シンスプリントとはどんなものなのでしょうか?
また、原因や症状、治し方や予防法にはどんなものがあるのでしょうか?

シンスプリントとは運動などをするとすねの内側や外側が、
痛んでしまう症状を言います

マラソンなど走ることを中心とした、
運動をしている方がなってしまう場合が多いです。

原因や症状、治し方・予防法など詳しくご紹介していきます。

シンスプリントの原因には何がある?筋肉不足や疲労は関係ある?

シンスプリントの原因には何がある?
筋肉不足や疲労は関係あるのでしょうか?

スネの内側や外側が痛くなってしまう、
シンスプリントの原因はいったいなんなのでしょうか。

シンスプリントはスポーツやマラソンなどを、
始めたばかりの人に多く起きる痛みです。

そのため、シンスプリントの原因は筋肉疲労、筋肉不足、
初心者がうまく筋肉を使えていないなどがあげられます。

スポーツの中でも足の筋肉をよく使うものや、
マラソンなどの走る競技で、
シンスプリントに悩まされる方は多いです。

初心者に多いとされていますが、
長年スポーツに親しんできた方やトップアスリートの中にも、
シンスプリントに苦しんでいる方が一定数います。

自分は初心者じゃないから大丈夫、
鍛えているから大丈夫とは言えないので注意しましょう。

シンスプリントを避けるためにも、
もう少し詳しい原因をみてみましょう。

一般的には筋肉疲労や筋肉不足が、
シンスプリントの原因とされていますが、
具体的にはヒラメ筋や腓腹筋や前脛骨筋などの、
様々な筋肉がすねの周りにはあります。

また、動くときや走る時にはこれらの筋肉を複合的に使います。
筋肉は動くときに伸びて緊張状態になります。

また、この時筋肉だけでなく、
骨を覆っている膜である骨膜も引っ張っています。

筋肉が伸びている状態が長くなると、
引っ張られている骨膜が痛み始めるというのが、
シンスプリントの原因です。

立ち仕事をした後や走った後などは、
足がいつまでも疲れている時がありますよね。

あのように長く、筋肉が緊張している状態をしていると、
シンスプリントを引き起こしてしまう可能性があります。

シンスプリントの症状は段階によってどう変わる?疲労骨折につながる?

シンスプリントの症状は段階によってどう変わるのでしょうか?
また疲労骨折につながるのでしょうか?

シンスプリントはいきなり激痛となるわけでなく、
段階的に痛いのがが増していきます。

そのため、初期段階のうちは痛みがあっても、
我慢して競技や練習を続けてしまう方が多くいるようです。

最初は違和感を感じる程度のものという方が多いです。
筋肉痛と勘違いしやすいので注意しましょう。

そして、厄介なのは、シンスプリントは、
運動をしている間は症状がないことが多く、
運動後にじわじわときます。

シンスプリントは数か月程度で、
段階を追って頻度やひどさが増していきます。

最終的な段階まで進んでしまうと、
運動が激痛になってしまいます。

そして、運動を続けすぎてしまうとなる可能性がある疲労骨折ですが、
シンスプリントの症状が進んでしまうと、
疲労骨折になってしまう時があります。

シンスプリントと疲労骨折はどちらも運動が原因で起き、
骨に炎症が起きている点も共通しています。

シンスプリントを放置して炎症を放っておくと、
疲労骨折と診断される場合もあるので、
違和感を感じた段階で医師に相談するのをおすすめします。

シンスプリントは足のどの場所、筋肉の痛み?骨の痛みの場合も?

シンスプリントは足のどの場所、筋肉の痛みはどんな感じ?
また、骨の場合もある?

放置しておくと症状が激しくなるシンスプリントを、
初期の段階で発見したいと考える方もおおいでしょう。

事前にシンスプリントの症状がでる場所を把握しておくと、
初期発見につながるかもしれませんね。

シンスプリントが発生する場所は、
主にすねの全体です。

すねの内側で感じるという方が多いですが、
中には外側が痛む方もいますし、
ふくらはぎ部分に出る方もいます。

痛みの出る場所は、
本人の体格や運動の種類や筋肉の使い方などで異なってくるので
ここが痛いとシンスプリントだと決定づけるものはないようです。

また、シンスプリントは足の骨が炎症を起こしている状態ですが、
なかなか骨が痛いとは意識をしにくく、
筋肉と間違えてしまう方も多いようです。

シンスプリントで医療機関に掛かる場合には、
具体的にどこがどのように痛みを感じているのかを、
医師に説明と治療がしやすくなります。

シンスプリントと筋肉痛の違いは?筋肉量も関係ある?

シンスプリントと筋肉痛はどう違う?
筋肉量も関係しているのでしょうか?

激しい運動をした後に起こる症状としては、
筋肉痛がメジャーかと思われます。

そのため、初期段階のシンスプリントは、
筋肉痛と間違えられる症状も多いです。

具体的な違いを知ってシンスプリントの場合は、
早めに対処できるといいですね。

シンスプリントも筋肉痛も炎症を感じてしまい、
痛いという点は同じです。

しかし、シンスプリントと筋肉痛は、
炎症を起こしている箇所が違います。

シンスプリントの場合は、
筋肉が緊張して固くなり骨が引っ張られ続けて、
骨に炎症が起きている状態です。

筋肉痛は筋肉疲労が原因で、
筋肉が細かく傷付いていて修復している状態です。

シンスプリントも筋肉痛も筋肉疲労で起きるものですが、
シンスプリントの場合は治療が必要ですので、
早期に発見するようにしましょう。

シンスプリントの痛み方はどんな感じ?

シンスプリントの痛み方はどんな感じでしょうか?
シンスプリントは初期のうちに発見するのが大切です。
シンスプリントの痛み方や症状を知って、
発見できるようにしましょう。

シンスプリントの痛み方は激痛というよりも、
鈍痛に感じる方が多いです。

そして、シンスプリントは骨に炎症が起きている状態なので、
骨がきしんでいるという痛み方を感じる時もあるようです。

また、シンスプリントの特徴としては、
初期のうちは運動中は感じにくく、
運動の前後に感じるというものがあります。

運動中は楽になるという痛み方の場合は、
シンスプリントかもしれません。

シンスプリントと間違えられやすい筋肉痛は、
動いている最中など筋肉を使っている時は、
ずっと痛いですよね。

この違いを知っておくと、
初期の発見につながるかもしれません。

後、シンスプリントかどうか悩んだ時は、
骨をそっと押してみるのも効果的です。

炎症を起こしている部分を押すと、
激痛がするのでシンスプリントかどうか見分けれます。

シンスプリントは痛み止めの注射で、軽減・緩和できる?

シンスプリントは痛み止めの注射で、
軽減・緩和・治療できるのでしょうか?

シンスプリントは痛いけれど、
どうしても競技や練習をしなければいけない時があるかもしれません。

シンスプリントの痛みを軽減する方法として、
痛み止めの注射は有効な方法の一つです。

しかし、痛み止めの注射は、
一時的に軽減してくれるだけなので、
長期の治療や痛み止めだけの治療はおすすめできません。

シンスプリントの根本的な原因である、
筋肉が伸びて固くなった状態を治さなければいけません。

また、炎症が起きている部分の骨を休ませないといけません。

痛み止めの注射で軽減して、競技や練習を続けていると、
どんどんシンスプリントが悪化してしまう可能性もあります。

シンスプリントを軽減するために、
注射はおすすめですが治療は別にして、
それに頼り切らないようにしましょう。

シンスプリントの治し方!筋肉をほぐすにはどうすれば良い?

シンスプリントの治し方は?
筋肉をほぐすにはどうすれば良い?

シンスプリントの治し方は、
根本的な原因である筋肉を柔らかくするのが大切です。

具体的にどうやって筋肉を柔らかくすればいいのでしょうか。

整体や整骨院などに行き、
筋肉をほぐしてもらうのが効果的です。

症状が良くなってきたら根本的な原因を考えて、
インソールを履いたり運動の姿勢を、
改善するなどを行っていきます。

整体や整骨院などで
自分でできるストレッチなどを、教えてもらい
筋肉をほぐしたり、柔らかくするのもおすすめです。
シンスプリントの原因は筋肉が固くなっていることです。

治し方は筋肉をほぐして、筋肉を柔らかくするのですが、
どうして筋肉が固くなってしまったかは、人によって違うため
具体的な治療方法は人により異なります。

シンスプリントの予防法!再発させないための5つの方法

シンスプリントの予防法はこれ!
再発させないための5つの方法をご紹介します。

シンスプリントになってしまうきっかけは、
筋肉の使い方や運動時の姿勢などに問題がある時が多いです。

そのため、一度治療をしてシンスプリントが完治しても、
根本的な原因を取り除かない限り、
またシンスプリントが再発してしまうかもしれません。

これから5つのシンスプリントの予防法を紹介します。
症状などによって、効果的な予防法が異なりますので、
自分に合うのから試していきましょう。

走り方はどうすれば良い?

シンスプリントの予防法で、
走り方はどうすれば良いのでしょうか?

走り方に問題がありシンスプリントを起こしてしまった場合には、
走り方の改善をするのも予防法のひとつです。

また、アスファルトなどの固い地面で走るのが多い場合には、
衝撃が身体に掛かりやすいので走り方を工夫するようにしましょう。

シンスプリントを予防するためには、
地面に足がついた時の足首の位置が大切です。
外側すぎても内側すぎてもいけません。

靴のかかとの片方だけがよくすり減る場合や、
走っている時に靴の中に隙間ができているのは、
足首の位置に問題があるかもしれません。

専門家にフォームを一度見てもらって、
改善していく必要があります。

そして、足首だけでなく膝の位置にも気を付けましょう。
極端に外側や内側に曲がっている状態では、
筋肉や骨に余計な負荷がかかってしまいます。

こちらは走っている時に、1本の線の上を走るイメージではなく
右足と左足それぞれ1本ずつの、
合計2本の線の上を走るイメージを持つと予防できます。

テーピングの巻き方

シンスプリントの予防法で、
テーピングの巻き方はどうすれば良い?

テーピングは筋肉の動き方をサポートするので、
シンスプリントの治療にも予防にも、
効果的な方法といえるでしょう。

少し感じる程度ならテーピングで、
シンスプリントの症状を抑えるのもできますし、
治療後は競技中に筋肉の動き方をサポートする役割も担ってくれます。

貼り方はシンスプリントを起こしてしまった部分や、
根本的な原因にもよりますが、
すねの筋肉とふくらはぎの筋肉の動き方を
サポートするように貼るのが特に効果的です。

土踏まずから筋肉にそって、
ひざの側面にテーピングを貼るようにすると予防に効果的です。

筋肉の動きを制限しすぎないようにするためにも、
テーピングは伸ばしすぎないようにしましょう。

痛みがまだ残っている方は、
加えて痛みが起きている箇所を守るように、
重点的にテーピングを巻くのもおすすめです。

更にふくらはぎの筋肉にもテーピングをしておけば、
筋肉の動き方を助けてくれ、
シンスプリントのおおもとの原因をなくせるでしょう。

食事でもできる?

シンスプリントの予防法としての食事とは?

ストレッチなどの他に、
食事による予防法を試してみるのもいいかもしれません。

シンスプリントの予防におすすめなのは、
ビタミン、水分、タンパク質の摂取です。

ビタミンを摂取すると、
身体が回復する手助けをしてくれますし、
水分やタンパク質は運動をする上で大切な栄養素です。

タンパク質は筋肉などのもとになる栄養ですし、
十分に水分を取らないと、
筋肉や骨にまで栄養がいきわたりません。

水分をよく摂取し代謝を良くするようにしましょう。

水分が足りていないとせっかく残りの二つの栄養に気を付けても、
それを筋肉などに届けるのができなくなってしまう場合があります。

ひざの痛さに効果があるとされているサプリメントなどは、
主にひざの関節に効果があるものが多いです。

シンスプリントは関節の問題ではなく、
骨に炎症が起きている状態ですので、
ひざ用のサプリメントを飲んでも、
残念ながら効果が出にくいです。

ストレッチの方法

ストレッチでシンスプリントの予防はできる?
シンスプリントは何度かお話ししましたが、
筋肉がかたく伸びてしまって、
骨に炎症が起きている状態です。

そのため、運動などをして伸びてしまったり、
緊張状態となってしまった筋肉を、
毎回ほぐしてあげるのが予防におすすめです。

まずは血行を促進させるためにも、
足の裏からすねをよく揉んでマッサージをしましょう。

お風呂上りや寝る前などにやるのがおすすめです。

このストレッチは痛くなく、
気持ちがいいと思える程度の強さで行いましょう。

この段階で骨に痛みを感じた場合は、
シンスプリントに掛かっているのが考えられるので、
病院に行くのをおすすめします。

すねは肉が少なくてストレッチをしにくいと、
感じる方もいるかもしれません。

そんな時はストレッチ器具を使うのも良さそうです。

運動をした後だけでなく運動を始める前にも、
準備体操やストレッチするのを徹底しましょう。

いきなり運動をすると、
身体の筋肉がこわばっている状態ですので負担がかかります。

サポーターの効果的な使い方!

サポーターの効果的な使い方による、
シンスプリントの予防法はある?

シンスプリントを予防するには、
筋肉を正しい状態で使用するのが大切になってきます。

筋肉を上手に使うために、
サポーターなどを使用するのもおすすめです。

但し、サポーターのを選ぶ際は、
自己判断でするのではなく、
医師やトレーナーなどに相談して選ぶのが良いでしょう。

そして、シンスプリントの予防として、
サポーターを使用する場合には、
長期にわたりサポーターを使うのではなく、
あくまでも一時的な使用と考えましょう。

長期間サポーターをつけていると、
どうしてもサポーターに慣れてしまいます。
そうなるとサポーターの効果も薄れてしまいますし、
結果として筋力の低下にもつながる可能性があります。

筋力が低下するとかえってまた、
シンスプリントのリスクを高めてしまうので、
注意が必要です。

あくまで一時的なものとして、サポーターは使用し、
日常的な予防方法として使うのは
やめておいた方がいいかと思われます。

シンスプリントで外側が痛む場合の予防法や対処法

シンスプリントで外側が痛む場合は、
どういった予防法や対処法があるのでしょうか?

シンスプリントは主に、
すねの内側が痛むという方が多いですが、
中には外側が痛むという方もいます。

シンスプリントは内側が痛むものという意識が強いと、
発見が遅れてしまう場合があるので、
外側が痛む時もあると覚えておくといいですね。

外側が痛む場合は内側が痛む場合と、
予防方法や対処方法は異なるのでしょうか。

すねの内側ではなく外側が痛むタイプのシンスプリントで、
注意しなければならないポイントをこの後確認していきましょう。

シンスプリントで外側の痛み!テーピングの巻き方は?

シンスプリントで外側の痛みがある場合の、
テーピングの巻き方は?

シンスプリントで内側でなく、
外側に発生した場合にも、
テーピングは効果的な対処方法の一つです。

また、テーピングをすると、
正しい動きをサポートできるので、
予防にもおすすめです。

外側が痛む場合のシンスプリントのテーピングでも、
内側同様に足の裏から筋肉にそって、
すねにテーピングをしていきます。

病院にかかっている場合には、
貼り方の指導を受けたり整体などで習うのもいいですね。

また、最近は動画サイトなどに、
テーピングの上手な貼り方も掲載されていることが多いので、
そういった動画をみて勉強するのもいいですね。

テーピングは正しい位置に、
正しい張りで貼る必要があるので、
初心者には難しいかもしれません。

自分の貼り方に自信がない場合は、
専門家や上手な方に相談してみるのもいいでしょう。

上手にすねの筋肉に沿ってテーピングできれば、
シンスプリントの痛みを軽減するのもできますので、
どうしても競技をしなければいけないときにも有効です。

シンスプリントで外側の痛み!ストレッチの方法は?

シンスプリントで外側の痛みがある時の、
ストレッチの方法は?

外側に感じる場合でも、
筋肉が緊張状態になってしまっているというのは、
内側が痛むシンスプリントと同様です。

自分で簡単にできる対処法や予防方法としては、
ストレッチが一番ではないかと思います。

お風呂上りやスポーツの前後に、
自分が気持ちがいいと思える強さで、
ストレッチを行いましょう。

痛みを感じる部分だけでなく、
足の裏からふくらはぎや太もも部分まで、
ストレッチをすると、効果が高まります。

足の筋肉は複雑に絡み合っているので、
痛さを感じている部分の筋肉をほぐしても、
効果が薄いことがあります。

足首を回すようにしたりふくらはぎをさすったり、
足を伸ばした状態で座りつま先をすねに近づけるようにするなど、
いろいろなストレッチをするといいでしょう。

ストレッチをすると、代謝もよくなり、
筋肉や骨を回復させるための栄養が、
十分に身体にいきわたるようにもなります。

ストレッチは一時的にやるのではなく、
毎日続けるのをおすすめします。

シンスプリントで外側の痛み!マッサージで予防や対処はできる?

シンスプリントで外側の痛み!
マッサージで予防や対処はできるのでしょうか?

シンスプリントの外側の痛みに対しても、
マッサージはおすすめです。

自分でできるストレッチと合わせて、
整骨院や整体などで専門家にマッサージをしてもらうと、
効率よく筋肉を柔らかくしていけます。

マッサージをしてもらう時は、
事前に自分の症状や運動するときの姿勢を、
施術者に説明できるといいですね。

シンスプリントはすねの骨膜が引っ張られ続けて、
痛みを起こしている状態です。

実際はすねだけに問題がある場合だけでなく、
他の部分の筋肉などに問題があり、
かばって運動をし続けた結果、
シンスプリントになってしまうケースもあります。

そのような場合では仮にすねの筋肉をほぐしても、
また再発してしまう可能性が高いです。

マッサージを受ける際には足部分のマッサージだけでなく、
一度身体全体をマッサージしてもらいましょう。

他の部分に異常はないかや、
おかしな使い方をしていたり、
ゆがみが発生していないかを調べてもらいましょう。

シンスプリントで外側の痛み!サポーターの使い方

シンスプリントで外側の痛みがひどい!
サポーターの使い方はどうすれば良い?

外側が痛むときは筋肉の緊張状態を取り除き、
筋肉疲労を回復させる必要があります。

そのため、患部を圧迫するサポーターを使用し、
筋肉の疲労を抑えることも効果的といえるでしょう。

ただし、サポーターを長期間しようしていると、
サポーターに身体が慣れてしまい、
十分に効果が発揮されないこともあります。

サポーターを使用するときは、
短期間で筋肉を回復させるため、
筋肉の正しい使い方を覚えるために使用するようにしましょう。

また、症状や筋肉量などによって、
選ぶべきサポーターは変わってくるので、
自己判断で選ぶのではなく、
医師などの専門家に相談して選ぶようにするのがいいでしょう。

筋肉不足が原因でシンスプリントの外側の痛みが発生した場合には、
サポーターをつけながら行うトレーニングをすることで、
筋肉を増やしシンスプリントの予防につなげることができます。

サポーターを選ぶこと、トレーニング方法、
サポーターをやめた後のフォローも合わせて行ってくれる、
専門家を見つけると治療や予防に効果的でおすすめです。