座り過ぎによる腰痛の予防・改善方法をご案内!
どんな対策をしたら良いの?薬や痛みの種類などもご案内!

座り過ぎによる腰痛の原因は?

座り過ぎによる腰痛の原因はどんな感じでしょうか?

毎日座って作業をしている
デスクワークの方で座り過ぎで
腰痛に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

腰痛は一度なってしまうと
慢性化してしまいがちで辛いですよね。

特に座っている時に、座り過ぎで
腰痛の症状があらわれるという方も
多いのではないでしょうか。

今回は座り過ぎによる
腰痛の原因について解説していきます。

座り過ぎによる腰痛の原因はいくつか考えられます。
当てはまらないものがあるか確認していきましょう。

まずは足を組んでいる場合です。

ついつい癖で足を組んでしまう
という方も多いのではないでしょうか。

座り過ぎのうえに、
足を組んでしまうと身体がゆがんでしまいますし、
腰の片側の筋肉に負荷がかかり
腰痛の原因となってしまう時があります。

他に考えられる座り過ぎの腰痛の原因は血行不良です。

座り過ぎているというのは
長時間同じ姿勢を保っているというのになります。

そうなると筋肉がかたまってしまい
血流が悪くなり血行不良を起こしてしまいやすくなります。

座り過ぎでの血行不良により疲労物質が
体内に蓄積されたままになりやすいので
腰痛を引き起こしてしまう原因となってしまいます。

また、座り過ぎの腰痛の場合、
座ってる時の姿勢に問題がある時も多いです。

例えば猫背の場合や腰が反り返っている場合。

腰や肩、背中に負荷がかかってしまいますので
腰痛を引き起こしてしまう時があります。

座り過ぎになってしまう時には
座る時の姿勢について意識しておくと良いでしょう。

そして、どんなに正しい姿勢をしていても
座り過ぎている時は腰などのある一定の部分に
ずっと圧力がかかり疲れてしまいます。

座り過ぎで同じ箇所にずっと負荷をかけると
腰痛になってしまいますので注意が必要です。

このように座り過ぎによる腰痛の原因は
様々なものがあるので
まずは自分の原因を見極めましょう。

座り過ぎの腰痛で症状はどんな感じ?

座り過ぎの腰痛で症状はどんな感じでしょうか?

本当に自分の腰痛が座り過ぎによるものなのか、
何か他のものが関係しているのか
それがわからないと対策の使用がないですよね。

病院などにかかったときも
自分の症状がきちんと言葉で伝えられると
症状の対策や改善もしてもらいやすくなります。

座り過ぎの腰痛の症状について
一般的なものを確認しておきましょう。

まず腰痛には急性のものと
慢性のものがあるので
自分はどちらの症状があらわれているか知っておきましょう。

急性の腰痛の症状は
ヘルニアやぎっくり腰などですね。

座り過ぎの腰痛の場合には
座っている時に
急性の腰痛の症状が出るというのは考えにくいです。

筋肉に負荷がかかり疲労した状態で
急に動いてしまうと
ヘルニアやぎっくり腰などを
引き起こしてしまうのが考えられます。

急性の腰痛の症状は
動くのが辛いくらいの痛み、
ずきずきとした痛みなどがあります。

続いて慢性的な腰痛の症状について見ていきましょう。

座り過ぎの腰痛の場合は
日常生活や仕事の中で
徐々に腰痛が進行していくと考えられます。

その時に座り過ぎで
慢性の腰痛の症状があらわれやすいかもしれません。

慢性の症状の場合は
鈍痛が多く腰が重い感じが続くという時が多いようです。

座り過ぎでの慢性的な症状の場合は
レントゲンなどでも症状がわかりにくいです。

普段どんな時にどんな痛みを感じるのか、
いつから痛みを感じるのかなどを
メモしておいて病院で伝えるのができると
診断がスムーズに進むでしょう。

座り過ぎの腰痛って改善できる?

座り過ぎの腰痛って改善できるのでしょうか?

座り過ぎが原因の腰痛は
慢性的なものが多く痛みも我慢して
生活できてしまうものが多いです。

そのような痛みだと
なかなか改善に向けて動きだそうとする方も少ないですよね。

しかし、腰痛を放置してしまうと
急性の腰痛を引き起こしやすくなってしまいますし、
身体もゆがんでしまいます。

最悪の場合、
病院に行って治療となってしまうので、
できるだけ早く改善に対して取り組むのが大切です。

座り過ぎの腰痛の改善は
難しいと思われがちですが、改善するのは可能です。

まだ軽い座り過ぎによる腰痛ならば、
座る姿勢や薬、サプリなどで
改善できる可能性が高いです。

私はいくつか薬、サプリを試しましたが、
一番効果が高かったのが、
「リョウシンJV錠」でした。

公式サイト:http://ryoushin-jv.com

昔両親にプレゼントしたこともあって、
その時の効果がかなり高かったのを思い出して、
自分でも使ってみることにしました。

今なら私が買った時と同じで、
公式サイトで初回限定
半額キャンペーンをやっています。

座り過ぎによる腰痛を改善したいなら
一度使ってみてください。

公式サイト:http://ryoushin-jv.com

(※リンク先に飛ばない場合は、
半額キャンペーンが終了していますのでご了承ください。)

また自分の座っている時の姿勢を確認して
正しい姿勢に直すようにしましょう。

例えば猫背の場合は
猫背解消用ストレッチ、
反り腰の場合は反り腰解消用のストレッチなど…

取り組んでみると正しい姿勢になおりやすいです。

姿勢を直すのは
毎日の心がけが重要になってきます。

大変なこともありますが
少しずつ直していきましょう。

それと同時に机の高さやパソコンの高さなど
環境面の改善もしてくと腰痛改善に効果的でしょう。

場合によっては病院にかかり
コルセットなどを用意してもらうと
正しい姿勢がとりやすくなるかもしれません。

そして、何より座り過ぎてしまう状態を
改善するのが大切です。

座り過ぎてしまう状況をできるだけ回避しましょう。

職場でデスクワークが多い場合は
できるだけ1時間に1回程度は
立ち上がり身体をほぐすようにしましょう。

どうしても立ち上がるのができない場合は
腕や足だけでもストレッチをするので腰痛が改善されます。

座り過ぎの腰痛は予防できる?

座り過ぎの腰痛は予防できるのでしょうか?

座り過ぎの腰痛はデスクワークの方などは
職業病と諦めてしまっているかもしれませんね。

しかし、座り過ぎの腰痛は
毎日のちょっとした習慣の積み重ねで
予防するのが十分に可能です。

座り過ぎでの腰痛も長引いてしまいがちで治療が大変です。

ぜひ予防方法をマスターして
座り過ぎの腰痛自体を起こさないようにしたいところですね。

座り過ぎの腰痛を予防するには
まず座り過ぎないようにするのが大切です。

長時間座り続けるという状況をさせて
1時間かに一回は立ち上がり姿勢を変えるようにする。

トイレに行くようにするなどで予防するのが可能です。

そして、立ち上がったときに
ストレッチなどを簡単にしておくと
筋肉がほぐれ座り過ぎの腰痛を予防できます。

他にも机の高さや椅子、クッションに
気を配ると座り過ぎの腰痛を予防できます。

机や椅子が身体にあったものではないと
どうしても身体の筋肉が痛くなってしまいます。

無理な姿勢で座ってしまうというのが考えられます。

それでは腰痛も起きやすくなってしまいます。

机の高さや椅子の高さなどは
一度改善してしまえば
ずっと予防できるので
おすすめの予防方法といえるでしょう。

猫背や腰が反り返るなどの悪い姿勢も改善して
正しい姿勢で椅子に座るというのも大切です。

座る姿勢だけでなく
書き仕事をするときの姿勢や
パソコンをするときの姿勢についても
同時に正しい姿勢になおしてくのが予防につながります。

予防する座り方とは?

座り過ぎの腰痛…
予防する座り方にはどんなものがあるのでしょうか?

座り過ぎの腰痛を予防するのに
大切なのは座り方です。

座り過ぎてしまっている方はデスクワークなどで
どうしても座っている時間を短くするのが
難しいという時もあるでしょう。

その場合は座っている時の
姿勢を改善すると
座っている時にかかる筋肉への負荷を
減らすのを考えてみましょう。

それでは座り過ぎの腰痛を予防するための
座り方を詳しく見ていきましょう。

まず座るときは椅子に深く腰掛けましょう。

浅く腰掛けると猫背になりやすかったり
逆に腰が反り返ってしまう原因にもなります。

椅子に深く腰掛けて
背中は背もたれにつけましょう。

背もたれにつけると
体重を背もたれにも分散させれます。

そうするとで腰への負荷を減らすのができます。

腰への負荷を減らすと
座り過ぎの腰痛の予防にもつながるのでおすすめです。

そしてなかなか意識するのを
忘れてしまうのが顔や首の位置や向きです。

あごはひいて頭はまっすぐにします。

パソコンや書き仕事など
長時間の作業が決まっている時は、
作業中も顎をひいて
頭をまっすぐにするのができるのか確認しておきましょう。

難しい場合は
例えばパソコンの下に高さを出すために
台を設置するなども良いでしょう。

下半身も正しい姿勢を取るためには重要です。

膝は90度ひらいて太ももを着けるのが
腰痛を予防するためにはおすすめの座り方です。

足の裏が地面にぴったりとつかない場合には
椅子の高さが適切ではないので直すようにしましょう。

足を組む癖のある方の場合は
できるだけ早く直すようにしましょう。

腰痛を予防するには腰の筋肉だけに
負荷をかけないのを意識すると良いでしょう。

背もたれや足と接している地面などにも
体重を分散させて腰の負荷を減らしましょう。

予防するストレッチは?

座り過ぎの腰痛を予防するストレッチはどんな感じ?

どんなに正しい座り方をしていても
座り過ぎている状態でずっといると
腰痛を引き起こしてしまうのが考えられます。

座り過ぎの腰痛を予防するためには
適度に身体を動かしストレッチするのが大切です。

可能であれば1時間に1回程度は
離籍し立ち上がり身体をほぐすようにしましょう。

トイレなどに立つのも良いですね。

その際に両腕を動かしたり
身体の筋肉をほぐすようにストレッチすると
筋肉がほぐれ座り過ぎの腰痛を予防することができます。

人の目が気になる場合は
トイレなどでこっそりストレッチをするのも予防に役立ちます。

どうしても離籍するのが難しい場合には
座ったままで良いのでストレッチをしましょう。

身体の筋肉をほぐすのが目的なので
リラックスした状態で腕を左右に振ったり
椅子に座ったまま腰を伸ばすようにしましょう。

足をぶらぶらとさせるのも良いですね。

ストレッチをすると
リラックスし身体の血流を改善できます。

血流が改善されると
筋肉がかたくなった状態からほぐれるので
座り過ぎの腰痛を予防できます。

ストレッチときくと大変そうなイメージがあり
仕事中やるなんてとても無理
と思ってしまいがちです。

しかし、オフィスでも取り組めるような
短時間で場所もとらずに済むストレッチ
様々な種類があります。

座り過ぎの腰痛を予防するのに重要です。

ご自身でも取り組めそうなストレッチを見つけて
座り過ぎてしまったときの習慣にしたいですね。

予防する机の高さは?

座り過ぎの腰痛を予防する机の高さとは?

どんなに正しい座り方をしようとしても、
机の高さがあっていないと
正しい姿勢を取るのが難しくなってしまいます。

座り過ぎで腰痛に悩んでいる方は一度、
机の高さを見直してみると良いでしょう。

座り過ぎの腰痛を予防するための机の高さは
肘を机に置くと確認するのが可能です。

正しい座り方をして
肘を机についたとき肘が直角になれば机の高さは正しいです。

オフィスなどでは
調節が難しいかもしれませんが
椅子の高さと同様に調整してみるのも良いでしょう。

そして注目するのは机の高さだけではありません。

オフィスワークの方の場合は
パソコンを使用している方も多いですよね。

机の高さと同様に
パソコンの画面の高さについても注目しましょう。

パソコンの画面の高さは
首をまっすぐにしたときに
画面がちょうど見えるのが正しい高さです。

デスクトップタイプのパソコンの場合は
高さが出やすいので
正しい姿勢を取りやすいかもしれません。

ノートパソコンの場合は
視線が低くなってしまう時があります。

そうなると、首が曲がってしまい
猫背等にになってしまい
腰痛を引き起こしてしまう時があります。

座り過ぎの腰痛だけでなく、
肩こりに悩まされてしまうのもあるでしょう。

ご自宅で使用しているパソコンや
机の高さが合っていない場合は
すぐに調整ができます。

オフィスなどでは
パソコンや机も備品であり難しいですよね。

実際に座り過ぎの腰痛などの
健康被害が出ていれば
一度病院にかかって上司に相談するのも良いでしょう。

パソコンは何か下に台を用意するなどして
高さを底上げするのがおすすめです。

机の高さは一度直すと
ずっと正しい姿勢で座りやすくなるので
座り過ぎの腰痛を防止するのに効果的な方法といえるでしょう。

座り過ぎの腰痛に利き尻は関係ある?

座り過ぎの腰痛に利き尻は関係あるのでしょうか?

利き手があるように
私たちには利き尻があるということをご存知でしょうか。

なじみのない言葉ですが
私たちは座っている時左右均等にではなく
片方のお尻に体重をよりかけて座っています。

これが利き尻です。

体重をよりかけてしまう方を利き尻といいます。

利き尻は誰にでもあるのですが
座り過ぎてしまう方は
利き尻が関係して
腰痛を引き起こしてしまうことがあります。

利き尻側はより
体重がかけられているので
骨盤が開いた状態になってしまいやすいです。

骨盤が開いたままで放置をしてしまうと
腰痛や身体のゆがみ、
骨盤のゆがみの原因となってしまいます。

利き尻は誰にでもあるものですが、
座り過ぎの腰痛の場合には
少し注意が必要ということを覚えておきましょう。

座り過ぎの腰痛の方は
まず自分の利き尻を把握してみましょう。

両手を左右に広げて座り
左右それぞれにスライドしてみましょう。

より遠くまで手を伸ばせるほうが利き尻です。

利き尻を把握できたら
できるだけ左右均等に体重をかける座り方を
マスターしましょう。

利き尻側を引いて座るようにしましょう。

左右均等でない座り方なので
違和感を感じてしまうかもしれませんね。

かえって身体がゆがむのではないかと
思ってしまいますが問題ありません。

利き尻側を引いて座り、
前に出ている側のつま先を少し前にだします。

そして両足を30度開くことで
骨盤が開きっぱなしになってしまうことを
予防することができ、
立ち上がるのも楽になります。

ただ、この姿勢足も広げていますし、
女性の場合あまり美しく見えない座り方かもしれませんね。

人目に付く時にはこの座り方を避けて
どうしても座り過ぎてしまう
自分のデスクでやるのみなどにしておくのも良いでしょう。

座り過ぎの腰痛は猫背も影響する?

座り過ぎの腰痛は猫背も影響するのでしょうか?

猫背は一度癖がついてしまうと
なかなか治りにくいですよね。

しかし、猫背は肩こりなどの
健康被害を引き起こしてしまうことがあります。

立った姿や座っている姿も美しくありません。

どんなにきれいな恰好をしていても
猫背なので台無しになってしまうということもありますよね。

そして、猫背は座り過ぎの腰痛にも影響しています。

猫背が原因となって
座り過ぎの腰痛を引き起こしてしまうことがあります。

猫背になってしまうと
どうしても正しい座り方で座ることはできません。

そうなってしまうと座り過ぎの腰痛が起きてしまいます。

座っている時に猫背になってしまうときは
机の高さやパソコンの高さが
あっていないことが多いので注意をしてみましょう。

パソコンの高さが低く見下ろすように
作業をしなければならないと
首がまがり猫背になりやすいです。

猫背になってしまうと
首や肩が凝ってしまいますよね。

肩こりに悩まされている方も
多いのではないでしょうか。

肩こりや首に痛みを感じると
腰や他の筋肉が痛みをかばうように動きます。

そうなると今度は腰に負担がかかってしまい
腰痛になってしまいます。

これが猫背が座り過ぎの腰痛を
引き起こしてしまう原因の一つです。

座り過ぎて腰痛を起こしてしまう方で
猫背の方は猫背を直すようにしましょう。

猫背がひどい方は立っている時も猫背なので
座っている時以外にも注意が必要ですね。

どうしても自力では猫背を治せない場合は
姿勢矯正用のコルセットなどを利用して
矯正的に治すのも良いでしょう。

骨盤がゆがんでしまって
猫背になっていることもあるので
整体などで骨盤を整えるのも
猫背を治すのには効果的です。

猫背を治してスッキリした姿勢を手に入れて
座り過ぎの腰痛も予防しちゃいましょう。