場合や、
腫れなどの痛みがある時は一度病院へ行った方が良いでしょう。

その場合は、整形外科にいくことをおすすめします。

痛みを放置すると症状が、どんどん悪化してしまうので、
きちんとした診断には検査が必要なので、
お近くの病院の整形外科で診てもらいましょう。

東京の病院で診てもらう時に評判が良いのは?

東京の病院でかかとの痛みを診てもらう時に評判が良いのは?

1、国立病院機構 東京医療センター整形外科です。
関節症や関節リウマチや骨関節外傷が得意分野となっています。

2、至誠会第2病院・整形外科です。
この病院は、足のスペシャリストとして有名で、
日本整形外科学会の専門医が揃っている病院です。

3、玉川病院 整形外科です。
早期リハビリの導入で術後2~3週間で自宅に戻れるようにプログラムを達成しています。
紹介状があればいいでしょう。

子供のかかとの痛み!原因や治療法・予防法は?

子供のかかとの痛み!原因や治療法・予防法は大人と違うのでしょうか?

かかとの痛みには、様々な病名をご紹介しましたが
子供にもかかとの痛みが生じる場合があります。

子供のかかとの痛みには、成長痛であるシーバー病です。
このシーバー病は、成長痛になります。

病とついていますが、病気ではありませんのでご心配なさらずに。

かかとにも成長痛があるのです。

この原因は、

シーバー痛に関しては
脛の骨の脛骨と腓骨という骨が急激に成長して起こします。

この痛みは、かかとの側面に起こります。

ふくらはぎの筋肉、腓腹筋とヒラメ筋という筋肉が一つになったものが
アキレス腱と名前を変えてかかとの骨に付着しています。

この筋肉の柔軟性がないことによって起こします。

急に身長が伸びたなどといった原因があります。
この場合の治療法・予防法は、一番大事なのは
ふくらはぎの筋肉に柔軟性をつけてあげることが大切です。

この時、痛みが強い時は無理をせずに
軽めのストレッチから始めることが大切です。

このストレッチのやり方は、準備運動でもよくあるように
アキレス腱を伸ばすようにすると良いでしょう。

柔軟性が付くまでは、
テーピングやサポーターで痛みを和らげることができます。

テーピングはふくらはぎの筋肉に沿って貼ることで、
かかと骨にかかる負担を減らすことができます。

サポーターは、クッションの入った履くタイプのサポーターを付けることで
ふくらはぎの筋肉が緩むことでかかとの骨にかかる負担を減らしてくれます。

成長痛ですので、長期化しやすいですが早ければ早期回復にも繋がります。