神経痛で足が痛い!原因や治療法・対処法は?
神経痛は治らないと思っていませんか?
おすすめの薬を紹介します!

<私が長年苦しんだ足の神経痛を改善してくれたのはこちら>

神経痛が足に。原因として考えれるのは?

神経痛が足に時に、原因として考えれるのは?

普段感じる痛みとは少し違う
びりびりとしたしびれるような痛みは
神経痛かもしれません。

神経は全身にあるので、
様々なところで起きる神経痛ですが、
足で神経痛が起きてしまうケースも結構あります。

神経痛の原因をしれば、
解決を目指せますし、
原因を特定したいところですよね。

足の神経痛だから足に原因があるんだろうと
安易に考えてしまうと原因が違っている
可能性もあるので注意が必要です。

足の神経痛の多くは腰から足にかけて通っている
座骨神経が何らかの原因で圧迫されたり
刺激を受けたりして、
痛みを起こしている可能性が高いです。

座骨神経は広い範囲を通っているので
どこの部分の坐骨神経が
どんな原因で圧迫されているのかというのを
知るのが大切になります。

まず、一般的に神経痛が起こりにくい若い方の場合は
椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経を
圧迫してしまっている場合がほとんどです。

この場合、ヘルニアの治療をしないと
神経痛の改善もできません。

逆に年を取っている方の場合は
腰部脊柱管狭窄が原因で
足の神経痛を起こしている時が多いです。

腰部脊柱管という腰の部分にある
神経が通っている隙間が
加齢とともに狭まるので
神経が圧迫されてしまいます。

こちらは50代以上の方に多い症状です。

どちらも足の神経痛であるにも関わらず、
腰のあたりで神経を圧迫したのが原因で
足の神経痛が起きてしまっています。

このように神経痛の場合は
痛みが起きている場所ではなく、
違う部位に原因がある時が多いです。

そのため、自己判断をせずに
まずは専門家などと一緒に
原因を特定するのが大切になってきます。

また、ストレスが原因で
神経痛が起きる可能性もあるので
痛みを気にしないようにするのも大切です。

神経痛で足に痛み。治療法はどれが良い?

神経痛で足に痛みが。。。
治療法はどれが良いのでしょうか?

神経痛で足に痛みが出てしまうと、
日常生活にも支障が出てしまいます。

日常生活中に痛みが起きると辛いです。

スポーツや外出、旅行なども
痛くなってしまったらどうしようと考えると
やるのを避けてしまうようになる方もいます。

今後のQOLを上げるためにも神経痛は治療すべきです。

神経痛の治療法にはいくつか方法がありますが、
大切なのは神経痛となってしまった原因の特定です。

神経痛の原因は痛みを感じる部分になく、
他の部分の不調が影響し、神経痛を起こしている時も多いので、
きちんと原因を特定し、
原因を取り除いていく治療法がおすすめです。

それと同時に神経痛はストレスも影響する痛みですので、
「痛くなったらどうしよう」と考えると
痛みが悪化する可能性もあります

なので、「痛くなったらこの薬を飲む」などと
自分に合う痛み止めを見つけておいて
痛くなった時の対処法を用意しておくと、
痛みを和らげるのも可能です。

このように今の辛い痛みを和らげつつ、
根本的な原因を取り除いていくのが
足の神経痛の治療法では大切になってきます。

原因治療は個人では難しいので、
専門家などに相談するのもいいですね。

神経痛の足に薬で人気なのは?

神経痛の足に薬で人気なのはこちら!

病院に行く時間がどうしても忙しくて取れない方や
以前、病院に行ったけどあまり効果がなかった方などは
自分で人気の薬を試してみたいと
考える方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は神経痛の足に効く薬の
人気ランキングを紹介します。

まずは第一位!トンデケアです。

公式サイト:https://k-nihondo.jp/

トンデケアはテレビのCMなどでもやっている
人気の薬ですのでご存知の方も多いかもしれません。

トンデケアは神経痛だけでなく、
関節痛や肩こりなどといった
身体全体の痛みに効果がある薬です。

足の神経痛は他に痛みの原因となっている症状があることが多いので、
身体の痛みに総合的に効く薬というのは嬉しいですね。

トンデケアの人気の秘密は有効成分の種類の多さです。
7種類もの有効成分が含まれています。

神経を正常に働かせる効果のあるビタミンも含まれているので、
神経痛を和らげるのが可能です。

1日1回2から3錠飲めばいいので、
毎日飲み続けやすいのもポイントです。

また、九重親方や、あき竹城さんも愛用中なので、
安心感もありますね。

今なら初回限定ですが、
25%オフのキャンペーン中なので、
お試ししてみるチャンスです☆

公式サイトはこちら↓↓
https://k-nihondo.jp/

 

続いて第二位!リョウシンJVです。

公式サイト:http://ryoushin-jv.com/

リョウシンJVもトンデケア同様に
テレビなどのCMで流れているので
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

リョウシンJVも足の神経痛以外にも
肩こりや関節痛にも効果を発揮します。

塗り薬や湿布薬は部分的にしか効果が出ないものが多いですが、
トンデケアやリョウシンJVのような飲み薬は
身体全体に効くのが嬉しいですね。

リョウシンJVも痛みに対する有効成分が含まれていて、
その数は6種類です。

リョウシンJVの公式サイトはこちら↓↓
http://ryoushin-jv.com/

できるだけ多くの有効成分を摂りたいという方は
トンデケアがいいかもしれませんね。

そして、第三位!アクテージAN錠です。

大手製薬会社である武田薬品が開発と製造を行っています。

関節痛に効くコンドロイチン、
神経痛に効果のあるビタミンB群を配合している薬です。

関節痛の症状もあわせて出ているという方にはおすすめの薬です。

トンデケアやリョウシンJVと違い、
1日2回飲む必要があります。

足の神経痛は病院の何科を受診すればよい?

足の神経痛は病院の何科を受診すればよいのでしょうか?

足の神経痛で病院に行きたいけれど
何科に行ったらいいのかわからないという方も
いるのではないでしょうか。

足の神経痛は整形外科を受診する必要があります。

まずは整形外科でその痛みが本当に神経痛なのか、
神経痛の場合何が神経痛の原因となっているのかについて特定していきます。

特定後、個人に合った治療をしていきます。

身体に痛みが生じた時、
整骨院や接骨院に行く方も多いのではないでしょうか。

しかし、この2つは医療機関ではないので、
医師による診断も行われないですし、
投薬治療はできません。

整体や接骨院などの治療を行いたいという場合は
まず整形外科に行き、原因を特定
治療を開始した後でそれでも痛みが辛く、
少しでも痛みを和らげたい時に行くようにしましょう。

また、行く前には治療をしている整形外科で
それらの治療を行ってもいいか確認をしておきましょう。

原因を特定している方が整体などを受ける時も
より効果的なマッサージや治療を受けれます。

足の神経痛に悩む場合は
まずは整形外科に行くようにしましょう。

最近は仕事帰りなどでも行けるように
遅くまでやっている整形外科もあるので
探してみるのもいいですね。

神経痛で足に痛みが。対処法で有効なのは?

神経痛で足に痛みが。。そんな時に対処法で有効なのは?

神経痛で足に痛みが出た時、
病院にすぐ行くのができない場合や
薬を切らしてしまっている時のために
対処法を学んでおくのもおすすめです。

今回は神経痛で足に痛みが生じた時に
おすすめの対処法について紹介していきます。

足に痛みが出る神経痛は腰から足にかけて
原因があるのが多いです。

そのため、腰から足にかけて
ストレッチをすると、痛みが減る可能性があります。

ストレッチは痛みを感じた時だけではなく、
毎日習慣として続けると、
足の痛みの予防も可能です。

手軽にできるおすすめのストレッチを紹介します。

■仰向けに横になり、
片足を曲げておなかにくっつける。
両手でくっつけると効果的です。


■曲げた足側の太ももの付け根あたりに
ストレッチをした力が集中するように意識します。


■曲げた足を反対側の足のほうにぐっと傾けます。
この時、足だけが傾けられるように
床とおしりをくっつけるのを意識しましょう。

これを左右で20回程度繰り返すと、
足の痛みを予防できます。

辛い方は曲げない方の足を少し曲げて
ふんばるようにすると足を身体に引き寄せやすいです。

それでもストレッチをするのが難しい方は
タオルを使用して足を身体に引き寄せるようにするのがおすすめです。

無理はしないようにしましょう。

短時間でできるので足の痛みが出てしまったときの
その場での対処法としても有効です。

スポーツなどをやるときも
覚えておくといいかもしれません。

神経痛で足が腫れた時の原因や対処法は?

神経痛で足が腫れた時の原因や対処法はどんなものがあるでしょうか?

神経痛が原因で足が腫れてしまう時があります。
急に腫れた時はびっくりしてしまうかと思われます。

しかし、原因と対処法をあらかじめ知っておいて
焦らずに対処できるようにしておきましょう。

痛みが起きるとどうしても痛くないように
かばって動いてしまうことってありますよね。

足の神経痛が起きた時も同様で
周りの筋肉は痛みをかばうように
過剰に動いてしまう時があります。

その筋肉の疲労が蓄積すると
筋肉が炎症を起こしてしまい
腫れてしまうことがあります。

神経痛で腫れが起きたといっても
腫れて炎症を起こしているのは
筋肉というのを覚えておくといいでしょう。

急に炎症を起こし、痛みと腫れを起こしている時は
筋肉を少しでも早く回復させるために
少し冷やすのも効果的です。

よく動いた時に足が腫れてしまう、
スポーツの後足が腫れたなどという場合は
筋肉が過剰に使われて疲労しています。

足の筋肉について詳しくはこちら

筋肉が完全に回復するまでは
あまり動きすぎないようにしましょう。

筋肉が回復していない状態で再び動くと、
炎症が悪化してしまう時もありますし、
痛みが慢性化してしまうのも考えられます。

神経痛により痛みが生じ、
更に身体はその神経や筋肉をかばってしまいます。

他の部位に負担をかけるという
悪循環に陥ってしまうのも考えられます。

神経痛で腫れが起きた時は今まで以上に治療に取り組み、
できるだけ早く神経痛を改善する必要があるでしょう。

神経痛で足の太ももが痛い時に有効な治療法は?

神経痛で足の太ももが痛い時に、
有効な治療法はどれでしょうか?

神経痛ときくと手足のしびれのように
身体の末端部分に痛みを感じると考えている方も多いですよね。

しかし、中には太ももなどの
比較的身体の中にある部分が痛い時もあります。

しかし、足の神経痛の多くの原因は
腰の部分に負荷がかかったのが
原因で起きるのがほとんどです。

なので、腰から太もも、足の末端部分にかけて
痛みを感じるのはあり得ます。

太ももに痛みを感じても
あわてないようにしましょう。

太ももに痛みを感じた時、
問題なのはストレッチなどをしにくいということです。

なので、身体の内側から効果がある薬を
使用するのがおすすめです。

足の神経痛は腰から太もも、足にいたるまで
広い範囲で痛みが出やすいです。

飲み薬で身体の内側から複数の部位の治療をしておく方が
スムーズでおすすめです。

薬はすぐに効く痛み止めと
神経痛の原因を取り除く薬を
両方用意しておくといいですね。

そして、神経痛がさらに悪化したり
他の部位に痛みがあらわれないようにするためにも
病院などで治療を行うのもおすすめします。

神経痛は原因を特定するのが難しい痛みの一つです。

なので、専門家の手によって
まずきっちりと原因を特定して、
治療を行っていくのがおすすめです。

病院での治療も投薬治療などが多いです。

生活習慣の改善も指導されることがあるので、
治療の際は生活習慣をあらかじめ整理して
医師に伝えられるような状態にしておくのをおすすめします。

神経痛で足のすねが痛い!原因やおすすめの薬は?

神経痛で足のすねが痛い!
原因やおすすめの薬はどれでしょうか?

足のすねはぶつけた時以外には
なかなか痛みを感じにくい場所ですが、
神経痛によって足のすねに痛みが生じる時があります。

神経痛によって足のすねが痛む場合は
腰から足全体にかけて痛む坐骨神経痛であるのが多いです。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛は若い方から年を取っている方まで
起きやすい神経痛の一つです。

若い方は椎間板ヘルニアが原因で起きます。

年を取った方の坐骨神経痛は
腰に通っている神経の周りの管が狭まり
神経を圧迫しているのが主な原因です。

神経痛の場合は痛みが起きている箇所と
痛みの原因となっている箇所が違う時が多いので、
まずは原因を特定するのが大切です。

そして、原因を取り除く治療をしていくという流れになります。

神経痛は1箇所だけではなく、
複数の箇所にわたり痛みが発生しやすいという特徴もあります。

ですから、薬を使用して神経痛を治療するときには
塗り薬ではなく飲み薬で身体全体に
有効成分をいきわたらせるのをおすすめします。

おすすめの薬は神経痛に有効な成分が含まれている薬や
神経痛だけでなく、関節痛などにも効果がある薬です。

具体的にはトンデケア、リョウシンJVなどは
有効成分の種類が多くおすすめです。

神経痛の場合、炎症を起こしていないのに
痛みが発生してしまう時も多いので、
鎮痛剤が効きにくい傾向があります。

そのため、神経痛にも効きやすい痛み止めを
探しておくのも大切になってきます。

神経痛で足首に痛みが。どうすればよい?

神経痛で足首に痛みが。どうすればよいのでしょうか?

足の神経痛は坐骨神経という
腰から足にかけて通っている神経が
ダメージを受けてしまって起こります。

足首にも坐骨神経は通っているので
坐骨神経痛になると足首に痛みが起きることがあります。

坐骨神経痛は腰に負担がかかると
起きてしまう時があるので、
きちんと神経痛の原因を特定して
治療をすることが大切になります。

また、足首が神経痛で痛む場合は腰ではなく、
歩き方に問題があるのもあるので注意が必要です。

歩き方が神経などの身体に負担がかかる歩き方の場合、
長年ダメージが蓄積されて
座骨神経痛を引き起こしてしまうというのもあるので注意が必要です。

最初、腰などに神経痛の症状が出て、
かばいながら歩くことで
足首に結果として負担がかかってしまって、
足首が痛んでしまう可能性があります。

また、関節痛などの他の痛みが原因で
足首に負担がかかって足首が痛むのもあります。

足首が痛む場合は根本的な原因を取り除くこと、
歩き方が原因の場合は
歩き方を治すことなどが大切になってきます。

痛みを感じてしまうとどうしても
歩き方が変になってしまうことが多いです。

痛み止めや薬を活用して
痛みをとりあえず抑えるということも必要なります。

整形外科などで専門家に
歩き方を確かめてもらうのもいいですね。

足首が痛むと歩くとき、
痛むようになるので歩行が大変になります。

日常生活にも大きな影響が出てしまうので
痛みが出たら早いうちに治療しましょう。

神経痛が足の甲にきた場合の原因や治療法・対処法は?

神経痛が足の甲にきた場合の、原因や治療法・対処法には何がある?

足の甲でしびれるような痛みを感じる時
神経痛を起こしてしまっている可能性があります。

腰から足にかけて通っている坐骨神経が
何らかの原因で圧迫されて、
坐骨神経痛を起こしてしまっている状態です。

坐骨神経痛は多くの方の場合、
腰に原因があり、神経が圧迫されて
痛みが起きてしまっています。

通常ですと、腰から太もも、ふくらはぎと
どんどん腰から足先にかけて痛みだします。

中には腰の痛みがなく
急に足の甲などの足先から痛む場合もあるので注意しましょう。

腰から徐々に足の甲へと痛みが下がってきた場合には
どんどん坐骨神経痛が進行している状態です。

早めに治療をするようにしましょう。

治療法としては
根本的な原因となってしまっている
神経の圧迫を治す必要があります。

薬を飲んだり、歩き方や姿勢に問題がある場合には
それらを治していきます。

整形外科による専門治療が一般的ですが、
姿勢の矯正などは整体などでも行うことが可能です。

痛みを感じると痛む場所をかばってしまい、
余計神経痛が悪化してしまうことが多いです。

なので、痛みを感じた時は
あまり動かさないようにして、
薬を飲んで神経痛の痛みをやわらげるのも大切です。

痛い状態をそのままにしておくと
神経痛はどんどん悪化してしまいますし、
治療も大変になります。

痛みに気づいたら早めに対処をするようにしましょう。

日ごろから、ビタミン剤や薬などで
神経痛を予防するのもいいですね。

神経痛が足先に。良い改善方法は?

神経痛が足先に。良い改善方法はどれでしょうか?

びりびりとした神経痛の痛みが足先に来てしまうと
日常生活に支障が出てしまいますよね。

足先は自覚はないかもしれませんが、
歩くときには踏ん張ったりと使用しています。

また足先が痛んでしまうと
歩行が困難になってしまうこともあります。

神経痛が足先に出てしまったときの改善方法は
大きく分けて2種類あります。

まず1つ目は今の痛みを取り除く治療をすることです。

神経痛は人によっては
「我慢できないほど痛み」のことも多いです。

加齢とともにあらわれやすい症状ということもあり、
痛みを感じても放置してしまう方がいます。

しかし、身体に痛みがある状態で動き続けると、
痛みを感じていない部分が緊張状態で動くことになります。

痛みがある部分をかばうことで
いつもより疲れた状態になってしまいます。

これが続くと今度はそこのかばっていた部分が
痛み出してしまいます。

痛みを広げないようにするためにも
痛みには敏感になり神経痛を感じたらすぐに治療をしたり、
痛みを取り除くことが必要になります。

そして、2つ目は
神経痛の根本的な原因の対処をすることです。

足先に神経痛の症状があらわれた場合でも
足先が原因であることは少ないです。

多くの方は腰部分に負担がかかったことで
神経痛を起こしています。

なので、神経痛の原因を特定し、
改善することで足先の痛みを取り除くことが可能です。

痛みを取り除くだけですと、
どうしても対処療法になるので
2つをあわせて行うことが大切です。

神経痛で足の指が痛い!薬で効果が高いのは?

神経痛で足の指が痛い!薬で効果が高いのはどれでしょうか?

足の指が急に痛みだしたという場合は
神経痛かもしれません。

足の指の痛みに関して詳しくはこちら

足に起きる神経痛は坐骨神経痛とよばれています。

腰から足の指にかけてまで通っている坐骨神経が
圧迫されて痛むことで神経痛の症状があらわれます。

このように坐骨神経は腰から足の指という
広い範囲を通っている神経です。

そのため、足の指が痛んだとしても足の指ではなく、
他の部分の神経に問題が起きて
神経痛が起きていることが多いです。

そのため、神経痛の治療をするための薬は
塗り薬ではなく飲み薬を使用して身体の内側から、
神経痛を治していくのがおすすめです。

神経痛の薬を選ぶ時、大切なのは
有効成分がたくさん含まれているかどうかと
他の身体の痛みにも効果があるかということです。

神経痛は長年の生活習慣や姿勢などが
原因で起きてしまいます。

また、関節痛など他の痛みをかばい続けたことにより
神経痛が起きてしまうこともあります。

身体が痛い時はついつい痛い部分をかばって
変な動きや姿勢をとってしまいますよね。

トンデケアという薬は神経痛だけでなく、
関節痛や肩こりなどにも効果があるおすすめの薬です。

有効成分も7種類配合されていて他の薬よりも多いです。

神経痛だけでなく、血行改善に効果のある成分も配合されているので、
血流が良くなり有効成分が
身体中にめぐりやすくなっています。

神経の働きを正常にする効果のあるビタミンも
配合されているのでおすすめです。