モートン病の原因と症状ってどんな感じ?
また治療法や手術法についてもご紹介しています。

あなたのその足の痛み、しびれは、
もしかするとモートン病かもしれません。

朝の情報番組でも特集をされていたモートン病ですが、
原因と症状、治療法や手術法を知っておくことで、
早い対応が可能になります。

モートン病の原因は?どうして激痛が走るの?

モートン病の原因はなんでしょうか?
また、どうして激痛が走るのでしょうか?

歩いている時に足先に激痛が走る経験はありませんか?
特に、薬指と中指の間にしびれを伴う痛みを感じることがあれば、
もしかしたらモートン病の可能性があります。

そんなモートン病の原因を紹介していきます。

モートン病の原因は、靴に原因があることが多いようです。
足の裏のあたりに衝撃が繰り返されると、
そこで炎症が起こって神経が圧迫されて、
モートン病の症状が出てきます。

また、中足骨(足根骨と趾骨の間にある五本の管状骨)に挟み込まれたり、
横中足靭帯(中足骨頭を横に結ぶ靭帯)に押しつけられることにより
強い痛みが出てきます。

では、どうして激痛が走るのでしょうか?

まず、歩いたときカカトに体重がかかり
足の裏を通って足の親指の付け根に体重は移動します。

それから、親指の付け根からそれぞれの五本指に向かって
体重が移動して力が抜けていきます。

ですが、
■幅の狭い靴を履いたり
■自分に合っていない窮屈な靴を履いたり
■足の動きが制限されるような靴
■女性に多いのが高いヒールを履くことにより
足に激痛が走ることがあるのです。

幅の狭い靴を履いた時に、
神経が挟まれて痛みが生じてしまうのです。

ヒールやつま先立をする格好が長く続く場合は、
靭帯と地面の間で押し付けられることによりと痛みが生じます。

ヒールは、おしゃれですが足に負担をかかってしまうので
モートン病は、女性がなりやすい病気なのです。

モートン病の症状は?初期症状からどう悪化していく?

モートン病の症状はどんな感じでしょうか?
また、初期症状からどう悪化していくのでしょうか?

先ほど、モートン病の原因についてお伝えしましたが、
足の痛みやしびれがモートン病によるものなのか?
気になる人もいると思います。

そこで、モートン病の症状についてお伝えしていきます。

モートン病の具体的な症状は、
足裏の指の間に起こる痛みやしびれや腫れや知覚障害です。

特にモートン病の症状が表れやすい場所が、
人差し指と中指の間や中指と薬指の間です。

また、先が細くなっている靴やカカトの高いヒールや
サイズの合わない窮屈な靴などを履くと、
モートン病の症状が出やすくなっていきます。

先程、モートン病の症状が出やすい指をご紹介しましたが、
他の指での間でも起こるので、
症状が発生している部位だけでは判断しないでくださいね。

このモートン病の初期症状からそのまま放置すると、
どんどん悪化してしまいます。

モートン病の痛みがひどくなると薬を処方してくれます。

ただ、この服薬は一時的に痛みを止めるためのものであり、
薬で治るものではありません。

さらにひどい場合は、腫瘍の摘出手術や、
神経を剥離させる手術があります。

ですが、出来る限りモートン病の手術は避けたいところですよね。
日常生活で気を付けられることもたくさんあります。

自分の足に合った靴を履いたり、
ずりずりと歩かないでバランスを整えて、
正しい歩き方を身に付けましょう。

モートン病の症状が一つでも当てはまる場合は、
自己判断で済まさずに整形外科で相談することをお勧めします。

モートン病の治療はどれが効果的?また治療期間は?

モートン病の治療はどれが効果的なのでしょうか?
また治療期間はどれくらいかかるのでしょうか?

効果的な治療法は、靴が原因ですが、
靴と言っても様々な原因があります。

横幅が靴に合っているのか圧迫されていないか、
通気性の良い素材か歩いても足が疲れないか…
というポイントを抑えることで軽減することができます。

また、ステロイド注射、矯正用インソールの着用、手術
効果的と言える治療法です。

モートン病の治療期間は、
重症の方や軽症の方や個人差があり、
それぞれ変わっていきます。

モートン病の治療薬で効果があるのは?

モートン病の治療薬で効果があるのはどれでしょうか?
無理な姿勢や足の靭帯が圧迫されたり、
ヒールを履き続けた時に起こる足にしびれや痛みがある場合は、
モートン病の可能性があります。

重症になると歩くことが困難になり、
手術になることもあります。

この、モートン病の治療法には、
保存的療法や手術や生活指導などがあげられますが、
治療薬で効果があるのは何か調べてみました。

まず、薬による治療は、保存的療法になります。

モートン病になって病院(整形外科)でもらう薬は、
痛め止め薬・湿布・炎症を抑える薬・
神経を回復させるための炎症剤・
テーピングなどが主に処方されるようです。

ステロイド注射ですが、
痛みやしびれを改善させる作用があります。

注射は薬よりも効果があると思います。

モートン病の治療薬は、
補助的なものであり痛みを一時的に抑える効果があるだけなので
回復は見込めないと言えます。

モートン病を病院で治療する場合どういった治療法がある?

モートン病を病院で治療する場合、
どういった治療法があるのでしょうか?

モートン病の治療法は、保存的療法があります。

安静療法…痛めた患部を安静にする療法です。

ヒールや自分に合わない靴を履くのをやめ、
自分に合った靴を履くことで安静を図ります。

服薬…モートン病の痛みがひどい場合は、薬を処方してくれますが、
一時的に痛みを止めるためのものなので、
薬で治るものではありません。

運動療法…モートン病の足の負担を軽減したり、
ストレッチや筋力トレーニングなどの処置があります。
足の指を開いたり閉じたり、
関節を曲げたり伸ばしたりして循環させていきます。

ステロイド注射…モートン病の症状を軽くする効果が
有効とされています。

足底挿板療法(矯正用インソール)
横アーチを支えてくれるインソールを使用する、
モートン病の治療法です。
矯正用インソールを装着することで症状が和らげることができます。

病院以外では、1日の終わりに足裏マッサージすると良いでしょう。
毎日の生活習慣を見直すことで、
モートン病を予防・改善できることが見えてくるでしょう。

神経ブロック注射はモートン病の検査と治療を兼ねるって本当?

神経ブロック注射は、
モートン病の検査と治療を兼ねるって本当でしょうか?

まず、神経ブロック注射は、
痛みの原因となっている部位や神経に
麻酔薬を注射することで緩和する治療法です。

1964年や2008年の研究により、
ステロイド注射(神経ブロック注射)が
モートン病を改善することが報告されています。

炎症を抑える作用と免疫抑制制作用があります。
簡単に言いますと、
神経ブロック注射は痛め止めみたいなものです。

注射を打ち続けると高確率でモートン病の痛みが改善すると
研究結果が出ています。

注射による副作用(免疫不全・骨粗しょう症・糖尿病など…)は存在しますが、
可能性は極めて低いようです。

モートン病に何発も打つともちろん副作用の可能性は上がります。
神経ブロック注射は検査と治療を兼ねるかどうかですが、
痛みのある場所に、神経ブロック注射を打つと痛みが消えます。

注射が効けばモートン病と診断できるので
「検査」と「治療」を兼ねています。

なので、「検査」と「治療」を兼ねることは本当と言えます。

モートン病におすすめなインソールは?

モートン病におすすめなインソールはどんなもの?

カカトの高い靴を履くとかかりやすい病気で、
特に女性に多いモートン病という病気です。

悪影響を及ぼす可能性がある病気なので
放置してはいけません。

モートン病の対策として、
モートン病専用のインソールの使用が効果的です。

インソールといっても様々な種類がありますが、
買うならば効果の高いインソールを買い求めたいですよね。

モートン病になった時におすすめなインソールを
ご紹介していきます。

■「福和 らくじき」
■「インソールプロモートン病対策」
が特におすすめされている商品です。

足の矯正用となっていて、
靴屋などで購入するようなインソールよりも
足のずれなどが少なくなっているタイプのインソールとなります。

ビジネスマンの方におすすめなのは、
「ドクターショール バイオメカニクス フルインソールタイプ」です。

こちらの商品は、
医療用矯正装具をベースに開発したものです。

次にオススメが「ウォークフィットプラチナム」です。


世界で140万人以上の愛用者が言われています。

4分の3サイズで、
どんな靴でも合わせやすいインソールとなっています。
自分にあったインソールを選び、
少しでも快適になれれば良いと思います。

モートン病でランニングする時にインソールは効果あり?

モートン病でランニングする時に、
インソールは効果あるのでしょうか?

先ほどは、日常生活で使えるインソールをご紹介しましたが
ランニングやマラソンする時に
インソールは効果があるか調べてみました。

毎日と日課になっているランニングやマラソンを、
継続できないことは辛いと思います。

まず、モートン病になっていたとしても、
ランニングやマラソンが継続して出来る場合は、
インソールを使用してランニングやマラソンを、
継続している方もいるみたいです。

モートン病の症状が軽くインソールを敷いてしまえば、
また走れるみたいですが、効果があるのでしょうか?

モートン病でもランニングを続けるコツとしては、
自分に合ったシューズを使用し、
しっかりストレッチ(特にふくらはぎを重心的に行う)・
ウォーミングアップをして、
自分の足に合ったインソールを作成することです。

モートン病で無理にランニングを続けると、
モートン病の症状がひどくなりまた痛みが再発し、
長期間出来なくなってしまうので気を付けましょう。

モートン病の自分の足と相談しながら行いましょう。

楽天でモートン病の痛みによいインソールはどれ?

楽天でモートン病の痛みによいインソールはどれでしょうか?
通販サイトの楽天で1位の、
モートン病の痛みによいインソールを調べてみました。

衝撃吸収インソール2足セットです。


こちらの商品は、累計販売個数が10,000足なのです!
そして、楽天ランキング堂々1位です。

このインソールの特徴は、衝撃吸収材を使用しているため、
通学、通勤、スポーツ、立ち仕事など、
足腰・膝などにくる疲れは様々な衝撃が原因とされています。

しかし、こちらのインソールは衝撃吸収を軽減させます。

そして、蒸れやすい足ですが、
防臭加工で嫌な匂いを軽減させてくれます。

また、カットして自由にサイズ調節できます。

インソールは健康と快適な歩行ができるように、
開発した商品です。

柔らかくクッション性に優れているので、
足が疲れにくいです。

購入した方のレビューは、4.41と高い評価となっています。
モートン病対策によいインソールとして、
口コミにも書かれていました。

楽天ランキングで1位だと使ってみたいですよね。

東急ハンズでモートン病の痛みによいインソールはどれ?

東急ハンズでモートン病の痛みによいインソールはどれ?
東急ハンズのネット通販で調べた結果では、
「インソールプロ モートン病対策インソール」です。

このインソールは、痛みの発生する部分をサポートします。
そして、内側縦アーチパッド・外側縦アーチパッド・
横アーチパッド・ヒールパッド
この4つで足のアーチパッドで足の基本骨格を守ってくれます。

商品の特徴は、体重を矯正力として利用する、
足底装具の理論に基づいた
世界初のトラブル別インソールです。

そして、嬉しいのが足は蒸れやすいですが、
表面素材には抗菌・防臭処理済なのです。

水洗いも可能で、衛生面も考慮されています。
これは、中敷として使うので大切なポイントですよね。

サイズは、レディースS・M・Lがあり
メンズM・Lがあります。

商品名にも書いてありますように、
モートン病対策インソールですから、
モートン病の痛みがある方はおすすめな商品となります。

よく履く靴に入れっぱなしにしてもいいですね。

モートン病対策!靴の中敷はどんなものが良い?

モートン病対策!靴の中敷はどんなものが良いのでしょうか?

モートン病は足のトラブルの中で靴が原因と言われています。
自分の足に合っていない靴や、サイズがあっていないと、
モートン病になる恐れがあります。

足に痛みや痺れがある場合は、
放置をせずに適切な処置をしましょう。

モートン病の対策には「福和 らくじき」という
靴の中敷におすすめな商品です。

こちらの商品は、靴の中で足が、
非常にバランスよく入られるように工夫しています。

らくじきは、つま先にインソールに厚みがないので
靴の中で、自由に指が動きます。

カカトにはインソールがないので、
靴の深さを有効に使うことが出来るので、
浅くならずカカトが靴にフィットし、
安定して靴が脱げにくくなります。

先程も言いましたが、
つま先にはインソールの厚みがないので、
モートン病の指先が圧迫されません。

靴の中の隙間を最大限に活かした、
フィット感を向上させてくれます。

こちらの商品を使用した感想は、
歩きやすくなって足の裏が気持ちよくて楽です。

という高評価でした。

モートン病の対策に使えるサポーターはどれ?

モートン病の対策に使えるサポーターはどれでしょうか?
足のしびれや痛みの不快感などにお困りの方に先程、
インソールや中敷を紹介しましたが、
次にモートン病の対策に使えるサポーターをご紹介します。

横アーチサポートしてくれるグッズである、
「ソルボヨコアーチサポーター」です。

横アーチの低下による中足骨への負担や衝撃を
和らげてくれます。モートン病にも良いです。

「ソルボヨコアーチサポーター薄型」という薄型もあるので
お好みで選ぶことができます。

別の人気のある商品は、
「ソルボバランスウォークオープントゥガード」です。


足裏のバランスを整え、正しい歩行にしてくれる、
つま先用ソルボサポーターです。

抗菌・防臭力もあり、汗や汚れ等による匂いも
カットしてくれます。

こちらの商品を購入した方の口コミは、
フィット感があり立ち仕事をしていても結構楽になりました。

ヒールを無理して履き続けた結果、
モートン病になってしまったのですが、
使用することで歩いても足が痛くなく疲れにくい商品でした。

…という高評価の口コミが多かったです。

モートン病を改善するテーピングの方法ってある?

モートン病を改善するテーピングの方法ってあるのでしょうか?
女性はカカトの高いヒールを履くことが多く、
自分の足に合わない靴を長い間、
履き続け足に圧迫を与えモートン病になることがあります。

モートン病が重症化すると、足のバランスが悪くなり、
身体全体が歪んでしまいます。

重症化する前にモートン病を改善する方法あります。

その方法は、モートン病のテーピング法にあります。

テーピングは、肌の色と近い色なので目立ちにくく、
テーピングをしただけで痛みが取れてしまう方もいるのです。

モートン病を改善するテーピングの方法は、
中足関節の部分に包帯を幅広く強すぎず巻いていきます。

体重が足に乗った時に広がらないようにして、
テープで止めていきます。

痛みが広がらないように固定することが大切です。

次に、足の形を整えていきます。
この時に使うのがテーピングです。
カカトからテープを巻いてそのテープに貼り合わせながら
親指の形をもとの正常な状態に近づけるように巻いていきます。
(この時、テープは3本に分けます)
本来の足の形に戻していきます。

次に、小指の形も元に戻していきます。
親指と小指をもとの状態に戻すことによって、
中の3本の指が開いていきます。

そして、歩いたとき踏ん張れるようにしていきます。
付け根の負担が軽くなります。
中足関節をしっかり固定していきます。

次に、富士山型のようにカットしたテーピングを、
足の下から巻いていきます。

このようにすることで、横アーチが出来ます。
患部の部分をさらに補強していきます。

親指側は、強く小指側は弱く貼っていきます。

これだけでは、まだモートン病には、不十分なので、
足関節に包帯をすることによって、
指に掛かる負担を軽減していきます。

そのうえに、三等分に裂いたさらしを、
足首からくるぶしから15センチくらいまで、
強くしっかりと巻いていきます。

この時の足は上に向けてくださいね。

中足関節の部分も巻いていきます。
これによってモートン病の痛みが軽減するとおもいます。

モートン病でランニングする時のテーピングの仕方は?

モートン病でランニングする時の、
テーピングの仕方はどんな感じが良い?

モートン病の保存治療には、
インソールやマッサージ…などがあります。
中でも、テーピングはよく行う治療法です。

足にテーピングすることで、
痛みが取れるケースがあるようです。

ただ、テーピングする際の注意は、
痛みが少し楽になってきたら、
足のバランスを取り戻すためにテーピングを行います。

モートン病は、3つのアーチのバランスが崩れているため、
これを補うようにテーピングをしていきます。

特に、横アーチ部分をテーピングで補強することで、
足のバランスを取り戻すことができます。

テープを足の甲、親指側から小指側へ引っ張り、
足の裏側に回し足の裏で小指側から親指側へ
1周回していきます。

足の甲、親指側から小指側へと2周巻き、
小指側から足のカカトの内側へ巻いて、
テープをクロスさせます。

外側の方へ巻き足の裏側から、
親指の方へテープを引っ張り完成です。

注意点は、決して強く引っ張らないように注意してください。

この方法は、自分で巻くことができるので、
ランニングする時にも簡単に出来るので、
この方法を試してみてくださいね。

モートン病の手術方法や手術費用は?

モートン病の手術方法や手術費用はどんな感じ?

モートン病には、
保存的療法と手術療法の2つの治療法があります。

今回は、手術療法について、
手術方法や手術費用についてご紹介します。

保存的療法(テーピング、マッサージ、ステロイド注射)で、
数ヶ月行っても効果が得られず痛みが続く場合には、
手術を検討するようになります。

モートン病の手術には、
骨切り術・神経種摘出・深横中足靭帯の切離・神経切除などがあります。

モートン病で、保存的療法の次に行う手術療法は
最終手段なので自分の症状にあった手術法を
医者と相談して決めましょう。

次に、手術をした場合手術費用が気になる点ですよね。
手術費用はどのくらいなのでしょうか?
3割負担なので、自己支払金額は多くても
2万円以内だとおもいます。

ただ、手術療法には4つの手術方法があるので、
内容によって変動する場合があると思います。

そして、手術をしたからと言って、
その日に帰れる場合は少ないので入院費も掛かります。

1~2週間程度の入院があるので、
15~20万円程あれば大丈夫だと思います。

ただ、病院によっても大幅に費用が変わってくるの、
あくまでも平均の目安だと思ってください。

モートン病の手術をうけた時の入院期間は?後遺症はある?

モートン病の手術をうけた時の入院期間はどれくらい?
また後遺症はあるのでしょうか?

手術を受けた時の入院期間は、
早い人だと1泊の方もいれば、
長い人だと1~2週間の方もいて、
症状の状態によってさまざまだと思います。

普通に歩こうするまでの期間は、
3週間で歩けるようになる人もいれば、
翌日からカカトをついて歩ける方もいるみたいです。

入院期間も、病院や人それぞれなので、
あくまでも目安として参考してください。

手術をするときに気になるのが、
後遺症は残ってしまうのかですよね。

モートン病に、10年以上も痛みに苦しんでいる人がいます。
手術することで即座に、その痛みから解放されると思います。

そのかわりに、可能性は低いですが、
後遺症が残る可能性もあります。

手術後、3年間は今のところ後遺症はないそうです。
手術をすると足の神経を切ることになりますので、
不安は大きいと言えます。

神経を切るので再発する可能性はあると、
説明は受けるようです。

ご自身でよく考え、
病院のお医者さんとよく相談して決めましょう。

病院でモートン病の手術を受ける時の注意点は?

病院でモートン病の手術を受ける時の注意点はある?

手術を決心する前に読んでいただきたいことがあります。
保存的療法で、様々な治療を試みしてきても、
効かない方もいます。

ただ、手術を決心する方には、
転職などにあたりヒールを履く必要があったり、
足の痛みとしびれがあり、
少しでも今の現状を緩和出来ればいいなと思いますよね。

まず、手術をして良いことは、
痛みやしびれから解放される、
ビジネスジューズやヒールを履けるようになる、
運動が出来るようになると嬉しい事があります。

次に手術を受ける注意点は、
手術失敗の可能性、後遺症が残る、
手術後の回復までに時間が掛かる、
全身麻酔の危険性と手術後に感染の可能性、
神経腫の取り残しの可能性があります。

手術が失敗に終わると、
今の仕事が出来なくなることも考えられます。

ただ、この注意点を考えても、
足の痛みやしびれから解放されたい方はいるようです。

ただ、よく考えてご家族や病院のお医者さんと
よく相談するといいでしょう。

モートン病の専門医っている?何科なの?

モートン病の専門医っているのでしょうか?
また何科に受診するのでしょうか?

足の指が隣合う2本の指の間にある神経が、
歩くときに圧迫されることで、
指や足がしびれたり痛みが出ます。
(第4指の付け根)

また、灼熱感やほてり感などの、
違和感を感じる方もいます。

モートン病についてNHKテレビ「あさイチ」で
取り上げられました。

「あさイチ」でご紹介されたのが、
モートン病の専門医である(足の専門医)
聖マリアンナ医科大学整形外科医 仁木久照先生です。

モートン病というよりは、
大きくまとめて足の専門医はいるようです。

そして、モートン病の疑いがある場合は、
どのような病院を受診したらいいのか、
何科なのか…お伝えします。

モートン病の症状である足や指に、
痛みやしびれが感じたときには、
整形外科を受診することをお勧めします。

それでもよくならない場合は、
大学病院を紹介してもらいましょう。

放置し悪化させてしまうと、
疲労骨折を起こす場合もあるので、
早めに専門医にご相談ください。

名古屋で専門医がいる病院は?

名古屋でモートン病治療の専門医がいる病院は?
名古屋でモートン病の治療ができる、
専門医がいる病院をご紹介します。

「モートン病 名古屋 専門医」と調べると、
まず始めに出てくる病院が、
①アオラニ接骨 関節調節院です。
モートン病の根本的な原因を突き止めて、
その人に合った治療法で治療してくれます。

②名古屋栄ペインクリニックです。
とにかく早く痛みをなくしたい方におすすめなクリニックです。
激痛を改善するために主に、
「神経ブロック注射」の治療を行います。

③長岡治療院です。
モートン病を改善を目指す治療院で、
女性の先生なので男性の先生が苦手な方はおすすめな治療院です。

埼玉で専門医がいる病院は?

埼玉でモートン病治療の専門医がいる病院は?


埼玉でモートン病の治療ができる専門医がいる病院をご紹介します。

①埼玉医科大学総合医療センターです。
足の専門医の医師がいらっしゃいます。

②ワンダー接骨院です。
はじめに履物の指導から行います。
保存的療法、運動療法で患者さんにあった治療法をしていきます。

③東埼玉総合病院です。
スタッフさんの対応が丁寧で、
総合病院なので整形外科以外にも
各科の連携がとてもいい病院です。

横浜で専門医がいる病院は?

横浜でモートン病治療の専門医がいる病院は?


横浜でモートン病の治療ができる、
専門医がいる病院をご紹介します。

①鶴見区の整体 てらお整体です。
モートン病の痛みをより楽にしていくため、
足関節を整えてくれます。

②足の専門外来 吉野整形外科です。
整形外科専門医で、おおよそすべての診療にあたっています。

③泉堂はり灸院です。
はり灸治療を得意としていて、
腰のバランスも整えてくれて、足底にも適切な施術をしてくれます。

神奈川で専門医がいる病院は?

神奈川でモートン病治療の専門医がいる病院は?
神奈川でモートン病の治療ができる、
専門医がいる病院をご紹介します。

①川崎クリニックです。
この病院は、複数の有名専門医がいらっしゃいます。
遠くからくる患者さんもいるようです。

②北里大学病院です。
様々な難病の治療に詳しい名医が揃っている病院です。

③足の外科外来 聖ヨゼフ病院です。
整形外科のドクターが入れ替えになったことで、
活性化されているようです。

大阪で専門医がいる病院は?

大阪でモートン病治療の専門医がいる病院は?


大阪でモートン病の治療ができる、
専門医がいる病院をご紹介します。

①ひろゴン鍼灸接骨院 花園南院です。
矯正や指圧でモートン病の治療をします。

②さくたクリニックです。
整形外科の病院なので注射治療ができます。

③針中野フィジカルケア鍼灸接骨院です。
こちらは接骨院なので注射治療はできませんが、
スポーツ選手に人気な治療院です。
接骨院ならではのテーピング法で治療をしてくれます。

東京で専門医がいる病院は?

東京でモートン病治療の専門医がいる病院は?
東京でモートン病の治療ができる、
専門医がいる病院をご紹介します。

①足の診療所です。
足の症状や疾病に特化したクリニックです。
地下鉄表参道駅から近くなので、
足が不調の方でもあまり歩かずに到着します。

②三起均整院です。
様々な療法を取り入れており、
患者さんに合った施術を心がけています。

③順天堂大学医学部附属練馬病院です。
親身に根気よく付き合ってくださり安心できる病院です。

福岡で専門医がいる病院は?

福岡でモートン病治療の専門医がいる病院は?


福岡でモートン病の治療ができる、
専門医がいる病院をご紹介します。

①那賀川病院です。
スタッフの方も丁寧に対応してくださり、
素早く親切な対応をしてくれる病院です。

②かんなり治療院です。
軽い刺激で身体を良い状態に持っていく、
不思議な整体術を施術として取り入れています。
手際も良く担当の先生は話しやすくて、
質問しやすい方のようです。

兵庫で専門医がいる病院は?

兵庫でモートン病治療の専門医がいる病院は?
兵庫でモートン病の治療ができる、
専門医がいる病院をご紹介します。

①おおの整形外科・リウマチ科です。
丁寧な診察でベテランな先生です。

②ひろ クリニックです。
設備が新しい病院です。
こちらの整形外科はスポーツリハビリも兼ねているので込んでいます。

③井尻整形外科です。
JR垂水駅東口から徒歩1分で、
足が不調な方でも近くなのでありがたい病院です。
先生の人柄も良く明るい病院です。

愛知県で専門医がいる病院は?

愛知県でモートン病治療の専門医がいる病院は?
愛知県でモートン病の治療ができる、
専門医がいる病院をご紹介します。

①ひかり自律整体療術院です。
ヘルニア・坐骨神経痛から豊富な改善実績を持つ病院です。
完全予約制の病院ですので、
予約をしてからご来院してください。

②鍼灸長岡治療院です。
鍼1本さし10分後、抜いてもらうと、
足の指が曲げられるのとほとんど痛みがなくなった…
という口コミがありました。

③トライ鍼灸接骨院です。
痛めた患部に電気治療・温熱・湿布などで治療します。